東海 梅雨 明け。 近畿の梅雨入りと梅雨明け 2020(確定値)

梅雨入り梅雨明け宣言とは?定義方法と決め方が難しい理由

東海 梅雨 明け

東海・名古屋の梅雨明け2020年の時期を予想しようと、気象庁の過去のデータを元に傾向を考えました。 気象庁には昭和26年(1951年)から現在までの過去データが蓄積され、それを私たちも見ることができるので活用できるのですね。 そこから出た 東海・名古屋の梅雨明け予想は7月の半ばごろになります。 そして 東海・名古屋の梅雨明けの平年時期や、観測が始まって過去最速の梅雨明け日。 もしくは、過去最も遅かった梅雨明け日などもわかりました。 東海・名古屋は沖縄が梅雨明けしてから一ヶ月ほどでやってくることが多く、2020年もそこまで変わらないと思います。 では、具体的に東海・名古屋の梅雨明けはいつごろになるのか、その予想をご覧ください。 スポンサードリンク 気象庁の東海の梅雨明け区分 ちなみに気象庁が公表している区分は、普段の私たちの感覚とは少し違う場合があります。 今回の表なども気象庁の区分を参考にしているので、それに当てはめて見るようにしてくださいね。 東海 静岡県、岐阜県、三重県、愛知県 このようになっていますので、注意してください。 東海・名古屋の梅雨明け時期は平年いつから? 気象庁のホームページには、昭和26年(1951年)から現在までの過去データが蓄積されています。 それは私たちも自由に見ることができます。 そのデータでは東海・名古屋の梅雨明け時期、平年の様子も出してくれています。 それを2000年以降でまとめました。 data. jma. html この表をまとめると、 東海・名古屋【2000年~2019年】 スポンサードリンク あとがき 2020年東海・名古屋の梅雨明けの時期の予想ですが、これまでの結果を表にしてまとめました。 東海の梅雨 日にち、期間 梅雨明け予想 7月16日~7月25日ごろ 平年 7月21日ごろ 過去最も早い日 1963年6月22日ごろ 過去最も遅い日 2009年8月3日ごろ あくまで予想ですので、その年の気象状況によっても大きく変化します。 ただ、毎年のデータからの予想ですが参考にはなると思います。 また、「梅雨明けしたとみられる」と気象庁から発表があっても、普通に雨が降り続く場合もあったりします。 そのくらいこの時期の天気の見極めは難しいのでしょうね。 梅雨の時期はジメジメした日が続きますが、晴れの日でも雨に注意してレインコートや折り畳み傘など備えはしておくようにしてくださいね。

次の

【東海】雨の日のお出かけに!室内で遊べるスポット29選。観光にもおすすめ

東海 梅雨 明け

東海地方の2020年の梅雨入り時期を予想! 静岡県の富士山、岐阜県の飛騨山脈など日本有数の山岳地帯としても有名な東海地方。 都会的でありながら、雄大な自然も味わえるところが魅力的です。 せっかくなら晴れた日に楽しみたいですよね。 旅行計画を立てるのにぴったりな東海地方の2020年の梅雨入り予想をお届けします。 気象庁の1951年~2018年までの過去データによると、東海地方の最も早い梅雨入りは1963年の5月4日、最も遅い梅雨入りは、1951の6月28日でした。 5月上旬に梅雨入りした年は過去68年間で1度きり、さらに次に早かった年は1956年と2011年の5月22日であり、東海地方においてゴールデンウィーク期間での梅雨入りは、かなり珍しいケースと言えますね。 東海地方の梅雨入りの平年時期はは6月8日頃とされていますので、梅雨入り前におでかけに行かれる際は、5月末までに行かれるのが良いかもしれません。 これらのデータから東海地方の梅雨入りを予想すると、2020年は5月30日から6月13日くらいとなるでしょう。 東海地方の2020年の梅雨明け時期を予想! 国内有数の温泉地として有名な伊豆半島。 全国的には温暖な気候に恵まれているといえますが、ときには大雨や台風などの激しい気象現象が現れることもあります。 史跡や景勝地を楽しむための、2020年の東海地方の梅雨明け予想をお届けします。 気象庁の1951年~2015年までの過去データによると、東海地方の最も早い梅雨明けは1963年の6月22日、最も遅い梅雨明けは、1954年の8月2日でした。 6月中に梅雨明けした年は、過去68年間で1度きりであり、とても珍しいケースであると言えますね。 また8月に入ってから梅雨明けした年は68年間で2度であり、こちらもとても珍しいことがわかります。 6月、8月に東海地方が梅雨明けする確率はかなり低いと言えるでしょう。 また、東海地方の梅雨明けの平年時期は7月21日頃とされていますので、東海地方への梅雨明け後のおでかけは、7月末頃からが良いかもしれませんね。 これらのデータから東海地方の梅雨明けを予想すると、2020年は7月24日から7月28日くらいとなるでしょう。 東海地方の梅雨期間の傾向は? 近畿地方にも属し、周りを海に囲まれている三重県の南部ですが、とても雨が多く台風が頻繁にやってくることが知られています。 観光に行かれる際には注意が必要ですね。 2020年の東海地方の梅雨期間の傾向を予想してみましょう。 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、東海地方の最も短い梅雨期間は1951年、1958年、1960年の20日でした。 また最も長い梅雨期間は、2009年の61日でした。 この年は梅雨明けが最も遅かった年であり、平年よりも2週間遅れての梅雨明けとなりました。 梅雨期間が60日以上だったのは68年間でこの1度のみですので、とても珍しいと言えるでしょう。 東海地方の平年の梅雨期間は40日、直近10年間の平均は少し長めの43日となっていますので、これらのデータから東海地方の梅雨期間を予想すると、2020年は38日~50日くらいとなるでしょう。 まとめ 2020年の東海地方の梅雨入りと梅雨明け、梅雨期間の予想はいかがでしたか? 関東や関西からも比較的アクセスがよく、ドライブがてら観光巡りするのも楽しい東海地方。 旅行計画を立てる際には、ぜひ参考にしてみてください。

次の

去年は早すぎた梅雨明け 今年は梅雨空いつまで続く?(日直予報士 2019年07月09日)

東海 梅雨 明け

令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値) 梅雨期は大雨による災害の発生しやすい時期です。 また、梅雨明け後の盛夏期に必要な農業用の水等を蓄える重要な時期でもあります。 一方、梅雨期は曇りや雨の日が多くなって、日々の生活等にも様々な影響を与えることから、社会的にも関心の高い事柄であり、気象庁では、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに、梅雨の入り明けの速報を「梅雨の時期に関する気象情報」として発表しています。 (発表後3日程度の間、に各地方別の情報として掲載しています。 地方に含まれる都府県は、をご覧ください。 ) このページは梅雨入りと梅雨明けの情報を発表したときに更新しています。 ただし、情報発表が休日の場合は休日明けの平日に更新となる場合があります。 後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、この情報で発表した期日が変更となる場合があります。 ここに掲載した期日は移り変わりの期間の概ね中日を示しています。 ・「平年」は、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付です。

次の