楽天カード 障害情報。 楽天ペイ

QTnetデータセンターの電源トラブルと楽天カードの決済障害についてまとめてみた

楽天カード 障害情報

三木谷浩史社長(撮影=編集部) 楽天モバイルが、同社提供のオプションプラン「楽天でんわ10分かけ報道by楽天モバイル」に契約していたユーザーに対して月額料金を過大に請求していたことが29日、わかった。 消費税率8%を10%に誤って計算 利用料金の過剰請求が発生したのは、今年9月時点で「組み合わせプラン」で「楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイル」を契約していたユーザー。 10月分の料金請求時に、月額料金850円(2019年9月利用分)に対して、本来は消費税率8%で請求すべきところを、10%で計算し請求していた。 同社は返金措置として、11月分の料金から今回の余剰請求分を減額して対応するという。 当サイトの取材に対し、楽天モバイル広報部は今回のトラブルに関して、次のように回答した。 「お客様には既に本件の概要と返金などの対応について個別にご案内しております。 本件によりお客様にご迷惑をお掛けしましたこと、深くお詫び申し上げます。 確認フローの見直しや従業員教育などの再発防止策に取り組み、サービスの向上に努めてまいります。 本件によりお客様にご迷惑をお掛けしましたこと、深くお詫び申し上げます」 また、過剰請求の総件数と総額に関しては「個別事案の詳細については回答を控えさせていただきます」とのことだった。 相次ぐ楽天のトラブル 同社では、10月から開始した携帯電話(自社回線)の試験サービス「無料サポータープログラム」(抽選で5000人が対象)で、一部のユーザーが開通手続きできない問題が発生。 親会社の楽天が運営するクレジットカード「 楽天カード」でも今月23日、障害が発生し、決済、借入、申し込みといった主要機能が利用不能になった。 スマートフォン決済サービス「楽天ペイ」も同トラブルを受けて、一時利用できない状況になった。 大手通信会社幹部は、次のように楽天の内情を語る。 「楽天モバイルは携帯電話サービスの開始準備で、てんてこまいの状況にあります。 基地局の整備の遅れや携帯電話サービスの料金などが不明な点を問題視した総務省が、これまで計3回にわたって指導してきました。 一連の指導を受けて、9月に会見した三木谷浩史社長は『本格サービスは来年3月までに行う』と断言してしまいました。 スケジュール的に年内にある程度の準備を終わらせておかなければ、今年度中の本格稼働は難しいのではないでしょうか。

次の

楽天ペイ

楽天カード 障害情報

現在モバイルSuicaをご利用のお客様も、楽天ペイアプリ上でご利用中のモバイルSuicaを連携登録することで、楽天ペイのSuicaをご利用いただけます。 楽天ペイのSuicaは、Android OS 6. 0以上のおサイフケータイ対応スマートフォンで利用できます。 すでにモバイルSuica以外の交通系ICカードをご利用の場合、端末によってはモバイルSuicaをご利用できない場合がございます。 楽天ペイからSuicaにチャージできるのは楽天カード(Visa、Mastercard、JCB、American Express)のみとなります。 1回の入金(チャージ)額は、1,000円以上1円単位で指定できます。 入金(チャージ)上限額は、携帯情報端末内の残額とあわせて20,000円です。 電波が届く場所でご利用ください。 一旦入金(チャージ)した金額は、モバイルSuica会員からの退会時を除き、払いもどしはできません。 誤って入金(チャージ)しないようにご注意ください。 SuicaおよびモバイルSuicaは東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。 「Suicaのペンギン」は東日本旅客鉄道株式会社のSuicaのキャラクターです。 その為、楽天ペイのSuicaをご利用いただくことで、いつものお支払いに加え、電車・バスでのご利用もいだけます。 【注意事項】• 楽天ペイのSuicaは、Android OS 6. 0以上のおサイフケータイ対応スマートフォンで利用できます。 すでにモバイルSuica以外の交通系ICカードをご利用の場合、端末によってはモバイルSuicaをご利用できない場合がございます。 楽天ペイからSuicaにチャージできるのは楽天カード(Visa、Mastercard、JCB、American Express)のみとなります。 1回の入金(チャージ)額は、1,000円以上1円単位で指定できます。 入金(チャージ)上限額は、携帯情報端末内の残額とあわせて20,000円です。 電波が届く場所でご利用ください。 一旦入金(チャージ)した金額は、モバイルSuica会員からの退会時を除き、払いもどしはできません。 誤って入金(チャージ)しないようにご注意ください。 その他Suicaについてのご質問は 本人認証サービス 3Dセキュア とは何ですか? オンライン決済時、暗証番号とは別にお客様ご自身で設定された「本人認証パスワード」をご入力いただくことで、不正利用等を未然に防止するサービスです。 その他本人認証サービス 3Dセキュア についてのご質問は 楽天ペイで楽天ポイントを使ったり、貯めたりすることは出来ますか? 楽天ペイでは楽天ポイントをいつものお支払いで「使う・貯める」ことが出来ます。 また、ご利用いただけるポイントは「通常ポイント・期間限定ポイント」の2種類となります。 その他楽天ポイントついてのご質問は 楽天ペイにチャージできる方法は、どういった方法がありますか? 楽天ペイへチャージいただける方法は下記三つになっております。 楽天カード• 楽天銀行• ラクマの売上金 その他チャージについてのご質問は 楽天ペイでは、どういった支払い方法がありますか? 楽天ペイでのお支払い方法は下記となります。 QR読み取り• コード表示• セルフ• 1 楽天ペイのSuicaは、Android OS 6. 0以上のおサイフケータイ対応スマートフォンで利用できます。 2 楽天Edyは、Android OS 4. 0以上のおサイフケータイ対応スマートフォンで利用できます。 その他支払い方法についてのご質問は 楽天ペイで使えるお店にはどういった店舗がありますか? コンビニ、ドラッグストア、スーパー、飲食店といった日常ご利用されるお店から、家電量販店など様々なお店でご利用いただけます。 また、街でのお支払いだけでなく、オンラインでも楽天ペイをご利用いただけます。 その他使えるお店についてのご質問は.

次の

楽天ペイ

楽天カード 障害情報

California• これらサービスを、楽天会員を中心としたメンバーシップを軸に有機的に結び付けることで、他にはない独自の「楽天エコシステム(経済圏)」を形成しています。 楽天会員は共通のIDで、エコシステム内の複数のサービスを利用できるとともに、「楽天ポイント」を買い物やサービス利用時に貯めたり、使ったりすることができます。 ライフシーンを幅広くカバーする利便性の高いサービスを提供することで、顧客のエコシステム内への流入拡大やグループサービスの複数利用、回遊的・継続的なサービス利用を促進しています。 これにより、顧客獲得コストの最小化や会員一人当たりのライフタイムバリュー(生涯価値)の最大化、楽天グループサービスの流通総額の増大等において相乗効果が発揮され、楽天の競争力を高めています。 今後、グローバルでも「楽天エコシステム」の拡大を進め、世界で約14億の楽天グループサービス利用者に、楽しく便利なサービスの提供を目指していきます。 事業の中核となっている「楽天市場」は、まさにそうした想いを具現化しているユニークなサービスです。 インターネット上であっても多種多様で個性的な店舗が集う人間味あふれる商店街となっており、「発見する楽しさ」のあるショッピング体験を提供しています。 人々のライフスタイルや求めるニーズがますます多様化する中、一人ひとりに合わせたサービスを提供し、人々をより幸せにしていくためには、データとAI技術が欠かせません。 楽天では、世界4カ国5拠点で最先端のテクノロジーを研究・開発する楽天技術研究所を通じて、AI活用に向けた研究開発を強力に推進するとともに、データを操るデータサイエンティストたちを含む開発体制を拡充し、彼らと連携しAI活用を推進する担当者たちを楽天グループの全事業に配置しています。 楽天グループのサービスは、日常をとりまく様々なシーンで利用され、そこからは常に膨大なデータが生まれています。 楽天は、お客様がより安心して楽しくサービスをご利用いただけるように、このデータをAIを駆使して分析し、一人ひとりに合わせた最適な商品やサービスを提案しています。 データとAIを効率的に活用できる体制、そして人々の生活や社会を豊かにしていきたいという強い想いが、新しいイノベーションを世の中に生み出していくための大きな力となっています。 楽天の競争力の根幹を成すのが、多様な人とアイデアがオープンに行き交う企業文化です。 異なるバックグラウンドを持つ多様性に富んだ従業員一人ひとりが最大限に力を発揮できる制度や環境づくりを推進するとともに、全社的に社内公用語を英語にしたことで、楽天には世界70カ国・地域以上から多彩な経験や能力を持つ優秀な人材が集ってきています。 また、創業時から続けている従業員全員に経営戦略を共有する「朝会」をはじめとし、コミュニケーションをより円滑にするオープンなオフィスづくりやビデオ会議システムの全社的導入などを通じて、情報共有を徹底しています。 社内組織やオペレーションを進化させ、生産性の向上や新しいビジネス創出を促進する仕組みづくりに常に取り組んでいます。 「楽天市場」を開設した創業初期の頃、従業員わずか6人のベンチャーだったことに由来して、新サービスを開発する際に6人規模のスモールチームで始めるという試み「プロジェクト6」もその一環です。 このように楽天では、イノベーション力とオペレーション力の強い組織をつくっていくことを大切にしています。 この両方を兼ね備えた、新しいビジネスを興していこうとするアントレプレナーシップ(起業家精神)を育んでいこうとする企業文化が、従業員の当事者意識や自ら考え行動を起こせる「自走」する力を高め、楽天の原動力となっています。 私たちは1997年の創業時より、イノベーションの力を信じ、大切にしています。 未来の可能性を信じ、より良い明日を創っていくことを目指しています。 創業から20年目には、これまでの延長線上にはない未来に向けて体現し続けるべきビジョンとして、「グローバル イノベーション カンパニー」となることを掲げました。 インターネットが日常のあらゆるシーンに溶け込み、社会のインフラとして当たり前のものとなる中、これからの数年だけでなく、数十年単位で、世界で起こりうる大変革を見据えた決意です。 楽天は、Eコマースのパイオニアとして、イノベーションを起こすことでその歩みを進めてきました。 「インターネットで人はモノを買わない」と言われた時代に、コンピューターに強くなくても誰でも簡単にお店を開けるインターネット・ショッピングモール「楽天市場」を開設しました。 売り手と買い手がつながり、自由にやりとりのできる場をネット上に初めて創り、「発見する楽しさ」のある新しいショッピング体験を生み出しました。 また、今では当たり前となったネット上のお買い物でのポイントプログラム導入や、ネットショッピングと同じ会員IDを使い、ポイントも貯めることのできるクレジットカード決済を実現するなど、世界に先駆けた新しいサービスを提供してきました。 社内公用語を英語にするという取り組みも、世界中から楽天に優秀な人材を惹きつけるとともに、国境を越えて多様なアイデアがオープンに行き交う文化を促進し、イノベーションを加速させる原動力となってます。 こうした中、世界市場を視野に入れた、新しいオープン型ECプラットフォームやアドテックのほか、ディープラーニング(深層学習)を活用したチャットボットやAI(人工知能)技術、ドローンによる配送実験などの分野における新しいビジネスモデルやベンチャー人材にも投資し、現状にとらわれないイノベーションに次々と挑んでいます。 現在、Eコマースにとどまらず、トラベル、デジタルコンテンツなどのインターネットサービス、クレジットカードをはじめ、銀行、証券、電子マネー、スマホアプリ決済といったフィンテック(金融)サービス、携帯キャリア事業などのモバイルサービス、さらにプロスポーツといった多岐にわたる分野で70を超えるサービスを提供するようになっています。 これらライフシーンを幅広くカバーする様々なサービスを、楽天会員を中心としたメンバーシップを軸に有機的に結び付け、ユーザーのグループサービス内での回遊性を高め、他にはない独自の「楽天エコシステム(経済圏)」を拡大させています。 最初の20年の成長とともに、社会におけるイノベーション促進においても、楽天が果たすべき責務は大きくなってきています。 コンプライアンスの遵守や情報セキュリティ管理を徹底し、コーポレート・ガバナンスを率先して拡充していくとともに、ダイバーシティ(多様性)の尊重に企業戦略として取り組み、一人ひとりが活躍できる社会の形成にも寄与していきたいと考えています。 また、「社会を良くしたい」という想いを持つ、テクノロジーに通じた次世代の起業家がどんどん生まれるような環境をつくっていくことも使命と考えています。 グローバル市場へと歩みを進める中、私は、楽天グループの人材からだけでなく、ベンチャー企業や教育機関、国内外の企業など、夢の実現に向けて共に働いている世界中のパートナーから、日々、大きな刺激と気づきをもらっています。 2017年7月からパートナーシップが始まった「FCバルセロナ」は、「More than a Club(クラブ以上の存在)」として地域と共に発展し、世界中から愛される存在となっているサッカーの名門クラブです。 楽天も創業時から、「More than a Company(企業の枠を越えた存在)」として地方や中小企業の皆様と共に発展するという思いを大切に歩んできました。 こうした価値観を共有するパートナーと共に、今後さらに世界の多くの方々から愛され、支持される存在となることを目指していきます。 私たちは、イノベーションとそれを興す強い決意(アントレプレナーシップ)、そして仲間とのパートナーシップこそが、世界を動かし、明日を創っていくと信じています。 常識にとらわれず、アイデアを組み合わせ、イノベーションを生み出し続ける。 企業の枠を越えて、人々の夢の実現を後押しすることで、世界に喜びと楽しさを届けたい。 そんな志をこれからも大切にし、皆様と想いを分かち合い、共に未来を切り拓いていきたいと思っています。 2017年 7月 代表取締役会長兼社長.

次の