ウェスティン ホテル 東京 チョコレート。 ウェスティンホテル東京『ザ・テラス』チョコレートデザートブッフェ 2018年10月

Westin Deli|The Terrace|The Westin Tokyo

ウェスティン ホテル 東京 チョコレート

軽食等 フライドポテト 唐揚げ 昔ながらのナポリタン 野菜とベーコンのブイヨンスープ コールドサンドウィッチ フルーツ フルーツサラダ ニョッキグラタン、エビとバジルのキッシュ ホットサンド ハム&チーズ フレンチトースト ピッツァ サラダ ドレッシング いなり寿司 漬物 ドリンク 今月のドリンクはアップルソーダとダブルベリーミルク。 実食編🍽 1皿目 サラダといなり寿司 2皿目 ホワイトチョコレートと抹茶クリーム 中央奥 抹茶クリームは抹茶の苦味がしっかり感じられるものの、苦過ぎず、まろやか。 ホワイトチョコレートクリームは程よい甘さでくどさが全くないので食べやすかったです。 中は2層だったかと。 下はナッツの香ばしさが強く感じられ、上は濃厚なチョコレートといった印象。 濃厚で重ためですが、苦味が程よく、またナッツの香ばしさが良いアクセントになっていました…! チョコレートクリーム マロンクリーム添え 右奥 大好きな栗…! 中はこのような感じ。 中のチョコレートクリームはほんのり苦め。 周りのマロンクリームは濃厚で洋酒の風味も。 色味がわかりずらいですが… チョコレートクリームの中央にピスタチオクリーム、その上にクリームシャンティといった構造だったかと。 チョコレートクリームはしっかり苦め。 ピスタチオクリームはしっかり甘さと香ばしさが感じられるものの、チョコレートクリームと一緒に食べるとチョコの印象の方が気持ち強めに感じられました。 去年もありましたよね。 サクサク薄めのタルトが美味しい。 チョコは苦めでした。 洋梨はお酒の風味が比較的しっかり。 白ワイン?甘く煮られているものの、くどい甘さではなくさっぱりとしていて美味しかったです。 ホワイトチョコレートのチーズケーキ 左奥 もちろん人それぞれ好みはあるかと思いますが、個人的にフェア品の中で一番軽く感じました。 さっぱりとしているのでぺろりと食べれてしまいます。 中も真っ白。 チーズの風味は濃厚なものの、さっぱりとしていて食べやすい。 ラズベリーのつぶつぶ感が感じられました。 その上にはふわふわとした口当たりのクリームシャンティ。 そしてその上にクランブル、ナッツ、ドライフルーツといった構造だったかと。 チョコレートは濃厚なものの、苦味が抑えめなので個人的にはすごく食べやすかったです。 パリブレスト ショコラ 左手前 シュー生地は表面がさっくりしていて、しっとり過ぎないのが美味しい。 チョコレートクリームは程よい苦味でした。 きゅんと甘酸っぱいベリーソースがアクセントに。 とはいえそこまで強くないので、お酒が苦手な方でも食べやすいかと。 チョコレートクリームは程よい苦味。 ふわふわとした口当たりのクリームシャンティの甘みが良かったです。 中に入っているチェリーはお酒の風味は感じられず、甘酸っぱい!ザテラスさんのデザートブッフェで提供されているフォレノワールはお酒がガツンとくるという印象だったのですが、こちらはそのようなことはなく、トップのチェリーを除けばお酒が苦手な方でも食べやすいタイプではないかと思いました。 ラズベリーとチョコレートのキャラメリゼ 1番上はチョコレート風味のカスタードクリーム?でコクと甘みがしっかり感じられ、すごく美味しい。 右に見える緑色のクリームはピスタチオかと。 ラズベリーソースは程よい甘酸っぱさで、酸味が強過ぎず食べやすい。 ラズベリーの果肉もしっかりと残っているタイプでした。 ショコラ パッション パッションフルーツの酸味が強いスイーツかと思っていましたが、一口食べると予想外のお味でびっくり。 ザクザクのタルトの中になめらかなホワイトチョコガナッシュ、その上にはパッションフルーツソースといった構造。 全体的に酸味は強くなく、ほんの少し甘酸っぱさが感じられる程度。 クリームたっぷりですが、くどくなく軽やかな生クリームなのでいくらでも食べれてしまいます。 チョコレートケーキの中には大きめにカットされたバナナがひとかけ。 チョコレートケーキは外側がさっくりしていて、苦味控えめ。 定番の組み合わせで美味しかったです。 4番目 ドームショコラ オレンジ 中央手前 去年いただいたドームショコラよりオレンジ風味だからか軽やかでさっぱり。 土台はサクサクのビスケット。 全粒粉でしょうか?ほんのり塩気もあって美味しい。 チョコレートムースにはオレンジピールも入っていて爽やか。 チョコレートの苦味は控えめでした。 キューブショコラ 左手前 土台はさっくりとした薄めのビスケット?でその上にほろ苦いチョコレートムース。 上にのっているクランブルが見た目的にも食感的にもアクセントになっていて、美味しかったです。 チョコレートパンナコッタ マンゴーとパッションフルーツのソース 左奥 とろっとなめらかなチョコレートパンナコッタの上にパッションフルーツソースとマンゴーの果肉。 チョコレートよりもパッションフルーツの味が強めだったかと。 マンゴーがねっとり甘く、美味しかったです!チョコレート系のスイーツの中で、一番チョコレート感が控えめだった印象。 ラングドシャのチョコレートクリームサンド 左奥 小さい紙袋の中にはラングドシャが2つ。 すごくしっとりしたラングドシャで、びっくり。 チョコレートクリームは程よい苦味で、緩くなく、しっかりとしたかたさ?でした。 ザッハトルテ 右奥 ふわふわのチョコレートスポンジとなめらかなチョコレートフォンダン。 まろやかで美味しいクリームでした。 チョコレートクリームとの間にはサクサクのチョコレート味のフィアンティーヌのようなものがあり、食感のアクセントになっていました。 表面はとろっと濃厚なグラサージュのような感じ。 程よくきゅんと感じられる甘酸っぱさが非常に美味しかったです! チョコレートバナナのクレープ 右手前 薄めのクレープ生地の中にはチョコレート風味のクリームシャンティとバナナ、ラムレーズン。 レーズンが入っているとは思わず、ビックリしましたが、バナナもレーズンも好きなのですごく好みでした…! チョコ感はそこまで強くなく、なめらかなクリームで美味しかったです。 5皿目 唐揚げ、ナポリタン、ホットサンド 6皿目 クレミアパフェ 右手前 アトリエコーナーにいるお店の方に声をかけるとクレミアを入れて下さります。 クレミアの味はデフォルトではチョコレートのようですが、頼めばミックスなどでもやってくださっていました。 チョコレートムース?はほろ苦く、甘さも程よい感じ。 ベリーソースが甘酸っぱくて美味しかったです。 個人的に、チョコレートがそこまで得意な訳では無いので上にのせるクレミアは普通のものの方が好きかもしれないなと思いました笑 洋梨のクレームブリュレ 右奥 果肉がごろっと入っているなどというわけではなく、なめらかなクリームなのですが、しっかり洋梨の風味が感じられびっくり。 爽やかな甘さですごく美味しかったです。 洋梨の爽やかな甘さと濃厚さのバランスが良く、すごく美味しかった…! ブランデー香る大人のチョコレートミルク 左奥 ブランデーの風味がしっかり感じられ、苦味もしっかりあるので、名前の通り、大人の味でした。 苦味がしっありあり、甘さは控えめなものの、濃厚で重量感が感じられるお味でした。 飲んだ感覚としてはさらっとしているというより、どろっと濃厚な感じでした。 カスタードプリン マロンクリーム添え 左手前 とろとろなめらかなカスタードプリンの上にちょこんとマロンクリーム。 カスタードプリンは安定の美味しさで、ほろ苦いカラメルソースの量もちょうど良い…! マロンクリームもフェア品のモンブランには劣るもののしっかり栗の味が感じられて美味しかったです。 7皿目 きな粉とあずきのブラマンジェ 左 きな粉のブラマンジェはきな粉のザラつきが舌で感じられ、濃いめ。 甘さ控えめの柔らかく煮られたあずきと黒豆と濃厚なブラマンジェのバランスが良かったです。 杏仁豆腐 マンゴーソース 中央 なめらかな杏仁豆腐の上にマンゴーソース。 マンゴーソースにはマンゴーの果肉と小さいタピオカ 白 も。 今月のラインナップの中ではすごくさっぱりしてて食べやすかったです。 めっちゃ美味しかった。 今回いただいたものは以上です。 感想 日に日に開始前の列の長さは早くから伸びるようになっている気がしますが、目立った品切れもなく、ゆったり過ごすことが出来ました。 ビュッフェ台の列もあまり長くなかった気がします。 今回、お気に入りとは別に印象に残っているのは クレミアパフェです。 今年に入ってから一番重いラインナップだった気がしますが、どれも美味しくて今月も大満足でした。 ごちそうさまでした! お店の情報 「ウェスティンホテル東京」ザ・テラス チョコレートデザートブッフェ• 最寄駅:JR・東京メトロ日比谷線恵比寿駅• 公式ホームページ: 予約方法 電話又は公式ホームページから予約が可能です。 キャンセルが出ることも多いので、こまめにチェックすればキャンセルを拾うことは可能かと思います。 ザ・テラス電話番号:• ネット予約: 拙い文章ですが、最後までお読み下さりありがとうございました。

次の

チョコレートをアフタヌーンティー&ブッフェで堪能♩ウェスティンホテル東京、秋のスイーツプランが魅力的♡

ウェスティン ホテル 東京 チョコレート

軽食等 フライドポテト 唐揚げ 昔ながらのナポリタン 野菜とベーコンのブイヨンスープ コールドサンドウィッチ フルーツ フルーツサラダ ニョッキグラタン、エビとバジルのキッシュ ホットサンド ハム&チーズ フレンチトースト ピッツァ サラダ ドレッシング いなり寿司 漬物 ドリンク 今月のドリンクはアップルソーダとダブルベリーミルク。 実食編🍽 1皿目 サラダといなり寿司 2皿目 ホワイトチョコレートと抹茶クリーム 中央奥 抹茶クリームは抹茶の苦味がしっかり感じられるものの、苦過ぎず、まろやか。 ホワイトチョコレートクリームは程よい甘さでくどさが全くないので食べやすかったです。 中は2層だったかと。 下はナッツの香ばしさが強く感じられ、上は濃厚なチョコレートといった印象。 濃厚で重ためですが、苦味が程よく、またナッツの香ばしさが良いアクセントになっていました…! チョコレートクリーム マロンクリーム添え 右奥 大好きな栗…! 中はこのような感じ。 中のチョコレートクリームはほんのり苦め。 周りのマロンクリームは濃厚で洋酒の風味も。 色味がわかりずらいですが… チョコレートクリームの中央にピスタチオクリーム、その上にクリームシャンティといった構造だったかと。 チョコレートクリームはしっかり苦め。 ピスタチオクリームはしっかり甘さと香ばしさが感じられるものの、チョコレートクリームと一緒に食べるとチョコの印象の方が気持ち強めに感じられました。 去年もありましたよね。 サクサク薄めのタルトが美味しい。 チョコは苦めでした。 洋梨はお酒の風味が比較的しっかり。 白ワイン?甘く煮られているものの、くどい甘さではなくさっぱりとしていて美味しかったです。 ホワイトチョコレートのチーズケーキ 左奥 もちろん人それぞれ好みはあるかと思いますが、個人的にフェア品の中で一番軽く感じました。 さっぱりとしているのでぺろりと食べれてしまいます。 中も真っ白。 チーズの風味は濃厚なものの、さっぱりとしていて食べやすい。 ラズベリーのつぶつぶ感が感じられました。 その上にはふわふわとした口当たりのクリームシャンティ。 そしてその上にクランブル、ナッツ、ドライフルーツといった構造だったかと。 チョコレートは濃厚なものの、苦味が抑えめなので個人的にはすごく食べやすかったです。 パリブレスト ショコラ 左手前 シュー生地は表面がさっくりしていて、しっとり過ぎないのが美味しい。 チョコレートクリームは程よい苦味でした。 きゅんと甘酸っぱいベリーソースがアクセントに。 とはいえそこまで強くないので、お酒が苦手な方でも食べやすいかと。 チョコレートクリームは程よい苦味。 ふわふわとした口当たりのクリームシャンティの甘みが良かったです。 中に入っているチェリーはお酒の風味は感じられず、甘酸っぱい!ザテラスさんのデザートブッフェで提供されているフォレノワールはお酒がガツンとくるという印象だったのですが、こちらはそのようなことはなく、トップのチェリーを除けばお酒が苦手な方でも食べやすいタイプではないかと思いました。 ラズベリーとチョコレートのキャラメリゼ 1番上はチョコレート風味のカスタードクリーム?でコクと甘みがしっかり感じられ、すごく美味しい。 右に見える緑色のクリームはピスタチオかと。 ラズベリーソースは程よい甘酸っぱさで、酸味が強過ぎず食べやすい。 ラズベリーの果肉もしっかりと残っているタイプでした。 ショコラ パッション パッションフルーツの酸味が強いスイーツかと思っていましたが、一口食べると予想外のお味でびっくり。 ザクザクのタルトの中になめらかなホワイトチョコガナッシュ、その上にはパッションフルーツソースといった構造。 全体的に酸味は強くなく、ほんの少し甘酸っぱさが感じられる程度。 クリームたっぷりですが、くどくなく軽やかな生クリームなのでいくらでも食べれてしまいます。 チョコレートケーキの中には大きめにカットされたバナナがひとかけ。 チョコレートケーキは外側がさっくりしていて、苦味控えめ。 定番の組み合わせで美味しかったです。 4番目 ドームショコラ オレンジ 中央手前 去年いただいたドームショコラよりオレンジ風味だからか軽やかでさっぱり。 土台はサクサクのビスケット。 全粒粉でしょうか?ほんのり塩気もあって美味しい。 チョコレートムースにはオレンジピールも入っていて爽やか。 チョコレートの苦味は控えめでした。 キューブショコラ 左手前 土台はさっくりとした薄めのビスケット?でその上にほろ苦いチョコレートムース。 上にのっているクランブルが見た目的にも食感的にもアクセントになっていて、美味しかったです。 チョコレートパンナコッタ マンゴーとパッションフルーツのソース 左奥 とろっとなめらかなチョコレートパンナコッタの上にパッションフルーツソースとマンゴーの果肉。 チョコレートよりもパッションフルーツの味が強めだったかと。 マンゴーがねっとり甘く、美味しかったです!チョコレート系のスイーツの中で、一番チョコレート感が控えめだった印象。 ラングドシャのチョコレートクリームサンド 左奥 小さい紙袋の中にはラングドシャが2つ。 すごくしっとりしたラングドシャで、びっくり。 チョコレートクリームは程よい苦味で、緩くなく、しっかりとしたかたさ?でした。 ザッハトルテ 右奥 ふわふわのチョコレートスポンジとなめらかなチョコレートフォンダン。 まろやかで美味しいクリームでした。 チョコレートクリームとの間にはサクサクのチョコレート味のフィアンティーヌのようなものがあり、食感のアクセントになっていました。 表面はとろっと濃厚なグラサージュのような感じ。 程よくきゅんと感じられる甘酸っぱさが非常に美味しかったです! チョコレートバナナのクレープ 右手前 薄めのクレープ生地の中にはチョコレート風味のクリームシャンティとバナナ、ラムレーズン。 レーズンが入っているとは思わず、ビックリしましたが、バナナもレーズンも好きなのですごく好みでした…! チョコ感はそこまで強くなく、なめらかなクリームで美味しかったです。 5皿目 唐揚げ、ナポリタン、ホットサンド 6皿目 クレミアパフェ 右手前 アトリエコーナーにいるお店の方に声をかけるとクレミアを入れて下さります。 クレミアの味はデフォルトではチョコレートのようですが、頼めばミックスなどでもやってくださっていました。 チョコレートムース?はほろ苦く、甘さも程よい感じ。 ベリーソースが甘酸っぱくて美味しかったです。 個人的に、チョコレートがそこまで得意な訳では無いので上にのせるクレミアは普通のものの方が好きかもしれないなと思いました笑 洋梨のクレームブリュレ 右奥 果肉がごろっと入っているなどというわけではなく、なめらかなクリームなのですが、しっかり洋梨の風味が感じられびっくり。 爽やかな甘さですごく美味しかったです。 洋梨の爽やかな甘さと濃厚さのバランスが良く、すごく美味しかった…! ブランデー香る大人のチョコレートミルク 左奥 ブランデーの風味がしっかり感じられ、苦味もしっかりあるので、名前の通り、大人の味でした。 苦味がしっありあり、甘さは控えめなものの、濃厚で重量感が感じられるお味でした。 飲んだ感覚としてはさらっとしているというより、どろっと濃厚な感じでした。 カスタードプリン マロンクリーム添え 左手前 とろとろなめらかなカスタードプリンの上にちょこんとマロンクリーム。 カスタードプリンは安定の美味しさで、ほろ苦いカラメルソースの量もちょうど良い…! マロンクリームもフェア品のモンブランには劣るもののしっかり栗の味が感じられて美味しかったです。 7皿目 きな粉とあずきのブラマンジェ 左 きな粉のブラマンジェはきな粉のザラつきが舌で感じられ、濃いめ。 甘さ控えめの柔らかく煮られたあずきと黒豆と濃厚なブラマンジェのバランスが良かったです。 杏仁豆腐 マンゴーソース 中央 なめらかな杏仁豆腐の上にマンゴーソース。 マンゴーソースにはマンゴーの果肉と小さいタピオカ 白 も。 今月のラインナップの中ではすごくさっぱりしてて食べやすかったです。 めっちゃ美味しかった。 今回いただいたものは以上です。 感想 日に日に開始前の列の長さは早くから伸びるようになっている気がしますが、目立った品切れもなく、ゆったり過ごすことが出来ました。 ビュッフェ台の列もあまり長くなかった気がします。 今回、お気に入りとは別に印象に残っているのは クレミアパフェです。 今年に入ってから一番重いラインナップだった気がしますが、どれも美味しくて今月も大満足でした。 ごちそうさまでした! お店の情報 「ウェスティンホテル東京」ザ・テラス チョコレートデザートブッフェ• 最寄駅:JR・東京メトロ日比谷線恵比寿駅• 公式ホームページ: 予約方法 電話又は公式ホームページから予約が可能です。 キャンセルが出ることも多いので、こまめにチェックすればキャンセルを拾うことは可能かと思います。 ザ・テラス電話番号:• ネット予約: 拙い文章ですが、最後までお読み下さりありがとうございました。

次の

【9月スタート】ウェスティンホテル・9月のテーマはチョコレート!チョコレート尽くしのデザートブッフェ

ウェスティン ホテル 東京 チョコレート

チョコレート アフタヌーンティー(イメージ) チョコレート デザートブッフェ(イメージ) チョコレートの芳醇な香りととろける口どけ、様々な素材と調和する深い味わいを愉しみながら、優雅で贅沢なひとときをお過ごしください。 フランス、ベルギーなど、 世界中から選ばれたチョコレートが、ウェスティンホテル東京のエグゼクティブペストリーシェフ鈴木一夫によって、秋の味覚にふさわしい、こだわり溢れるアフタヌーンティーに仕上がりました。 主役のチョコレートの濃厚な甘みやカカオ本来の風味、ほろ苦さを、甘酸っぱいベリーや芳ばしいナッツなどの厳選した素材が引き立てる個性豊かなチョコ レートスイーツの数々をお楽しみいただけます。 秋に色づくガーデンを望む優雅な空間で、甘い香りに酔いしれるひと時をお過ごしください。 ティースタンドでのご提供になります。 絶妙な甘酸っぱさを表現しました。 チョコレートのドームを飾り付け、見た目も表情豊かに仕上げました。 爽やかでフルーティーな酸味が口の中に広がります。 プレーンとチョコチップをふんだんに使用したスコーンをご用意します。 O) 場所: ロビーラウンジ「ザ・ラウンジ」1階 料金: 1名様 4,000円(税・サービス料別) ご予約・お問い合わせ:ロビーラウンジ「ザ・ラウンジ」 Tel. 今年は9月から11月の3か月間開催、1か月ごとにメニューを変え、合計約70種類の多彩なチョコレートスイーツをご披露します。 濃厚にとろけるチョコレートケーキや、キルシュの香り豊かなフォレノワール、秋の味覚かぼちゃとあわせた優しい甘みのミルクチョコレートなど、シンプルな焼き菓子から美しくデコレートしたグラススイーツまで、シェフが時間をかけ計算しつくして創り上げた美しいチョコレートスイーツがブッフェ台にずらりと並びます。 甘い香りに酔いしれるひとときを心ゆくまでご堪能ください。 チョコレートと好相性のグリオットチェリーとダークチェリーがアクセントの定番チョコレートスイーツをグラスデザートで。 中のクリームのフレーバーは1ヵ月ごとに変わります。 豊かな香りと食感が愉しめる一品。 生クリームやプレートチョコレート、ナッツなど様々な素材のハーモニーが愉しめます。 まろやかなミルクチョコレートと香ばしくキャラメリゼしたナッツ、カスタードクリームの絶妙なバランスをご堪能ください。 O) ご予約・お問い合わせ:インターナショナルレストラン「ザ・テラス」 Tel. 03-5423-7778 6:3023:00 *メニュー内容およびプログラムは予告なく変更となる場合がございます。 2000年に「ウェスティンホテル東京」エグゼクティブペストリーシェフに就任。 ヨーロッパの伝統菓子から、独創性あふれるオリジナルスイーツまで幅広いレパートリーをもち、日々、新商品の開発に余念がない。 同ホテル「ザ・テラス」のデザートブッフェを手がけ多くのスイーツファンを魅了している。 訪れる人を喜ばせたい一心で、挑戦し続ける鈴木のスイーツには、リピーターも多く、シュークリームやスフレなど定番の人気商品をはじめ、季節ごとの新商品も高い評価を得ている。 ウェスティンホテル東京について 緑豊かな洗練された街、恵比寿に位置するウェスティンホテル東京は、日本を代 表するヨーロピアンスタイルのホテルです。 ご来館いただくお客様の元気なご滞在をお手伝いするため、心身の安らぎと活力を与える数々の独自のプログラムを 提供しております。 大きな窓を備えたヨーロピアンスタイルの全客室(438 室)には、ウェスティンホテル&リゾートが安眠を追求し、雲の上の寝心地と称される「ヘブンリーベッド」で快適な睡眠をお約束いたします。 大理石の大きな柱を特徴とするロビーや館内随所に点在するブロンズ像、絵画、タペストリーなどの数々の美術品はヨーロピアンスタイルをさらに演出しています。 ホテルの敷地内には、英国のチェルシーフラワーショーで何度もゴールドメダルを獲得した世界的にも有名な景観アーティスト石原和幸氏デザインによる、都会の中の緑のオアシス「ウェスティンガーデン」があり、四季折々に異なる景観をお楽しみいただけます。 詳細については、www. westin. comをご覧ください。 また、Facebook(facebook. ウェスティンは、これまでのマリオット リワード、ザ・リッツ・カールトン・リワード、スターウッドプリファードゲスト(SPG)に代わり新たに誕生したマリオットの旅行プログラム、Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)に参加しています。 Marriott Bonvoyは会員の皆さまに並外れたグローバルブランドポートフォリオやMarriott Bonvoy Momentsでの体験、そして無料ホテル宿泊に向けたポイントやエリートステータス昇格に向けた泊数獲得を含む、比類なき特典をお届けします。 無料会員登録やプログラム詳細については、MarriottBonvoy. marriott. comをご覧ください。

次の