ホーマック 桑園 店。 コロナ下、「DCMホーマック桑園店」粛々とオープン

札幌・中央区2店舗目、「DCMホーマック桑園店」4月下旬オープン

ホーマック 桑園 店

JR桑園駅のすぐ前にあった日本通運札幌西支店跡地(札幌市中央区北10条西16丁目1番2)に建設中だったDCMホーマック(本社・札幌市厚別区)の「桑園店」が、4月下旬にオープンする。 JR桑園駅周辺は分譲マンションが立ち並び、「イオン桑園ショッピングセンター」が買い物需要を支えていたが、新たにホームセンターが開店することで周辺住民の利便性が高まる。 (写真は、4月下旬にオープンする「DCMホーマック桑園店」) 日通札幌西支店跡地(約2331坪=7693・87㎡)の有効活用のため、日通は2018年に賃貸先を決める入札を実施、芙蓉総合リース(本社・東京都千代田区)が選ばれた。 芙蓉総合リースは店舗の建築主となり、DCMホーマックが賃借するリースバック方式で出店。 建築面積は約1788坪(5903・57㎡)、建物は鉄骨造、2階建てで1階が店舗、2階が駐車場。 延べ床面積は約1828坪(6033・49㎡)、店舗面積は約1369坪(4520㎡)。 駐車台数は2階が144台、1階が13台。 設計、監理はランドブレイン(本社・札幌市中央区)、施工はナカノフドー建設(同・東京都千代田区)北海道支店(札幌市中央区)。 昨年9月から建設を始めていた。 DCMホーマックが、札幌市中央区で展開している店舗は16年12月に建て替えた「旭ヶ丘店」(南9条西22丁目)の1店舗だった。 4月下旬にオープンする「桑園店」は中央区で2店舗目となる。 「旭ヶ丘店」と同様に都心需要に対応した都市型ホームセンターの品揃えとなりそうだ。

次の

札幌・中央区2店舗目、「DCMホーマック桑園店」4月下旬オープン

ホーマック 桑園 店

もくじ• ススキノラフィラ 札幌 について まずは、新しい複合施設の紹介の前に、ススキノラフィラについて振り返っていきたいと思います。 北海道で一番大きな繁華街である「すすきの」の ど真ん中ですね。 まさに、「ススキノラフィラ」は、すすきのを象徴する存在でした。 札幌市民であれば、必ず1回は訪れたことがあるのではないでしょうか。 それだけに、その跡地の再開発には、 多くの注目が集まっています。 ススキノラフィラ(札幌)の歴史 ・1974年(昭和49年):「札幌松坂屋」として開店。 ・1979年(昭和54年):イトーヨーカ堂が札幌松坂屋と業務提携し、「ヨークマツザカヤ」と改称。 ・1994年(平成6年):「ロビンソン百貨店 札幌」と改称。 ・2002年(平成14年):ロビンソンゾーンリニューアル。 専門店街ラフィラグランドオープン。 ・2008年(平成20年):「ロビンソン百貨店」の閉店を発表。 ・2009年(平成21年):「ロビンソン百貨店:が閉店し、「ススキノラフィラ」と改称。 ・2020年(令和 2年)5月17日:「ススキノラフィラ」の閉店。 札幌松坂屋時代から続いた 46年という歴史があるので、その時代時代に応じて、印象に残る店名で記憶しているのではないでしょうか。 私は1994年に北海道へ来たので、いまだに「 ロビンソン百貨店」という店名が強く残っています。 そして何といっても、地下鉄南北線の 「すすきの駅」に直結しているということが大きいですよね。 これだけの好立地に恵まれた場所は、札幌の中でも稀なのではないでしょうか。 Sponsored Link 複合施設の概要 「ススキノラフィラ」跡地の複合施設について、先日概要が発表されました。 東急不動産、竹中工務店、イトーヨーカ堂、アインファーマシーズ、キタデンが共同で進めている「 (仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画」という跡地の再開発です。 新しい複合施設の下層階には、イトーヨーカドーなどの商業施設が入る予定です。 中層階には、シネマコンプレックスの「TOHOシネマズ」が 道内初進出する予定です。 そして上層階には、大手ホテルチェーンの「東急ホテルズ」が運営するホテルが入る予定となっています。 複合施設のビルの高さや階数などの詳細は明らかになっていません。 とはいえ、 かなり立派な複合施設になることが期待できますよね。 その中でも目を引くのが、「TOHOシネマズ」の道内初進出です。 「TOHOシネマズ」の発表 ・非日常的な空間を意識した施設設計、最新設備の導入。 ・多様なニーズに応えるべく上映作品において、人気のハリウッド大作や邦画をはじめ、日本のアニメ作品、単館系と言われるアート作品などバラエティに富んだラインナップを上映する予定。 ・コンサートや演劇、スポーツのライブビューイング(生中継)などの 非映画コンテンツの上映にも積極的に取組む。 以上のような計画を発表しており、想像しただけでも本当に ワクワクした気分にさせてくれます。 JR札幌駅のステラプレイスにある「札幌シネマフロンティア」よりも大規模な施設になりそうですね。 複合施設の完成時期 「ススキノラフィラ」の解体工事は2020年6月25日から始まりました。 そして、2021年の夏から新しい建物の建設工事が始まる予定となっています。 複合施設の完成時期については、2023年の夏以降となり、 秋にはオープンする予定です。 新型コロナウィルスに対する特効薬やワクチンの開発には2~3年かかると言われています。 オープンはちょうど3年後の秋なので、新型コロナウィルスに対する感染予防対策なども確立されており、絶妙なタイミングなのではないでしょうか。 また、その頃には海外との渡航制限もほぼ解除されているはずです。 国内外からの観光客がすすきのに戻り、 活気に満ち溢れている光景が想像できますよね。 札幌駅周辺へ流れ気味だった人の動きも、再びすすきの周辺へ流れが戻ることになるのではないでしょうか。 当然のことながら、複合施設内には多くの飲食店も出店するはずなので、食事にも困ることはありません。 複合施設内で朝から晩まで遊び、夜は上層階のホテルに宿泊する人も増えそうですよね。 もしかしたら、ホテルには 温泉施設なども作られるのかもしれません。 最上階の屋外露天風呂から、札幌の夜景を楽しむことができるのかもしれませんね。 想像を膨らますと、余計に期待値が大きくなっていましまいました。 その 期待値を超えるような複合施設がオープンしてくれることを願っております。 Sponsored Link おわりに 今回は、人気スポットである「ススキノラフィラ」や跡地の複合施設について紹介してきました。 個人的にも職場が近いので、頻繁に「ススキノラフィラ」を利用していました。 それだけに閉店というニュースを聞いた時には、 大きなショックを受けましたね~。 また、グルメコートやお総菜店も良く利用していたので、かなり不便になっていました。 その跡地には、普通にホテルなどが出来るのではないかと想像していましたが、それをはるかに超える複合施設のオープンには、 大いに期待しています。 新型コロナウィルスの影響ですすきの周辺では大きなダメージを受けており、このまますすきの周辺も衰退してしまうのではないかと危惧していました。 そこへ新たな複合施設の出現というニュースは、本当に明るい気持ちにさせてくれます。 今後もしばらくは厳しい状況が続くとはおもいますが、 3年後のオープンを楽しみに頑張るしかありませんね。 複合施設の詳細に関しては、徐々に明らかになってくると思うので、分かり次第、追記か別記事にまとめてみたいと思います。 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました! オススメ記事: オススメ記事: オススメ記事:.

次の

DCMホーマック桑園店の新店舗情報&バイト求人は?いつオープン予定?

ホーマック 桑園 店

JR桑園駅に近いマンションが建ち並ぶ一角にDCMホーマック(本社・札幌市厚別区)の「桑園店」が、4月29日にオープンした。 新型コロナウイルスの影響で告知やチラシのない質素な形でのオープンとなった。 (写真は、4月29日にオープンした「DCMホーマック桑園店」) 「桑園店」は2階建てで1階が店舗、2階が駐車場。 延べ床面積は約1828坪(6033・49㎡)、店舗面積は約1369坪(4520㎡)。 1階には木材・建材、塗料・補修、作業用品、工具、金物などのほか電材や管材、水道部材などの部品の倉庫『クイックパーツ』のコーナーもある。 このサービスは店頭注文なら即座に、スマートフォンや電話なら60分で指定の店舗で部品を受け取れる仕組み。 扱い在庫は1万点以上。 その他、園芸用品、インテリア、家具・収納、ペット用品、サイクル、レジャー用品、文具・事務用品、日用品などが揃っている。 2階の一部はフロアになっており、リフォーム展示や物置、収納庫を展示している。 札幌市中央区にはホームセンター業態の店舗が、DCMホーマックの「旭ヶ丘店」(南9条西22丁目)の1店舗のみだった。 「桑園店」は中央区2店舗目のホームセンターで都市型需要に対応した品揃えになっている。 オープンがコロナ下と重なったため、告知やチラシを配布せず店内では社会的距離の確保など買い物客の3密状態を回避する対策を徹底。 さらに店頭などでアルコール消毒液を用意、飛沫防止の透明アクリルシートをレジに設置するなどしている。 同社のホームページでも4月30日現在、「桑園店」の記載はなくこの時期にオープンすることの難しさを示しているようだ。

次の