片足 だるい。 足がだるいし痛い8つの原因!病気の可能性も・・!?

どうして片足だけ?右足だけむくみがでる原因と解消方法

片足 だるい

「体の衰えは足から始まる」と様々な観点から言われます。 例えば、ウイリアム・オスラー博士の「ヒトは血管と共に老いる」という有名な言葉がありますが、歩行など主として足を使う運動は、動脈と静脈、両方の老化を予防することが分かっています。 また、足に現れる病状の原因が他の臓器の異常であることがありますし、足の症状が体の他の部分に潜んでいる病状を示唆することもあります。 そして、足に起きたトラブルが原因で命に関わる疾患が発生することもあります。 直立二足歩行が可能な唯一の生物であるヒトにとって、生物として存在する上で足がいかに重要であるかは言うまでもありませんが、健康を維持するという観点においても足の果たす役割は非常に大きいのです。 血管、神経、内臓の病気と足に表れる症状が密接に関係することはしばしばありますし、足の症状を放置していたために命を落とすということも起こり得ます。 そこで今回は、特に50代以上の方に注意していただきたい、足に異常が現れる怖い病気を6つ挙げて紹介したいと思います。 一般的には、足首からつま先の部分を「足」、足首から股関節までを「脚」と表記します。 今回は、あし全体を指す意味で「足」に統一して表記します。 急に片足が動かなくなったら119番! 足の病気ではなく、「脳卒中」の初期症状 ちょっと想像してみてください。 風呂上りにリビングのソファでゆっくりくつろいだ後、床に就くために立ち上がろうとすると、突然片足に力が入りにくくなりました。 そのうちに、全く力が入らなくなり、歩くことはおろか、しっかり立つこともできなくなってしまいました。 一体何が起きたのでしょう。 これは、足の病気ではありません。 脳卒中の典型的な初期症状です。 脳卒中は、脳血管の病気で、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、TIA(一過性脳虚血性発作)に分類されます。 中でも脳梗塞が最も多いのですが、発症してしまったら、脳卒中のいずれの場合でも、後遺症を残さずに回復するためには、いかに早く治療を開始するかが大切になります。 足に力が突然入らなくなったけれど一晩休んで様子を見よう、という考えは大変危険です。 そのような症状に気付いたら、即座に救急要請して脳神経外科専門医のいる病院に搬送してもらうべきです。

次の

足がだるい:医師が考える原因と対処法|症状辞典

片足 だるい

ふくらはぎがだるいと感じる原因 疲労 ふくらはぎがだるいと感じたときに最も多い原因が疲労によるものです。 普段あまり運動をしていないのに、長時間歩いたりするとふくらはぎがだるく感じることはよくありますね。 他にも、• 長時間の立ち仕事• 長時間のデスクワーク• ランニング• スポーツ などもふくらはぎの疲労の原因となります。 このように、いつも以上にふくらはぎの筋肉を使うと筋肉疲労がたまり、筋肉が縮んで硬くなっていきます。 そして、筋肉が縮んでいるとふくらはぎ周辺の血管やリンパ管が筋肉によって圧迫されてしまい、血液の流れが悪くなってしまうのです。 このようにふくらはぎでの血液の流れが悪くなってしまった結果、「だるい」と感じてしまうのです。 実はふくらはぎは 「第二の心臓」といわれることがあります。 なぜなら、ふくらはぎは血液を体全身に巡らせるためにとても重要な働きをしているからです。 重力の関係で人間の血流は下半身にたまりやすくなっています。 しかし、ふくらはぎの血液循環を良くするポンプのような機能でたまりがちな下半身の血液を上半身に勢いよく戻してくれるのです。 疲労によってふくらはぎの血流ポンプ機能が低下してしまうと、だるくなったり、むくみの原因となってしまうということです。 冷え ふくらはぎの「だるさ」」は疲労だけでなく、冷えによっても起こります。 特に夏場、エアコンをつけながら足を出して寝ているときなどはふくらはぎが冷え切ってしまいます。 朝にふくらはぎがだるいと感じる場合は、寝ている間にふくらはぎが冷えてしまっている可能性があるのです。 冷えによってふくらはぎがだるくなってしまうメカニズム自体は、先ほど紹介したようにふくらはぎのポンプ機能が低下してしまい血流の巡りが悪くなってしまうことにあります。 冷えによってふくらはぎ辺りの血行が悪くなってしまいだるさを感じてしまうということですね。 ふくらはぎがだるいときに隠れている病気 ふくらはぎがだるいと感じるときは、疲労や冷えだけでなく思わぬ病気が隠れている可能性もあります。 ここでは代表的な3つの病気について紹介していきます。 下肢静脈瘤 下肢静脈瘤とは、足の静脈(血管)がコブのようにふくらんでしまう病気です。 命の危険など重篤な症状につながることはありませんが、痛みを感じたり、かゆくなったりと生活の質を低下させてしまいますので早めに対処していきたいです。 初期症状として、ふくらはぎがだるく感じることがよくあります。 ふくらはぎのだるさの他にも、• 足が痛くなる• 足がむくむ• 足がつりやすい(こむら返り)• 足がかゆくなる などさまざまな症状があらわれるのが特徴です。 ふくらはぎのだるさとともにこのような症状があったら下肢静脈瘤を疑ってみましょう。 また、以下のように下肢静脈瘤で膝の裏側に痛みを感じることもあります。 参考: 下肢静脈瘤は、女性の方が発症しやすいです。 さらに、歳を重ねるごとに発症割合も増えていきます。 また、長時間立ち仕事をしている場合に発症しやすくなるというデータもありますのでこれらの項目に当てはまる方は特に注意していきたいです。 間欠性跛行 あまり聞いたことのない病名だと思いますが、 うまく歩くことができなくなっていく病気になります。 足のだるさのほかに痛みやしびれを感じることも多いです。 また、歩いていてだるさや痛みを感じ、少し休むと治り、また歩くとだるさを感じて・・・と繰り返し症状があらわれるのが特徴です。 このような症状があらわれる場合は、一度整形外科で確認してもらうことをおすすめします。 肝臓の病気 意外に感じるかもしれませんが、肝臓の病気になるとふくらはぎがだるく感じることがよくあります。 肝臓は 「沈黙の臓器」とも呼ばれていて、肝臓が悪くなっても体に異変が起こりにくいのです。 なので、肝臓の病気はかなり悪化してからでないと見つかりにくいのです。 肝臓が悪くなると右側の背中に痛みを感じることがあります。 こちらの記事で詳しくお伝えしていますのでぜひチェックしておきましょう。 参考: おすすめのだるさ解消法 マッサージ・ストレッチ ふくらはぎの筋肉を揉み解すようにしてマッサージすることはとても効果的です。 マッサージすることにより、筋肉の緊張が緩和して血行が促進されるからです。 また、ストレッチにより筋肉が伸びて血行がよくなるという効果もあります。 特に入浴後など血の巡りが良いタイミングでマッサージやストレッチを行うとさらに効果があります。 自分でマッサージをしてもいいのですが、できれば自分はうつ伏せになって誰か他の人にマッサージをしてもらうといいですね。 温める ふくらはぎを温めることによっても、血行が促進されだるさの解消に効果的です。 特に「冷え」が原因でだるいと感じている場合は温めることによって改善されていくことが多いです。 温める方法としては半身浴がおすすめです。 半身浴は美容や健康にも良いですね。 半身浴をすることで血行が促進されたり、汗をかいて新陳代謝が活性化します。 全身浴だと、心臓も浸かってしまい負担がかかってしまいますので、38~40度の温度で30分ほど半身浴をするのがとても良いです。 また、ふくらはぎに温湿布を貼って温めることも効果があります。 まとめ ふくらはぎがだるいと感じてしまう原因や解消法についてお伝えしました。 ふくらはぎが第二の心臓と呼ばれ体全身の血の巡りを良くしているというのは意外だったのではないでしょうか。 ふくらはぎがだるく感じてしまう根本的な原因は、血の巡りが悪くなってしまうことですのでマッサージや半身浴でふくらはぎの血行を促進させるよう改善していくのが効果的です。 また、ふくらはぎだけでなく足全体のだるさに関してはこちらの記事でお伝えしていますので併せてご覧ください。 参考:.

次の

「足がだるくて眠れない…」そんなときの対処法を女医に聞いてみた!

片足 だるい

足のむくみの原因は? 血液の停滞 血液は各器官に必要な栄養素、酸素などを運ぶため、血管を通りながら各器官、細胞を巡回します。 ですが血液の流れが悪いと、血液は足に停滞しやすくなります。 リンパの洪水 「血しょう」という細胞に酸素などを運ぶ、血液と似た働きをする成分があります。 リンパ管を通る血しょうは「リンパ」と呼ばれ、リンパ管を通って心臓に戻ります。 ですが、リンパ管の流れが悪い、リンパ管のリンパの定量オーバーなどの理由で、リンパが細胞間にあふれて、リンパの洪水状態になってしまうことがあります。 それがむくみの原因になります。 足をむくませる要因 血行不良、筋肉の動きが少ないことが、足をむくませます。 塩分、糖分、アルコールの摂り過ぎも、体内に水分を過剰に取り込む要因になります。 デスクワーク• 立ち仕事• 運動不足• 冷え症• 偏った食事 これらが、むくみを引き起こしている場合は、生活の見直し・サプリメントなどでむくみの改善が可能です。 気をつけたいのは、左足だけがむくむ場合です。 左足だけがむくむのは病気の可能性あり! 通常の血液、リンパの流れの悪いことからくるむくみは、左右の足が同じようにむくみます。 ですが、左足だけ極端にむくんでいる場合は病気の可能性があります。 利き足など足の使い方から、左右がむくむ度合いも違います。 それを考慮すると、むくんだときの左右の足の太さの差は1㎝以内です。 見てわかるほどに、右左の足の太さが違う場合は、今すぐ病院に行きましょう。 左右差がなく、原因が思い当らない場合も、痛みやかゆみなどが気になるときは、病院を受診しましょう。 左足のむくみが疑われる代表的な病気 左足のむくみを引き起こす病気の代表的なものが、以下の2つの病気です。 下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)• 深部静脈血栓症(しんぶじょうみゃくけっせんしょう) これらの病気は、右足がむくむことも当然あります。 ですが、左足の構造が原因で、左側がむくむことが多いようです。 左足はむくみやすい?! 左右の足には、太い動脈と静脈がそれぞれあり、その二つ大きな血管の交差地点が骨盤より少し上あたりです。 静脈は、動脈の後ろに位置しており、圧迫される形になります。 さらに左側の静脈は、動脈の重なる面積が大きいため、右側の静脈よりもさらに圧迫されやすくなります。 このような構造から、むくみが左足に顕著に出やすいと考えられます。 個人差はありますが、病気ではなくても左側がむくみやすいようです。 左足のむくみを引き起こす、代表的な2つの病気の症状、原因、そして治療法は? 下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう) 症状• 左足、右足のむくみ• だるいなどの疲労感• かゆみ・湿疹• 静脈が浮き出る、こぶ状になる• 潰瘍(かいよう)ができる 原因 静脈の逆流を防ぐ弁が機能しなくなることが原因です。 逆流防止の弁の機能しなくなるのは、妊娠、出産、仕事などの環境、遺伝、加齢、血行不良が原因だといわれています。 静脈の流れが悪くなり、左足がむくむ、静脈が浮き出るといった症状がでます。 見た目では分からない場合もあるので、気になる方は医療機関で検査してもらうのが確実です。 下肢静脈瘤は、すべての女性が注意した方がよい病気です。 症状の差はありますが、10代は約40%、30代以上になると60%以上の女性が下肢静脈瘤になるともいわれます。 これといった原因がなくても、女性は気を配ったほうがよいでしょう。 遺伝要素も強いため、家族や親戚に下肢静脈瘤の方がいると、男女関係なく下肢静脈瘤になる可能性が高くなりますから、左足は要チェックです。 弾性ストッキング:血流を補助して現状維持、進行を抑止します。 硬化療法:静脈瘤に薬を注入して血管を固めます。 軽症の場合に効果が高い治療です。 高位結紮術(こういけっさつじゅつ):静脈瘤のある血管をしばり、進行を止めます。 ストリッピング手術:静脈にワイヤーを入れ、静脈自体を引き抜きます。 レーザー手術・高周波手術:レーザーで静脈を焼く手術です。 深部静脈血栓症(しんぶじょうみゃくけっせんしょう) 症状• 左足、両足のむくみ、痛み• 足が赤、紫色に腫れる• 呼吸異常、息切れ、動機• 胸が痛む• 失神する 原因 静脈の血流が悪くなると、血栓と呼ばれる血のかたまりができやすくなります。 長時間動かない・筋肉を動かさない、血栓ができやすい体質・病気、手術などで血管が傷つく、遺伝などは血栓をつくる原因になります。 血栓ができると血管を詰まらせ、左足、右足の不自然なむくみ、しびれ、痛み、腫れなどの症状が現れます。 血管の場所によっては、死に至ることもあります。 深部静脈血栓症が招く病気• 肺塞栓症(はいそくせんしょう):血栓が肺にまで到達し、血流を止めてしまいます。 血栓が大きな血管を詰まらせると、酸素を取り込めず呼吸困難が原因で、死亡することもあります。 肺塞栓症はエコノミークラス症候群とも呼ばれ、この名前のほうが認知されているかもしれません。 薬物療法:血液が固まるのを防ぐ薬で血栓が作られないようにします。 圧迫療法:外側から圧迫し、血流の停滞を軽減、予防します。 手術:血栓のある静脈を摘出、管を挿入し血栓を吸収する方法があります。 その他の足がむくむ病気 左足にむくみを起こす代表的な病気以外にも、足がむくむ病気があります。 アレルギー:アレルギー物質が原因でむくみ、かぶれなどが起きます。 リンパ浮腫(リンパふしゅ):ガン治療、放射線治療が原因のことが多く、肌が白っぽくなり、足が膨らむようなむくみ方をします。 腎機能異常:水分調節が上手くいかず、足、顔、まぶたなどもむくんできます。 心不全:心臓が弱っていることが原因で、日常的にむくんでいることが多いです。 動悸、 息切れなどの症状もみられます。 適切な処置を受けることが大切 むくみの症状ひとつでも、様々な病気の可能性があります。 左足だけに起こるむくみ、痛みなど、ちょっとしたことでも医療機関に相談してみましょう。 左足だけなどの不自然なむくみは、体のどこかで異常が起きているサインです。 また、治療のリスク、保険適用か適用外などの治療費、通院しやすさも、治療するにあたっては大切な事柄です。 足のむくみの予防 左足だけに起こるむくみの原因は、下肢静脈瘤や深部静脈血栓症などの病気をすでに発症している可能性があります。 ですから、むくむ前の対処が重要です。 むくむ原因は、血行不良や水分過多などです。 日常的に体を動かし、塩分、糖分、飲酒、喫煙は適量に! 禁煙が可能なら、チャレンジしましょう! ストレスも血行不良、生活の乱れの原因になりますから、ストレス解消の時間をしっかり取りましょう。 まとめ むくむのはいつものことと考えて、左足のむくみを見逃しているかもしれません。 いつもと違うと思ったら、病院に行ってみましょう。 体の異変に気づくには、普段から体をいたわることが必要です。 生活習慣など、病気以外が原因の足のむくみを解消するなら、サプリがおすすめです。 おすすめは、運動しなくてもスラっとなれてむくみ知らずのサプリ【 ビューティーレッグ セルライトスリム】です! 気になる方は、 ビューティーレッグ セルライトスリム 公式サイト >してみてください!.

次の