オナジ アナノ ムジナ。 オナジアナノムジナ(情ノ華/朧月夜収録) / 己龍の歌詞

同じ穴の狢(オナジアナノムジナ)の意味は?同じ穴のムジナの由来も

オナジ アナノ ムジナ

「同じ穴の狢」の意味とは? 「同じ穴の狢」は「実は同類」という意味 「同じ穴の狢(むじな)」は、関係がないように見えるものたちが、実は同類であることをたとえたことわざです。 タヌキやキツネは、アナグマの巣穴に入り込んで生活する習性があり、狢とタヌキやキツネが同じ穴の中で同居していることもめずらしくありません。 また三者は別の動物ですが人を化かすというところが似かよっており、このことから「同じ穴の狢」での共通項は、悪い行いをするという点に限られます。 「狢」とはアナグマのこと 「同じ穴の狢」に登場する「狢」は「むじな」と読みます。 主にアナグマのことを指しているとされ、「貉」と書かれたり、地方によっては「まみ」という名前で呼ばれたりすることもあります。 狢は人を化かすという言い伝えがありますが、昔ばなしや伝承においては、タヌキやキツネも狢と同様に人を化かす動物であるとされています。 「同じ穴の狢」の由来 「同じ穴の狢」の由来は動物の生態と性質 「狢」は主にアナグマのことを指しているとされますが、明確に狢という生き物が存在しているわけではありません。 タヌキやキツネなどのような、穴を掘ったり穴の中で生活したりする動物の総称として使われます。 これらの動物たちが一つの穴に住みついていることはよくあるため、まとめて「同じ穴の狢」と呼ぶことができるのです。 そして、狢たちは一様に人を化かすと言い伝えられています。 昔ばなしなどでは人に化けて悪さをするタヌキやキツネがよく登場していていますが、いずれも人間から見ると悪玉です。 ここから同種ではないが、悪玉という点で共通していることを「同じ穴の狢」というようになりました。 「同じ穴の狢」の類語 「同じ穴の狐」「同じ穴の狸」は同義語 「同じ穴の狢」の類語として、狢を狐や狸に言い替えた「同じ穴の狐」や「同じ穴の狸」があります。 狢が特定の生き物を表す言葉でないため、このような言い替えが発生しました。 また、同じ穴を一つ穴と言い替えた「一つ穴の狢」という言葉もあり、これも「同じ穴の狢」の同義語です。 似たりよったりいう意味の「五十歩百歩」 「同じ穴の狢」には似た者同士という意味がありますが、「良くない」あるいは「悪い」という点で共通していることがポイントです。 つまり、優れていたり良いものであったりする場合に、「同じ穴の狢」は使いません。 この意味での類語としては、「五十歩百歩」が挙げられます。 戦場で50歩逃げた兵が100歩逃げた兵を臆病者だと嘲ったことが由来で、歩数に違いはあるものの逃げたという点では変わりないということを指しています。 多少の違いはあっても本質的には同じであることを表すようになった「五十歩百歩」ですが、良いものに対して使うことはないため、「同じ穴の狢」の類語といえることわざです。 抜きん出たものがいない「どんぐりの背比べ」 「どんぐりの背比べ」も、「同じ穴の狢」の類語として挙げられます。 どんぐりの大きさや形はどれも似たり寄ったりで、抜きん出たものはありません。 つまり「どんぐりの背比べ」とは、優れたものがいないため優劣を付けがたいという残念な状態で用いられることわざです。 僅差で先頭争いをしているようなケースで使用することができない「どんぐりの背比べ」は「同じ穴の狢」の類語で、良い意味や褒める意味で使うと誤りとなるので注意が必要です。 「同じ穴の狢」の使い方が分かる例文 「同じ穴の狢」の使い方で注意したい、良いものや優れたものに対して用いられることはないということが分かる例文を紹介します。 課長の収賄行為を弾劾していた彼もどうやら賄賂を受け取っていたようで、結局は同じ穴の狢だった。 クリーンさで売出し中の候補だが、支援団体を見る限り従来の候補者と同じ穴の狢と思ったほうがよいだろう。 この試験結果を報告しなければ、欠陥製品をそのまま出荷をしてきた前任者と同じ穴の狢になってしまう。 彼らは同じ穴の狢なのだから、新しい条件を提示してきても最終的には同じ結果に行き着くだろう。 評判のよくない会社から業務提携を持ち掛けられたが、我が社も彼らと同じ穴の狢に見えてしまったのだろうか。 まとめ 「同じ穴の狢」の意味や由来・類語の解説に加え、ことわざの使い方が分かる例文も紹介しました。 本来は、一見して仲間と分からないもの同士のことを「同じ穴の狢」と言い表していましたが、悪い仲間という意味に拡大して用いられるようになりました。 したがって「同じ穴の狢」を使う場合は、対象が褒められないような事例に限られるということになるため、不用意に用いることは避けたほうがよいでしょう。

次の

オナジアナノムジナ

オナジ アナノ ムジナ

結局、殺されるどころか生かされてしまった。 その理由は分からず、現段階で理解出来るのは私が彼の人質にされていることだけだった。 彼の部屋なのかも分からない古いアパートの一室らしき場所に監禁された私は、粗末な食べ物だけ与えられる。 だけど、それに手を付けずにいる私に、食べなければ死ぬぞ、と彼は笑うのだ。 どうせ殺されるのなら、食べても食べなくても一緒じゃないか。 それから三日目の夜を迎えた今日、吸っていた煙草を消した彼が此方を向いて口を開いた。 「さて……今日はお前にも働いてもらうぞ」 「働くって…なにを」 「楽しいゲームをする為にお前が働くんだよ」 彼の言うゲームとは何なのか。 未だに聞かされていない内容に私はただ訝し気な表情だけを向ける。 「変な真似をしたらお前の頭は……バーンってな」 そう言って片手を鉄砲に見立てて私を撃ち抜くポーズをする彼に"お前は常に俺に見られているからな"という意味だと理解した。 「じゃあ、私は今らかどうしたらいいんですか」 「簡単だ。 あの公園で適当に目星を付けて、そいつの首を絞めて殺す」 「……犯罪の加担をしろってこと?」 「犯罪の加担かぁ…まあ、この時代じゃそうなるだろうな」 この時代って……あんたも現代人だろうがと言ってやりたい。 「お前の非力なその手で絞殺せるか分からんが、お前が勝つか負けるか楽しみだな」 「そんなの、」 無理に決まってる。 だって私は誰かの首を絞めた事なんて無いし、どうやっても相手が強ければ逆に私が相手の正当防衛で死ぬかもしれないのに。 今更ながらに、自分が死ぬことへの恐怖を覚え始めてしまった。 昨日までの自分は一体何だったのか。 あんなに死にたいと思っていたのに、いざ生死を目の前にした時、覚悟がない人間は結局命乞いをするのだ。 「さあ、行って来い。 お前の初仕事だぜ」 「仕事って……」 それを仕事と呼んでいい筈がないと言うのに。 夜道を歩き、私は公園内でどの人にするか物色するように眺めていた。 この人じゃない、あの人じゃない。 そうすること一時間半……一人の女学生が目に付いた。 見た所、私と同じ制服だったので、年の近い子ならいけるだろうと値踏みする。 どう見てもスポーツをしているような体付きでもないし、線の細い体系だ。 渡されていた黒の皮手袋を両手に嵌め、黒のパーカーを羽織るとフードを目深に被って、一度深呼吸をして早まる心臓を落ち着かせると、その女子生徒に声を掛けた。 「こんばんは」 「……誰、ですか?」 彼女の怯えたその震える声に、私はごくりと生唾を飲み込んだ。 いかにも害の無さそうな、これから幸せになっていくだろう彼女を、私は今から殺すことになる。 本当にやってしまうの?今ならまだ間に合うはずだから警察に行こう。 でもあの男はどこかで私を見ているのに? 心の葛藤を繰り返す内に、考えることも億劫になり私は無心で彼女の腕を掴んだ。 ひゃっ、と女性特有の悲鳴のような声に「ごめんなさい」と謝りながらも、その腕を引っ張って茂みへと連れて行く。 抵抗する力は、私より弱い。 いけるかもしれないと思った私は、来る前に考えていた殺し方を実行する事にした。 小さな彼女の口を片手で塞ぐと、もう片方の手で動脈を圧し潰すように首を絞める。 もがき苦しむ彼女の顔は苦悶の表情を浮かべ、綺麗な瞳が私にやめてと懇願する。 心の中で何度も何度も謝った。 いずれ私は地獄に落ちるから、とそう呟いた。 次第に抵抗する彼女の力も弱まり、動きが止まっていく。 綺麗な瞳から苦しみから逃れたい一心で流れた涙が、首を絞める私の手に伝うと、彼女は半分白目を剥いて絶命した。 「殺さなければ……殺される、から……っ」 そう呟いて、自分はあたかも正当防衛をしたと主張することで、この現実から逃れたかった。 パチパチと小気味良い拍手が聞こえ、それが誰かも分かってしまう。 きっと彼は今もあの厭らしい笑みを浮かべ、楽しそうに私を見下ろしているのだ。 嗚呼、殺してしまった、そう言って私の横にしゃがんだ彼は死体を見ると「いい顔してんじゃねーか。 なあ?」と私に賛同を求めるように話しかけた。 頷くなんて出来るわけがない。 「おめでとう。 お前の勝ちだ」 そう言うと、彼は私の頭を優しく撫でる。 何が面白くてこんなゲームをするのか。 理解することも、理解したいとも思えない彼の思想に、私はあとどれだけの人間を殺めていけばいいのだろうと、ふと死体を見てそう思うのだった。 帰ってからは、また数日の監禁生活が始まる。 お互いの事を話すことも無ければ、そもそもの会話が無い。 目の前に置かれた一枚の食パンを見て、食べなければ本当に死んでしまうと腹の虫が訴えた。 男の前で食事をしたくなかった私だが、現在部屋の中に一人。 食べるなら今だろうと、後ろ手に結ばれた両手を動かすも、拘束具は外れそうにない。 仕方がないので、一枚の食パンに顔を近付けると、犬のように口に咥えた。 こんな食べ方、人生でしたことなんて一度も無いというのに、悉く私の初めてをあの男は嫌な意味で作っていく。 食パンを半分食べた所で、男は帰ってきた。 お皿に乗っていたパンが半分になっている事に気付くと、ハハッと笑いどうやって食べたのか聞いてきた。 答える義理なんてこれっぽっちもないと私が知らん顔を続けてると、伸びてきた男の手が私の髪の毛を掴んで顔を引き寄せた。 強引で乱暴なやり方に、私も男を睨み付けると彼は目元に笑みを浮かべる。 「なあ、教えてくれよ。 どうやって食ったんだ?」 「………っ、」 後頭部の髪の毛を掴んでいた手にぐっと力が入ると同時に、私は小さな唸り声をあげた。 それでも睨み続ける私に、彼は言う。 いつかその顔が歪む時があれば俺を楽しませてくれよ、と。 「じゃあ、答え合わせというこうか」 「何言って…、あぐっ」 彼はそのまま私の頭を床へ押さえ付け、その下には丁度食パンもあったので見事にそれを擦り付けられた。 「こうやって犬みたいに食ったのか?」 「ングッ…やめ、て…っ」 「さっさと答えろよ」 絶対にコイツの前で苦痛の顔を見せてやるもんか。 私はただ男を睨み上げ、口元に笑みを浮かべて「絶対に答えてやんない」と声を絞り出した。 すると、男の手がピタッと止まり、私を見下ろす瞳は存外楽しくなさそうなものだった。 つまらんな、と呟くと彼の手が離れて、私は解放される。 男はソファーに座ると、足を組んで背凭れに仰け反るように項垂れた。 俺はもう寝ると言う彼が、睡眠を取って食事をする私と同じ人間なのだと思うと、この世は何とも不思議だ。 静寂の中、男の寝息だけが私の耳に届く。 私が逃げ出すかもしれないって危機感も無く普通に寝ちゃうんだから、やっぱりこの男は人を殺すだけの非道を持ち合わせているはずだ。 けれど、私もそんな彼の仲間入りをしてしまったのだから、どれだけ彼を悪く言おうが他人から見れば同じ穴の狢だろう。 ふと家族の事を思い出すと、妹の顔が脳裏に真っ先に浮かんだ。 両親が私が行方をくらました事に捜索願を届けているだろうか。 妹は元気にやっているだろうか。 あの子は私と違って賢くて優しい心を持ってるから、泣いたりしてないだろうか。 妹に貸すはずだった小説の事を思い出した。 大好きな作家の新作は、女学生と猟奇的殺人犯の……、あ。 明らかにこの状況があの小説と似ていた。 でも、そんなまさか。 有り得るはずがない。 ただ似ているだけで、私は何を考えているんだろう。 ふと彼の眠るソファーの横に立てかけるように置いてある鞄に視線がいく。 私の鞄の中身は無事なのだろうか。 携帯は初日に破壊されたから、外との連絡手段は立たれていた。 後ろ手に拘束されてなければ、鞄にゆっくり近づいて中身を確認できるはずなのに……。 それに、この男が私の交渉にイエスと答えるはずがない。 どうにかして鞄を手にしたい。 彼から視線を逸らさずに、私は一度床に横になるとお尻だけ上げて芋虫のように顎を床に着けて這った。 物音を立てないように、ゆっくりと慎重に鞄に近付くと、体を反転させて後ろ手を伸ばして掴んだ。 確かこの中にあの小説を入れているはずだ。 チャックをゆっくり開けると、手探りで鞄の中から一冊の本を取り出す。 よし、としおりを挟んでいた場所を開く。 ……で、これからどうやって読もう。 薄暗い室内でも文字を読み取ることは出来そうなのに、本の両端を押さえておくための手が使えない。 「何やってんだ?」 ひゅっと息を飲んだ。 ヤバイ、そう思った時には遅かった。 男の威圧的な視線で私は口を開くことも、声を上げることも出来ない。 ソファーから腰を上げた男が、私の目の前でしゃがみ込むと片手で本を取り上げる。 しおりだけが床にはらりと落ち、ただそれをジッと眺めて男の言葉を待つことしか出来なかった。 「へえ……お前もこれ読んでたのか」 彼の言葉は、同じ読者としての発言だと思った。 もしかして今回の殺人も、その小説と同じようにしているのではないかと、私が変な想像を膨らませる中で彼は更に言葉を続けた。 「やっぱこういう作品は実体験がなきゃ書けないもんだぜ。 下巻の内容は現在模索中だ」 「えっ、」 少しだけ開かれたカーテンから漏れる月明りが彼の顔を照らす。 口元で薄く笑う彼の表情は、猟奇的殺人犯の美しき芸術品のようにも見えた。

次の

オナジアナノムジナ(情ノ華/朧月夜収録) / 己龍の歌詞

オナジ アナノ ムジナ

同じ穴の狢(オナジアナノムジナ)の意味とは「良くないことをする仲間」のことです。 友達や仕事の同僚と、ちょっとしたおふざけをした時などに「俺たちって、同じ穴の狢だな」などと表現されます。 若い人達の中には、悪いことをする人に魅力を感じたり、悪びれたいという人が少なからずいますので、良くないことをする仲間同士であることに喜びを感じている人も少なくありません。 しかし、社会に出ていくにつれて、そういった考え方は薄くなっていき、人から良くみられたいと思う人は多いと言われています。 以下の記事では、そんな周囲の人からの第一印象を良くするための方法や第一印象を良くするための心理効果などを詳しくお伝えしています。 第一印象を良くすることで、その後の仕事がやりやすくなったり、出世に好影響を与えたりといった良いことがたくさんあるので、ぜひ合わせてご覧ください。 同じ穴のムジナの「むじな」の意味とは「アナグマや狸」のことです。 狢という言葉は、本来はアナグマを指す言葉なのですが、地域や人によっては狸やハクビシンなどを意味することもあり、それが間違いであるという認識がされるケースも見受けられないことから、アナグマや狸のことを意味すると解釈されています。 言葉は時代と共に変わっていくことやなくなってしまうものも多くあります。 何気なく使った言葉に対して、「それって、もう死語だよ」などと言って笑われた経験がある人も少なくありません。 そんな恥ずかしい思いをしないよう、以下の記事では、昔に流行ったけど、現在は既に死語とみなされている言葉を詳しく紹介しています。 昭和や平静の流行語やギャグなどをたくさんお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 同じ穴の狢の使い方例文2番目は、「偉そうに言うけどあなたも同じ穴の狢でしょ」という使い方です。 世の中には、良くないことをしているにもかかわらず、「いかにも自分は正しいことをしている」と主張して、自分を正当化しようとする人は少なくありません。 例えば、「友達の浮気がバレるといけないと思ったから、昨日は友達と一緒に飲んでいると言ったんだ」と主張する彼氏がいたとします。 しかし、そう主張する彼氏自身も浮気していて、お互いが嘘をつくことに対してメリットがあった場合などに「あなたも嘘をついて浮気してたんじゃない。 同じ穴の狢よ」と言われてしまいます。 ちなみに以下の記事では、浮気を防止するためのアプリについて詳しくお伝えしています。 スマホで使うことでGPSを活用して相手のいる場所を把握できるのですが、その一方で浮気防止アプリを使う時に必要な注意点もありますので、そのあたりを詳しく紹介している記事です。 ぜひ合わせてご覧ください。 同じ穴の狢(オナジアナノムジナ)の使い方例文の3番目は、「同じ穴のムジナ同士で反省会を開こう」といった使い方です。 仕事や学校でプレゼンや発表をすることは少なくありませんが、それがグループで行うものであった場合に、皆の足を引っ張ってしまうということもあります。 自分が皆の足を引っ張ってしまい、グループの皆に迷惑をかけて落ち込んでいる時に、他のグループでも自分と同じようにミスをしてしまった人がいると「自分だけが駄目なわけではないんだ」と、少し安心にも似た感情を抱くケースがあります。 そういった際に、「同じ穴のムジナ同士で反省かを開こうよ」などと言って、お互いの悪かったところなどを指摘しあうという名目で慰めあうといったケースは少なくありません。 テストの点数が悪くて、親にどう説明しようかと悩んだ経験があるという人は少なくありません。 そうやって困っている時に、返ってきた答案を見て青ざめている人を見ると、どこか仲間意識を感じてしまうことがあります。 そんな青ざめた顔をしているクラスメイトに向かって、「テストで赤点だったとは同じ穴のムジナだね。 次はお互いに頑張ろうよ」などと声をかけることで、お互いに少し元気を取り戻せるということがあります。 ちなみに以下の記事では、勉強に集中できない時の対処方法や勉強に集中できない原因などについて詳しくお伝えしています。 勉強に集中するための音楽や、勉強をする際に集中力が低下する原因となるスマホの扱い方などを詳しく紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。 同じ穴の狢(オナジアナノムジナ)の使い方例文の5番目は、「良い人だと思ってたのに実はあいつと同じ穴のむじなだった」といった使い方です。 誠実そうに見えて浮気していたり、学校で優等生タイプに見えるクラスメイトが、実は不良グループと付き合って悪事を働いていたりといった場合に使われる表現です。 他にも犯罪事件などで、全く関係のない人が容疑者として浮上してきた際などにも使われる表現です。 こういった使われ方をする場合には、総じて意外な人が悪事に手を染めていたといったニュアンスが含まれます。 犯罪に手を染める人が身近にいると、思わぬ災難がふりかかってくることがあります。 以下の記事では、関わってはいけない人の特徴や邪悪な人の見極め方について紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。 関わってはいけない人と関わらないようにする方法や、トラブルに巻き込まれた時の対処法などもお伝えしています。 同じ穴の狢の類語の3番目は、「どんぐりの背比べ」という言葉です。 どんぐりの背比べという言葉には、「同じくらいのものが集まっていて、飛びぬけたものがない」といった意味合いがあるため、「どれもこれも似たようなもの」、「同類」といった意味合いになることから、同じ穴の狢の類語であると考えられています。 同じ穴の狢の意味や使い方を理解して仲間意識を育みましょう 同じ穴の狢の意味や使い方は、知っているようで正確に把握している人は少ないと言われています。 中には知らず知らずのうちに間違った使い方をしている人もいると言われています。 そういった際に、さりげなく同じ穴の狢の意味や使い方をわかりやすく説明できると、知性をアピールすることにつながります。 また、何かの失敗をしてしまった時や、悪いことをしてしまった時に、同じ境遇の人に「同じ穴の狢だね。 まぁ頑張って挽回しようよ」などと声をかけることで、仲間意識が育まれ、心強く感じることがあります。 さらに、同じ境遇の人と助け合ったり、アドバイスをもらったりすることができる可能性もあります。 このように同じ穴の狢という言葉は、色んなところで有効に使える言葉ですので、より良い状況につなげられるように活用していきましょう。

次の