イラストレーター 収入。 【全6種】イラストレーターの仕事と収入事情を明かします。

イラストレーターの年収【プロ・独立フリーランス】をデザイナーと年収ランキング比較!|平均年収.jp

イラストレーター 収入

絵を書くことが好きな人にとって趣味を仕事にできるイラストレーターはあこがれの職業です。 フリーランスのイラストレーターは束縛されることなく自由に仕事ができるのが魅力ですが、イラストレーターとしてフリーで活動するのは簡単ではありません。 イラストレーターは比較的フリーランスで働く人が多い職業ですが、安定収入を稼げるのはほんの一握りにすぎない厳しい世界です。 一発当てれば大成功もありますが、実力があってもなかなか夜に出られない人も多く、フリーランスとしてやっていくには覚悟が求められます。 この記事では、のイラストレーターになるにはどんなスキルが必要で、どんなことに気を付けなければならないのかなどの必要知識を紹介しますから、これからフリーランスのイラストレーターになりたい人はぜひ参考にして下さいね。 Contents• 実力に応じて単価も異なってきますが、「1枚数千円」になることもあれば、「1枚数十万円」になることもあります。 まさに実力勝負の世界と言えるでしょう。 フリーランスのイラストレーターの平均年収は300万~500万と言われていますが、これはあくまでも平均であり、営業力が高い人や他の人には書けない絵を描く技術があれば、年収1,000万円以上も夢ではないでしょう。 フリーランスのイラストレーターの仕事内容 フリーランスのイラストレーターの仕事内容は、クライアントから発注を受けたイラストを完成し納品することです。 イラストの使用目的はさまざまですが雑誌や書籍、ポスターやチラシなどに使用するイラストカット、ゲームのキャラクターイラスト、企業のマスコットキャラクターなどちょっとした挿絵から長く使用されるキャラクターまで幅広い分野のイラストを手がけます。 イラストレーターへの発注内容は案件によって異なります。 ゼロからキャラクター作成を依頼されることもあれば細かい指示に従ってイラストを描くよう要求されることもあります。 描きたいイラストを描くのではなくクライアントが求めるイラストを完成させるのがイラストレーターの仕事です。 フリーランスのイラストレーターの仕事受給の流れ フリーランスのイラストレーターの仕事は打ち合わせから始まります。 クライアントがなにを求めているのかを打ち合わせを通じて理解することができなければ曖昧なイメージをイラストとして形にすることはできません。 クライアントとのすり合わせが充分でないとイラストのイメージが合わずリテイクでやり直すことになってしまうので、多くのイラストレーターは打ち合わせに多くの時間を費やします。 フリーランスのイラストレーターの仕事案件内容 案件によってはイラストレーターが キャラクターデザインに大きく関わることもあります。 ゲームのキャラクターデザインの案件ではキャラクター名など基本的な設定は決まっているものの、イラストイメージに関してはイラストレーターに大きな裁量が与えられます。 世界観や基本設定を壊さずに個性的で魅力あるキャラクターデザインを仕上げることができればイラストレーターとして大きな実績となるでしょう。 また、 演劇や美術展で使用するポスターイラストを依頼されることもあります。 ポスターイラストの仕事は芸術性が求められる傾向が強く、イラストレーターとして思う存分腕が振るえる仕事です。 ポスターそのものが芸術として価値を認められるほどの作品を仕上げればさらに大きな仕事につながります。 広告やキャンペーンなど大きなプロジェクトに参加するケースもあります。 プロジェクトチームに外部からイラストレーターを招くケースは多く、メンバーと協力してクリエイティビティを発揮することを求められます。 イラストにとどまらずデザインを総合的に監修するプロジェクトリーダーとして活躍するイラストレーターもいます。 フリーランスのイラストレーターになる為に必要なスキル スキル1:絵の技術 フリーランスのイラストレーターになる為に一番必要なのは絵の技術です。 絵の技術はイラストレーターに求められる最低限のスキルであると同時に最も重要視されるスキルでもあります。 絵を仕事にしているのですから魅力あるイラストを描き上げるスキルがなければ仕事になりません。 他に何のスキルもなくても他を圧倒する絵のスキルがあればイラストレーターとして大成功するチャンスがあるでしょう。 イラストレーターになるには絵のスキルが必要ですが、フリーランスとして活動していくにはその他のスキルも必要になります。 スキル2:営業力 フリーランスのイラストレーターに欠かせないのが営業スキルです。 フリーランスのイラストレーターになりたての頃は、新規の仕事依頼を来ることを待っていても正直来ません。 雑誌の編集部や広告代理店などイラストを発注するクライアントに対し、自らイラストを売り込み営業をかける積極性や度胸がないとフリーランスでやっていくのは難しいでしょう。 もちろん営業がどうしても苦手という人はイラストレーター専門のマネジメント会社を利用したり、クラウドソーシングサイトで仕事を探すという方法もあります。 しかし、それなりの収入をイラストレーターで目指すなら最低限の営業スキルは必要です。 スキル3:コミュニケーション力 イラストレーターに意外と重要なのがコミュニケーションスキルです。 内向きに思われがちなイラストレーターですが、仕事となればクライアントとのコミュニケーションは欠かせません。 あいまいなイメージしか持たないクライアントとの打ち合わせを通じてイラストを形にするには相手の話を聞いて想像する能力が必要不可欠です。 隠された欲求や見えにくい要望などをコミュニケーションを通じて上手く組み上げてイラストに昇華できればさらなる仕事の依頼につながリます。 フリーランスのイラストレーターになる為に取得しておきたい資格 フリーランスのイラストレーターになる為に特別な資格はいりません。 実力がモノを言う世界なので絵が上手ければ資格がなくても成功するチャンスがあります。 などペイント系ツール関連の資格はありますが、これらの資格の有無でイラストレーターの仕事が決まることはほぼありません。 ツールを使って問題なくイラストが描けるならわざわざ仕事のために資格をとる必要性は皆無です。 フリーランスのイラストレーターの場合、視覚の有無よりもコミュニティにおける実績が重要になります。 などのイラスト投稿系SNSで高い評価を集めていれば実績として仕事に繋がる可能性が十分にあります。 コミケで人気サークルと呼ばれるほどの実績があれば名指しで仕事の依頼が来る可能性はグッと高まります。 フリーランスのイラストレーターが働く仕事場所 フリーランスのイラストレーターはパソコンなどの機材さえあればどこでも出来る仕事です。 主な働く場所は以下の通りです。 事務所• クライアント指定のオフィス 自宅で仕事をするフリーランスのイラストレーターは非常に多く、子育てと並行して働く女性イラストレーターも多くいます。 通勤の必要がなく好きなときに働けるのが魅力ですが、仕事とプライベートをきちんと区別しにくいのがデメリットとも言えるでしょう。 自宅とは別に個人で事務所を用意し手仕事をするイラストレーターもいます。 パソコンがあれば仕事ができるので専用の部屋を借りずシェアオフィスなどを利用すれば事務所費用を節約できます。 プロジェクトに参加する場合はクライアント指定のオフィスで働くことになります。 機材に関してはクライアントが用意することもありますが使い慣れた機材を自分で持ち込むことも多く、ケースによって異なります。 出張などはあまりありませんが打ち合わせのために遠方に出向くことはあります。 イラストレーターがフリーランスとして働く時に気を付けること イラストレーターがフリーランスとして働くときに最も気をつけなければいけないのがお金の問題です。 イラストレーター業界では長年の慣習から仕事の依頼で契約書を作成しないことが多く、そのことが原因で金銭トラブルになるケースが跡を絶ちません。 特に雑誌や単行本など出版業界との仕事では契約書の作成を嫌がられることが多く、支払い遅れや一方的な減額など理不尽な扱いを受けたという声が多数上がっています。 ですので金銭トラブルを防ぐためにも少額の案件でも必ず契約書を作成するようにしましょう。 フリーランスのイラストレーターは、会社員よりも立場が弱いため不当に安い報酬で仕事をさせられるケースがあります。 ひどいものになるとスマホゲームのキャラクター作成の仕事で設定からカラーイラストまで担当して1キャラあたり1000円を提示されたというケースも報告されています。 不当に安い報酬を回避するためにはSNSなどでイラストレーターの報酬相場を調べ、足元を見るような依頼には毅然とした態度で対応することが求められます。 フリーランスのイラストレーターとして活躍したいなら フリーランスのイラストレーターは実力主義の厳しい世界です。 絵が上手くなければチャンスはつかめませんが絵が上手いだけではままならないことも多く、安定収入を得るのは簡単ではありません。 フリーランスのイラストレーターとして成功したいなら自らSNSなどで情報発信していく姿勢が重要です。 投稿サイトやSNSを利用して知名度を高め、自らをブランディングしていくことでよりよい条件の依頼に出会える確率を高めましょう。 とはいえ、長年イラストレーターとして活躍していく為には、仕事内容でも触れた様に、営業力やコミュニケーション力が必要になってきます。 それ以外にも、お金の問題を回避する能力も必要になってきます。 職業は違えど、困った時に相談ができるフリーランスの仲間も必要でしょう。 当サイト大人の楽屋では、「」を結成すべく仕事をもらう為のSNS活用方法やお金の問題の解決方法など様々な分野に特化した講師達が集合しています。 フリーランスになりたい人やすでにフリーランスとして活躍する仲間も多数いますから、フリーランスになりたい、あるいはフリーランスになったけども稼げないと困っている人にとってきっと今後の成長に繋がると思います。 大人の楽屋をまだ知らない人はぜひ下記の詳細ボタンをクリックしてどんな場所なのか確認してみて下さいね。 東京、京都、島根などで日本料理の板前として約8年間料理の修行をする。 将来は飲食店開業に向け、日々料理の修行に励むと同時に飲食店の経営について勉強するが、開業リスクなどが高いことを身をもって知り、ネット業界に参入。 勢いのみでネット業界に参入するも、始めはブラインドタッチすら分からない状態から料理研究家となり「おかずキッチン」を立ち上げる。 大手広告会社などにレシピ提供したり、YouTubeに動画を上げたりと、料理研究家を続けるが、ネットに携わる内にSEOに興味が沸き始め、SEOなどの研究を始める。 初めて立ち上げた「おかずキッチン」は企業様に売却し、その後20サイト以上立ち上げ、運営。 現在は島根県で、サイト運営をしながら、企業様へのWebコンサル、アクセス改善、YouTubeのお手伝いなど地域貢献しながら多数活躍中。

次の

イラストレーターの年収低すぎ!?フリーランスが安定した収入を得るために必要な3つのこと

イラストレーター 収入

フリーランスのイラストレーターの収入は? イラストレーターとして活動するには会社に勤めるかフリーランスとして仕事を取るかの主に2種類存在します。 2つの働き方で気になるのはもちろん収入的な面ですよね。 まずはフリーランスの年収を紹介したいと思います。 フリーランスのイラストレーターの年収 100万円未満:52. 5% 200万円未満:24. 6% 350万円未満:13. 1% 500万円未満:5. 7% 800万円未満:1. 6% 800万円超過:2. 5% 日本イラストレーター協会より引用 2006年に日本イラストレーター協会が実施したアンケートによると、フリーランスのイラストレーターの 平均年収は261万円で、そのうちの半分以上が年収100万円未満というのがイラストレーターの現状です。 イラストレーターの平均収入は年数に比例する プロのイラストレーターになって何年目ですか? 1年未満:11. 4% 1~3年未満:27. 2% 3~5年未満:30% 5~10年未満:20% 10年超過:11. 4% 上記のイラストレーターの年収についてのアンケートと、同じく日本イラストレーター協会が行ったプロの「イラストレーターになって何年目ですか?」というアンケートを比較すると、一般的にイラストレーターになって 5年未満の間は、収入はかなり少ない傾向にあります。 そのため、 最初のうちはアルバイトをしたり、他の仕事と兼業している人も少なくなく、多くの人は10年以内に辞めてしまいます。 しかし、長く続けていくにつれて、実績や知名度も上がり、1つ1つの仕事の単価を上げることも出来るので、収入も高くなっていきます。 中には、イラストレーターで年収1000万円以上という人もいるので、まずは辞めずに長く続けるということが大切です。 働いた分だけ収入が増える! 基本的にフリーランスとしてイラストを描いていく場合は「1枚で〇〇円」というような単価になります。 そのため、イラストを描けば描くほど収入が増えるのはもちろんですが、イラストを描かなけらば、また仕事をもらえなければ収入は一切なくなります。 そのためイラストレーターとして活動するだけでなく、類似した仕事であるにも取り組まれると収入源を増やすことができます。 フリーランスと企業勤めのイラストレーターの収入の違い フリーランスのイラストレーターと会社勤めのイラストレーターの収入はどう違うのでしょうか?その違いを見ていきます。 企業勤めのイラストレーターの平均収入 一方、企業に就職してイラストレーターや制作会社のデザイナーとして仕事をしている人の 平均年収は300万円から500万円です。 よく、イラストレーターやデザイナーの収入は低いと言われていますが、企業に就職してイラストレーターとして仕事をする場合は、 収入は他の職業と比べてもそこまで差はありません。 会社勤めのイラストレーターは収入が一定 フリーランスと会社勤めのイラストレーター最も大きく異なるのが、フリーランスの場合は 働いた分だけ収入が増えるが、働いた分しか収入にはならないのに対し、会社勤めのイラストレーターの収入は 一定で毎月決まった額が給料として入ってきます。 なので、フリーランスのイラストレーターの場合は、始めたてのうちは思うような収入を得られないことも多いですが、企業勤めのイラストレーターの場合は、大きな収入は望めませんが、最初から安定した収入を得ることが出来ます。 しかし、逆に言えばどれだけ働いても収入は変わらないので、会社勤めの場合は繁忙期や納期が近い時期には家に帰らず、会社に泊まって残業をすることも少なくなく、 それでも収入は一定で大きく増えることはないため、 仕事の大変さに比べて収入が少ないため、辞めてしまう人も多いです。 また収入以外にもフリーランスのイラストレーターと会社勤めのイラストレーターには大きな違いがあります。 収入が安定しないデメリットがフリーランスにはありますが、自由な働き方や人間関係のストレスから解放されるなどもあります。 イラストレーターへの依頼の料金相場 フリーランスのイラストレーターに仕事を依頼する場合は、基本的に イラスト1枚当たりいくら、という料金設定になっています。 この1枚当たりの単価はその人の実績や人気によって大きく変わります。 特に、イラストレーターになったばかりの頃は、どのくらいの料金が適切かわからないと思いますが、特に注意したいのは間違っても タダでは描いてはいけないということです。 タダで描いてしまうと、お互いに「タダだからこのくらいでいいか」と思ってしまい、そうなるとあなたの実力を正しく評価してもらえなくなってしまいます。 また、 一度タダで描いてしまうと、その後に値段を上げるのが難しくなってしまうので、必ず話し合って適切な料金を頂くようにしましょう。 以下に、イラストレーターに依頼する場合の料金相場を書いていきますので、参考にしてみてください。 ラノベイラスト• 表紙イラスト:10万円• カラー口絵:2〜3万円• モノクロ挿絵:1万円• モノクロカット:5千円• 一冊当たり(表紙+口絵+挿絵5枚以上):20万円前後 小説、雑誌、本のイラスト• 文庫本表紙:6〜10万円• 週刊誌挿絵:2万〜3,5万円• 雑誌表紙:5〜60万円• 雑誌カラー:1,8万〜3万円• 雑誌カラーカット:数千円〜3万円• 雑誌モノクロ挿絵:5千円〜3万円• 地方新聞の挿絵:5千円〜1万円• 三代新聞の挿絵:4万円 アプリ・ゲームイラスト• キャラクターデザイン:1〜5万• 背景ありキャラデザ:1万〜10万円 Webサイトのヘッダー、アイコンなど• ヘッダー画像:5万円〜10万円• バナー画像:5000円〜3万円• アイコン画像:3000円〜5000円 ポスターイラスト• ポスター:1万円〜10万円• デジタルポスター:5000円〜5万円 サイズなどによっても、大きく価格は変わります。 フリーランスのイラストレーターが収入を上げるには? ここまでの話で、フリーランスのイラストレーターは収入が低いから諦めた方がいいかも、と思ってしまったかもしれませんが、決してそんなことはありません。 フリーランスのイラストレーターの中には、バイトをしながらたまにイラストの仕事をするくらいの自称イラストレーターもいれば、若くてもしっかりと収入を得て、楽しく仕事をしているプロのイラストレーターもいます。 そんな、 プロのイラストレーターとして、収入を上げていくために重要な3つのポイントをご紹介します。 描くスピードと単価を計算する イラストレーターが収入を上げるには、 イラスト1枚当たりの単価を高くするか、 描くスピードを上げて数をこなすかのどちらかしかありません。 しかし、数をこなすとは言っても1ヶ月に描ける数には限界があるため、まずは生活するのに必要なお金を考慮しながら、計算して単価を決めなければいけません。 例えば、 まず1ヶ月生活するのに15万円必要だとして、イラストを1枚描き上げるのにかかる時間が5日、+クライアントからのチェックとリテイクを合わせて6日とします。 また、30日間休みなく働くのは不可能なので、実際にはもう少し単価を上げるか、1枚当たりの描くスピードを上げなければいけません。 というように、フリーランスでイラストレーターをやっていくためには、ただ闇雲に仕事を取るだけでなく、日々こういった 計算をした上で仕事をこなしていかなければいけません。 ポートフォリオサイトを作る これはイラストレーターに限らず、クリエイター全般に言えることですが、フリーランスで仕事をしていくためには、 ポートフォリオをしっかり作るというのが非常に重要です。 特に今の時代は、個人でもインターネットやSNSを使って多くの人に自分を発信することが出来ます。 自身のポートフォリオサイトで、 自分の作品を展開したり、ブログで自分の持っている知識やスキル、考え方や想いなどを発信することで、あなたのファンが格段につきやすくなります。 しかし、なかなかインターネットに苦手意識を持っている人も多く、 まだまだサイトやブログを上手く活用できているフリーランスは少ないです。 しかし、今の時代はサイトやブログが非常に重要な集客、営業ツールになるので、ぜひ自分のポートフォリオサイトを持っていなければ、作ってみてください。 イラストレーターとして個性を磨く イラストレーターが収入を上げるためには、スキルを磨くことも重要ですが、もう一つ重要なことがイラストレーターとしての 「個性」を磨くことです。 世の中にはイラストが上手い人はたくさんいますが、その中で安定して仕事を獲得し、収入を上げていくためには、 他の人には頼めないようなことが出来るようになることが必要です。 イラストレーターが個性を磨くためにやるべきことは2つ。 オリジナルの世界観を創る オリジナルの世界観を創るとはどういうことかというと、他の人とは違う独自の画風や雰囲気を出したり、オリジナルのキャラクターを生み出すことです。 オリジナルの世界観を創ることが出来れば、高単価で仕事を獲得出来るようになったり、あなたのファンがついて向こうから仕事の依頼が入ってくるようにもなります。 そのため、他のイラストレーターさんのイラストを真似したり、版権イラストを多く描くよりも、 とにかく自分オリジナルのキャラをたくさん描いて、まず自分独自の世界を創りましょう。 もし、自分のオリジナルキャラクターが人気キャラとして有名になった場合、もう自分がイラストを描かなくても、企業がそのキャラクターをグッズ化したり、メディア化することで、その売り上げの一部を得ることが出来るようになります。 そこまで行けば、イラストレーターの仕事だけで1000万円以上の収入を得ることが出来るようになります。 イラスト以外の知識やスキルを身につける 例えば、イラストのスキルだけでなく、デザインやプログラミングのスキルを持っていたり、マーケティングやWebの知識を持っているなど、 他の知識やスキルも持っていることで、それだけで他のイラストレーターよりも単価の高い仕事を取れるようになったり、仕事が取りやすくなります。 また、仕事を獲得出来る窓口が増えるので、デザインの仕事を頼まれて、そのついでにイラストの仕事も一緒に頼まれるという逆のルートから仕事を獲得出来る場合もよくあります。 まとめ 以上、イラストレーターの収入について書いてきました。 イラストレーターに憧れているという人は多いですが、この職業は収入的にも仕事内容的にも決して楽な仕事とは言えません。 そのため、何も知らずになんとなく目指してしまうと、理想と現実とのギャップから、イラストレーターという道を諦めることになります。 本気でイラストレーターを目指すなら、今からしっかりと収入や仕事内容、その大変さをしっかりと理解することが大切です。 そうすれば、プロのイラストレーターとして、自分の好きなことを仕事にし、毎日充実した人生を送ることが出来るようになるでしょう。 またプロのイラストレーターになるために技術以外にも必要なことがあります。 で技術以外に自分に何が足りないのか確認しましょう!.

次の

イラストレーター(絵師)の給料年収や手取り・求人募集や有名絵師を解説!

イラストレーター 収入

の平均年収・給料の統計データ イラストレーターはフリーランスで働く人が多い職業ですが、一般的なサラリーマンと同等の収入を得ている人はそう多くありません。 いわゆる「売れっ子」と呼ばれるイラストレーターは全体のうちごくわずかです。 誰もが名前やイラストを知り、大企業や公的機関と仕事ができるまでに達しないと、高収入を目指すことはできません。 フリーのイラストレーターが、一般的なサラリーマンと同等の収入を得らたら十分成功したといってもよいでしょう。 イラストレーターの平均年収・月収・ボーナス 求人サービス各社の統計データ 職業・出典 平均年収 年収詳細 ・イラストレーター 345万円 20代平均314万円 20代男性平均323万円 20代女性平均312万円 30代平均395万円 30代男性平均452万円 30代女性平均356万円 イラストレーター 190万円~245万円 20代の給料:10万円 30代の給料:15万円 40代の給料:20万円 初任給:5万円~ イラストレーター 436万円 時給 1,517円 日給 1. 2万円 月給 27. 8万円 イラストレーター 393万円 33万円 各社のデータより、イラストレーターの年収は200〜450万円の間となる実態が見えてきます。 イラストレーターの手取りの平均月収・年収・ボーナスは 各社の統計データをもとに算出すると、イラストレーターの平均年収は300万円前後となると思われます。 一般的な企業から給料としてもらっている場合は、手取りは250万円前後、給料の額面は24万円前後、月額の手取り額は24万円ほどとなるでしょう。 現在、日本人全体の平均年収が約420万円と言われていることから考えると、一般的な職業よりも給与水準は低めとなっています。 ただしフリーランスで働く場合は税金や保険料が引かれず、自分で納めなくてはならないため、実際に受け取れる金額は額面通りのことも多いです。 イラストレーターの初任給はどれくらい? フリーランスで働くイラストレーターの収入は、一般的に「1枚いくら」という単価が設定され、新人イラストレーターの場合は数千円~10000円ほどが相場と言われています。 企業に勤める場合は一般的なサラリーマンと同様で、18万円~22万円ほどがボリュームゾーンとなるようです。 イラストレーターの福利厚生の特徴は? 会社勤めの場合は、各種社会保険、有給休暇、懐妊・育児休職制度、各種休職・休暇制度などがありますが、フリーランスで働く場合はこうした福利厚生はありません。 税金や保険、確定申告等についても自分で調べ手続きしなくてはならないため、イラストの知識やスキル以外にもこうした事務処理を自分で行う知識が求められます。 イラストレーターの給料・年収の特徴 副業・兼業のイラストレーターも多い 自分で生計を立てられるだけの収入を得ているイラストレーターはごくわずかです。 実際には多くのイラストレーターがお金には苦労しており、アルバイトなど副業・兼業をしながら生活しています。 イラストの単価 フリーで働くイラストレーターの収入は、一般的に「1枚いくら」という単価が決まっています。 単価は数千円~数万円になることもあり、描く人の実力や実績によって大きな差が出てきます。 また同じようなイラストを描いたとしても、雑誌や広告のカットとして使用される場合とキャラクターグッズとして使用される場合では単価に大きな違いがあり、イラストが使用される目的によっても収入は大きく変化します。 イラストの単価には明確な基準がないため、クライアントとなる企業や個人とイラストレーターが直接交渉して決めることが一般的ですが、日本イラストレーター協会では相場となる料金の目安を公開しているため、参考にするとよいでしょう。 完成までに時間がかかる イラストの仕事は、単価自体はそれほど低くないのものの、完成させるまでには多くの時間がかかります。 大抵の場合、一度の納品でOKが出ることは少なく、クライアントから度々チェックを受けてその都度修正をしなくてはなりません。 完成までには何度も修正を繰り返しますが、修正作業も基本的には自分以外できないため、どうしても完成までには手間や時間がかかってしまい、結果的に作業時間と単価が見合わないということになりがちです。

次の