病気 が うつる 漢字。 「風邪がうつる、風邪をうつす」って英語でなんて言う?

温泉や銭湯でうつる病気ってあるの?

病気 が うつる 漢字

【る】・などが。 ・などが変わる。 のが変わる。 時がする。 などがに。 色・などが他の物に。 ・影などが他のに。 などにが。 あるを人に。 色などのが、する。 活用 うつ-る 動詞:写 うつる【る】• 形・などがに。 にある物がて。 (・などが) ( )わる。 (時が)する。 ( ) 褪 ( )せる。 (などが) ( ち )る。 (りなどが) ( )み ( )む。 (などが) ( の )り ( うつ )る。 活用 うつ-る 動詞:写・映 うつる【る、る】• (面などに) ( )が ( )れる。 活用 うつ-る 派生語• うつり• うつろふ 諸言語への影響•

次の

「移」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

病気 が うつる 漢字

今回は「うつす」という読み方をする同訓異字について考えてみましょう。 「写す」「映す」「移す」「遷す」はそれぞれどういった意味がある言葉なのでしょうか。 普段何気なく使うことも多いこれらの 「うつす」ですが、正しい意味を理解し、適切に使い分けができるよう解説していきます。 「写す」の意味 まず最初に 「写す」の意味を説明します。 「ある物に似せて作る。 文字・文書・絵などの原物を見ながら、それに似せ、またはそのとおりに他に書きとる。 転写・模写する。 」「見聞きしたものを絵や文章に書く」という二つの意味があります。 物を見て直接模写・転写すること、または、見聞きしたものを書くこと、どちらの場合も「写す」を用います。 「映す」の意味 次に 「映す」とは「物の影・光などを他の表面に表す。 投影する。 水面・鏡などに姿・形が現れるようにする。 映画・スライドなどで、映像をスクリーンの上にあらわす」とあります。 投影することを「映す」と考えておくとわかりやすいでしょう。 「移す」の意味 「移す」とは「事物をある位置・状態から他の位置・状態に動かしかえる」「視線や心を他に転ずる」「時を過ごす。 時間を費やす」「その状態から新しい状態に変える」「病気を他に伝染させる」という多くの意味を持っています。 「遷す」の意味 最後に「遷す」の意味について説明します。 前項の「移す」の意味にもあった「その状態から新しい状態に変える」の中でも特に 「地位を他に変える。 配置替えをする」という場合に「遷す」が使用されることがあります。 ちなみに、この「遷す」は常用外のため一般的に「移す」と表記される場合も多いです。 スポンサーリンク この場合はどの「うつす」?具体的な使用例を紹介! ・子どもの成長を写真に「うつす」ことが楽しみだ この場合は 「写す」が正解です。 写真はその場の風景をデータに転写していますので「写す」が正しい使い方になります。 ・出かける前に鏡に自身の姿を「うつす」 鏡に自身の姿が現れる様子について述べていますので、この場合は 「映す」が正解です。 もし、これが鏡ではなく「出かける前に自撮りをして自身のすがたをうつす」という場合ですと、データを転写するという意味で「写す」が正解になります。 ・彼の計画をみんなで実行に「うつす」 この場合は 「移す」が正解です。 計画を実行するということは、新しい状態に「うつす」という意味ですので、「移す」が正しい使い方になります。 ・日本の歴史において、たびたび都を「うつす」ことが行われていた 「新しい状態にする」という意味ですので「移す」でも間違いではありませんが、その中でもこの場合は 「配置換えをする」という意味合いで用いられていますので、 「遷す」がより正しい使い方になります。 写す・映す・移す・遷すの意味の違いとは?まとめ 4つの「うつす」について解説しましたがいかがでしたか?「写す」と「映す」は間違えやすい言葉かもしれませんが「写す」は写真・絵・文書などを転写・模写する、見聞きしたものを書くという意味で使われているのに対し「映す」は投影する、スクリーンに表すという意味合いで使われていますので、その差は明確です。 そして一番多くの意味を持つ「移す」の中でも特に「配置換えをする」という意味で使われているのが常用外の「遷す」という言葉です。 それぞれの意味を理解し、正しく使ってくださいね。

次の

「染」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

病気 が うつる 漢字

ひょんなことからインフルエンザの話になったときのお話です。 人にうつるから危ない。 調べたら「遷る」でもいいらしいんですけど、こっちは普通都が遷るとかの方に使うほうが自然。 しかも常用外でした。 普通は「移る」ですね。 と話はそこで終わるはずだったんですが、ここからは話は脱線。 ちょっと 青い四角のところ見てください。 伝染る 感染る この2つこっそり居座ってるけど、なんだか影武者みたいな感じがしますね。 これ実は、 試験なんかで使ったらアウトになるやつ。 この使い方は所謂 当て字と呼ばれるものです。 当て字(あてじ) 当て字とは、 漢字の持つ音を借りて無理やり当てはめた漢字のことです。 古いところでいうとヤンキー層がよく使ってた「夜露死苦(よろしく)」 今はもうほとんど瀕死の言葉、「本気(まじ)」 今では違和感なく幅広く使われている「真面目(まじめ)」も元は当て字でした。 当て字の中には 市民権が得られているものと 得られていないものがあります。 上述した「真面目」はJLPTの単語集や広辞苑にも載っていて、今では問題なく確かな日本語としての地位を確立しています。 しかしほとんどの当て字は市民権が得られないまま使われ、やがて自然に消滅していきます。 伝染る 感染る で、さっきの「伝染る」「感染る」は今はまだ市民権獲得とまでは行ってない段階です。 もしかしたら今後幅広く使われ始めれば、いずれ辞書にも載るかもしれません。 数十年単位の未来だと思いますが…。 さらっとこう予測変換に出てこられると、そうやって自然に見て覚えた学生が使い始めてなんてこともなきにしもあらず。 日本語の漢字には音読みと訓読みがありますが、 漢字本来の読みではない読み方が出てきたら注意してください。 それは当て字かもしれません。 変な当て字だったらわざわざ覚える価値はありません。 近年は子供に キラキラネームを付けるのが一部(?)流行していて、そのほとんどは無理やり感ある当て字です。 我々日本人も初見では到底読めない当て字を使う場合もあります。

次の