ザ なつ やすみ バンド。 ザ・なつやすみバンド、なぜ東京インディーを脱してメジャーへ?

ザ・なつやすみバンド、新曲「D.I.Y.

ザ なつ やすみ バンド

ザ・なつやすみバンドが結成10周年を迎え、9月に4作目のアルバム『映像』を発表した。 もともとスティールパンの音色を効果的に使うなど、どこかラテン的な匂いはあったが、ここに来てブラジル及びその周辺の音楽からの影響が感じられる。 とりわけ、ミツメとのコラボレーション楽曲「蜃気楼」における浮遊感は、ミルトン・ナシメントやトニーニョ・オルタといったブラジルのミナスジェライス周辺の音楽を彷彿とさせるものがある。 今回は、ボーカリストでありソングライターとしてもバンドの中核となる中川理沙に、その楽曲作りやブラジル音楽からの影響について聞いてみた。 sirafuが少し歳上なんですけれど、いろんな音楽をよく知っているんです。 それで「これが好きなんじゃないかな」と教えてくれた中に、ムタンチスが入っていたんです。 中川理沙:そうみたいですね(笑)。 でも「私はこれが好きだ!」って思って、そこから少しずつブラジル音楽を聴き始めました。 それまではちゃんと聴いたことがなかったジャンルだったんです。 ムタンチスに出会ったのが、2ndアルバムに収録されているパラードという曲を作った頃なので5、6年前だと思います。 中川理沙:私たちってバンドとしてはそんなに上手ではないと思うんです。 だから、面白く聴かせる工夫を考えていたのですが、そんな時に出会ったので、なるほどこれは面白いなって感じました。 中川理沙:そうですね。 でも私の中ではすごくポップな音楽だと感じました。 中川理沙:ずっとクラシックのピアノをやっていましたし、高校3年生まではずっとクラシックピアノをやっていて、それとは別にバンドでベースを弾いていたこともあります。 ただ、ピアノを弾きながら歌おうと思ったのはクラムボンの原田郁子さん。 あとは、Ben Folds Fiveの影響があります。 曲を作ろうと思った頃は、はっぴいえんどをよく聴いていました。 中川理沙:そうですね。 ムタンチスを聴いてから、そういえばサンバやボサノヴァもちゃんと聴いたことがなかったなあと思って、ふんわりとブラジルの音楽を聴き始めたんです。 中川理沙:アントニオ・カルロス・ジョビンですね。 『Rio Revisited』というガル・コスタと一緒にやっているライブ盤です。 このアルバムを聴いたら、それまで漠然と自分がずっと好きなんじゃないかなと思っていたメロディやコード進行などが全部そこにあったんです。 中川理沙:そうなんですね(笑)。 中川理沙:タワーレコードのブラジル音楽コーナーに行ったら、アレシャンドリ・アンドレスのアルバムが面出しされていたのでジャケ買いして聴いてみたら、「わー、すごい!」って思って、そこから一気にいろんなアーティストを聴くようになって、その流れでミナスの音楽を知りました。 今挙げたアーティストはみんな突出した人たちばかりですからね。 中川理沙:そうなんですね。 確かに、アレシャンドリのアルバムには、アントニオ・ロウレイロやアンドレ・メマーリ、タチアナ・パーハといったすごい人たちが参加していたので、そこから若いブラジル音楽の人脈を追いかけていくことができました。 中川理沙:まとめサイトを見たら、そのへんの人たちが全部載っていたんです(笑)。 それでそのサイトを読んでみたら、ミナスには「クルビ・ダ・エスキーナ」というサークルみたいなものがあって、そこからミルトンやトニーニョ、ロー・ボルジェスといったすごいアーティストがたくさん出てきた、というようなことが書いてあったので、そこから過去のミナス音楽も聴き始めました。 あとは、アンドレ・メマーリがアルバムでミルトンのカバーをしていたのを聴いたというのも大きいですね。 中川理沙:今まで聴いたことのない新鮮な音楽でした。 メロディやコードもそうですけれど、リズムもかなり複雑でおかしいじゃないですか。 あまり日本人にはない感覚で。 だけど、なぜかとても懐かしい感じがするんです。 きっと、ブラジル特有のサウダージというものかもしれないですけれど。 中川理沙:そうなんです。 胸がキュンとするというか。 新しい感覚なのに、昔の日本の歌謡曲にも通じる懐かしさがあると思います。 あと、この響きってどこかで聴いたことあるなあと思ったのは、少し前のceroに似ている気がするんです。 きっと彼らもミナス音楽の影響を受けているんじゃないかなと思います。 中川さんは、そういったブラジル音楽を聴いてきたことで、自身の曲作りに反映されてきたと感じますか。 中川理沙:好きで影響を受けているかもしれないですが、真似しようと思って真似できるものでもないですし、どうなんでしょうね。 私はコードとかアカデミックなことはあまりわからないので、聴いていていいなと思った響きを後でピアノを弾いて合わせてみたりとかはありますけれど、意識するというよりはなんとなく入り込んでくるという感覚かもしれないです。 中川理沙:それがうまくできないんですよ(笑)。 フレーズの一部とか、メロディがふわっと降りてくる感じとかは取り入れてみたりすることはあります。 ただ、同じようにやってみてもそうならないんですよね。 それと、ミナスの音楽を聴いて思い浮かぶのが、風とか光とか、自然の土っぽい感じなんです。 こういうのは、作ろうと思って作れるものではないし、あまり今の日本のポップスにはない面白い感覚で、聴いていてとても気持ちいいですね。 中川理沙:はい、それが目標のひとつです。

次の

ザ・なつやすみバンド、なぜ東京インディーを脱してメジャーへ?

ザ なつ やすみ バンド

sirafu スティールパン、トランペット からなる4ピースバンド、ザ・なつやすみバンド。 東京を中心に活動しており、2012年に自主制作で発売したファーストアルバム「TNB! 」がロングセールスを記録。 メジャーアーティストが軒並み名を連ねる中で、同作品は第5回CDショップ大賞に堂々のノミネート。 瞬く間に東京インディーズシーンを飛び出す活躍をみせた。 そして3年ぶりのセカンドアルバム「パラード」にてメジャーデビューというニュースは、2015年の音楽シーンを驚かせたトピックだろう。 また「パラード」は中川とMC. sirafuという二人のソングライターがいることで、実に色彩豊かな楽曲が収録された大傑作だ。 今回は貴重なメンバー4人全員でのインタビューであり、複雑な展開でありながら良質なポップスとして老若男女に響く曲はいかにして出来上がっていくのか、またメンバーの以外な一面も垣間見れる!? 内容となった。 今作に収録されている楽曲の幅はとても広いので、それはバンドの強みではないですか? MC. sirafu 以下、sirafu 「そこはバンドの売りというか、お互い真似できないようなソングライティングをするのは大きいです。 ただアルバムで曲が並んだときに、その違いが違和感として聴こえないようにアウトプットできるのはバンドとしての強みですね」 中川 「シラフさんの書く曲は結構ポップで、人が1回聴いて覚えられるものが多くて。 その分、わたしは安心して暗い曲をかけるところがあって 笑。 そういう面で曲をかく人が2人いたり、今回は瑞希ちゃんと潤くんも作曲していているので、今までと違ったタイプの曲もできました。 あとは曲もAメロ、Bメロ、サビみたいな形ではなくて、インスト的というかクラシック的な作り方をする。 それと歌詞や歌もサウンドの一部みたいなイメージがあって、僕はそういう風に彼女の声を捉えてます。 そんな 中川さんが音楽をはじめるきっかけはなんだったんですか? 中川 「中学生のときにBUMP OF CHICKENがすごく好きで、自分が救われてる感じがあったんです。 音楽は人の心を動かすことができるんだと思って、高校生のときにバンドをやりたいなとぼんやり思っていました。 その時はベースを弾いていて、大学のときにサークルに入って歌は下手だったんですけど歌ってみたいなと。 そこでピアノを弾きながら歌うようになって、そしたら曲も作れるんだって気づいて。 中川さんの曲を聴いているとクラッシックの要素をすごく感じるんですが、そうした側面ではどうですか? 中川 「3歳からピアノをずっとやっていたので、クラシックをよく聴いていて。 クラシックってAメロ、Bメロ、サビみたいな作り方じゃないんです。 突然変な展開になったりするので、自分で曲を作る時も自然とそうなって。 例えばAメロ、Bメロ、サビ的な展開によってポップスやロックができて。 あとは商品として売られるときに、なんとなく皆の中にフォーマットとしてできちゃったものだと思うから、それに縛られていない。 中川さんの曲は、難解に捉えられがちですけど、とても聴きやすいポップミュージックです。 ちなみに好きなクラシックの作曲家はいますか? 中川 「ラヴェルとドビュッシーとプロコフィエフなどが好きです。 中川 「そうですね。 ラヴェルなど、普通のポップスでは聴かないようなコードがあるから面白い。 真似したいなと思って聴くんですけど出来ないですね。 でも風景が浮かぶような音楽が作りたいなと思ってます」.

次の

ザ・なつやすみバンド、なぜ東京インディーを脱してメジャーへ?

ザ なつ やすみ バンド

金字塔となる1枚の誕生です。 どこか停滞の兆しを見せていた日本のポップミュージック史をザ・なつやすみバンドが一気に押し破り更新する。 ザ・なつやすみバンドは、やと同様のテンポで歩いているように見えながら、どこか全く新しい変種のようである。 ザ・なつやすみバンドのソングライティングの新しさは、、、といった偉人たちの名前を持ち出したくなるほどの崇高な普遍性に加えて、、、といった所謂J-ROCKと呼ばれるような音楽の大衆性も同居しているハイブリッド性にあるように思う。 sirafuと中川理沙という2人のタイプの異なる天才ソングライターが組み合わさった結果、「」「朝の主題歌」「長編アニメ映画エンディングテーマ」・・・そんな形容が大げさに感じられないほどの強度を持ったポップソングが誕生したのだ。 なつやすみの終わりから始まり、列車に乗る、この第一歩が新たな始まり。 そして、「天の川」「自転車」「君に添えて」「傘はいつも」「悲しみは僕をこえて」と怒涛の名曲がたたみかける中盤こそ、ポップミュージック史の書き換えの瞬間である。 これ以上の熱量が続いたらどうにかなってしまう!という所で「ホーム」「がらん」と静寂と清涼のアンビエンスで落ち着かせ、「お誕生日会」でクライマックスを迎える構成もにくい。 そして、忘れてはいけないのが、東京インディーミュージック界を代表する男MC. sirafuのアレンジ力がサウンド面において存分に発揮されている点だろう。 、トランペット、、鈴、ピアニカ、チェロ、バイオリン、、スティールペダル・・・使用されている楽器をあげるだけでも、ザ・なつやすみバンドがチェンバーポップバンドとしての側面を持ち合わせている事をご理解頂けるのではないでしょうか。 特にの雄弁な響きには驚かされるだろう。 どこまでも開けたポップネスを放ちながらも、耳の肥えたうるさ方のリスナーをも虜にする魔法を構築しているのがMC. sirafuだ。 また、氏の功績はそこだけに留まらず、驚くべきことにこのアルバムの録音、ミックスをほぼ1人で手がけている。 『TNB!』のスリリングさを紐解く最大の秘密はこの録音にもあるように思う。 上記の通りの圧倒的な強度を持つポップソングに、決してソフィスティケイトされているとはいえない録音とミックスが施されている。 このズレがひっかかりとなって、絶対的な個性の火が宿っている。 高木潤、村野瑞希の柔らかく伸びやかなリズムもバンドメンバーだからこそ録れる温もりがある。 近くで、それでいて、広く鳴るアルバム。 洋楽、邦楽どころでなく、更なる化が進むミュージックリスナーの壁をぶち壊してくれる事を期待している。 メインソングライターの中川理沙についても触れたい。 彼女の詞世界に頻出するワードに「世界」というのがある。 見渡した世界の広さに つぶされて消える 「自転車」 果てのない世界にもううんざり 「お誕生日会」 たまには世界を無視して ゆっくり眠りこけよう 「波」(アルバム未収録) 自身を「物憂げな犬」や「歌わない鳥」に似ているうそぶく彼女にとって、「世界」はどこか居心地が悪い場所なのかもしれない。 そして、もう1つ特徴的なのが「別離」「終わっていくこと」などのモチーフと共に移動を伴うイメージが多く描かれている点。 それは逃避などではなく、「世界」の別の側面を照らし出すための旅だ。 夕暮れ入れに染まる キウイ畑も 目にやきつけて 世界が忘れそうなちっぽけなことも ここではかがやく 「自転車」 ひとつぶの涙が 小さいな海をつくってた 泳ぎたかった魚は喜んで泳ぐ 溺れそうになったら 助けてね 「がらん」 くるくると回りだす あの子の傘とおなじいろに染まれ ちいさな世界 ぼくらだけの秘密 「傘はいつも」 居心地の悪い世界に抗う方法を彼女は知っている。 そんな中川理沙の抵抗をもう一人のソングライターMC. sirafuは ああ 長い旅を終えて やっと君は戻って来たね 「君に添えて」 と迎える。 そして、2人の共作曲では ああ、君はさびしい夜にひとりっきりで そう、誰もいない世界を想像してみたらね 深い 海の底でうごめいてるのは 今まで 気づけなかった生き物たち 知らない君のこともいとしいと思うのは変かな? かなしみは 夜を越えて距離を飛び越えていくよ しあわせは ときにちいさく涙切り裂いていくよ 「悲しみは僕をこえて」 と歌うのだ。 時間、住まい、気持ち、と日々の暮らしの中でたくさんの距離が生まれてしまう。 それらを縮めて、これまでのこと、これからのことを繋いで、円を描く。 ザ・なつやすみバンドはその光り輝く魔法のメロディーとビートで、この居心地の悪い世界を受け入れ、そして祝福するのだ。 とてもチャーミングに。 悲しい日々を いくつも越えて来れたんだね! ご褒美はいっつも そこらぢゅうに溢れている もっと知りたいと思うんだよ ちょっとあきらめることもあるけど! 「お誕生日会」 大好きなバンドの最初の1枚が最高のアルバムに仕上がったことをとてもうれしく思います。 少しでも気になった方はぜひ手にとってもらえたら、うれしいです。 ザ・なつやすみバンドがこの国の大衆音楽を更新してくれますように。 hiko1985.

次の