アスパーク アウル。 アスパークが出したEVタイプのスーパーカーは欧米で売れる可能性は高いです...

社長挨拶

アスパーク アウル

大阪の派遣会社アスパークがEV受注開始 技術者派遣を手がけるアスパーク(大阪市)は2日、開発を進めてきた 高級電気自動車(EV)「アウル」の受注を始めたことを明らかにした。 1台310万ユーロ(約4億円)。 欧州を中心に50台限定で販売する。 パリで国際自動車ショーが開幕するのを前に発表会を開いた。 アウルは静止状態から時速100キロに到達するまでの時間が 1. 99秒と非常に短いのを売りにしている。 最高速度は時速280キロという。 強度と軽さを両立したカーボンを車体の素材に採用した。 吉田真教社長は「今後もEV開発を続けていきたい」と語った。 Source: 共同通信 【大阪の派遣会社がEV受注開始】 大阪の技術者派遣会社アスパークの電気自動車「アウル」が受注開始。 全長:4830mm• 全幅:1935mm• 全高:990mm• 重量:860kg• 乗車定員:2名• 99秒• 原動機:2モーター(フロント・リヤ)• 駆動方式:AWD• 定格出力:65kW• 最高出力:320kW• 航続距離:150km• 99秒という 変態じみた加速性能でしょう。 いくら電動モーターは加速が得意だとはいっても、ここまでくると普通のクルマではタイヤの摩擦係数が駆動力に耐えきれずホイールスピンするはずなので、Owlはタイヤの選定や足回りのセッティング、トラクションコントロールのセッティングなど、 かなり気合を入れて作り込んでいるはずです。 一方、タイヤや足回りを加速性能寄りにチューニングしたことで、耐久性や乗り心地、旋回性能などが犠牲になっている可能性は大きいですが、このへんは実車を乗ってみないとなんとも言えません。

次の

なぜ人材派遣会社が 大阪発「世界最速EV」への挑戦 :日本経済新聞

アスパーク アウル

Home 変わる「価値観」、変わらない「走る喜び」 ASPARK 電気自動車開発 プロジェクト 東武日光線の新鹿沼駅から自動車で10分ほどの距離にある駐車場。 ほぼ1年前、 が行われたあの場所に到着すると、塗装前の状態のOWLがテスト開始を待っていました。 全高990mmの車体は、とてつもなく低く、圧倒的な存在感。 このマシンがミラーに写れば誰もが車線を譲りそう。 最低地上高は90mm。 大型のGTウイングはハッタリではありません。 電気自動車なので、当然ながらマフラーはなし。 そして、上に跳ね上げるバタフライドアを搭載。 スーパーカーの魅力が全て詰め込まれています。 リアのカウルは左右のボルトで固定されています。 カウルを取り外すと…… リアにはバッテリーなどのEVのコンポーネントがギッシリ詰め込まれていました。 左右に配置されたリチウムポリマーバッテリー。 1年前は充放電速度にすぐれるキャパシタ コンデンサー を搭載していましたが、同じレベルの充放電速度を保ったまま、容量を大幅に増やすことに成功したとのこと。 準備が整い、いよいよゼロヒャク2秒を切る時がやってきました。 前輪にベルトを巻き固定。 まずはタイヤを温めるためにバーンアウトをします。 モンスターEV「OWL」のバーンアウトはこんな感じです。 前後のリフトで車体を持ち上げ前後輪を入れ換えて、再びバーンアウトでタイヤに熱を入れれば準備は完了。 いよいよOWLが市販車で世界初のゼロヒャク2秒切りに挑みます。 市販 予定 車で世界最速となるゼロヒャク2秒切りを達成した様子は以下の通り。 B列がタイム、P列が時速を表示させたログ。 921秒であることが確認されました。 2秒経過時の時速は103. OWLプロジェクト生みの親の吉田眞教アスパークCEOには、イケヤフォーミュラの池谷信二氏からシャンパンが手渡されました。 ゼロヒャク2秒切りを祝うシャンパンファイト 勝利の美酒を堪能する吉田CEO。 おかげで、OWLの走行はおあずけです。 走れなくともコクピットに座るだけで笑みがこぼれます。 表情は自動車が大好きな少年そのもの。 ゼロから3年で世界最高加速の市販車を作るという夢をかなえた男の表情は、この日の空よりも晴れやかでした。 OWLを作り上げた男たち。 フランクフルトモーターショーに出展したOWLについて、アスパークは「2019年に世界限定50台を350万ユーロ 約4億7000万円 で販売する」と発表しました。 温度が上がらない2月初旬に楽々ゼロヒャク2秒を達成したOWLは、絶好の季節が到来するまでにスリックタイヤではない公道を走行可能なタイヤでのゼロヒャク2秒切りに挑みます。 ・つづき.

次の

アスパーク アウル 和製ハイパーEVは驚異の2000馬力オーバー

アスパーク アウル

それが「アスパーク OWL(アウル)」です。 921秒を達成しています。 7秒であることを考えれば、アスパーク アウルの加速力がいかに凄まじいものかわかります。 アスパーク OWL(アウル) ホイール アスパーク OWL(アウル)内装 アスパーク OWL(アウル)シート アスパーク アウルのインテリアはホワイトレザーを基調にデザインされ、シート形状やインパネ周りも通常の車とは一線を画しています。 シフトレバーは存在せず、また運転席前のメーターには液晶ディスプレイを採用しています。 しかしルームミラーは取り付けられておらず、市販モデルではないことがわかります。 アスパーク OWLの価格は、フランクフルト国際自動車ショーに出展された際に350万ユーロ(約4億2,000万円)に設定されています。 今年10月に控えるパリモーターショーより、正式に受注が始まる見込みです。 内燃機関(普通のエンジン)よりも初速のトルクに優れるモーターを用いて、世界一の加速を目指したASPARK社。 加速性能だけでなく、デザインにおいても世界のスーパーカーとそん色ないアスパーク OWLに、今後も注目が集まりそうです。 アスパーク OWLが実際に加速する動画.

次の