かき氷 シロップ アレンジ。 かき氷シロップを手作りしたい!果物やジャムから作る無添加シロップ

かき氷機のおすすめ2020テーマは「ふわふわ」!!かき氷のアレンジレシピも

かき氷 シロップ アレンジ

コンテンツ• 子供も喜ぶ余ったかき氷シロップ活用アレンジレシピBEST15 子供のいる家庭では、やっぱりおうちかき氷が一番!ですよね。 そこで必須なのがかき氷シロップ。 残ったかき氷シロップを活用してもいいですが、夏真っ盛りの時に作ってもいいんですよ。 とっても簡単!かき氷シロップグミ 出典: ビビットカラーが映える、こちらも可愛いグミ。 こうやってグミのレシピを見ていると、意外と簡単なんだなって思います。 四角くコロコロと切れば十分なんて、超簡単っ! HMかき氷シロップホワイトシフォンケーキ 出典: シフォンケーキの風味付けにかき氷シロップ。 色は白いとのことですが、かき氷シロップの優しい甘さがふんわりシフォンにぴったりですね。 かき氷シロップでシュワシュワ寒天! 出典: 寒天を使ったヘルシーおやつ。 シュワっとした風味が夏にさっぱりな一品です。 インスタ映えもしますね~! カラフルポップコーン 出典: 元気いっぱいなカラフルポップコーン。 楽しい気分でパクパクつまめちゃいます。 アイシングの色が可愛らしいパステルカラーになりますよ。 鮮やかな色合いはかき氷シロップならではですね。 グラデーションがとってもきれいで、南国の海のようです。 べっこう飴 簡単 出典: カラフルな飴もかき氷シロップなら簡単に作れます。 ひとつひとつ袋に入れて、パーティーで配るのもかわいいですね! ミニバターロールパンでメロンパン 出典: パン生地をイチからコネコネしなくても簡単に作れるメロンパン! 画期的です!!.

次の

かき氷シロップのおすすめ人気ランキング10選【いちごや抹茶、無添加タイプも!】

かき氷 シロップ アレンジ

琥珀糖の作り方 【材料】(作りやすい分量) グラニュー糖 300g 水 200ml 粉寒天 5g お好きなジュース(100%)またはかき氷シロップ 大さじ2 【作り方】 1.鍋にグラニュー糖・水・粉寒天を入れ、中火にかける。 2.泡が出てきたら火を弱め、混ぜながら煮詰める(だんだんとろっとしてきます)。 3.火を止め、バットに流し入れる。 4.ジュースまたはシロップを流し入れ、軽く混ぜる。 今回はピーチとグレープの2種のジュースを混ぜてみました。 5.あら熱が取れたら冷蔵室で冷やし固め、包丁で好きな大きさに切るか、手でちぎる。 琥珀糖の上部にグレープジュースの色が付き、うっすら2層になりました。 このままでも十分おいしく食べられますが、数日乾燥させると外はしゃりっと、中はもっちりの本来の琥珀糖になります。 小さいバットを使っていろいろな色で作ったり、中に金平糖や食用花を入れて固めるとさらに見た目も美しく楽しめるお菓子になりますね。 おうちの冷蔵庫に余っているシロップ、飲みきれないジュースは琥珀糖にアレンジして楽しみましょう! とっても安く作れる! 琥珀糖の鮮やかな色の大半は食紅を使用していますが、わざわざこのために買うのは面倒だし、代用できないかと思い、100%ジュースを使いました。 グレープなど色の濃い物を使うとより売っている琥珀糖に近づくかと思います。 マーブル模様を作る場合、少しだけ冷ましてからジュースやシロップを流し入れると、粘度があり模様がつけやすいです。 ただし、寒天は固まるのが比較的早いので、注意しましょう。

次の

かき氷のシロップ☆余りを使った美味しいアレンジレシピと言えば?

かき氷 シロップ アレンジ

毎年6月に入ると、梅酒や梅シロップを作るのに適した、青いままの梅の実が出回り始めます。 さっぱりした味わいで楽しめるほか、梅はクエン酸やポリフェノールなどの栄養も満点なので、お酒や砂糖に漬け込むことで、抽出したエキスを丸ごといただけます。 梅酒編に続き、ここでは梅シロップの作り方とアレンジレシピを紹介します。 梅酒の作り方はこちら 梅シロップの作り方 梅の香りと酸味がおいしい梅シロップは、水やソーダで割って飲むほか、かき氷のシロップとして使うのもおすすめです。 梅シロップが完成し、エキスが出切った後の梅の実はシワシワになりますが、じゅうぶんおいしいのでそのまま食べたりジャムにしたり、シロップと梅の実を豚肉と一緒に煮て角煮にするなどの使い道もあります。 梅の実をよく洗う 梅の実をボウルに入れ、傷つけないように一粒一粒よく洗います。 水に浸けてアクを抜く 洗い終わったら水を替え、そのまま水に1〜2時間ほど浸してアクを抜きます。 冷凍してある梅や黄色い完熟梅ではアク抜きは不要です。 ざるに広げてよく乾かす 梅の実をざるにあげたら、そのまま自然に乾くまで干しておきましょう。 水分が残っているとカビの原因になるので、表面のしっとりとした感じがなくなるまで完全に乾かします。 竹串でヘタを取る 梅の実のおへそのところにあるヘタを、竹串でそっと取り除きます。 梅の実を傷つけてしまうとカビや実崩れの原因になるので、慎重に行いましょう。 保存瓶を消毒する 少量を漬ける小さな瓶なら鍋で煮て加熱殺菌するのでもOK!しかし、大きな瓶を加熱することは難しいので、除菌アルコールスプレーを使ってまんべんなく吹きかけて、キッチンペーパーなどで拭き取って消毒します。 瓶の口や蓋などもしっかり拭きます。 作業の前に手指の消毒をすることも忘れないようにしましょう。 梅の実と氷砂糖を交互に瓶に入れる 瓶の底に梅の実を入れたら、氷砂糖をその上に入れ、交互に詰めていきます。 梅の実を押したり潰したりしないよう、ふんわりと乗せていくのがコツです。 蓋をして冷暗所に置く 入れ終わったら、冷暗所で保存しておきましょう。 梅の実から水分が出てきて砂糖が完全に溶けるまで、一週間ほどかかります。 砂糖が溶けるまでに時間がかかってしまうと発酵してしまい、そのまま放置するとアルコール度数が高くなり、梅シロップとはまったく別物になってしまうのです。 砂糖が早く溶けるように、毎日2〜3回は瓶を揺すりましょう。 1ヶ月したら梅の実を取り出す 砂糖が溶け切ったら飲みはじめられます。 1ヶ月くらいして梅の実が全部シワシワになったら、エキス抽出が終わった合図ですから、梅シロップから実を取り出してそれぞれ消毒した瓶や保存バッグなどに入れて冷蔵庫保存してください。 殺菌状態でも異なりますが、冷蔵庫であれば半年〜1年ほど持ちます。 次のページでは、梅シロップのアレンジレシピを2品、紹介します。 酸味のきいたさわやかな甘みの梅シロップが、ちょっと変わった味わいになって3度楽しめるはず。

次の