デング熱 致死 率。 デング熱の致死率が50%にも?『デング出血熱』という重症型がヤバイ…(ウイルス写真・画像あり) : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ

デング熱とは

デング熱 致死 率

デング熱とは デング熱とは、 デングウイルスが感染することによって生じる熱性の感染症です。 デング熱は大人も子どもも感染する病気で、感染すると発熱や頭痛、筋肉痛、目の奥の痛み、発疹などの症状が現れます。 通常は1週間程度で回復していきますが、まれに、重症化して命にかかわることもありますので、医療機関で適切な治療を受けることが大切です。 また、デング熱は 蚊を媒介して感染しますが、人から人へ直接感染することはありません。 なお、「 テング熱」ではなく「 デング熱」といいます。 デング熱の国内外の状況 東南アジア、南アジア、中南米、アフリカなどの熱帯、亜熱帯の地域で感染者が多く、オーストラリアなどでも発生がみられます。 日本に近い感染地域としては、台湾があげられます。 日本国内の状況 国内においては、海外で感染して帰国し、デング熱が発症した感染者数は例年200名前後となります。 日本国内で感染した例は、長い期間ありませんでしたが、2013年には、ドイツ人渡航者が日本で感染したと疑われる報告があり、2014年8月にも国内感染例が確認されています。 なお、 厚生労働省の発表によると2014年の8月から10月にかけて、デング熱に感染した患者数は160名となっています。 そのうち、代々木公園で感染した人は128名にのぼります。 また、国立感染症研究所において、2014年の8月から10月の発生状況についてまとめた基本的分析がありますので、参照してください。 スポンサードリンク デング熱の原因・感染 デング熱の原因は、フラビウイルス科フラビウイルス属に属するデングウイルスです。 デングウイルスにはいくつかの型がありますが、型によらず同様の感染・症状となります。 デングウイルスは蚊を媒介して感染します。 蚊がウイルス感染者の血を吸うと、その蚊の体内でウイルスが増殖し、その蚊が他の人の血を吸うことでウイルスが感染します。 人から人へなどの直接的な感染はありません。 感染経路となりうるのは、主にネッタイシマカという蚊で、日本には存在しませんが、ヒトスジシマカという日本中に生息する(主に青森県以南)蚊も感染経路となります。 ネッタイシマカと比較して、ヒトスジシマカの方が、蚊の体内におけるウイルスの増殖力は低いといわれています。 ヒトスジシマカについて ヒトスジシマカ(出典:国立感染症研究所昆虫医科学部ホームページ) ヒトスジシマカは、 日本のほとんどの地域(青森県以南)に生息しています。 5月中旬〜10月下旬頃に活動します。 ヒトスジシマカの幼虫は、植木鉢の受け皿や空き缶・ペットボトル、公園などに放置されたブルーシートに溜まった水などによく発生します。 また、墓地、竹林の周辺、公園や庭の木陰などでヒトスジシマカによく刺されます。 ヒトスジシマカは成虫では越冬できません。 成虫は死んでしまい、卵を生んで、その卵が冬を越すことになります。 デングウイルスが卵に伝播して次世代の蚊がデングウイルスを持ったという報告は国内・国外ともにありません。 ネッタイシマカについて ネッタイシマカ(出典:国立感染症研究所昆虫医科学部ホームページ) ネッタイシマカは日本国内には生息していません。 以前は九州地方の一部や小笠原諸島に生息していたようです。 ネッタイシマカが生息する地域で最も北の地域は、台湾の台北市周辺となります。 熱帯地域以外での生息は難しいようですが、飛行機などによって国内に運ばれ、空港などの温度が維持されるビルなどにおいて、そのまま定着してしまう可能性もゼロとはいえません。 また、ネッタイシマカはヒトスジシマカと比較して、デングウイルスの検出率が高く、人の血を吸いやすく、デングウイルスを媒介する可能性が高いといえます。 スポンサードリンク デング熱の潜伏期間、症状 デングウイルスは感染すると、 2〜15日程度(多くは3〜7日)の潜伏期間を経て、発症します(症状が出ない場合もあり、デング熱の発症率は10%から50%程度といわれています。 初期症状として、急な高熱とともに、頭痛、眼の奥の痛み、顔面紅潮、結膜充血が生じ、食欲不振、腹痛、便秘を伴うこともあります。 発熱は 2〜7日間程度持続します(一度下がって、再度高熱を発することが多くなります)。 その後、全身の筋肉痛、骨関節痛、全身倦怠感を伴ってきます。 また、 発症してから3〜4日の後、胴体から麻疹(はしか)のような発疹が現れ、手足や顔へ広がっていきます。 その他、リンパ節の腫れがみられることもありますが、 通常は1週間程度で回復していきます。 子どもの場合、風邪、嘔吐、下痢といった症状が現れることがあります。 一般的に症状は大人よりも軽い傾向がありますが、一方で重症になりやすいといわれます。 デング出血熱について デング熱は、ごくまれに発熱して2〜7日程後に、血漿漏出(血液の細胞成分(赤血球、白血球、血小板)以外部分が血管から漏れてしまう症状)や、出血傾向を主な症状とする重篤な状態となり、 デング出血熱と呼ばれる状態になることがあります。 この状態になって、適切な治療を受けていないと、死に至ることがあります。 感染者は不安・興奮状態となり発汗がみられて手足が冷たくなっていきます。 また、10%〜20%程度に出血斑、鼻血、消化管出血などがみられます。 さらに血漿漏出による血管中の循環血液量の不足からショック状態となることがあります。 (デング熱の重症のものでショック症状があらわれるものをデングショック症候群と呼ぶこともあります。 ) この状態は 発熱が終わって平熱に戻りかけたときに起こることが特徴となります。 デング出血熱は、適切な治療を受けないと死に至る病気です。 デング出血熱の致死率は数パーセントとなることもあります。 (致死率は治療の状況などで異なりますので、国によって異なります。 ) デング熱は重篤な症状となることもありますので、必ず医療機関を受診して適切な治療を受けることが必要です。 デング熱の検査・治療 デング熱の検査 血液検査により、デングウイルスの検出などを行い、デング熱の感染が判明します。 また、発症後数日すると血小板及び白血球の減少がみられます。 デング熱は、感染症法における4類感染症に指定されていますので、医師はデング熱と診断した場合は、保健所に届け出ることになります。 したがって、デング熱はしっかりと確定検査を行います。 デング熱の治療法 デング熱については、特別な治療法はなく、有効なワクチンもありません。 したがって、対症療法(症状を和らげる治療)を行うこととなります。 発熱時に鎮痛解熱剤を使用しますが、サルチル酸系のものは出血傾向やライ症候群発症の可能性があるため禁忌で、アセトアミノフェンの使用をすすめられます。 市販のお薬で対応する場合は、必ず薬剤師に相談してください。 テング熱が重症化し、テング出血熱へ発展するなどして、血漿漏出などの症状が出現した場合は、輸血により血漿漏出による循環血液量の減少を補うなどの治療が必要となります。 なお、2014年9月に日本のバイオベンチャーがデング熱の抗体の開発に成功したといった報道がありましたが、その実用化には5年から6年程度かかるようで、今後の状況を注意する必要があります。 デング熱の予防 国内では多い病気ではありませんが、感染者がみられる地域などでは予防を考慮することが必要でしょう。 デングウイルスは蚊を媒介して感染しますので、特にヒトスジシマカに刺されないように配慮する必要があります。 ヒトスジシマカは日中はヤブや木陰などで活動しています。 その時間帯に蚊に刺されそうな場所へ出る場合は、長袖・長ズボンを着用し、虫除けなどを使用するようにしましょう。 感染してしまった場合 発熱が見られる場合など、デング熱に限らず医療機関を受診するようにしましょう。 感染した場合は、他人へ感染させないことが大切です。 人から人への直接感染することはありませんが、感染した人が蚊に刺されることがないようにしないといけません。 看護師からひとこと 日頃から蚊に刺されないように予防策をとることと、蚊が発生しないように家の周囲などに不要な水たまりをなくすようにしてください。 海外からの帰国者で感染の疑いのある人は、2週間は発熱に注意してください。 帰国後に心配なことがある場合は、最寄りの保健所等にご相談ください。 発熱などの症状が認められたときは医療機関に相談するようにしてください。 スポンサードリンク まとめ• デング熱とは、デングウイルスが感染することによって生じる熱性の感染症です。 熱帯、亜熱帯の地域で感染者が多く、日本の近くでは台湾に感染者がいます。 日本ではヒトスジシマカという日本中に生息する蚊が感染経路となります。 デングウイルスに感染すると1週間程度の潜伏期間を経て発症します。 初期症状として、急な高熱、頭痛、顔面紅潮、結膜充血などが生じます。 子どもの場合、風邪、嘔吐、下痢といった症状が現れることがあります。 デング熱については特別な治療法はなく、対症療法(症状を和らげる治療)を行うこととなります。 重症化しないためには、医療機関を受診して適切な治療を受けることが大切です。 テング熱はごくまれに重症化し、適切な治療を受けていないと死に至ることがあります。

次の

デング熱の症状・致死率は?70年ぶりの国内感染はどのように起こったのか

デング熱 致死 率

そもそも致死率とは? 辞書では以下のようになっています ある病気にかかった患者のうち、その病気で死亡した患者の割合。 百分率や千分率で示す。 致死率。 出典: 致死率と致命率は同じ意味の言葉なんですね。 日本人全体の死亡率の場合、通常1年単位で算出され、「人口10万人のうち何人死亡したか」で表現されます。 死亡率と混同されやすい用語に「致命率」があります。 これは、ある病気になった人のうち、その病気が原因で死亡した人の割合です。 出典: 死因などは関係なく、総人口に対する1年間の死者数という形で使われているようです 対して死亡割合は死因別死亡割合としてよく扱われているらしく、以下のようになっています 保健(衛生)統計 1は、疾病統計と同時に人口の健康に関するすべての側面を網羅し、一般に死因別死亡率 2の統計も含んでいる。 死因 3による死亡の分類は、多くの死亡が単一死因 4によるものではなく、複数死因 5もしくは複合死因 5によるものであるために困難なものとなっている。 このような場合、直接死因 6と潜在的死因 7とを区別し、別の見方をすれば主要死因 8と第二次的死因 9あるいは関連死因 9とを区別することができる。 死因別死亡率 10は一般に人口10万対で表される。 全死因による死亡数の中に占める特定死因による死亡数の割合は、死因別死亡割合 11と呼ばれている。 出典: 死亡率との違いは、がんや事故といった死因別に分けているかどうかってことですね 致死率と死亡割合の違いは? 今までの内容をまとめると• 025=2. SARS:約9.

次の

蚊によって媒介される熱帯地域のウイルス感染症と致死率、RNAウイルスの代表的な種類④、DNAウイルスとRNAウイルス⑧

デング熱 致死 率

デング熱は蚊によって媒介されるウイルス感染症です。 感染はインフルエンザ様の症状を引き起こします。 また、時には、死に至る可能性のある合併症に発展することがあり、重症型デング熱と呼ばれています。 世界でのデング熱の発生率は、この数十年で飛躍的に高まっています。 現在、全世界人口の約半数が危険な状態の中にいます。 デング熱は、世界中の熱帯及び亜熱帯地域でみられます。 そして、そのほとんどが都市部、準都市部でみられます。 重症型デング熱は、アジアやラテンアメリカのいくつもの国の子どもの間で、深刻な病態や死に至る原因となっています。 デング熱および重症型のデング熱に特異的な治療法はありません。 デング熱の予防と制御は、もっぱら、効果に媒介する蚊を駆除することに依存しています。 概要 デング熱は、近年、WHOが分ける全ての地域で急速に拡大している蚊媒介感染症です。 デング・ウイルスは、主には雌のネッタイシマカによって媒介されますが、それよりも程度は低いもののヒトスジシマカによっても伝播されます。 この蚊は、チクングニア熱、黄熱、ジカウイルス感染症も伝播します。 デング熱は、降雨量、温度および無計画な都市計画による影響を受けたあらゆる場所で熱帯地域全般に拡がっています。 (デング出血熱として知られている)重症型デング熱は、1950年代にフィリピンとタイでデング熱が流行した際に、初めて認識されました。 現在では、重症型デング熱は、アジアやラテンアメリカのほとんどの国で発生しており、これらの地域の子どもたちの入院や死亡の主な原因となっています。 デング熱を起こすウイルスには4種類の血清型(DEN-1、DEN-2、DEN-3、DEN-4)があり、異なる型ですがそれぞれ関連しています。 ある血清型のウイルスに感染して回復すると、その血清型への免疫力がつき、生涯に亘り保たれます。 しかし、回復後、他の血清型への交差免疫は部分的かつ一時的です。 他の血清型に続いて感染すると、重症型デング熱に発展するリスクが増加します。 デング熱の世界的な疾病脅威 デング熱の罹患率は、ここ数十年間に世界中で爆発的に増加しています。 デング熱の実際の患者数は、少なく報告され、誤って鑑別されています。 現在、デング熱感染者は年間3億9,000万人(信頼水準95%[2億8,400万-5億2,800万])で、そのうち9,600万人 6700万-1億3600万 が臨床症状(全ての重症度を含む)を発現していると推定されます。 別の研究では、デング熱の罹患率はり128か国で39億人と推定され、これらがデング熱ウイルスへの感染の危険にさらされていると推定されています。 WHOの3地域における加盟国は、定期的に毎年感染者数を報告しています。 2010年、2013年、2015年には、毎年約240万の感染者が報告されました。 デング熱の世界的な疾病脅威は確かではありませんが、デング熱の全例を記録する活動の開始は、ある意味で、最近、報告される感染数が急激に増加していることを物語っています。 この疾患の他の特徴は、多くの国で複数のデング熱ウイルスが大流行し、人々の健康と世界各国の経済の両方に警鐘的な影響を与える疫学パターンをもっていることです。 1970年以前は、重症型デング熱の流行はわずかに9か国のみでした。 現在、この疾患は、アフリカ、アメリカ大陸、東地中海、東南アジア、西太平洋のWHOによる地域の100か国以上で流行しています。 アメリカ、東南アジア、西太平洋の地域では、最も深刻な影響を受けています。 感染者数は、アメリカ大陸、東南アジア、西太平洋で2008年に120万人を超え、2013年には300万人以上を超えました(加盟国からの提出された公式データに基づく)。 現在も報告される感染者数は増え続けています。 2015年には、アメリカ大陸だけで、235万人のデング熱感染者が報告されました。 そのうち10,200人は、重症型デング熱と診断され1,181人が亡くなりました。 デング熱は、新しい地域に拡大するにつれて、患者数が増加するだけではなく、爆発的な流行を起こしています。 現在、ヨーロッパでもデング熱が流行する可能性があり、2010年にはフランスとクロアチアで初めてデング熱の伝播が報告され、他にもヨーロッパの3か国で輸入例が確認されました。 2012年にはポルトガルのマデイラ島で2,000人を超える患者が報告されるデング熱が流行し、ポルトガルとヨーロッパの10か国で輸入例が確認されました。 2013年には、フロリダ州 アメリカ合衆国 と中国の雲南省で患者が発生しました。 また、デング熱は、南米の数か国、特に、コスタリカ、ホンジュラス、メキシコで影響を与え続けています。 アジアでは、シンガポールで数年間消失した後に増加しました。 流行は、ラオスでも報告されています。 2014年には、南太平洋で10年以上発生がなかったデング・ウイルス3型 DEN3 が発生しており、中国、クック諸島、フィジー、マレーシア、バヌアツで患者数が増加傾向を示しています。 デング熱は、消失から70年以上経過した日本でも報告されました。 2015年には、フィリピンでは16万9,000人、マレーシアでは11万1,000人を超える感染者が報告されており、それぞれ前年の59. 5%と16%の増加となり、世界的な大流行を特徴付けました。 2015年には、ブラジルで2014年の感染者の約3倍の150万人の感染者が報告されました。 同じく2015年に、インドのデリーでは、2006年以来の最悪となる1万5,000人の感染者が報告されました。 アメリカ合衆国のハワイ州のハワイ諸島では、2015年と2016年に感染の発生が続き、感染者181人の流行が報告されました。 フィジー、トンガ、フランス領ポリネシアの太平洋諸国は、報告が記録され続けています。 入院が必要な重症型デング熱患者は、推定で毎年50万人発生しており、その大部分が子どもです。 重症型デング熱患者は約2. 感染経路 デング熱の主な媒介昆虫は Aedes aegypti(ネッタイシマカ)です。 ウイルスをもった雌の蚊の刺咬によって人に感染します。 雌の蚊は体内で4日から10日ウイルスを増させた後、その生涯にわたってウイルスを伝播させることができます。 症状のある人も無症状の人も、主たるウイルス宿主であり、ウイルス増殖組織で、未感染の蚊への感染源の役目を果たします。 デング・ウイルスに感染した人には、発症後、(4日~5日、最長12日)蚊を介してデング・ウイルスを伝播する可能性があります。 ネッタイシマカは都市部に生息し、多くが人の使った容器(の水)で繁殖します。 他の蚊とは異なり、ネッタイシマカは日中に吸血します。 刺咬する時間帯のピークは早朝と夕暮れ前です。 雌のネッタイシマカは産卵期毎に複数の人を刺咬します。 Aedes albopictus(ヒトスジシマカ)は、アジアではデング熱を媒介する2種類目の蚊で、古タイヤ(繁殖環境)やその他の商品(萬年竹など)の国際貿易に伴って、広く北米やヨーロッパの25か国以上の国々へ拡がっています。 ヒトスジシマカは適応性に優れているため、ヨーロッパの冷涼な地域でも生存できます。 ヒトスジシマカの拡大は、零度以下の温度に対する耐性、冬眠、微生息場所に潜むことができることによるものです。 特徴 デング熱は、重症のインフルエンザ様疾患で、乳児、幼児、成人が罹ります。 しかし、死亡することは滅多にありません。 症状は、感染蚊に刺された後4~10日の潜伏期を経て発現し、通常2~7日間持続します。 重症型のデング熱は、血漿漏出、体液貯留、呼吸促迫、重度の出血、臓器不全などの合併症を伴い、死亡する可能性があります。 重篤な状態では24~48時間後に死亡することがあり、合併症や死亡リスクを避けるために適切に医療処置を行うことが必要です。 予防接種 2015年末から2016年初めに、サノフィパスツールによって初めてのデング熱ワクチン Dengvaxia CYD-TDV が、流行地域の9-45歳に向けて数か国で承認登録されました。 WHOは、各国やワクチンの研究と評価を支援するために、民間の支援組織に技術的な助言や方向性の指導を行っています。 予防接種に関する専門家戦略諮問グループ(SAGE)は、2016年4月にデング熱ワクチンとその推奨事項を検討する予定です。 予防と制御 現在、デング・ウイルスの伝播を制御し予防する唯一の方法は、媒介する蚊の駆除に努めることです。 以下のような方法があります。 環境の管理と改善により、産卵環境から蚊を閉め出すこと• 固形廃棄物を適切に処理し、人工的に人が作り上げた生育場所を取り除くこと• 毎週、家庭の貯水容器の蓋を行い、空にし、清掃すること• 屋外の貯水容器に適切な殺虫剤を用いること• 網戸、長袖の衣服、殺虫剤で処理した物資、蚊取り線香、噴霧器など、家庭での防護対策を実施すること• 媒介する蚊の制御を続けるために、地域社会の参加と動員を向上させること• 流行期には、媒介する蚊の緊急制御方法のひとつとして、殺虫剤の空中散布を行うこと• 感染制御への介入の効果を評価するために、積極的に媒介昆虫の監視とその調査活動を行う必要性が認識されること WHOの取り組み WHOは、下記のような方法でデング熱に対し取り組んでいます。 検査施設の共同研究ネットワークを通して、各国の流行状況の確認を支援する。 デング熱の流行に効果的に対応するために、技術的支援やガイダンスを提供する。 報告システムの改善や、疾病の脅威を正確に把握するために各国を支援する。 地域事務局単位では、数か所の共同センターで、臨床管理、診断、媒介昆虫の制御について訓練の場を提供する。 根拠に基づいた戦略や政策を構築する。 殺虫剤や技術の応用などを含めた新しいツールを開発する。 100か国以上の加盟国からデング熱と重症型デング熱の公的な記録を収集する。 加盟国のために、デング熱の患者管理、予防と制御に関するガイドラインやハンドブックを発行する。

次の