恐縮です 意味。 「恐縮ながら」とは?意味や使い方!例文や解釈

要注意!「恐縮です」の意味と使い方・例文

恐縮です 意味

「お忙しいところ恐縮ですが」の意味と使い方とは? 「お忙しいところ恐縮ですが」とはクッション言葉 「お忙しいところ恐縮ですが」は相手に何かお願いをしたいときに使われるクッション言葉です。 お願い事だけを相手に伝えるのは相手の都合を考えていないという横柄な印象を与えてしまう可能性があります。 しかし、「お忙しいところ恐縮ですが」というクッション言葉が入ることによって相手にへりくだる柔らかい印象を与えることができるのです。 「お忙しいところ恐縮ですが」は暇でも使える 「お忙しいところ恐縮ですが」をもっと分かりやすい言葉にすると「お忙しいのに申し訳ない」となります。 言葉の意味を考えると忙しい人に対して使う言葉なのかと考えてしまいますが、相手が忙しいか忙しくないかは関係なく、明らかに暇だと分かっている相手に対しても使うことができるのです。 「お忙しいところ恐縮ですが」はこちらがお願いをすることで相手に面倒をかけることから、謝罪の意味を込めて使います。 「お忙しいところ恐縮ですが」の言い換えと例文とは? 「お忙しいところ恐れ入りますが」の例文 ビジネス使いのポイントとは? 「お忙しいところ恐縮ですが」で感謝を伝えつつ内容は簡潔に 日本人ははっきりとは言葉にせず遠回しに伝えるのが良いとされる場面もあるのですが、ビジネスメールにおいては簡潔に内容を伝えることが良いとされています。 ポイントは、「件名で何の要件なのかが分かるようにすること」「内容は文章の頭に結論を持ってくること」です。 文章全体の柔らかさは文末に「お忙しいところ恐縮ですが」があれば十分です。 社内メールであっても命令はマナー違反 ビジネスメールでは依頼内容は簡潔に伝えるのが良いと説明しましたが、命令したり制限を設けるような書き方はマナー違反です。 いくら「お忙しいところ恐縮ですが」と一言添えたとしても相手に対して失礼なメールとなってしまいます。 例えば、一方的に期限を決めてしまうのは相手にだって都合がありますので、配慮が足りないといえますし、依頼についても「〇〇してください」ではなく「〇〇していただければ幸いです」といった表現を使うようにしましょう。 「お忙しいところ恐縮ですが」を電話で使う場合 メールで使う場合と同様で、「お忙しいところ恐縮ですが」は感謝や労いの意味で使います。 例えば、「お忙しいところ恐縮です。 私株式会社〇〇の山田と申しますが・・・」と話し初めに使ったり「お忙しいところお時間をいただき恐縮です。 それでは失礼いたします。 」と話の締めに使うこともできます。 「忙しい」という言葉は嫌がられることもある 「忙しい」という言葉は縁起の悪い言葉とされています。 「忙」という字は「心」を「亡くす」と書くため冠婚葬祭では使ってはいけない言葉となっていますが、ビジネスシーンでは、「忙しい」という言葉を使っても問題はありません。 しかし、ビジネスでは縁起担ぎをすることもありますので、人によっては良く思わないこともあるということを覚えておきましょう。 「お忙しいところ恐縮ですが」の類語 「お忙しいところ恐縮ですが」の類語は「お忙しいところ」と「恐縮ですが」に分けて説明していきます。 「お忙しいところ」の類語 ご多忙・ご多用 「ご多忙・ご多用」どちらも頭に尊敬を表している「ご」がついていることから目上の方が忙しくしているという意味になります。 「恐縮ですが」の類語 失礼ですが 「失礼」は「無礼な振舞いをする」という意味なので、これから相手に礼儀を欠くようなことを聞く相手に「失礼ですが」と前置きをします。 お手数ですが 「お手数ですが」は自分が依頼したことで相手に手間をとらせてしまうときに労いや感謝を表す言葉として使われます。 まとめ 「お忙しいところ恐縮ですが」は特にビジネスシーンでは定型文のようなものですが、これからは相手に感謝や労いの気持ちを込めて使うようにしましょう。 「お忙しいところ恐縮ですが」などのクッション言葉は上手に使うことで文章全体を感じの良いものに仕上げることができます。 これは人間関係を円滑にするためのテクニックであるともいえるのではないでしょうか。

次の

【僭越】と【恐縮】の意味の違いと使い方の例文

恐縮です 意味

拝啓 残暑の候、北村様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。 さて、 誠に恐縮ではございますが、島崎が休職中につき、私、吉川がお尋ねの件につきましてご説明申し上げます。 また、重ねてお問い合わせやご用件がございましたら、何なりと吉川までお申し付けいただけますようお願い申し上げます。 「恐縮です」の使い方 御礼や感謝の意味で使う「恐縮です」 「恐縮」という「相手に恐れ入って、身の縮むような」という表現を、相手への「御礼や感謝」の意味で使うことができます。 「ありがとうございます」という言葉では表現しきれないような、強い感謝の気持ちを「恐縮です」という言葉で表します。 この「御礼や感謝の意味」で使う「恐縮」は、主に「恐縮でございます」と、より丁寧な言い方になります。 相手に心から申し訳ないという思いから、相手を恐れ身の縮むような思いをしている、という状態を「恐縮」という言葉に乗せて伝えます。 人に何か自分のことを褒められたとき、「ありがとうございます」と受け入れたり、「とんでもないことです」と遠慮したりすることは間違いではありません。 しかし人によっては「褒め言葉をすんなりと受け入れるとは」「せっかく褒めたのに否定するとは」など、さまざまな考え方があります。 そこで「恐縮」を使い、 やんわりと受け入れながらも謙虚な姿勢で受け止めるという、他の言葉では難しい様子を表すことができます。 「仰ることは良くわかりました、しかし 申し訳ございませんがご希望には添いかねます」 「恐縮」をさらに強調する表現 「恐縮至極」 「恐縮至極(きょうしゅくしごく)」とは、 「非常に恐縮している」「最大限の恐縮」という意味を持つ言葉です。 「恐縮です」という言葉は、使い方によっては思いよりもやや軽い印象を持たれることがあります。 そんなときに「恐縮至極」を使うと、自分がいかに恐縮しているか、ということを伝えることができるでしょう。 基本的には 「恐縮至極でございます」と、使いますが、「まさに恐縮至極、身の縮む思いでございます」などの言い回しをすることもあります。 「恐縮しきり」 「恐縮しきり」とは、「恐縮しっぱなし」「ずっと恐縮しています」という意味を持つ言葉です。 「恐縮至極」と同様に、非常に恐縮している様子を表します。 さらに「恐縮しきり」は、相手へたびたび迷惑をかけている場合にも使います。 恐縮です の言い換え 相手から受けた厚意に対する感謝や、迷惑をかけてすまないという謝罪の気持ちを表す際に「恐縮です」を使う場合は、 よりかしこまった表現だととらえます。 以下のような、感謝の言葉を、「恐縮」に置き換えることができます。 」 以下のような、謝罪・申し訳ない気持ちの言葉を、「恐縮」に置き換えることができます。 「申し訳ございませんが、お願いできますでしょうか。 」 恐縮です の失礼・間違った使い方 非常に便利な言葉ではありますが、丁寧すぎることで むしろ皮肉に聞こえかねないリスクがあります。 たとえば「恐縮に存じます」という言い方をする人は多いですが、意味が重複しています。 「存じます」は平たく言うと「思います」という意味ですから、「ありがとう」「すみません」といった気持ちをすでに意味として含んでいるところに「存じます」を加える必要はありません。

次の

「恐縮ながら」とは?意味や使い方!例文や解釈

恐縮です 意味

「恐縮の限り」という言葉は「恐縮」と「(の)限り」という部分に分けることができます。 恐縮と言うのは「恐れて身がすくむこと、相手に迷惑をかけて申し訳なく思うこと」を指しています。 また「限り」の意味は「そのことの限度いっぱい、限界まで」となります。 総合すると「限界までおそれて身がすくむほど相手に迷惑をかけて申し訳なく思う」という常軌を逸した状態という意味になります。 しかし実際に使われている意味合いとしては「迷惑かけてすみません」といった程度の言葉です。 ビジネスの世界では飾った言葉が好まれる 「恐縮の限り」という言葉は、主にビジネスの場面で使われます。 ビジネスの世界では過剰に粉飾した意味の言葉を使う風潮があるのです。 例えば「貴社のご発展とご隆盛を心より祈念致しております」といった挨拶は過剰な意味の表現ですが様々なところで使われています。 そのため、こういった場面では、「恐縮の限り」といった極端にへりくだった言葉も好んで使われているのです。 「恐縮の限り」は手を煩わせた謝罪の場面で使う 「恐縮の限り」は実際にどのような場面で使う言葉かと言うと、主に「相手の手を煩わせた場合の謝罪」の場です。 「恐縮の限り」という言葉の意味において最も重要な部分は「相手に迷惑をかけてしまって申し訳なく思う」という点です。 例えば相手に余計な手間をとらせてしまった場面で、「今回の件で多大なご迷惑をおかけしてしまい誠に「恐縮の限り」です」というように使います。 謙遜の意味で使えばやり取りがスムーズになる また、もっと軽い場面でも「恐縮の限り」を使うこともあります。 例えばある商品やサービスの不備について報告する際、直接その原因となる人へ連絡できない場面も多々あります。 会社の窓口へ報告するなら、報告を受け取る人はおそらく、そのトラブルに関係の無い人です。 そのため、本来では過度な謙遜を意味するのですが、あえて「お手を煩わせてしまい恐縮の限りです」というように述べると良いでしょう。 相手もこちらへ迷惑をかけている気持ちになっていれば互いに謙遜しあいながら連絡を取ることができ、気分良くやり取りは進んでいきます。 「恐縮の限り」は日常的な謝罪の言葉ではない 「恐縮の限り」という表現を使わない方が良い場面も存在します。 それは日常的な場面です。 「恐縮の限り」というのは一大事や丁寧な応対の際に使う表現であって、日常の謝罪に使うと違和感が生じてしまいます。 例えば上司に「ここ間違えてるよ」と指摘を受け「「恐縮の限り」でございます」と返答したなら妙な目で見られるかもしれません。 基本的には過度な謝罪表現なので日常で使うものではありません。 謙遜の意味で使用するときは言葉に見合う対象が必要 「恐縮の限り」には謙遜の意味も含まれていますが、使わない方が良い場面は色々とあります。 例えば上司に「このグラフの書き方いいねえ」と褒められたときに「「恐縮の限り」でございます」と言ったならキョトンとされるかもしれません。 大きな仕事を達成したときに「よくやった」と言われたら「恐縮の限りでございます」と返答するのは妥当です。 この表現にはその言葉に見合う大きな対象が必要なのです。 「恐縮の限り」には謝罪と謙遜の意味がありビジネスの場面での使用が好まれる 「恐縮の限り」の意味と使う場面について見てきました。 「恐縮の限り」というのは「限界までおそれて身がすくむほど相手に迷惑をかけて申し訳なく思う」という極端な表現です。 ですがビジネスの場面ではこのような飾った表現が好まれるので、良く使われます。 主な意味としては謝罪と謙遜となり、特に「相手の手を煩わせた際」に使う表現です。 大きな失敗の謝罪時や、大きな仕事を達成して褒められたときの謙遜時の表現として使うのが相応しい表現です。

次の