リクナビnext デメリット。 【リクナビNEXTの評判は?】メリットとデメリットを徹底比較

リクナビNEXTの評判ってどうなの?? 実際に登録してメリット・デメリットを調査してみた!!

リクナビnext デメリット

リクルートグループの看板サービスのひとつ、「リクナビNEXT」は社会人なら知らない人はいないのでは、という程の圧倒的知名度・ブランド力を誇る転職サイトです。 転職決定数No1(楽天リサーチ2015年の転職調査)という実績と、常時1万件前後の求人数、更には会員登録後には逆オファーの来る「スカウト機能」の活性と、非常に安定感のある転職サービスです。 転職者のおよそ8割にリクナビNEXTの登録経験があることからも、いかに人気・信頼ともに大きな転職サービスであるかが窺えます。 かつ、サービス開始も1977年からと、長年の実績を積み上げていることもあり、転職者側、企業側からも高い信頼・評判を得ています。 リクナビNEXTは利用者の年齢分布も幅広く、20代半ばから50代までの男女がリクナビNEXTを活用しており、 若手転職者への求人はもちろんのこと、40代以降の求人情報も多くあるということで、ミドル層の転職活動者からも人気です。 最近の転職活動のトレンドでは、「に転職の支援を受けながら、転職サイトでの情報収集や自身の活動を行う」という、「転職サービスのダブル活用」をする人が増えてきています。 サイトに登録したレジュメ情報をもとに、興味を持った企業や転職エージェントからのオファーが届く リクナビNEXTの「スカウト機能」も人気のポイントです。 特定の転職エージェントやキャリアアドバイザーのサポートを受けつつ「自分でも転職に向けての情報収集やアクションを行いたい」という方や、「まずはリクナビNEXTに登録して、併せて転職エージェントからのオファーも受けたい」という方にもおすすめです。 「スカウト機能」とは、レジュメを登録しておく(あまり個人名を公開したくない方は匿名でも可能です)と、その方に興味を持った企業や、リクルートと提携している他の転職エージェントからオファーメールが届くのです。 オファー内容は、企業からの「一度面接に来られませんか?」といったものや、転職エージェントからの「おすすめの求人紹介と併せて、一緒に転職活動を進めてみませんか」といった、孤独との戦いにもなりがちな転職活動に活力を与えてくれるようなものも多くあります。 スカウト機能を利用することで得られるメリットには、 オファー企業からの書類選考がパスできる場合があったり、非公開求人からのオファーを受けられる、といったことがあります。 また、現在の勤務先に採用選考中であることを知られないための 「企業ブロック」機能もありますので、現職に伝えず独自に転職活動を進めている方にとっては、かなりの手助けになるはずです。 レジュメをしっかり書いておけば、「スカウト機能」からのオファーも多くなります。 そうすれば、 転職者主導の、「イニシアティブを取った転職活動」にしていくことも出来るのです。 あ わ せ て 読みたい 「同時登録できる、【リクルートエージェント】を併用してのサービス利用が効果的!」 リクナビNEXTに登録する際に、「転職支援サービスに登録する」というチェック項目があります。 こちらにマークを入れておくと、同時に「リクルートエージェント」への登録ができます。 リクルートエージェントは、同じく株式会社リクルートキャリアが提供する転職エージェントサービスで、転職者のニーズやキャリアにあった転職先候補を、膨大な求人情報から探し出すのを手伝ってくれます。 リクルートエージェント以外からも、リクルートと提携している他の転職エージェントからの紹介もあるので、かなり充実した情報収集が可能となるでしょう。 近年の転職活動の傾向として、「転職サイトと転職エージェントの併用スタイル」を取った転職成功者が非常に増えています。 私も以前、このパターンで転職を行いましたが、自身の活動に対して客観的意見を言ってくれる転職エージェントの存在はとてもありがたかったです。 あ わ せ て 読みたい• スカウトメールはとても多かったが、応募しても不採用の連絡もあったりして、今一つ効果を感じられなかった。 リクナビNEXT登録後、転職エージェントの人から連絡があったが、結構ぐいぐい来られてやりにくかった。 リクナビNEXTは利用者が多いせいか、エントリーしてからの倍率が高いように感じた。 回数多く対応する必要があった ここまでのリクナビNEXTの評価・評判コメントを拝見していますと、 「求人数の豊富さ」と「管理ツールの品質」がとても高い点が、リクナビNEXTの満足要因であることが伺えますね(「スカウトメール」については、やや賛否両論のようですが・・・)。 在職中の転職活動で「なかなか時間を取れない」という方も、スムーズに転職活動が行えているというコメントが多いのも印象的です。 転職活動を行う上でとても大切なことは、「情報強者」になること。 特に目指す業界や職種が定まっている転職者の方は、そのターゲットとなる業界・企業情報はなるべくキャッチアップしていった方が良いでしょう。 また、忙しくなりがちな転職活動中をいかにスマートにかつ効率的に進めていくかといったところも大切です。 それらのポイントをこなしていく為にも、リクナビNEXTは多くの方の転職スタイルに合わせられる、まさに「使い勝手の良い」転職サービスと言えるでしょう。 あ わ せ て 読みたい 評判は悪くなさそうですね! でも、ネットの評判って、どこまで信じていいんだろう……? リクナビNEXTは本当に良い転職エージェントなんでしょうか? 宮野木 さん 知名度で言ったら間違いなく国内No1の転職サービスでしょうね。 リクナビNEXTの特徴は 「求人数が圧倒的に多い」こと。 そして、その特徴をどう活用するかがポイントです。 また、リクナビNEXTは全国・全年齢に向けて求人情報を展開していますので、年齢や職種に関わらず「自分自身で転職活動を進めたい」という方は、 市場調査目的としても転職する際にはじめに登録して活用するとよいでしょう。 「リクナビNEXTの求人情報はたくさんあって良いけれど、情報が多すぎてなかなか絞り切れない…」という方は、併せて「リクルートエージェント」の転職エージェントサービスを利用されることをおすすめします。 理由は簡単、 リクナビの持つ膨大な求人情報を担い、転職活動者に最適なおすすめ求人を紹介していくのがリクルートエージェントだからです。 他の会社の転職エージェントとの違いは、やはりここも「求人数の充実さ」が挙げられます。 加えて、北は札幌、南は福岡までの国内の拠点の多さも、国内No1の幅広さを誇っています。 これまでにおいても広い年齢層をカバーしての転職支援を行われており、20代~40代まで幅広い利用者の方からの満足度も高く、転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」と答えているとのことです。 「プロの転職エージェントのフォローも受けながら、転職活動を行いたい」という方にはかなりおすすめの転職サービスです。 「受講された方は面接通過率が35%もUPした」という面接力向上セミナーなど、転職をより有利に進めるためのサービス・ツールが豊富なところも魅力のポイントです。 リクナビNEXTは40代などのミドル世代向けの求人にも強いことも評判ですが、ミドル世代の転職者の方には併せて JAC Recruitment(ジェイエイシー リクルートメント)への登録をおすすめします。 JAC Recrutmnetはいわゆる「転職エージェント」に特化した転職サービスです。 特徴としては、 「転職者の今後のキャリアについて親身に相談に乗ってくれて、そのうえでハイキャリア・年収UPを目指した提案をしてくれる」というところが挙げられます。 JAC Recruitmentの転職エージェントは、転職市場の現状況を考慮した上で、転職活動者に対して、どのような市場価値やポテンシャルがありそうかについて客観的な意見を提供してくれます。 30代から40代以降の方で「今後のキャリアアップ、年収UPを視野に入れた転職活動をしたい!!」といった方には特におすすめの転職エージェントです。 とにかく、求人数が多く、業種・職種のレパートリーも幅広い!• PC、スマホどちらからも非常に高い使い勝手の良さで、スキマ時間もサービスを利用しやすい• 求人の検索機能が秀逸で、目当ての求人が見つけやすい• リクナビNEXT登録後に活用できる「スカウト機能」で、転職者が主導権を持った活動も可能• 転職イベントや、面談、キャリア診断ツール等、転職活動をサポートする取り組みが活性している• 「転職エージェントも登録」機能ONで、転職サービス&転職エージェントのW利用が有効 リクナビNEXTを利用する一番のメリットはやはり、「求人情報の量・品質がともに高い」「ツールの使い勝手の良さ」といったところでしょう。 どの業種・職種に進まれる方も、「まずは最初に登録しておきたい転職サービス」です。

次の

リクナビネクストの退会方法と再登録の注意点!リクルートIDの退会は別に手続きが必要!

リクナビnext デメリット

ブラック企業の求人の見極め方を知ることが重要 ということです。 ブラック企業の見極め方については、「」という記事を見ていただけたらと思いますが、多くの転職サイトに中でもの信頼度は高いです。 なので、転職の経験がない人は、 まず信頼できるリクナビNEXTに登録しておけば間違い無いです。 他の転職サイトも気なる方は、こちらの記事も参考にしてみてください! リクナビNEXTの悪い口コミを3つご紹介します リクナビNEXTは僕も使わせてもらっていますし、素晴らしいサービスだと思います。 ただ、そんな素晴らしいサービスでも「 悪い評判」というのは存在してしまうものです、、、。 今回はリクナビNEXTの悪い評判の中から、 代表的な内容を3つご紹介します。 リクナビNEXTを毎日欠かさず見て、良い求人を見逃さないようにする• にも登録して、サイトには載っていない求人を教えてもらう これらをすることで、特に大きな不満もなく利用させてもらっています。 どの転職サイトにも 得意なこと・不得意なことが存在するなかで、は、かなりバランスの取れた転職サイトだという印象があります。 様々な口コミを調べている中で感じたことは、「 転職サイトの機能と転職エージェントの機 能の区別がついていない人が多い」ということです。 転職サイトは自分で求人を探すものなので、自分で探すのは不安だという方は、エージェントにも登録して、実際に相談しながら転職活動を進めていってください! 次回も転職関連の記事を投稿していきます。

次の

転職サイト「リクナビNEXT」の特徴・評判・口コミは?銀行員にはオススメできる?

リクナビnext デメリット

ブラック企業の求人の見極め方を知ることが重要 ということです。 ブラック企業の見極め方については、「」という記事を見ていただけたらと思いますが、多くの転職サイトに中でもの信頼度は高いです。 なので、転職の経験がない人は、 まず信頼できるリクナビNEXTに登録しておけば間違い無いです。 他の転職サイトも気なる方は、こちらの記事も参考にしてみてください! リクナビNEXTの悪い口コミを3つご紹介します リクナビNEXTは僕も使わせてもらっていますし、素晴らしいサービスだと思います。 ただ、そんな素晴らしいサービスでも「 悪い評判」というのは存在してしまうものです、、、。 今回はリクナビNEXTの悪い評判の中から、 代表的な内容を3つご紹介します。 リクナビNEXTを毎日欠かさず見て、良い求人を見逃さないようにする• にも登録して、サイトには載っていない求人を教えてもらう これらをすることで、特に大きな不満もなく利用させてもらっています。 どの転職サイトにも 得意なこと・不得意なことが存在するなかで、は、かなりバランスの取れた転職サイトだという印象があります。 様々な口コミを調べている中で感じたことは、「 転職サイトの機能と転職エージェントの機 能の区別がついていない人が多い」ということです。 転職サイトは自分で求人を探すものなので、自分で探すのは不安だという方は、エージェントにも登録して、実際に相談しながら転職活動を進めていってください! 次回も転職関連の記事を投稿していきます。

次の