パソコン から dvd に ダビング。 【すごく簡単】2020詳解

無料!超簡単!録画したテレビ番組をDVDに焼く方法

パソコン から dvd に ダビング

まず、テレビ番組を録画する方法について テレビ録画をDVDにダビングする前に、まずテレビ番組を録画する方法について紹介します。 テレビ番組の録画方法はいくつかあります。 テレビ録画機能での録画、外付けのHDDでの録画、レコーダーでの録画、パソコンでの録画といった四つの方法があります。 だが、録画したテレビ番組をDVDに焼くことが出来るのはその中の二つだけです。 レコーダーとパソコンで録画したテレビ番組のみDVDにダビングできます。 テレビに接続した外付けHDDで録画した番組は、接続したテレビでしか見ることはできません。 またはDVDやBDにダビングする事もできません。 他の機器へ付け替えた時点でフォーマットが要求されるため、中身が全て消えてしまします。 それに、HDDと同じ、TVで録画した番組をDVDにコピーすることも出来ません。 レコーダーとパソコンで録画したテレビ番組はDVDやBDにダビングすることができるので、プレーヤーがあればどんな機器でも録画した番組を再生して楽しむ事ができます。 ただ、レコーダーは値段が高いので、その点が唯一のデメリットになります。 それで、テレビ番組を録画するに一番おススメの方法はパソコンでの録画方法です。 パソコンでテレビ番組を録画する方法 一般的には、動画共有サイトで日本のテレビ番組が多くあります。 テレビ要らなくて、パソコンとインターネットを繋ぎ、録画ソフトだけで録画できます。 例えば、TVerやYouTubeなどの動画サイトで、「日本テレビ」、「テレビ朝日」、「テレビ東京」、「フジテレビ」、「TBS」などのテレビ局の番組がたくさん揃っています。 とりあえず、パソコンでお好きなテレビ番組を録画しておいてください。 パソコンでテレビ番組を録画するにはデスクトップキャプッチャソフトが必要です。 ここではというデスクトップキャプッチャソフトを使ってテレビ番組を録画します。 このソフトは機能豊富、操作簡単、軽いので、おススメします。 テレビ録画をDVDにダビング ステップ2: そしてメニューバーでは「画面録画」ボタンをクリックすると、テレビ番組を録画できます。 ステップ3: 動画サイトTVerに入って、「番組一覧」をクリック、そして「テレビ局」、「ジャンル」、「放送日」から絞り込んで、お好きなテレビ番組をすぐ見つけます。 まずは再生画面に入って待ちます。 そして上図のように、「クロップ」ボタンによって録画したい部分だけを選択します。 パソコン内部の音、あるいはマイクの音声を録画するかを設定することもできます。 ステップ4: 上記の準備ができたら、そしてソフト右下にある赤い「REC」ボタンをクリックすると、5秒間のカウントダウンが始まり、0になるとテレビ番組の録画の作業が開始されます。 ステップ5: 「Ctrl」+「R」というショートカットキーを押すか、またVideoProcのソフト画面に戻り、右下にある赤い「STOP」ボタンを押すと、テレビ番組を録画することを終了できます。 テレビ録画をDVDにダビング ステップ1: まずはWinX DVD Authorを無料ダウンロードしてから、インストールしてください。 ソフト本体画面左下にある「?」ボタンをクリックして 「Japanese」を選択することもできます。 そして、ブランクDVDを挿入して、WinX DVD Authorを起動してください。 「Video DVD Author」ボタンをクリックしてください。 テレビ録画をDVDにダビング ステップ3: スクリーンサイズの選択 4:3 標準スクリーン または 16:9 ワイドスクリーン レターボックス(黒帯)を自動追加して画像比率を維持する。 抜き出す部分の開始位置と終了位置をスライダーバーまたは時間を直接入力して設定します。 ステップ6: 準備が完了したら 、「 Start 」ボタンをクリックしてスマホの動画をDVDにすることがスタートです。

次の

PCの動画をDVDに焼く簡単な方法。プレイヤーで見る為に

パソコン から dvd に ダビング

VHSからDVDにダビングする方法はいくつかあります。 この記事では、それぞれのメリットデメリットを解説しながらやり方をご紹介します。 昔撮ったVHSビデオテープって結構かさばりますよね。 8mmビデオなら少しサイズは小さいですが、それでも数があるとやっぱり場所をとります。 ビデオからDVDにダビングしたいと思いつつも、なかなか手をつけられず、ついそのままずるずる……。 いつまでも保存できればいいのですが、収納スペースを圧迫すること以外にも、 磁気テープの劣化というやっかいな問題もあります。 想い出の映像が残っているうちに、DVDやパソコンにダビングしてデジタル化してしまいましょう。 古いビデオテープを捨てるかどうか考えるのは、まずビデオをデータ化してからです。 私が試した、おすすめのビデオダビング方法を4つご紹介します。 1,デッキで再生して録画 データ化 「再生用ビデオデッキ」と「録画用のDVD、ブルーレイレコーダー」があるなら、すぐにできる方法です。 再生用デッキ代わりに、ハンディカムのビデオカメラがあれば、こちらもやり方は同じです。 アナログビデオを再生してDVDにデータ化します。 写真は、かろうじて実家に残っていたビクターのVHSビデオデッキです。 私はこれを 再生用ビデオデッキとして使いました。 用意するもの• 再生機:ビデオデッキ、8mmビデオカメラなど• 録画機:DVDレコーダー、BDレコーダーなど• 映像・音声コード(赤白黄のケーブルです)• 録画用DVD-R、BR-Rなどのメディア 上記が用意できたら、再生用デッキと録画用デッキを接続します。 再生用デッキの「出力」に映像・音声コードの片側を挿す• 録画用デッキの「入力」にもう片方をつなぐ• 再生用デッキにテープを入れ、 録画用デッキにDVDを入れる• テープを再生し、同時に「録画」ボタンを押して録画する• 再生が終了したら、 録画用デッキを「停止」する テレビなどのモニタがある場合は、 録画用デッキからモニタに「出力」してください。 映像を確認しながら録画できます。 映像・音声コードはこんなやつです。 赤白黄のコード。 黄色が映像で、赤白が音声です。 デッキで再生する方法のメリット・デメリット 録画用のDVDレコーダーやブルーレイレコーダーは、普通にテレビ番組を録画して観る方ならお持ちだと思います。 問題は 再生用のVHSビデオデッキです。 もう持っていないというご家庭は多いと思います。 もし 再生用デッキが家にあるなら、録画機に線をつないでダビングすればいいですから、わりとカンタンです。 再生用VHSビデオデッキがない場合、レンタルか中古デッキ購入になります。 どちらもそこそこ費用がかかります。 VHSビデオデッキはすでに生産が終了しているため、中古品の価格が上がっています。 倍速ダビングなどはできませんから、お持ちのVHSビデオ本数、時間数と同じだけダビング時間がかかります。 また、ダビングをしている間、録画している方の DVD・BDレコーダーの機能が制限されます。 番組予約が起動しなかったり 機種によります。 テレビ画面で映像を確認しながらダビングするなら、その間はテレビも観られません。 なにげにこれ、不便なんです 経験済み。 2,VHS・DVD一体型レコーダーでダビングする 映像・音声コードの繋ぎ方に自信がない、赤白黄コードなんてもう持ってないよ……。 そんな時は再生と録画が一台でできる、 VHS・DVD一体型レコーダーを利用しましょう。 この方法だとモニタも必要なくなり、再生と録画をセットすれば放っておくだけでデータ化できます。 配線や接続に悩まされないので、デジタル機器の操作に慣れていなくても大丈夫。 また 買ってすぐダビング作業ができるのがメリットです。 今ならこちらのパナソニックの機種が使いやすいですかね。 購入する場合はこちらです。 用意するもの• VHS・DVD一体型レコーダー• 録画用DVD-R、BR-Rなどのメディア 手順• 再生用デッキにテープを入れ、 録画用デッキにDVDを入れる• テープを再生し、「録画」ボタンを押して録画する• 再生が終了したら、「停止」する これだけでとても簡単にダビングできます。 モニタも必要ありません。 ビデオダビングする数が多ければ、VHS・DVD一体型レコーダーを買ってしまうほうがいいですが、数本程度の場合はデッキのレンタルもあります。 ネットでレンタルできるショップ 【DMMいろいろレンタル】 DMMいろいろレンタルでは、デジタル化商品特集としてVHSビデオテープからのダビングのほか、書籍の電子化やカメラフィルムの電子化に使える機器をレンタルしています。 グリーンヒナタでは、VHSからDVDにダビングできるデッキ(SHARPシャープ DV-ACV52 レコーダー)をレンタルしています。 レンタルカメラショップでは、VHSからDVDに直接ダビングできるデッキをレンタルしています。 これが一番簡単でしょう。 何泊借りるかも選べます。 VHS・DVD一体型の方法のメリット・デメリット 再生用VHSビデオデッキを用意する方法と違い、一体型なので 配線の必要がありません。 モニタ(テレビ)なしでもダビング可能な点もメリットです。 デメリットはやはり 時間がかかることですね。 手の空いた時にのんびりやろう、というのでもいいと思いますが、のんびりしているとビデオテープは劣化します。 カビが生えるとこの方法は使えなくなります。 3,ビデオをデータ化してパソコンに保存 映像はもっぱらパソコンで見るという方も多いのではないでしょうか。 VHSビデオデッキからパソコンにデータを保存し、そこからDVDなどに焼く方法もあります。 ダビング データ化 した後の編集もやりやすいので、きちんとした形で映像を残したい方にはおすすめです。 用意するもの• 再生機:ビデオデッキ、8mmビデオカメラなど• USB接続ビデオキャプチャー• パソコン• DVDドライブ、ブルーレイドライブなど(メディアに保存する場合) 再生デッキを用意する必要がありますが、データ編集のしやすいパソコンに直で取り込めるのが魅力のこの方法。 主役はこのGV-USB2「アナレコ」です。 ビデオコード型の製品ですが、ソフトが付属しており、まずはパソコンにソフトをインストールします。 1クリックなので非常に簡単。 後は指示にしたがってケーブルを接続し、コピーするだけです。 高機能版 HQ には、編集ソフトが付属します。 DVDドライブを接続していれば、そのままダイレクトに焼けたり、付属のソフトで映像編集が簡単にできたり。 テロップやメッセージ、BGM挿入などもできて、iPhone転送してスマホで観ることも可能。 かゆいところに手が届く設計で、使いやすくおすすめです。 対応OSなどはに詳しく載っています。 GV-USB2「アナレコ」を使う方法のメリット・デメリット パソコンに取り込めるのが一番のメリットです。 キャプションを付けたり、複数のテープを1本のDVDにまとめたりと、編集作業が可能になります。 デメリットは、 パソコンにそこそこ詳しくないと厳しいことでしょうか。 詳しい使い方は別ページにまとめてありますが、この通りにやっても環境によってはうまく動かないこともあり得ます。 もっとも、このキャプチャーソフトに限らず、パソコンで何かやる時は同じですが。 あとは、 再生用VHSビデオデッキを用意する必要があります。 こちらのページをご覧ください。 4,ビデオテープを送るだけのダビングサービス 一番ラクなのがダビングサービス業者を利用することです。 ビデオテープを送るだけで全部やってくれるダビング代行サービスです。 費用はかかりますが、自分でやることは申込みと梱包、発送だけです。 自力でのダビングは時間も手間もかかります。 数が多くなってくると、休日に作業するだけでは数ヶ月〜何年もかかることになるでしょう。 それらをまるっと代行してくれるなら、多少の費用はかまわないという方におすすめです。 ネットで申し込んで箱に詰めて送るだけで、すべてデジタル化してくれます。 ネットから申し込めるダビングサービス 複数の映像を1枚のDVDにまとめてくれたり、カビが生えたビデオテープのクリーニング、切れたテープでもOKなど、各社様々なサービスがついています。 (オプション料金が必要です) 一度に大量に申し込んだり、納期にこだわらない申込みであれば、大幅ディスカウントしてくれるところもあります。 DVDなどのメディアを買いそろえたり、デッキをレンタルする手間や料金のことを考えると、一気に代行サービスに送ってしまった方が安上がりとも言えますね。 こちらのページにダビングサービス各社比較をまとめました。 メリット・デメリットも合わせて比較しています。 ビデオテープからDVDへのダビング方法まとめ 私は、ここに上げた方法は全部やりました。 最初は安くあげてやろうと、この記事の方法を上から順に試し、自力で頑張っていましたが、最終的に100本近くのVHSビデオテープをビクターダビングサービスに依頼しました。 対応も不安なところがなく、気持ちのいいものでした。 ビクターおすすめです。 本当に頼んでよかった。 【ビクターダビングサービス公式サイトはこちら】 いつかやるやると思いながら、何年も放置していたので、終わってすっきりしました。 この記事を見ているということは、昔のビデオテープどうしようと思っていますよね? 笑 断言しますが、今やらなきゃまた数年ほったらかしになります!磁気テープが劣化してしまう前に、えいっとやっつけてしまいましょう。 ビクターのレビュー記事も書きましたのでぜひご覧ください。 ダビング完了後の感想と申込みまでの手順を説明した2記事があります。

次の

レンタルDVD コピーがパソコンなしでもできる方法を教えてください!

パソコン から dvd に ダビング

DVDをコピーすることだけでなく、DVDフォルダ、DVD ISOファイルからDVDに焼くことも簡単です。 DVDコピーソフトを無料ダウンロード DVDをコピーするには、まずは、DVDコピーソフトを無料ダウンロード、インストールして、実行します。 Macのご利用者なら、DVD コピー Macをダウンロードしてください。 安全性確認済み 2、DVDを選択 コピーしたいDVDをパソコンに挿入してから、インタフェースの「ソース」および「ターゲット」のドロップダウンリストからソースDVD、出力DVDの保存式を選択します。 DVD ロード 3、コピーモードを選択 このDVD コピーソフトはフルコピー、メインムービーとカスタマイズの三つのコピーモードを提供していますので、自分の必要に応じて、コピーモードを選択してください。 例えば、DVDを丸ごとにコピーしたいなら、フルコピーモードを御利用ください。 コピーモード 4、オプションを設定 DVDコピーモードを選択してから、「次」ボタンをクリックして次のウィンドウではメニューを削除、メニューをスキップするオプションを設定できます。 オプション 5、DVDをコピー すべての設定が完了すると、「開始」ボタンをクリックして、パソコンでDVDをコピーすることができます。 DVD リッピングでDVDを動画に変換してPCに保存する方法 上記の紹介しましたDVDのビデオを他のブランクのDVDディスクにコピーして保存する方法以外に、DVDを汎用の動画形式に変換してパソコンに保存する方法もあります。 Anymp4 でDVDをMP4、M4V、MKV、MOVに変換して一般のメディアプレイヤーで再生することができます。 で、DVDをMP4に変換する方法を紹介いたします。 安全性確認済み 1.DVDリッピングをダウンロード まずダウンロードボタンを利用してこのDVD変換ソフトをお使いのパソコンにダウンロードして実行します。 変換したいDVDをパソコンのDVDドライブに挿入してください。 メインインタフェースの左上の「ディスクをロードする」ボタンをクリックしてDVD読み込みます。 DVD リッピング 2. DVDビデオを編集する DVDのビデオを変換する前に、 「カット」、 「3D」、 「編集」と言う三つの編集機能でDVDビデオを編集できます。 必要ないならこのステップをスキップしてもいいです。 DVD ビデオを編集 3. 出力形式を選択して、MP4に変換 このソフトのボトムに「プロフィール」から出力形式をMP4に選択します。 そして保存先を選べてください。 「変換」をタップしてDVDビデオをMP4に変換開始します。 しばらくお待ちください。 変換完了しましたら、パソコンで楽に鑑賞できます。 DVDをコピーすることで大切なDVDを汚れたり、壊れたりすることに心配する必要がなくなり、確実に実用な方法です。 これから、DVDをコピー、バックアップしたいなら、ここで紹介したDVDコピー方法をご参考ください。 でも市場のレンタルDVDはコピーガードを付いているので、コピーできない状況が多いです。 レンタルDVDのする方法はいい参考になります。

次の