レミゼラブル オーディション 2021。 ミュージカル『レ・ミゼラブル』2019年全国公演オールキャスト・オーディション

ミュージカル『レ・ミゼラブル』2019年全国公演オールキャスト・オーディション

レミゼラブル オーディション 2021

もくじ• 歴代最年少キャスト ジャン・バルジャン 吉原光夫:32歳(2011年公演~) ジャン・バルジャンは物語プロローグの仮出獄のときに既に46歳。 そして、64歳で死去しています。 つまり、 エピローグのシーンは実年齢の倍の年齢を演じてたわけですね(すごい・・・) 2019年公演ではもう5度目のバルジャン役。 日本レミゼのジャン・バルジャン=吉原光夫という印象を持っている人も多いと思います。 レミゼは世界初演から25周年を迎えたときに、より現代人にも伝わりやすくリニューアルするため演出がガラっと変わりました。 ジャン・バルジャンは旧演出版では聖人としての印象の強い描かれ方をされてきました。 これまで何人ものバルジャンが誕生してきましたが、この新バルジャン像を最も荒々しく、そして繊細に表現しているのは吉原さんだと思っています。 もはやプロバルジャン。 実は、エマ・ワトソン主演の『美女と野獣』の吹き替え版ガストンの声優も担当されているんです。 劇団四季時代にガストンを実際に演じていました。 ジャベール 上原理生:32歳(2019年公演~) 最年少ジャベールはアンジョルラス役として2011年からレミゼに参加している上原理生さん。 ジャベールはプロローグのときに35歳。 死亡時は52歳です。 つまり、プロローグはわりと実年齢に近いですが、死亡時は20歳も上振れ。 しかし全く違和感はなかったので、2021年公演以降もジャベール役を演じるのであればより自然になっていくと考えると楽しみです。 次点は鎌田誠樹さんで33歳(2013年公演)でした。 ちなみに、同じく2019年公演でジャベール役を務める川口竜也さんはまさに今52歳で、死亡時のジャベールと同じ年齢。 52才になった ジャベール が死んだ年 舞い上がらず、焦らず騒がず、自分の今持てる力を全て使い彼を生きよう — 川口竜也 tatatatsu0415 上原さんはバルジャンを追い詰めることに楽しささえ感じているようなエネルギッシュなジャベールですが、川口さんは渋さと憂いの強いジャベール。 年齢が20歳も違う役者が同じときに同じ役を演じるって、レミゼ以外の作品ではなかなか見られないことなのでは?と思います。 そして、映画版はラッセル・クロウが演じていましたが、川口さんのジャベールと印象が近いと感じました。 (より引用) 続いて2人目は、 和音美桜:27歳(2011年~2017年公演) ファンテーヌはほとんど30代女優が演じてきたので、20代は歴代でも5人程度しかいません。 和音さんはまさにファンテーヌそのもの。 歌唱と美声が群を抜いていることだけでなく、救いのない地獄のような状況に陥ってしまった悲壮感溢れる芝居が絶品。 ファンテーヌ役っていくら表情が苦しそうでも衣服が汚れていても、役者本人が透けて見えてしまって本当は元気そうな感じの印象を受けてしまうことが結構ある。 が、しかし、和音さんのファンテーヌは本当に追い詰められた絶望感が凄まじい。 たとえ真顔でも佇まいに生活苦が滲み出てるというか。 和音さん本人は品があって優雅で、まさに女優オーラをまとっているのに。 普段と舞台上のギャップにいつも驚かされます。 宝塚に在籍していなければコゼットやエポニーヌも演じていたのでは・・・と惜しいような、ないような。 エポニーヌ 笹本玲奈:18歳(2003年~2015年公演)• コゼット 熊谷彩春:19歳(2019年公演~) なんとオーディション合格時は18歳高校生。 なんと2000年生まれ。 若すぎる! 小学生のころからミュージカルスクールに通い、将来の夢はずっとミュージカル俳優。 そしてあっという間に帝劇デビュー。 実際にまだ未成年ということもあり、パパっ子感の強い純朴なコゼットでした。 マリウス 三浦宏規:20歳(2019年公演~) 2019年公演で「最年少マリウス」として一躍有名になりました。 5歳の時からバレエを始めており、バレエのコンクールでも何度も入賞経験のある強者。 そのせいか、 若干ハタチとは思えないような落ち着いた優雅な雰囲気を持っています。 2019年公演のマリウスは三浦さんのほかに海宝さん・内藤さんと実力派に囲まれていたこともあってか、まだまだ伸びしろを感じる歌声でした。 そして2020年にはシアタークリエで『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』への出演も決定。 これからますますグランドミュージカル界で活躍すること間違いなしの若手俳優。 アンジョルラス 最年少アンジョルラスも2名いました。 原田優一:24歳 (2007年~2009年公演) (より引用) 一方の上原さんは2011年公演のアンジョルラス役をオーディションで射止め、ミュージカル俳優デビュー。 もともと子役やタレントであったわけではなく、ミュージカル俳優デビューがいきなり帝国劇場のそれもレ・ミゼラブル。 なかなか鮮烈なデビュー! 子役からキャリアをがしがし積んできた原田さんと、大学在学中にオーディションに一発合格した上原さん。 対照的なキャリアの二人が同じく最年少アンジョルラスでした。 ちなみに2019年公演からアンジョルラス役を演じている 小野田龍之介さんは15歳の時にオーディションで最終選考まで残っていたそうです。 「20歳過ぎたらもう一度受けにおいで」と言われたそうな。 2019年は若返り公演? 2019年公演はジャベール・マリウス・コゼットの3人も最年少記録を更新しているわけですね。 なんだか年々演じるキャストの平均年齢が若返っているような気がします。 そして、全体的にみるとやはり子役でキャリアを積んでいる人が最年少になりがち。 2021年公演はさらに若くなるんじゃないかなと思ってます。 もう今年で終わりかも?という雰囲気のする重鎮キャストが結構いるので。

次の

ミュージカル『レ・ミゼラブル』2021年全国ツアー公演 上演決定!オールキャストオーディション開催

レミゼラブル オーディション 2021

9月13日(金)のオンエアでは、俳優で演出家の吉原光夫と俳優の小野田龍之介が登場。 番組初の公開収録にて、ミュージカル『レ・ミゼラブル』オーディション秘話をそれぞれ披露した。 『レ・ミゼラブル』は、全キャストがオーディションで選ばれる。 小野田が初めてオーディションを受けたのは15歳のとき。 当時、最終選考まで残ったものの「まだ若いから20歳過ぎたら来てください」と言われたと明かす。 小野田:その後、オーディションを受ける機会はなくて、今回オーディションを受けました。 その前にミュージカル『ミス・サイゴン』でクリス役をしていました。 イギリスのスタッフと『レ・ミゼラブル』のスタッフがほとんど同じなんですけど、音楽チームのスタッフに「龍之介は『レ・ミゼラブル』に興味ないの?」「やる気はないの?」って言われました。 やる気がないことはないけど、僕もちょっと変に大人になってきていて...... 今まで観ていた作品や影響を受けた作品は「演じる」っていうよりも「観るもの」だったり、格式が違う印象が自分の中に勝手にあったんです。 でも、そのスタッフの一言で背中を押されたというか「じゃあ受けてみようかな」って思いました。 オーディションでどの役を受けるか、海外スタッフも交えて話したときに「何役が好きなの?」と訊かれて、小野田は「アンジョルラスやジャベールのように突き進む役が好き。 かっこいいから子どものときから憧れている」と答えたという。 小野田:「どっちも性質的に合ってるけど若いうちにしかできない役をやったほうがいい」って言われました。 それで「マリウスはないなあ」って自分でボソッと言ったら、「それはないね!」って大爆笑されました。 「俺はマリウスじゃない」って万国共通でウケるんだって思いました。 吉原:でも『レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート』のマリウス役(ニック・ジョナス)に雰囲気がなんとなく似てない? なくはないんじゃないかな。 『ミス・サイゴン』でクリスもやったし。 小野田:クリスをやったから屈強で男性的っていう印象が強すぎて、恋と革命で迷うイメージがない。 「恋と革命ならこいつは革命にいきそうだ」っていうのが、海外スタッフたちにとっては面白かったみたいです。 一方の吉原は、どのような経緯でオーディションを受けたのだろうか。 吉原:実は、ジャン・バルジャンじゃなくてアンジョルラスでオーディションを受けたんですよ。 自分は小さい劇団をやっていまして、ある日、友だちから「自己満足劇団もいいけど、ちゃんと大きい作品に出ろよ」と言われてカチーンときまして「受けてやるよ」って調べたら『レ・ミゼラブル』という作品があると。 小野田:そんな経緯でジャン・バルジャン取れます!? 吉原:何役で受けるか調べたら、アンジョルラスは「革命家」ってあったから、チェ・ゲバラが好きだし、アンジョルラスを受けることにしました。 オーディション当日は、迷彩のジャンパーを着てニット帽をかぶって行きました。 小野田:革命違いだよ! 吉原:(笑)。 それでアンジョルラスを受けに行ったら、まあかっこいい男前が並んでいて「やべえな、キャラ間違えたな」って思って。 そしたら案の定、ジャベールを渡されました。 俺はめっちゃ緊張しいで、始まる前に「全員が歌い終わったら出ていく」っていうルール説明があったんですけど、テンパってて聞いてなかったんですよ。 歌い終わって、うまく歌えなかったのもあって、恥ずかしくなって出ていったんですよ。 そしたらスタッフが追いかけてきて「何かこちらに不手際がありましたか? 怒って出ていかれたみたいだったので」って。 小野田:面白い(笑)。 吉原:「いや、不手際なんて......。 俺がだめでした」って言ったら、そこで「ジャン・バルジャンを受けてみませんか」って渡されて。 中井:へえ〜! 吉原:そのときの音楽監督のビリーさん(山口琇也)とかは「俺はバツを付けたんだ!」って言ってました(笑)。 みんなバツを付けてたんですよ。 「態度悪し」「ガラ悪し」って。 小野田:中学校の通信表みたいになってる(笑)。 『レ・ミゼラブル』は2021年の再演が決定している。 今回も全キャストがオーディションで決まる。 今度は誰がどのような経緯で役を獲得するのだろうか。 ぜひ注目してみてほしい。 放送は毎週金曜の22時30分から。 次回9月20日のオンエアでは、引き続き公開収録の模様をお届け。 この日限りのスペシャルライブパフォーマンスを紹介する。 jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。 番組放送後1週間は「radiko. jpタイムフリー」機能で聴き直せます。 j-wave. 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

演劇|東宝オフィシャルサイト

レミゼラブル オーディション 2021

9月13日(金)のオンエアでは、俳優で演出家の吉原光夫と俳優の小野田龍之介が登場。 番組初の公開収録にて、ミュージカル『レ・ミゼラブル』オーディション秘話をそれぞれ披露した。 『レ・ミゼラブル』は、全キャストがオーディションで選ばれる。 小野田が初めてオーディションを受けたのは15歳のとき。 当時、最終選考まで残ったものの「まだ若いから20歳過ぎたら来てください」と言われたと明かす。 小野田:その後、オーディションを受ける機会はなくて、今回オーディションを受けました。 その前にミュージカル『ミス・サイゴン』でクリス役をしていました。 イギリスのスタッフと『レ・ミゼラブル』のスタッフがほとんど同じなんですけど、音楽チームのスタッフに「龍之介は『レ・ミゼラブル』に興味ないの?」「やる気はないの?」って言われました。 やる気がないことはないけど、僕もちょっと変に大人になってきていて...... 今まで観ていた作品や影響を受けた作品は「演じる」っていうよりも「観るもの」だったり、格式が違う印象が自分の中に勝手にあったんです。 でも、そのスタッフの一言で背中を押されたというか「じゃあ受けてみようかな」って思いました。 オーディションでどの役を受けるか、海外スタッフも交えて話したときに「何役が好きなの?」と訊かれて、小野田は「アンジョルラスやジャベールのように突き進む役が好き。 かっこいいから子どものときから憧れている」と答えたという。 小野田:「どっちも性質的に合ってるけど若いうちにしかできない役をやったほうがいい」って言われました。 それで「マリウスはないなあ」って自分でボソッと言ったら、「それはないね!」って大爆笑されました。 「俺はマリウスじゃない」って万国共通でウケるんだって思いました。 吉原:でも『レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート』のマリウス役(ニック・ジョナス)に雰囲気がなんとなく似てない? なくはないんじゃないかな。 『ミス・サイゴン』でクリスもやったし。 小野田:クリスをやったから屈強で男性的っていう印象が強すぎて、恋と革命で迷うイメージがない。 「恋と革命ならこいつは革命にいきそうだ」っていうのが、海外スタッフたちにとっては面白かったみたいです。 一方の吉原は、どのような経緯でオーディションを受けたのだろうか。 吉原:実は、ジャン・バルジャンじゃなくてアンジョルラスでオーディションを受けたんですよ。 自分は小さい劇団をやっていまして、ある日、友だちから「自己満足劇団もいいけど、ちゃんと大きい作品に出ろよ」と言われてカチーンときまして「受けてやるよ」って調べたら『レ・ミゼラブル』という作品があると。 小野田:そんな経緯でジャン・バルジャン取れます!? 吉原:何役で受けるか調べたら、アンジョルラスは「革命家」ってあったから、チェ・ゲバラが好きだし、アンジョルラスを受けることにしました。 オーディション当日は、迷彩のジャンパーを着てニット帽をかぶって行きました。 小野田:革命違いだよ! 吉原:(笑)。 それでアンジョルラスを受けに行ったら、まあかっこいい男前が並んでいて「やべえな、キャラ間違えたな」って思って。 そしたら案の定、ジャベールを渡されました。 俺はめっちゃ緊張しいで、始まる前に「全員が歌い終わったら出ていく」っていうルール説明があったんですけど、テンパってて聞いてなかったんですよ。 歌い終わって、うまく歌えなかったのもあって、恥ずかしくなって出ていったんですよ。 そしたらスタッフが追いかけてきて「何かこちらに不手際がありましたか? 怒って出ていかれたみたいだったので」って。 小野田:面白い(笑)。 吉原:「いや、不手際なんて......。 俺がだめでした」って言ったら、そこで「ジャン・バルジャンを受けてみませんか」って渡されて。 中井:へえ〜! 吉原:そのときの音楽監督のビリーさん(山口琇也)とかは「俺はバツを付けたんだ!」って言ってました(笑)。 みんなバツを付けてたんですよ。 「態度悪し」「ガラ悪し」って。 小野田:中学校の通信表みたいになってる(笑)。 『レ・ミゼラブル』は2021年の再演が決定している。 今回も全キャストがオーディションで決まる。 今度は誰がどのような経緯で役を獲得するのだろうか。 ぜひ注目してみてほしい。 放送は毎週金曜の22時30分から。 次回9月20日のオンエアでは、引き続き公開収録の模様をお届け。 この日限りのスペシャルライブパフォーマンスを紹介する。 jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。 番組放送後1週間は「radiko. jpタイムフリー」機能で聴き直せます。 j-wave. 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の