お 元気 です か 敬語。 「お元気で」は敬語でどう言い換える?ビジネスメールでの使い方

「お元気で」の正しい使い方や敬語表現は?別れの挨拶や手紙で使うポイントまとめ

お 元気 です か 敬語

丁度、年賀状や久しぶりのメール交換の場合のように・・・ さらに、年齢の高い方であれば、「無事これ名馬」お互いの安否確認や健康確認が関心も高く大切な話題にも成りますから。 決して増える事の無い、思い出や体験を共有する貴重な同志・友人であり、年齢は残酷な事に、お互い老い 増え)こそすれ、若返る(減る)事は決して無いのだから。 そして、見た目では分からず知り得ない病気や体力の衰えを時に感じる年代に成れば、一層、内面の心配や不安を思わず口にしたり書き込むのではないでしょうか・・・ 特に、相手の方が具体的なびょくきや精神的に落ち込んでいる訳でなくとも、元気であってほしいとの願い祈念の意味を込めておられる場合が多いのでは・・・ リアルに体面の場合とメールでは差異があるでしょうが、メールではバーチャル・非対面ですから、特に表情・態度やイントネーションからの観察や打診が出来ず、婉曲に尋ねたり励まし健勝を祈る言葉掛けの要素も強いと思います。 その時の心境を励ましや祈願の意味合いも込め「お元気で何より」と言う常套句に、定例的な挨拶に、ソフトな表現&サインとして使うのでは。 A ベストアンサー *相変わらず 以前と同様に、いつもと特に変わりなく、 *相も変わらず これを強めた言い方で、あざけり冷やかしの気持ちが加わる。 これがネガティブな表現に使われることが多くなったので、 なんとはなしに目上の人には使いにくい、とかんじるのかもしれません。 *ネガティヴな表現 相変わらずの貧乏暮しで、相変わらず要領が悪く損ばかり、相も変わらず愚痴っぽいやつ 相変わらず人に甘える、相変わらず人のせいにする、相変わらず野暮ったい、相変わらず鈍感 いくらでもありすぎ! *以前と変わりない美点や長所に使って褒め言葉でももいいと思います。 相変わらずスレンダーでいらっしゃる!なにか秘訣ありますか。 相変わらず冴えていらっしゃいますね。 僕なんかもう物忘れが激しくて、 相変わらずご夫婦円満でうらやましいです。 僕とこなんかやばいです。 後フォローすればだいじょうぶだとおもいます。 個人的な意見です。 A ベストアンサー 昔の学校文法では、「です」は活用のない語に接続し、 形容詞や動詞には付かないとされていました。 (ただし推量の「でしょう」は例外的に許容) しかし現在では、「~い・です」は、平明・簡素な丁寧形 として認められています。 その根拠は、昭和27年4月の 国語審議会建議「これからの敬語」にある下記の一節です。 -------------------------- これ以降、学校文法でも「形容詞+です」を正しい形とし て認めているはずです。 半世紀以上も前のことです。 ただし、過去形についてはどうなのか? という話ですね。 なお、「動詞+です」は、今でも正しくないとされています。 (ただし推量の「でしょう」は例... A ベストアンサー こんにちは。 私だったら、とりあえず 「もうすぐですね~」。 って言います。 「頑張ってね~」はやはり避けるかもしれません。 お産への不安もあると思うので・・・。 頑張ってねと 言われると、「大変なのよね。 お産って」とプレッシャーが かかるというか、辛い、暗いイメージが湧いてしまう気が するので・・。 元気なお子さんを産むというのも・・・。 やはり産まれて見ないと分からないので、出産前って 「無事に元気な赤ちゃんを産めるかどうか」不安に なる方もいると思います。 なので、 「元気な子供を産んでください」は言いづらいかも。 「安産だといいね~」。 は結構言ってます。 仲が良い方なら 「少しでも安産になるように、お祈りしてるわ~」。 「困った事があったら、遠慮なく言ってね」。 も言うと思います。 困った事があっても・・・そんなに連絡できるわけでは ありませんが、「何かあった時に声をかけていいんだ」と 思える人がいると、やはりありがたかったので・・・。 (あまり親しくない人には言えませんが・・・)。 こんにちは。 私だったら、とりあえず 「もうすぐですね~」。 って言います。 「頑張ってね~」はやはり避けるかもしれません。 お産への不安もあると思うので・・・。 頑張ってねと 言われると、「大変なのよね。 お産って」とプレッシャーが かかるというか、辛い、暗いイメージが湧いてしまう気が するので・・。 元気なお子さんを産むというのも・・・。 やはり産まれて見ないと分からないので、出産前って 「無事に元気な赤ちゃんを産めるかどうか」不安に なる方もいると思います。 なので、... Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 たとえば、質問者さんがお茶を机の上にこぼしてしまった時、誰かがタオルで拭いてくれたとしましょう。 あるいは、「眠そうですね。 はい、このコーヒー飲むと眠気が吹っ飛びますよ」と言われた時。 これらの場合は、「お気遣いありがとう(ございます)」です。 「ご配慮ありがとう」よりは適しています。 質問者さんが、大量の資料を読む必要がある時、誰かが、「必要なところに線を引いておいたから、そこだけ読めばわかるよ」と教えてくれた時。 あるいは、仕事でA社を訪問するとき、「A社での仕事が終わったら、そのまま、まっすぐ帰宅していいよ」と上司に言われた時。 「ご配慮ありがとう(ございます)」と言います。 これらの場合でも、「心配してくれてありがとう」と言いたければ「お気遣いありがとう」と言っても構いません。 ただ、「わたしの仕事をやりやすくしてくれてありがとう」と伝えたければ、「ご配慮ありがとう」と言うと、その意図が伝わります。 厳密な区別はありませんが、基本的に、このような使い分けをしていると思います。 たとえば、質問者さんがお茶を机の上にこぼしてしまった時、誰かがタオルで拭いてくれたとしましょう。 あるいは、「眠そうですね。 はい、このコーヒー飲むと眠気が吹っ飛びますよ」と言われた時。 これらの場合は、「お気遣いありがとう(ございます)」です。 「ご配慮ありがとう」よりは適しています。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink.

次の

「お元気で」の敬語は?別れの挨拶例文&手紙の書き方・類語や英語表現も

お 元気 です か 敬語

敬語は相手を敬う言葉として使われています。 では上記に記した敬語はビジネスや目上で通用するのでしょうか。 ビジネスで使う表現は、日常で使っている表現と異なります。 もちろん「お元気ですか」という言葉も変化します。 社会人となり、ビジネスマナーを知らないと、「この人は何も知らない人」「仕事ができない人」などとマイナス評価になってしまいます。 今回お伝えしている「お元気ですか」とは、初めの介入の際の挨拶であり、コミュニケーションとしても使える言葉です。 知らないことで、知らず知らずに失礼な表現をしてしまうこともあるかもしれません。 そのようなことのないよう、ビジネスの中では「お元気ですか」はどのような使い方、言い換えがあるのか見ていきましょう。 次に、メールや手紙についての例です。 仕事の中で仕事関係の方とメールや手紙のやり取りを行う場面は頻繁にあります。 その際、「お元気ですか」と上司や取引先の方、目上の方に使ってしまうのは、やはり、会話と同様、少し砕けていて失礼になります。 目上の方に「お元気ですか」と使える言い換え表現をご紹介します。 「お元気ですか」の言い換えとして使える表現としては次のような表現があります。 「お元気にてお過ごしてしょうか」、「ご健勝にてお過ごしでしょうか」、「ますますのご清栄のことと存じます」、「いよいよご発展のことと存じます」などがあります。 「お元気ですか」というより「お元気にお過ごしでしょうか」と言った方が丁寧に聞こえます。 相手を敬う言葉を使い、ビジネス関係を良好にしていき、気持ち良い関係を築いていきましょう。 次に、年賀状についての例です。 日本には、年に1度お正月に年賀状を出すという文化があります。 なかなか会えないけど、年賀状のやり取りは続けているという人がいるという方も多いのではないでしょうか。 年賀状は日本の素敵な文化です。 この年賀状で仕事関係の人と続けている方は多いと思います。 礼儀としても年賀状を送ることもあります。 その際、目上に対して失礼のないようにしたいものです。 年賀状での「お元気ですか」の言い換え表現は「お元気でご活躍のことと存じます」、「よき新年をお迎えのことと存じます」、「お健やかに新年をお迎えのことと存じます」などがあります。 丁寧な言い方をする際は、尋ねる形でない方がより丁寧になります。 現在はインターネットが進歩している為、その存在が薄くなってきている年賀状ですが、届くと嬉しいものです。 ぜひ年賀状を書く際の参考にしてください。 最後に類語についての例です。 「お元気ですか」には類語が言葉がいくつか存在します。 その類語について少しご紹介します。 「お元気ですか」を挨拶としての類語は「ご機嫌いかが」「こんにちは」があります。 「お元気ですか」と近況を尋ねる時に使う際の類語は「いかがお過ごしでしょうか」「お元気にしておられますか」があります。 また、「お元気ですか」を元気か体調を尋ねる時の類語は「お変わりありませんか」などがあります。 「お元気ですか」に対し、似た表現である類語はいくつかあります。 類語も一緒に覚えておくと、使える幅が広がり、その場に合った言葉で表現で表すことができます。 ちなみに、「元気」の類語は「健康」「丈夫」「達者」があります。 意味は似ているけど言葉は全く違う類語は様々な言葉に存在します。 調べてみると面白いかもしれません。 「了解しました」について「了解」とは自分より下の人に対して使う言葉になります。 目上の方に使いたい場合は「承知しました」に言い換えましょう。 「どうしましょうか」について丁寧な言い方になりますが、正しい敬語ではありません。 目上の方には「いかが致しましょうか」と尋ねる方が適切です。 「なるほど」について合図地などでなるほどと使う方は多いかもしれません。 しかしこれは敬語として正しくありません。 こちらも「了解」同様自分より下の人に使う意味を含むため、目上の方には「おっしゃる通りです」と言い換えましょう。 このように普段、敬語だと思って、知らず知らずに使ってしまっている言葉はあるかもしれません。 これを機会に少し調べてみると面白いかもしれません。

次の

お元気ですか?という言葉を更に敬語で現すと何と言えばよいでしょうか。...

お 元気 です か 敬語

A ベストアンサー 尊敬語とは、相手を敬う言葉です。 〉「お体にお気をつけて、いつまでも元気でいて下さい」 小学生ぐらいの孫が祖父母宛に出す手紙なら、この程度でも良いですが、他人の目上宛なら「尊敬語」には物足りません。 尊敬語 丁重語 一例 「ご健康にご留意なされて、末長くお元気にお過ごしくださいませ」 この例の、ご健康とは心身 体 全体を気遣う意味です。 ご留意なされては、気を付ける意味の丁重語です。 末長くは、いつまでもの丁重語です。 お過ごしは、暮らす 生活をおくる の丁重語です。 「くださいませ」は目上に「下」さいは無礼なので、「ください」と平仮名で書き表したほうが失礼に感じません。 「くださいませ」の「ませ」は「いらっしゃい」の丁重語「いらっしゃいませ」のように使います。 更に尊敬語を使うなら、「お健やかにお過ごしいただけますことをお祈り申し上げます」ぐらいになります。 この場合の「お健やか」は「お元気」の丁重語になります。 A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 A ベストアンサー そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。 【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 【十分】の発音はshi2fen1 【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。 【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 としたいところです。 【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) ついでに、 「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。 いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。 いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。 そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 」と言われました。 そこで、つい「かしこまりました。 わざわざお電話いただきありがとうございます。 」 と言ってしまったのですが、これって間違いですか?? あと、普段も自分が取りに行くべきものを、目上の方が持ってきてくれたりすると、 「わざわざありがとうございます。 」と言ってしまいます。 これもおかしいですか? 電話の例だと、「ご丁寧にありがとうございました」などと言うべきなのでしょうか? 初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、教えていただければと思います。 よろしくお願いします。

次の