スタッドレス タイヤ 保管 方法。 タイヤ保管サービスって?料金は?メリットとデメリットについて

夏場のスタッドレスタイヤ保管、最大の敵は紫外線と湿気!上手な保管方法とは?【素朴な疑問】

スタッドレス タイヤ 保管 方法

ただ今「酷暑2018」の真っ最中ですが、世の中では「スタッドレスタイヤ」の発表会が行われています。 話を聞くだけでもちょっと涼しくなって有り難い感じです。 そんなときにフと思ったこと……夏場のスタッドレスタイヤの保管方法です。 スタッドレスタイヤって、東京あたりだと使用期間は冬場の4ヵ月ほど。 スタッドレスタイヤは使い捨てではないので当然、その他8ヵ月間ほどは保管することになります。 先日、ドイツのタイヤメーカー「コンチネンタル」のの発表会の時に、興味深い話をうかがいました。 タイヤは、気温25度以下ならばひび割れなどの劣化はせず、5年ほどは使用有効期限が保てるそうです。 しかし、保管状況によっては35度になると緩やかに劣化は進み、55度になるとたった2週間で1年間使ったのと同じくらい劣化し、75度だと3日間で1年分=1ヵ月で10年分も劣化するそう(驚) ちなみに、ここでいう「劣化」というのは、「製品の性能が劣る」 という意味と、ヒビなどの「製品自体が劣化する」ことも含んだものとお読みくださいね。 酷暑2018とはいえ、まさか日本で75度なんて気温は…サウナの中じゃあるまいし、ねぇ。 でも、35度や日向の密閉場所なら55度だってあり得るかもしれません。 「1シーズン使い捨て」になんかにならないよう、上手なスタッドレスタイヤの保管方法を調べてみました。 このとき、トレッド面に小石などが挟まっていたら、タイヤを傷つけないようマイナスドライバーなどで取り除き、そしてよく乾燥させましょう。 ガムテープなどでしっかりと密閉しましょう。 また、縦て置く場合は、床との接地面がフラットスポットにならないよう、置きっぱなしにせず回転させるのがいいようです。 タイヤラック(約5000円〜)などがあるとなお良し、です。 そうそう、ホイール付きの場合はエア圧によってゴムが引っ張られて劣化しないよう、タイヤのエア圧を使用時の半分くらいに落としておきましょう。 ベランダ放置は雨風がしのげないのでダメ。 部屋の中…は以前、寝室兼の部屋にタイヤを置いたらタイヤ臭くて怒られた経験あり。 やはり、盗難防止のためにも鍵のかかるガレージ内や玄関などがベストなようです。 また、自動車用品店やタイヤ屋さん、ガソリンスタンドでも「預かりサービス」をやっているところもありますので、ご近所を調べてみてくださいね。 来シーズンもベストな状態でスタッドレスタイヤを履くためには、夏場の保管方法も大事だってことがよく分かりました。 今からでも遅くないですよ! [永光やすの・PHOTO提供Thanks:Nobu HIGUCHI((株)彩礼)] by カテゴリー : , , , タグ : , , ,.

次の

スタッドレスタイヤを長持ちさせる仕舞い方と保存管理の手順 カー用品くるま快適アイテム

スタッドレス タイヤ 保管 方法

汚れたタイヤのまま保管すると劣化の原因になります。 普段の洗車にしようしているものでよいので、汚れをしっかり落とします。 忘れがちですが、タイヤの溝に挟まった小石なども、マイナスドライバーなどを使って丁寧に除去しましょう。 走行時のままの空気圧ではタイヤに負担がかかってしまいます。 タイヤの空気圧を規定値の半分程度(1. 0~1. (空気圧の規定値が分からない方は、たいがい運転席のドアを開いた下の方やセンターピラー付近などにシールが貼っているはずですので覗いてみてください。 )分からなければガソリンスタンドなどでも教えてもらえます。 タイヤ用の遮光カバー、なければ、大きいビニール袋などに入れて雨風、直射日光による紫外線、オゾンなどからタイヤを守りましょう。 【スポンサードリンク】 スタッドレスタイヤの保管場所は? スタッドレスタイヤなどのタイヤは高温多湿に弱く劣化の原因になります。 タイヤが劣化すると寿命が短くなったり、正しく働かなくなったりして危険です。 スタッドレスタイヤなどの外したタイヤを長期保管する場合の保管場所としてもっとも適している条件は、雨風、直射日光による紫外線、オゾンなどからタイヤを守ることができる場所、つまり、屋根付きガレージや倉庫、納谷などです。 タイヤの置き方 タイヤの置き方には、大きく分けて、 「縦置き」と 「平積み」がありますが、どちらがいいのかというのは、色々な意見があり見解も違うようです。 基本的には縦置きが良いとされていますが、実際はどちらが正しいということはないようですので、ご自身の保管場所のスペースに合わせた置き方で選びましょう。 その際、縦置きと平積みで、注意点がありますので参考にして下さい。 タイヤを縦置きする場合は、ホイールははずしましょう。 また、タイヤを直接置かず、タイヤの下に「すのこ」などを引くことで、タイヤのゴムが触れている地面が汚れるのを防ぐ効果があります。 特に一番下のタイヤは、全タイヤの重さかかった状態になります。 平積み(横置き)の場合は、ホイールは付けたままにし、タイヤ重みで接地面の扁形を防ぐために、タイヤの圧を下げるのをお忘れなく。 まとめると、タイヤだけならば「縦置き」、ホイール付きならば「平積み(横置き)」がベストです。 もう一つ、保管しているタイヤを 長持ちさせるポイントは、 置いているタイヤの位置をローテーションさせることで一つのタイヤだけにかかる負担を減らすことが出来ます。 できれば、月に1度程度保管しているタイヤを動かしてメンテナンスしましょう。 スタッドレスタイヤの保管でマンションの場合は? 大型、小型に関わらず、車のタイヤ4本分というのは結構なスペースが必要である上、長期間の保管に適した条件をみたす必要があるとなると益々困難になります。 家にガレージや倉庫などがある場合は問題ありませんが、マンション暮らしの場合、場所の確保はかなり難しいでしょう。 マナー的にも防犯的にも共有スペースにスタッドレスタイヤなど交換して外したタイヤ置いておくというわけにもいきません。 かといって、家の中にいれると邪魔であるのはもちろん、汚れたり、ゴムのにおいがきつかったりして不便極まりない。 では、いったいマンション住まいの方達は、スタッドレスタイヤなどの外したタイヤを何処にどのように保管しているのでしょう。 まれに、「押し入れの下段に入れている」という方もいらっしゃるようですが、多く方の保管場所は、やはり「ベランダ」での保管が圧倒的に多いようです。 4本ものタイヤを置くにあたりラックなどを上手に利用することで、狭いベランダのスペースをより有効に使うことができます。 ベランダにタイヤを際には、高温多湿にならないように気を付け、雨風、紫外線、直射日光を避けるために、遮光シートやガバーをかけておくのはもちろんですが、タイヤは、 オゾンによる劣化も気を付けなければいけません。 エアコン室外機の風が直接当たるような場所を避けることもタイヤの劣化を防ぐために重要です。 ベランダに置くことがどうしても難しい場合は、イエローハットやオートバックスなどのカーショップやガソリンスタンドなどが行っているタイヤ保管サービスなどの利用を検討してもいいかもしれません。 行きつけのカーショップやガソリンスタンドなら必要な時にタイヤの取り付け、取り外し、ローテーション、点検などもお任せできて便利です。 また、お近くにトランクルーム、貸倉庫などがあれば値段や条件などを調べてみてもいいかもしれませんね。 ちなみに、スタッドレスタイヤなど履き替えたタイヤを預かってもらう場合、年単位や月単位、期間限定など様々ですが、タイヤ4本を預かってもらうおおよその相場は、月額およそ1000円~2500円ぐらいのようです。 サービスの内容や値段などは各店舗によってそれぞれ異なりますので、気になる店舗に直接聞いてみて下さいね。 まとめ 少しのことで、保管したタイヤの寿命が延びるならやらない理由はありませんね。 いざ、タイヤ交換して使おうと思ったときに、劣化していて使い物にならない!買い替えしなければならない!なんてことになったらもったいないです。 また、費用面だけでなく、特に、スタッドレスタイヤの場合は、凍った道路や雪道で使うということを考えると危険も伴うこともあります。 正しい保管方法でタイヤの劣化を防いで少しでも長く愛用できるようにしたいですね。 参考になれば、幸いです。 関連記事:もどうぞ。

次の

タイヤ保管サービスって?料金は?メリットとデメリットについて

スタッドレス タイヤ 保管 方法

投稿の目次(もくじ)です。 夏タイヤの正しい保管方法とは? 夏タイヤを保管するために気をつけるポイントとして、次の3点が重要です。 紫外線に晒されない風通しの良い場所に保管。 タイヤの原料はゴムです。 ゴムは紫外線と湿気に弱く、ゴムの劣化を早めてしまします。 出来る限り風通しがよく、紫外線が直接当たらない室内に保管することで、タイヤゴムの劣化を抑えてくれます。 タイヤは横に寝かせて保管。 タイヤを横に寝かせて保管することで、タイヤの一部だけに強い圧力がかからず、変形や部分劣化を抑えることが可能です。 横に寝かせるとは言え、タイヤを重ねて保管すると、一番下のタイヤが潰れてしまうことも考えられますが、この時にホイールを組み付けてある状態であれば、ホイールがタイヤ形状を維持してくれるので、潰れや変形のリスクはかなり少ないです。 もしホイールがついてない状態であれば、可能であれば1本づつ重ねずに保管しておくことでタイヤの変形や劣化を抑えることが可能です。 補足として、タイヤとタイヤの間に新聞紙などの紙を挟んで置くと、ゴム同士の粘着が防げますので、タイヤにとってはさらに優しい環境を作れます。 保管時の空気圧は低めに。 これはホイールが組んである場合に適応されることですが、数ヶ月の間保管するからということで、空気圧を高めにして保管する方も多いと思いますが、これは逆効果です。 なぜなら、高い空気圧にすることで、保管時に常に高い空気圧でタイヤが必要以上に膨張してしまい、タイヤに負担をかけてしまいます。 たまにサイドウォールのひび割れ等を見かけることもあると思いますが、これこそ空気圧の入れすぎがひび割れを促進することに繋がります。 ですので、ホイールを組み付けて保管する場合は空気圧を適正値の半分ほどをキープして保管することが、タイヤに負担を欠けずに済みます。 冬シーズンが過ぎたときに改めて夏タイヤを装着する時期が来ますが、保管方法を意識することで、タイヤ寿命を適正に維持することが可能です。 タイヤも安いものではありませんので、日頃から意識して大切に扱いましょう。 夏タイヤをしっかり保管してても、結局タイヤが劣化してしまった方へ しっかりと保管をしていたとしても、タイヤが劣化することもあります。 これは製造年から5年以上経過してたり、走行距離が延びたタイヤだったりと、様々な条件が交わって残念な結果に繋がります。 いづれタイヤは寿命を迎え、処分する時期が来ることは明確なことではありますが、そこで気になるのは交換時の費用ですね。 タイヤを交換するときってそれなりの費用が発生します。 タイヤ1本が1万円とすれば、4本交換で4万円。 それに工賃が1本2千円程度発生しますので、それなりに大きな出費に繋がります。 この出費をどうにか抑える事ができないか? その悩みを解決してくれるのが、コスパの高いアジアンタイヤと言われる輸入タイヤです。 ここ数年で日本のタイヤ販売において認知度が高まってる「アジアンタイヤ」ですが、台湾、インドネシア、韓国、中国などアジア諸国のメーカーが製造するタイヤです。 日本国内のタイヤ市場を見回すと、ブリヂストン... コスパが高いアジアンタイヤとは? アジア各国で製造されるアジアンタイヤは、10年前までは安かろう悪かろうの代名詞でもありましたが、平成の終わりを迎える現在では、タイヤの性能もグッと高まり、国産タイヤやメジャータイヤメーカーと比較しても、日常使いでは十分に満足できるコスパの高いタイヤとして認知されています。 あの有名なポルシェの純正装着タイヤに選ばれるアジアンタイヤも存在しており、その性能は安心して体験できます。 同性能のタイヤを比較しても、価格が国産が1本1万円とするならば、アジアンタイヤは1本2千円台で販売されてるんです。 アジアンタイヤであれば、4本購入しても1万円でお釣りが来ることも十分に考えられます。 アジアンタイヤはオートバックスやイエローハットなどの量販店でも販売してますが、量販店よりも更に安く販売してるのが、タイヤのネット通販です。 特におすすめは、「 オートウェイ」タイヤ販売をネットショッピングを中心として行っており、また、海外タイヤメーカーの高品質で安いタイヤを豊富に販売しています。 実際に管理人もミシュランタイヤをネット通販で購入し、他のショップと比べて最大46000円も安く購入することができました。 私のタイヤ交換体験談も記事にしてますので、ぜひ一読いただきタイヤ交換の参考にしていただければ幸いです。 皆様のカーライフが素晴らしいものであるよう、心より願っております。 タイヤ交換って大体の方が突然やってきますよね。 その時にタイヤ購入資金があれば問題ありませんが、もしかすると資金が足りないかもしれません。 そんな資金不足を解決してくれるのが自動車保険の見直しです。 最近ではネット経由で自動車保険の各社見積もり比較ができるようになりました。 そのおすすめ出来る見積比較先は 「保険スクエアbang! 」は、現在加入してる自身の自動車保険が高いのか?安いのか?を判断する事が簡単にできます。 貴方の保険料が高ければ 保険料を年間最大50000円安く する可能性もあります。 「保険スクエアbang! 」は 僅か 3分で見積申込みが完了 最大17社の無料自動車保険一括見積もりサービスが可能 登録後はメールと郵便物での営業のみで、めんどくさい電話営業や対面営業をされることは全くありません。 わずか3分で数万円お得になれば、自動車 タイヤの購入資金に回すことや、 グレードの高いタイヤを装着して快適性を体験する事も可能ですし、さらに 保険の見直しになるから 一石二鳥ですね。 人気記事ランキング【過去7日間集計】• 1930年に日本初の純国産タイヤ生産を行ったメーカーご... 日本最強で最高のコメディアン、志村けんさんが、コロナウ... TURANZA(トランザ)とは、TOURINGとPOT... FALKEN(ファルケン)タイヤの評判は?ユーザー口コミ評... エクストリームコンタクトdws06(extremeco... 管理人が拠点とする九州は、台風や被害が目立つ地域の1つ... グッドイヤー(GOODYEAR)タイヤ通販のユーザー口コミ... コンチネンタルタイヤとは? コンチネンタルタイヤ... DUNLOP(ダンロップ)タイヤを格安通販するなら事前... 今回はタイヤ交換体験談です。 愛車のシビックタイプR(FK2... DAVANTI(ダヴァンティ)は、イングランドのタイヤ... ミシュランタイヤは1880年にフランス生まれた歴史ある... ハイエースは日本が誇るトヨタ自動車の定番ワンボックスカーで... モモ(MOMO Srl)は、創業1964年と50年以上... HIFLY(ハイフライ)タイヤの評判は?ユーザー口コミ評価... Radar レーダー は、シンガポールのOmni Un... イタリア ミラノに本社を置くタイヤメーカーPIRELL... YOKOHAMA(ヨコハマ)タイヤの評判は?ユーザー口コミ... アジアンスポーツタイヤがおすすめできる時代になりました。... 「ナンカン(NANKANG)」の本社は台北市南港区。 カテゴリー•

次の