代引き 手数料 消費 税。 送料・代引き手数料の消費税 外税方式への変更のお知らせ|通販|フルタカパーツオンライン

クレジットカード手数料は消費税かかる・かからない?会計処理で困らない決済手数料の仕組みを徹底解説

代引き 手数料 消費 税

振込手数料や、代引き手数料、カード売上決済手数料など・・「手数料」を支払う機会は意外と多いと思います。 今回は、「支払手数料」に関する消費税課税判断と、実務上迷いやすい「クレジットカード売上」に対して支払う「決済手数料」につきまとめます。 内容 消費税 物品の販売 課税 サービスの提供 課税 2. 「支払手数料」の消費税課税判断 上記の、消費税課税取引の考え方を「支払手数料」にあてはめると、以下のようになります。 種類 消費税課税判断 振込手数料 課税 コンビニ決済手数料・代引き手数料 課税 カード発行手数料 課税 行政手数料 非課税(課税が適当でないため) 支払利息・支払保証料 非課税(課税対象になじまない資金取引) 海外現地の手数料 不課税(国内でないため) 交通反則金 不課税(課税資産の譲渡なし) 「非課税取引」については、をご参照ください。 クレジットカード決済手数料は? 実務上迷うものに「クレジットカード売上に対して支払う決済手数料」があります。 飲食店などでは、カード決済額に応じて、カード会社等に一定の「決済手数料」を支払っています (入金時に一定の手数料が差し引かれる)。 この「決済手数料」は、消費税「課税」取引として処理できるのでしょうか? (1) カード会社と直接契約している場合(JCB,VISA、AMEXなど) 飲食店等が、カード会社等と 直接決済契約をしている場合、カード会社等に支払う「決済手数料」は、消費税 「非課税取引」となります。 お店は、消費者が利用したカード決済代金を「カード会社」に対して請求します。 「金銭請求権」の譲渡は、消費税上、 「金銭譲渡」と同様の取扱いとなり、課税対象になじまないことから、 消費税「非課税取引」となります。 その結果、カード入金時に差し引かれた 「決済手数料」も、消費税「非課税取引」となります。 (決済手数料は、譲渡した金銭請求権に対応する「利息」的な性格) (2) カード決済代行会社を通した場合 実務上、上記(1)のように、お店とカード会社で「直接契約」するケースは多くありません。 例えば、お店が複数のカード会社を利用したい場合、カード会社ごとに契約するのは面倒ですので、決済代行会社(代理店)をはさんで、事務手続きを委託するケースが一般的です。 では、「決済代行会社」をはさむ場合、お店が「決済代行会社」に支払う「手数料」は、消費税「課税取引」として処理できるのでしょうか? 結論は・・ 消費税「課税」になる場合と、「非課税」になる場合に分かれます。 「決済代行会社」をはさむ場合は、 お店が、「金銭請求権」を譲渡する契約(以下「債権譲渡契約」といいます)の主体となっているか?どうかで、消費税の「課税非課税」の判断が分かれます。 一方、お店が「債権譲渡契約」の主体ではない場合は、「金銭請求権」の譲渡自体が発生しませんので、「決済代行会社」に支払う手数料は、 単なる「事務手数料やシステム手数料」=消費税「課税取引」となります。 実務上の判断は? 実務上、「決済代行会社」への手数料の消費税「課税」判断をどうするか?ですが・・ 結論は、 「契約書や請求書」で判断するしかありません。 「事務手数料・システム利用料」として請求され、消費税が明らかに課税されている場合は、支払手数料の性格は、 「事務手続を受けたことによる対価」=消費税課税となります。 一方、消費税が明らかに課税されていない場合は、消費税非課税となります。 例えば、「Square」の決済手数料は「非課税」のようですが、「ゼウス」などは「システム手数料」と記載されているので・・「課税」なのでしょうか。 ただし、請求書によっては、「決済手数料」のほか、「送金手数料」や「振込手数料」などの「課税項目」がごっちゃで請求される場合もあるので、結構めんどうです。 最終的には、 支払先の業者に確認するのが・・一番安全ですね。 参照URL (クレジット手数料) (非課税となる取引) 過去の記事•

次の

代金引換を使用すると手数料などいくらかかりますか?

代引き 手数料 消費 税

kimono さんが書きました:こんにちわ。 kimonoです ちょっと横レスすいません。 代金引換手数料のモジュールって何かしらカスタマイズしておりませんでしょうか? まず、消費税が何も反映されないということがおかしいと思います。 もしくは、代金引換手数料を別のモジュール(配送モジュール側など)で制御しておりませんでしょうか? ここに関してはカスタマイズしていません。 発送モジュールは、クロネコの価格を変更し、西濃のモジュールを追加しています。 ちなみに、税の表示の『内税:』という文字も表示されないので、 どこか、文字化け等していないか、調査してみましたが、 わかりませんでした。 php 以外で、考えられるファイルを教えていただけないでしょうか? すみません。 kimono さんが書きました:ちょっと確認ですが、注文合計モジュールの全てのモジュールの設定状況(ソート順なども)を教えていただけないでしょうか? 消費税がどこにどの順番で並んでいるかが気になります。 もし、消費税のモジュールが設定されてなければ、設定するとどうなりますでしょうか? 設定する場合は、代金引換手数料より前で。 おせわになります。 kimono さんが書きました:地域・税率設定> 税率設定を消してもっていうところ、やはりおかしいですね。 Zen Cartは元々日本で開発されたものではないので、税率も5%と決まっている訳ではありませんので、そこで消したら、5%などは反映されないはずです。 と、いうことは、代引手数料に関係するところで、5%と決めうちされていると思われます。 一度、最新版のZen Cartをダウンロードし、関係するファイルを入れ替えて見ては如何でしょうか? ご指導ありがとうございます。 色々入れ替えてみましたが、やはり、なおりません。

次の

消費税の計算はどのようにしますか

代引き 手数料 消費 税

個人事業主ですが、記帳の仕方がわかりません。 ネットで仕事道具を購入したのですが、明細には「商品代」「運賃」「代引き手数料」「消費税」という項目で分かれています。 それぞれ「消耗品費」「荷造り運賃」「支払手数料」「消費税」としなければならないのか、全部まとめて「消耗品費」でよいのかわかりません。 今まで店頭で現金で購入したものは税込み金額で「消耗品費」としてきたので、これだけ「消費税」を作るのに違和感があります。 個人事業ですが消費税はとっていないので、今まで「消費税」という科目を使ったこともありません。 金額は全部で5千円くらいです。 初歩的な質問で申し訳ないのですが、回答よろしくおねがいします。 >個人事業主ですが… 課税事業者ですか、免税事業者ですか。 まあ、このようなご質問をするからには、免税事業者なのでしょう。 >それぞれ「消耗品費」「荷造り運賃」「支払手数料」「消費税」としなければならないのか… 免税事業者は税込会計しかしてはいけませんので、「消費税」という科目を立ててはいけません。 「荷造り運賃」や「支払手数料」は、自分が出荷あるいは送金する際に使用する科目です。 したがって、 >全部まとめて「消耗品費」で… 10万円以下なら、そうなります。 >個人事業ですが消費税はとっていないので… あなたの商売が課税取引であるなら、消費税を取らないわけにはいきません。 あなたは取っていないつもりでも、売価には消費税が含まれてしまいます。 例えば 1万円で売ったとしたら、 ・商品代金 9,524円 ・消費税 476円 であり、これを税込み会計では ・売上 1万円 として記帳しているだけです。 免税事業者は、この消費税 476円も所得税の計算に織り込むことになっています。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 >立替金や仮受金?とする考え方があり… 自分の仕事とまったく関係ないお金を預かったのでない限り、立替金や仮払金ではありません。 売上に含めないと、消費税の課税事業者か免税事業者かの判定基準に影響し、過少申告と取られかねません。 >代引手数料はお客様から預かった後 こちらに入らずに宅配業者で差し引かれる… もともとお客様が支払うべきものを代金から引かれたときは、商品代の値引きと考えます。 「売上値引」という経費です。 「支払手数料」や「荷造運賃」になるのは、もともと、あなたが銀行や運送業者に支払うべきものです。 出荷するときの運賃や、仕入元に振り込むときが、それぞれ「荷造運賃」、「支払手数料」です。 >立替金や仮受金?とする考え方があり… 自分の仕事とまったく関係ないお金を預かったのでない限り、立替金や仮払金ではありません。 売上に含めないと、消費税の課税事業者か免税事業者かの判... A ベストアンサー 下記法人税法施行令により、棚卸資産の取得価額は運賃、保険料、関税等を 含みますので、仕入勘定で処理すればよいでしょう。 お使いの会計ソフトでの消費税の処理を適切に行いましょう。 (商品仕入高) /(現金預金) 180,856 ・・・輸入課税仕入 (仮払消費税等)/(現金預金) 103,000 ・・・輸入課税仕入 (商品仕入高) /(現金預金) 17,800 ・・・通関手続き等の役務は免税 (商品仕入高) /(現金預金) 5,500 ・・・課税仕入 法人税法施行令 (棚卸資産の取得価額) 第三十二条 第二十八条第一項(棚卸資産の評価の方法)又は第二十八条の二第一項 (棚卸資産の特別な評価の方法)の規定による棚卸資産の評価額の計算の基礎となる 棚卸資産の取得価額は、別段の定めがあるものを除き、次の各号に掲げる資産の区分に 応じ当該各号に定める金額とする。 一 購入した棚卸資産 次に掲げる金額の合計額 イ 当該資産の購入の代価(引取運賃、荷役費、運送保険料、購入手数料、 関税(関税法 (昭和二十九年法律第六十一号)第二条第一項第四号の二 (定義)に規定する附帯税を除く。 )その他当該資産の購入のために 要した費用がある場合には、その費用の額を加算した金額) ロ 当該資産を消費し又は販売の用に供するために直接要した費用の額 下記法人税法施行令により、棚卸資産の取得価額は運賃、保険料、関税等を 含みますので、仕入勘定で処理すればよいでしょう。 お使いの会計ソフトでの消費税の処理を適切に行いましょう。 (商品仕入高) /(現金預金) 180,856 ・・・輸入課税仕入 (仮払消費税等)/(現金預金) 103,000 ・・・輸入課税仕入 (商品仕入高) /(現金預金) 17,800 ・・・通関手続き等の役務は免税 (商品仕入高) /(現金預金) 5,500 ・・・課税仕入 法人税法施行令 (棚卸資産の取... Q 経理初心者です。 短期借入金と長期借入金の違いについて質問したい のですが、社長が自らの給与を毎月『短期借入金』として一部会社に 貸し付けています。 おそらく運転資金の目的だとは思いますが (理由については詳しく聞いてないので、聞いてみます。 ) 今のところ返済している様子がありません。 私は今月から経理を任されているのですが社長からこれはおかしいですか?と質問されました。 あまり長く貸し付けていると『長期借入金』になってしまうと思うのですが どうなのでしょうか?このまま期をまたがってしまうと問題でしょうか? 『短期借入金』が膨らんでしまうので心配です。 『短期借入金』と『長期借入金』の性質なども教えて頂けると ありがたいのですが...。 このような質問で恐縮ですが、よろしく お願い致します。 A ベストアンサー 社長が自らの給与を毎月『短期借入金』として一部会社に 貸し付けています。 おそらく運転資金の目的だとは思いますが 短期と長期の違いは1年を超えるかどうか(ワンイヤールール)ですが 借入には返済が伴うし、利息も伴います。 返済どころか利息も取っていない と粉飾決算になってしまうし、返済計画のない借入はありえないことです。 現象についての質問に対する答えを出すことはできますが、はっきりいって 自分の経験とか、ネットで検索して探すような無責任なやり方でしか出せません。 というのも、これによってお金を貰っているわけではありませんから。 あなたの質問は、簿記検定の問題を質問するようなものでなく、現在の実務 上の問題を聞いています。 税理士を頼んでいないようですが、こういう傾向のものついては、ぜひとも専門家に金銭を支払って聞くべき問題だと思われますので税理士、会計士を頼むことを検討するほうが先決ではないでしょうか。

次の