柏木渚。 佐藤渚アナの退社報告(理由)。旦那・柏木陽介(家庭)と今後の仕事。学歴と降板

柏木渚とは (カシワギナギサとは) [単語記事]

柏木渚

が、2020年5月12日にニコニコ生放送にて放送された。 『かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~』は、エリート学校の生徒会を舞台に、ふたりの天才が相手に告白をさせるべく知略をめぐらす新感覚頭脳戦ラブコメ。 ここでは、テレビアニメ化された『かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~』5話の見どころをピックアップし、書き込まれたコメントと合わせてお届け。 また、本放送内でのコメントデータを抽出したうえで、盛り上がったシーンTOP3も紹介していく。 (画像はより) 見どころ1:恥ずかしい恋愛相談に思わず赤面する柏木渚がかわいい! (画像はより) (画像はより) ひとつ目の見どころは、 四宮かぐやから恋愛相談をされて赤面する柏木渚。 その相談を受ける柏木渚は、高校生にもなってピュアすぎる内容に「本物の愛とか言い出しちゃった……!」と内心で思い赤面するのだった。 この場面では四宮かぐやに振り回され通しな柏木渚がかわいらしく、コメントでも 「かわいい」「はずかしいw」といったワードが書き込まれていた。 見どころ2:白銀御行の音痴を直すために藤原千花が徹底指導! (画像はより) (画像はより) ふたつめの見どころは、 音痴を直そうとする白銀御行と藤原千花の特訓模様。 朝礼の校歌斉唱時に指揮者を務める藤原千花は、あるとき白銀御行が口パクで歌っていることに気付く。 藤原千花がどうして口パクなのか問い詰めると、音痴だから声を出していなかったという返答が。 そこで藤原千花は白銀御行の音痴を直すべく、音楽トレーニングを施すことに。 ところが、想像以上の音痴っぷりに藤原千花は大苦戦。 一度は諦めかける藤原千花だったが、本当は歌いたいという白銀御行の気持ちを聞いて、彼の音痴を絶対に直そうと決意するのだった。 鬼のような特訓と「おに」と書かれたハチマキに、大量の 「おに」コメントが寄せられていた。 見どころ3:伊井野ミコとの頭脳戦で四宮かぐやが大敗!? (画像はより) (画像はより) 3つ目の見どころは、 選挙活動をめぐる四宮かぐやと伊井野ミコの駆け引き。 生徒会長選挙で是が非でも白銀御行を当選させたい四宮かぐやは、対立候補の伊井野ミコを抱き込もうと策略をめぐらせる。 卑怯な謀略に伊井野ミコは「なんと汚い。 あなたと白銀前会長、本当にお似合いですね」と激怒。 すると、罵られたはずの四宮かぐやは「お似合い」という言葉にのみ反応してしまい、汚い提案を持ち掛けていたときの冷徹な表情から打って変わって乙女の表情を見せるのだった。 動揺して頭脳戦どころではなくなってしまった四宮かぐやに、視聴者からは 「アホw」「ちょろい」といったツッコミが送られていた。 『かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~』第5話盛り上がり指数TOP3 「かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~」5話上映会におけるコメント数のグラフ。 藤原千花は、白銀御行に校歌をしっかりと歌わせるために、歌唱トレーニングを敢行。 白銀御行のとんでもない歌声に 「ジャイアン」「ボエ~」といったコメントが書き込まれていた。 四宮かぐやが柏木渚と会話を交わしていると、とんでもない顔つきでフラフラと歩く白銀御行が通りかかる。 ドン引きする柏木渚とは対照的に、四宮かぐやは息を荒げて興奮するのだった。 興奮する四宮かぐやに、視聴者は 「やべえ」「ひくわー」「えっ」と引き気味のリアクションを見せていた。 3位:藤原千花のお下品発言にコメント欄がざわつく! (画像はより) (画像はより) 3番目に盛り上がったのは、藤原千花が音痴を聞き間違えるシーン。 藤原千花が、校歌を口パクで歌う理由を白銀御行に問い詰めると「おん……ち……だから……」と絞り出すような声で返答が。 「おんち」が聞き取れなかった藤原千花は、「え? うんち?」と聞き返すのだった。 聞き間違える藤原千花に、視聴者からは 「違う、そうじゃない」とツッコミが入っていた。

次の

かぐや様は告らせたいネタバレ142話(最新話)!考察や感想も!【柏木渚は隠したい】

柏木渚

白銀の目つき事件の後の四宮別邸にてかぐやと早坂がその事件について話していると、早坂の「かぐやが大好きな会長に・・・」の発言を受け、早坂 あん? 第64話「柏木渚は慰めたい」 ストレスを抱えているのでしょう。 きっとこの前にも主人のわがままに付き合わされていたんですよ、きっと。 この一言だけが原因でキレたわけじゃないと三毛は思うのです。 だけど三毛は早坂のこういう目好き(笑) 早坂もストレスが臨界点突破。 「結局外見でしか白銀のこと好きじゃなかったんでしょ」と正論をマシンガントークでかぐやにブチかます。 主人を泣かす使用人・早坂愛 「ずるいし」に早坂の思いが詰まってる気が(笑) そしてかぐやのメンタルの弱さ。 翌日恒例の恋愛相談が幕を開ける。 被害者:柏木渚 「本物の愛(トゥルーラブ)」 相談に乗ったらとんでもない内容だった。 いや内容はそんなでもないか。 出てきたワードが問題。 「本物の愛(トゥルーラブ)」ですよ。 もう書いてるだけでこそばゆい(ムズムズ) モノホンの愛なんて語ったことないよ(笑) みなさんあります?(笑) 柏木さん、かぐやが頼ってきてくれたのだから応えなくてはと頑張る。 だがかぐや様、「モノホンの愛」を連呼。 柏木さんにとってはただ恥ずかしいの極み。 そんな中でも柏木さんはかぐや様を励まそうと頑張るが・・・ ここにきて歩く爆弾が降ってくる。 ドーンだYO!! そして考えられる限り最低の答えを残し、爆弾は去る。 かぐやはもう 「私の愛は・・・」って 「私」って言っちゃうくらいメンタルに支障が。 そこにさらに石上が登場。 藤原のようにまたもやかぐやのメンタルをズタズタにしていくのかと思いきや 優くん、そっち系かー かぐや自信を取り戻す。 かぐやの中で石上の株が上がった(笑) 一方、柏木の中で石上への評価がマイナスになった(爆笑) まさか優くんの口からこんなロマンチストな言葉が出てくるとは。 まだまだ知らない一面を持ってるのだな、優くん。 石上のおかげでなんとか自分の気持ちが「モノホンの愛」だと思うことのできたかぐやの前に白銀が現れる。 早坂の反撃 ストレス溜まってたんだろうな。 この下手に出ながらもかぐやにグサグサ刺さりそうな言葉を選んで、追い込む早坂。 悪意を隠しませんね(笑) この顔に全てが詰まってる気がする。 なんとも言えない顔 その相談の仕方はダメ 柏木さんに相談する際のかぐや様。 わかりやすい わかりやすい! 友達の話って言って恋愛相談はダメだよね。 しかも、「容姿が大きく変わって・・・」って秀知院生の中でそこまで話題になった人と言えば白銀くらいしかいないでしょ(笑) もう柏木さんもかぐやに気づいてる旨を言ってもいいよね。 そうすれば普通に相談のれるし、こんな苦労しなくて済む気が。 だけど、この立ち位置でのこの2人の恋愛相談の話が好きなんだよな(笑) だって私、神ってるから!! 「本物の愛」を語り始めるかぐやに対して柏木さんは 神ってる人々だもんね 私、神ってるから!! いやいや柏木さん充分綺麗よ。 かわいいし。 充分ピュアですとも。 白銀・・・白銀っ!? 先日の反省を踏まえ、睡眠不足を極めてくる。 いや、誰でも柏木さんと同じ反応するよね。 だってこれ、完全にクスリやっちゃってるよね(笑) 流石にこれはかぐやでも拒絶するだろう。 まさかの興奮 「はふはふ」言ってますけど(笑) かぐや的にはどストライクゾーンのご様子。 ここまでいくと好きとかいうよりも本能的に求めてる感が。 かぐやのヤバめの性癖が発覚。 これすげー笑った。 かぐやの性癖がひん曲がりすぎてて。

次の

第64話「柏木渚は慰めたい」早坂、リアルに危機を抱く

柏木渚

看上去乖巧的面目下隐藏着凶猛的肉食系本体• 为人精打细算,虽然经常对辉夜等人的纯情恋爱观感到害羞,但精打细算的特质让她有着和辉夜类似的价值观,并建立起良好的朋友关系。 虽然对翼的态度让她的高理想、强烈自尊心和好妒变得很显眼,但本身的个性温和、热心助人,是个会祈求世界和平的深情女孩。 自主性和同龄的少女一样薄弱,有着介意周遭的意见、容易被他人看法左右的一面,因此对于四条真妃的才智和坚强有着强烈的憧憬和独占欲,心中怀抱着相当扭曲的同化愿望。 经历 于月刊第6话初登场,与从幼儿园开始就是好友,被用( 壁ダァン)告白,然后开始交往 在学生会撒狗粮。 交往至今约9-10个月以来,胸部显著的增大了 学生会的恋爱咨询常客,到后来也经常接受的恋爱咨询。 曾因男友与四条真妃愉快聊天而怀疑男友出轨,甚至以信任为由雇佣侦探 解除矛盾后在学校当众舌吻,给围观的学生会众人暴击。 虽然有男朋友,但是偶尔也会被辉夜和会长两人无意间撒狗粮,经常会助攻二人甚至给辉夜提供 性教育影片。 是担心辉夜变成性欲狂魔的人之一 另一个是 成绩优异,在二年级第一学期期末测验名列第三,第二学期期末测验名列第七,不过后面已经跌到第二十七名。 在三方会谈中希望内部升学。 圣诞节时以一堆马赛克明示上了本垒。 曾因为嫉妒石上与真妃、自己男友的朋友关系,而要求石上也成为自己的朋友,被石上感觉到奇怪的恐惧感。 和男朋友经常不分场合秀恩爱,受害者往往是真妃,偶尔是学生会成员。 意外的具有百合情结,奉心祭篝火晚会邀请跳舞的是自己最喜欢的真妃,对和早坂爱和小弥子接吻并不抵触甚至十分乐意,吓退了早坂爱和藤原千花。 秀知院学园最顶端的 VIPS成员之一。 男朋友的爷爷是名医,且男朋友一家有17岁奉子成婚的传统,而现在男朋友已经17岁了,因此非常危险.

次の