児童 虐待 推進。 山梨県/児童虐待について

児童虐待防止対策 |厚生労働省

児童 虐待 推進

最近、韓国で児童虐待事件が相次いだことを受け、政府は虐待の懸念が高い児童を把握するため、全数調査を行うことにした。 虐待児童が発見されれば、直ちに家庭から切り離す「即時分離制度」の導入も進める。 政府は12日、社会関係長官会議を開き、このような内容を盛り込んだ児童虐待防止対策を議論した。 まず、家庭で養育中の満3歳の子どもと就学年齢の子どもを対象に全数調査を行い、所在と安全を確認することにした。 政府は「児童虐待を早めに発見するため、場所や年齢などの変数を用い、高危険群の児童を先制的に発掘・調査する」という趣旨だと説明した。 また、予防接種や乳幼児の健康診断などを受けていなかったり、長期欠席をしているなどの従来の情報を活用し、「放任」 ネグレクト の疑いがある事例を絞る計画だ。 虐待を受けた後に家庭に戻り、再び虐待が行われることを防ぐための方策も推進される。 虐待が見つかり次第、家庭から児童を分離する「即時分離制度」を導入する計画だ。 児童保護専門機関や虐待を受けた被害児童のためのシェルターを拡大し、専門家庭委託制度を法制化するなどの措置をまとめるというものだが、今年第3四半期中に省庁を横断する総合対策が出る予定だ。 警察、地方自治体、児童保護専門機関などが合同点検チームを構成し、「再虐待発見特別捜査期間」も運営することにした。 過去3年間に虐待通報があった児童の安全を再度点検し、新型コロナウイルス感染症 COVID-19 によって「社会的距離措置 ソーシャル・ディスタンシング 」を実施した2~5月に受理された児童虐待通報をすべて点検するという。 さらに、児童虐待調査の実効性を高める方策も講じると政府は明らかにした。 チェ・ウォンヒョン記者 お問い合わせ japan hani.

次の

「児童虐待推進キャラクター」と誤植 修正前の画像拡散 東京都のサイト

児童 虐待 推進

1 児童虐待の現状 児童虐待への対応については、2000(平成12)年11月20日に「児童虐待の防止等に関する法律」(以下、「児童虐待防止法」という。 )が施行されたが、その後、2004(平成16)年には、児童虐待防止法及び児童福祉法の改正が行われ、制度的な対応について充実が図られてきたところである。 しかしながら、子どもの生命が奪われるなど重大な児童虐待事件が跡を絶たず、全国の児童相談所における児童虐待に関する相談対応件数も増加を続け、2006(平成18)年度には児童虐待防止法制定直前の約3倍に当たる3万7,323件となるなど、依然として、社会全体で早急に取り組むべき重要な課題となっている。 2 児童虐待防止対策の取組状況 児童虐待は、子どもの心身の発達及び人格の形成に重大な影響を与えるため、児童虐待の防止に向け、虐待の「発生予防」から「早期発見・早期対応」、さらには虐待を受けた子どもの「保護・自立支援」に至るまでの切れ目のない総合的な支援体制を整備、充実していくことが必要である。 このため、 [1] 発生予防に関しては、生後4か月までの乳児のいるすべての家庭を訪問し、子育て支援に関する情報提供や養育環境等の把握を行う「生後4か月までの全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)」や、養育支援が必要な家庭に対して、訪問による育児・家事の援助や技術支援等を行う「育児支援家庭訪問事業」の推進、子育て中の親子が相談・交流できる「地域子育て支援拠点」の整備 [2] 早期発見・早期対応に関しては、市町村における「子どもを守る地域ネットワーク(要保護児童対策地域協議会)」の設置促進及び機能強化、児童福祉司の配置の充実など児童相談所の体制強化、虐待をした親自身への再発防止対策として、家族再統合や家族の養育機能の再生・強化に向けた取組を行う親支援の推進 [3] 保護・自立支援に関しては、児童養護施設等の小規模ケアの推進、個別対応職員や家庭支援専門相談員の配置等、ケア担当職員の質的・量的充実、里親委託の推進、身元保証人を確保するための事業 などの取組を進めている。 特に、2006(平成18)年度においては、2007(平成19)年1月に児童相談所運営指針等の改正を行い、児童相談所の虐待対応について、安全確認を行う時間ルールを設定し、その時間としては48時間以内が望ましい旨明記するなど安全確認に関する基本ルールの設定、虐待に関する情報についてはすべて通告として受理するなど虐待通告の受付に関する基本の徹底、要保護児童対策地域協議会の運営強化など関係機関相互における情報共有の徹底、などの見直しを行ったところである。 3 児童虐待防止法及び児童福祉法の改正 2007(平成19)年には、児童虐待防止法及び児童福祉法の改正が行われた。 この改正法は、2004(平成16)年の改正児童虐待防止法附則の見直し規定を踏まえ、議員提案により2007年4月に国会に提出され、同年5月に成立した(2008年4月施行)。 主な改正事項は、次のとおりである。 [1] 児童の安全確認等のため、裁判官の許可状を得た上で、解錠等を伴う立入を可能とする立入調査等の強化 [2] 保護者に対する面会・通信等の制限の強化、都道府県知事が保護者に対し児童へのつきまといや児童の住居等付近でのはいかいを禁止できる制度の創設等 [3] 保護者に対する指導に従わない場合の措置の明確化 4 児童虐待防止に向けた広報啓発の取組 2004(平成16)年から11月を「児童虐待防止推進月間」と位置づけ、児童虐待問題に対する社会的関心の喚起を図るため、その期間中、関係府省庁や地方公共団体、関係団体等と連携した集中的な広報・啓発活動を実施している。 2006(平成18)年度においては、月間標語の公募・決定、全国フォーラムの開催(11月10~11日・熊本県熊本市)、広報啓発ポスター・チラシの作成、配布及び政府広報を活用した各種媒体(テレビ、新聞、雑誌等)による広報啓発などを実施した。 また、児童虐待防止の啓発を図ることを目的に、民間団体(特定非営利活動法人児童虐待防止全国ネットワーク)が中心となって実施している「オレンジリボンキャンペーン」について後援を行っている。 5 児童虐待の事例検証等の取組 児童虐待による死亡事例等の検証は、事件の再発防止と対策を講ずる上での課題を抽出するために重要な意義を持つものであり、2004(平成16)年10月に「児童虐待等要保護事例の検証に関する専門委員会」を設置して事例の分析等を行っている。 なお、2007(平成19)年6月に、第3次報告をとりまとめた。 また、学校における児童虐待の早期発見・早期対応体制の充実を図るため、2005(平成17)年度より、学校等における児童虐待防止に関する国内外の先進的取組について調査研究を実施し、2006(平成18)年5月に報告書をとりまとめた。 2006年度には、教員等向けの研修モデル・プログラムの検討を行い、2007年度はこの調査研究を踏まえ、虐待を受けた子どもへの支援等について教職員の対応スキルの向上を図るよう、研修教材を作成している。 さらに、養護教諭の児童虐待への対応の充実を図る一助とするため、「養護教諭のための児童虐待対応の手引き」を作成し、2007年12月に配布した。

次の

11月は「児童虐待防止推進月間」です/国立市ホームページ

児童 虐待 推進

令和元年度 児童虐待防止オレンジリボンキャンペーン 実施概要 大阪府では、ひとりでも多くの府民の方に、児童虐待防止のために何ができるのかを考え、 行動する機運を高めていただくために、児童虐待防止推進月間である11月を中心に、「児童虐待防止・オレンジリボンキャンペーン」を実施しています。 子どもを虐待から守るためには、まず、府民一人ひとりが児童虐待防止に対する意識を高めることが何よりも重要です。 虐待に気づいたら、ためらわずに通告していただくとともに、周囲の子どもたちに関心を持ち、子育て世帯を見守り応援する機運が醸成されるよう、令和元年度も市町村や関係・協力団体と連携しながら、集中的な広報啓発活動に取組みました。 主催 大阪府、大阪府教育庁、大阪市、大阪市教育委員会、堺市、堺市教育委員会、大阪府警察本部、特定非営利活動法人児童虐待防止協会 協力 大阪府社会福祉協議会、大阪市社会福祉協議会、堺市社会福祉協議会、大阪府民生委員児童委員協議会連合会、大阪市民生委員児童委員協議会、堺市民生委員児童委員 連合 会(敬称略) 大阪高速鉄道 株 、大阪市高速電気軌道 株 、大阪信用金庫、大阪府商工会青年部連合会、大阪府遊技業協同組合、 株 海遊館、 関西鉄道協会、 株 ガンバ大阪、関西みらいフィナンシャルグループ 、 株 キリン堂、住友生命保険相互会社、 公益社団法人全日本不動産協会大阪府本部、泉北高速鉄道 株 、大建工業 株 、東京海上日動火災保険 株 、南海電気鉄道 株 、西日本旅客鉄道 株 、日本ケンタッキー・フライド・チキン 株 、公益財団法人 日本公衆電話会関西統括支部、日本生命保険相互会社、能勢電鉄 株 、阪急電鉄 株 、阪神電気鉄道 株 、 株 ビーンズアドワークス、水間鉄道 株 、 株 読売連合広告社、 株 りそな銀行、 レッドホースエデュテインメント 株 【敬称略、 五十音順】 1 ガンバ大阪試合会場での啓発活動 オレンジリボンをシンボルとする「児童虐待防止」と、パープルリボンをシンボルとする「女性に対する 暴力 をなくす運動」 を 同時に行う 「ダブルリボンキャンペーン」を実施しました。 ハーフタイムにピッチ内で行うフラッグベアラーの行進やオレンジリボンツリーに飾る メッセージの 受付、 啓発グッズの 配布等を実施するほか、 大阪府知事、大阪府広報担当副知事「もずやん」も児童虐待防止の啓発を行いました。 日時:令和元年10月19日(土曜日) 午後2時試合開始(川崎フロンターレ戦 ) 場所:Panasonic Stadium Suita(パナソニックスタジアム吹田) * 最寄駅 大阪モノレール「万博記念公園」駅 大阪府ブース・啓発活動 オレンジリボンフラッグ フラッグベアラー行進 2 児童虐待防止・オレンジリボン街頭キャンペーン オレンジリボンを一人でも多くの方に知っていただき、児童虐待防止について考えていただくため、JR大阪駅構内で啓発グッズの配布を行いました。 また、3階連絡橋口 では、オレンジリボンツリーに飾るメッセージを受付けたほか、大阪府広報担当副知事「もずやん」も登場しました。 3 観覧車をオレンジ色にライトアップ 児童虐待防止への思いを込めて、児童虐待防止のシンボルカラーであるオレンジ色のライトアップを実施しました。 (1)府内市町村取組一覧(後日掲載します) (2) 5 その他 ・各種イベントでの啓発活動 (1)に出展しました。 日時:令和元年11月10日(土曜日)午前8時30分から12時 内容:オレンジリボンツリーに飾りメッセージを記入していただいた方に、啓発グッズを配布しました。 ・大阪府包括連携協定企業における啓発活動 ・鉄道駅や事務所、店舗等での児童虐待防止啓発ポスターの掲示、リーフレットの配布等 ・キャラクター人形へのオレンジリボンのたすきがけ (カーネル・サンダースの立像へのオレンジリボンのたすきがけによる広報啓発にご協力いただきました) ・大阪府庁舎内でのオレンジリボンツリーやオレンジリボンフラッグの展示 (多くの方から児童虐待防止に向けたメッセージをいただきました) ・動画制作: *** オレンジリボンキャンペーンとは *** 児童虐待の問題が深刻になっている今、「子どもたちが健やかに育つように」という願いのもと、一人でも多くの方に「児童虐待防止」に関心をもってもらい、 何ができるかを考え、また、行動をおこしてもらおうという活動が「オレンジリボンキャンペーン」です。 大阪府では、この番号を多くの府民の皆様に覚えていただくため、近畿府県政令市と協働で近畿の公衆電話等にステッカーを貼付け、啓発を行っています。 このページの作成所属.

次の