炊飯器 おすすめ 5合。 【家電のプロが教える】炊飯器のおすすめ人気ランキング20選

炊飯器は3合炊きがおすすめ!5合炊きとの比較と選び方のポイント

炊飯器 おすすめ 5合

新型コロナウイルス感染症の拡大対策のための自宅待機が長くなるに連れて、暮らしの中のディテールにこだわる人も増えていることでしょう。 より快適な毎日をおくるためにも、これまで見落としてしまっていたことを見つめ直すきっかけにもなっています。 中でも米食文化が色濃く残る日本では、炊飯器というツールは食生活の要となる重要な存在です。 毎日をより充実させるためにも、まずは炊飯器から見直してみるというのはいかがでしょうか? そこで今回ご紹介するのが、3合のお米が炊けるおすすめの炊飯器たちです。 3合炊飯器と聞くと、少し容量が小さいように感じますか? お米1号は約230g。 ご飯1人前が150g~180gほどと言われているので、3合の炊飯器でも1人暮らしや少人数のご家庭なら、十分賄えてしまう量ではないでしょうか? さらに3合炊飯器の利点は、小型でかさばらないところで、置き場に頭を悩ませる心配が少ないことになります。 また価格も、5号炊き炊飯器などに比べて安く済む傾向にあります。 そして以前に比べて機能も充実し、美味しく炊けるようになった点も見逃せません。 ですが、最近の3合炊き炊飯器は、ご飯の美味しさでかなり高い評価を集めているタイプも少なくありません。 そこで、1人暮らしの方や2人だけのご家庭をはじめ、「無駄なく必要な分だけお米を炊きたい」という方や、「炊きたてのご飯は、よりおいしいうちに食べ切ってしまいたい」という方に向けて…、おすすめの3合炊き炊飯器をご紹介しましょう。 選び方:加熱方式は3種類あります 炊飯器の性能やご飯の味を大きく左右する要因の1つが、加熱方式の違いです。 次の3つの加熱方式を知っておくだけで、炊飯器選びに役立つはずです。 圧力IH 内釜全体に圧力を加えながら、コイルの電磁力で加熱する方法です。 高温で一気に炊き上げることでお米の芯まで熱が通り、もちもち食感のご飯が味わえることが期待できます。 IH コイルで電磁力を発生させ、内釜全体を直接発熱させる方法です。 熱の伝わり方のムラが少なく、高火力で炊き上げます。 商品数が多く、機能やデザインの選択肢が充実している点も魅力です。 マイコン 炊飯器の下部にあるヒーターで、内釜を直接加熱する方法になります。 炊きムラが発生しやすくなるデメリットがありますが、製品の価格が安くお財布に優しい炊飯器が多くそろっています。 おすすめの「3合炊飯器」5選 ふっくらおいしく、米粉入りのパンも焼ける シャープ マイコン式炊飯器 KS-CF05B-B 厚さ3mmの「黒厚釜」がお米の芯まで熱を伝え、底面を球状にした「球面炊き」でお米を美味しく炊き上げることができます。 玄米などの健康に配慮したメニューを専用の火加減で炊き分けてくれる「炊飯メニュー」を採用している上に、忙しいときにも便利な「おいそぎ炊飯機能」も搭載。 ご飯の早炊きも、これで簡単にできます。 さらにパン調理機能の搭載しており、もちもちの米粉入りパンを発酵や焼き上げの温度設定不要でつくることが可能に。 水加減が見やすいくっきり水位目盛りや、内釜でお米が洗えるWコーティング内釜など、使い勝手もしっかりと考えられています。 使用時のみ浮かび上がるLED表示で、使いやすくスタイリッシュなデザインも男性の部屋にマッチするでしょう。 熱伝導に優れた黒厚釜を採用 象印 極め炊き マイコン式 L-BT05 熱が側面まで伝わりやすい、広く浅めになった形状の5mm黒厚釜を採用しています。 この釜によって蓄熱性を高め、広く浅い形状が側面まで熱をしっかりと伝えます。 加熱方式はマイコン式です。 炊飯時一気に火力を引き上げ、沸とう中も高火力を維持することで激しい対流を起こします。 それによって炊きムラを抑え、芯までふっくらとご飯を炊き上げます。 そして炊き上がってのちに蒸らす際も、釜底と上ふたのヒーターがごはんのベタつきの原因となる露(つゆ)を抑え、しゃっきりと炊き上げてくれます。 また、こちらの炊飯器も発酵から焼き上げまで、手づくりパンが楽しめる「パン(発酵・焼き)」メニューを搭載しています。 2段IH式とヒーターで包むように加熱 パナソニック IH式炊飯器 SR-KT069-K 備長炭釜(備長炭コート)を採用したIH式炊飯器です。 内釜の厚みは2mm。 内面には備長炭入りのコーティングが施されています。 2段IHと側面・ふたヒーターで釜を包み込むように加熱し、ふっくらとおいしいごはんを炊き上げてくれます。 「玄米」コースを搭載し、高温浸漬(こうおんしんせき=高温で浸すこと)で玄米の吸水を促進し、時短をしながら玄米も炊くことができます。 また「ケーキコース」も搭載し、炊飯器が自動で温度をコントロールすることで手軽にいろいろなケーキも楽しむこともできます。 31銘柄を炊き分けてくれる優れもの アイリスオーヤマ IH式炊飯器 RC-IB30-B 大火力で一気に加熱し炊き上げる、IH式炊飯器です。 極厚火釜3層構造で熱を逃がさず包み込み、お米の芯まで熱を伝えてふっくらと炊き上げてくれます。 主要なお米31銘柄に適した火力と時間を判断し、美味しく炊き上げてくれる機能も搭載しています。 炊飯メニューは5種類 (無洗米、白米、炊込み、おかゆ、玄米)から選ぶことが可能で、煮込み・蒸しのモードも搭載しています。 炊飯器でシチューやスープ、カレーなどもつくれます。 さらに、付属の蒸しプレートを使用すれば、蒸し料理(蒸しパン・蒸し野菜・茶碗蒸し等)も。 あなた(もしくはパートナー)の料理のレパートリーを広げてくれることでしょう。 冷凍用にご飯を美味しく炊くならこの炊飯器 タイガー IH式炊飯器 JPF-N550-K 釜は熱効率に優れた5層遠赤特厚釜の外側に、土鍋コーティング加工を施すことで、さらにふっくらとした炊き上がりを実現した炊飯器になります。 「残ったごはんを冷凍したい」「まとめて炊いて冷凍したい」というニーズに応え、冷凍用ごはんとしてもおいしく炊ける専用のメニューを搭載。 またその機能は、炊飯だけのものではありません。 早く昇温させる機能で、5分で1品が完成する時短調理メニューも充実しています。 メイン料理からスープや煮魚、焼き物といった料理の短時間調理法などは、しているので、献立のレパートリーも広がてくれるでしょう。 上手にご飯を炊くヒント 炊き上げに必要な時間は? 白米の炊ける時間は、機種およびお米の量に左右されます。 が、3合炊きなら40~50分程度で、早炊きなら30分ほどで炊き上げられるでしょう。 普通炊きと早炊きの違いとは? 普通炊きモードは、お米を炊く前にお米に水を浸透させる工程が入ります。 これをすることで、お米の芯まで水が浸透しやすくなるという効果を狙ったものです。 一方で早炊きモードは、お米に水を浸透させることなく、すぐに炊飯工程に進むことで時間短縮を図っているものになります。 普通炊きと早炊きの味の違いですが、保温することによって味に違いが出てくると言われています。 早炊きで炊いたご飯は水分が早くなくなってしまい、米の甘味が失われやすくなると言われています。 炊いた分だけ一度に食べ切ってしまう場合は、早炊きをするのも良いかもしれません。 ですが、保温や冷凍を念頭にご飯を炊くのであれば、普通炊きのほうがよりおいしいご飯が楽しめそうです。 美味しく炊くコツは? お米を研いだら、炊飯器に入れて開始スイッチを押す前に、研いだお米を水に浸すことが大切となります。 浸漬(しんせき)と呼ばれるこの工程を踏むことで、お米の芯までたっぷりと水が浸透し、ふっくらと炊き上がるわけです。 時間の目安としては、最低30分(冬場は1時間程度)として覚えておくとよいでしょう。 また、炊き上がったごはんは、10〜20分程度蒸らすことも必要です。 この「蒸らし」とはお釜の中の温度を均一にすることで米粒内の水分を均等にする工程となり、米自体の旨味を引き出すための大切な時間なのです。 蒸し時間が短いと、冷めたときに芯が残りやすくなります。 逆に蒸らし過ぎると、旨味のないベタついたごはんになってしまうことに…というわけです。 ここで注意点として、最近の炊飯器の多くは「蒸らし」まで終わってから、炊き上がりを知らせる音が鳴るように設定されています。 これに気づかず未だに炊き上がりの音が鳴ったあと、蒸らしの時間を取る方もいらっしゃるでしょう。 なので、蒸らし過ぎにならないよう、炊飯器の取扱説明書を今一度確認することもおすすめします。 それではこの期間を活用して、ご飯の炊き方からこだわって自身の食文化のグレードアップをしてみてはいかがですか。

次の

3合炊き炊飯器のおすすめ5選【美味しくて使いやすいサイズが人気】

炊飯器 おすすめ 5合

記事の目次はコチラ• まずは炊飯器のサイズを決めよう 一般的な炊飯器は、3合炊き・5合炊き・1升炊きがあります。 一人暮らしの場合、悩むのは3合炊きか5合炊きか。 ですが、 一人暮らし歴が長い私の経験上、3合炊きがおすすめです。 一人暮らしの炊飯器に3合炊きをおすすめする理由 一人暮らしでは3合以上を炊くことがめったにない 1合のお米は150gです。 これを炊飯するとだいたいご飯2膳分になります。 2合炊くと3~4膳分。 冷凍保存するにしても1回に2合~3合で十分ではないかと思うのです。 一人暮らしでよく使われている冷蔵庫は、冷凍庫のスペースも狭いです。 あまりたくさんお米を炊きすぎると、「冷凍庫がご飯だらけで他の食材が入らない。 」なんてことも・・・ 「大は小を兼ねる」は炊飯器には当てはまらない 「大は小を兼ねる」ということわざがあります。 大きいものは小さいものの代用になり、広く役に立つという意味ですが、炊飯器にはこのことわざは当てはまりません。 5合炊きの炊飯器で1合の米を炊くと、炊飯釜の底に薄く広がり過ぎて炊きむらがおこり、おいしく炊けないのです。 炊飯器のサイズが大きくなるほど電気代も高くなります。 大量に炊いて冷凍保存したい人は5合炊きを検討してみてもいいかも? ここまで3合炊きをおすすめしてきましたが、ご飯を炊くのは週に1回~2回にして冷凍保存したい。 という方の中で、以下に当てはまる人は5合炊きを検討してみてもいいかもしれません。 一日に食べるご飯の量が多い人 朝・昼・晩と毎回自炊したご飯を食べる方や、1回の食事で2回も3回もおかわりをするほどご飯好きな方は、3合炊きの炊飯器ではご飯がすぐになくなってしまい、結局、こまめに炊かなければいけないという状況に。 ご飯を炊くのを週に1回~2回におさえたいなら5合炊きの方を検討してみましょう。 マイコン炊飯器とIH炊飯器、ガス炊飯器の違い 炊飯器のサイズを決めたら次は種類を決めましょう。 炊飯器には、マイコン炊飯器・IH炊飯器・IH圧力炊飯器・ガス炊飯器があります。 それぞれの特徴を説明します。 低価格が魅力のマイコン炊飯器 マイコン炊飯器とは、ヒーターで底を加熱してご飯を炊く炊飯器のことをいいます。 ほとんどのマイコン炊飯器は5千円~1万円で炊飯器のなかでは一番の低価格。 とりあえずご飯が炊ければいい。 という価格重視な方にはマイコン炊飯器がおすすめ。 炊飯釜の底を加熱するので、炊きむらが起こりやすく、大量のお米を炊くのは不向きです。 また、高温を維持する機能が弱く保温状態で長時間おくとご飯がパサつきやすく、電気代も高くつきます。 ただし、 構造が単純なので壊れにくく長持ちするというメリットも。 炊きむらが少なく保温機能にも優れているIH炊飯器 IH炊飯器とは、電磁誘導加熱(IH)の力で炊飯釜全体を加熱してご飯を炊く炊飯器のこと。 底だけを加熱するマイコン炊飯器と違って、 釜全体を加熱するので炊きむらが起こりにくくおいしいご飯を炊くことができます。 また、高温を維持する機能が高く、長時間の保温に向いています。 ただし、 炊飯器本体の価格がマイコン炊飯器に比べるとお高めです。 IH炊飯器の上位機種IH圧力炊飯器 先に紹介したIH炊飯器に圧力機能が加わったのがIH圧力炊飯器。 ご飯を炊くときに釜全体に圧力を加えて密閉することで、お米の芯まで熱を加えます。 こうすることで もちもちっとしたおいしいご飯を炊くことができるのです。 短時間で中までしっかり火を通すことのできる圧力鍋の機能と一緒なんです。 その分、 炊飯器本体の価格は高額でなかには10万円を超える商品も。 ご飯大好き!高くても毎日おいしいご飯が食べたいという方におすすめ。 かまど炊きのおいしさを実現できるガス炊飯器 高い火力で一気に加熱するガス炊飯器。 一番ご飯をおいしく炊けるといわれているかまど炊きを実現できます。 炊飯にかかる時間も一番短く、かかる光熱費も安い。 ただし、ガスコンセントがないと使用するのが難しく、一般的に広まっていないのはこのせいだといわれています。 特に、 一人暮らし用の賃貸マンションにはガスコンセントがない部屋が多いので、難しいかもしれません。 スポンサードリンク 3合炊き炊飯器こだわり別おすすめの一品。 あなたのこだわりは? 人によってこだわるポイントは変わります。 ここでは、こだわり別におすすめしたい1品を紹介します。 価格にこだわる!5千円台の炊飯器 一人暮らしにちょうどいいサイズと5千円台という低価格。 5合きざみなので1. 5合や2. 5合などを炊きたいときに便利です。 小さめのお釜は狭いシンクでも洗いやすくてストレスを感じにくいのがポイント。 機能にこだわる!一台二役の便利な炊飯器 こちらの炊飯器はなんと炊飯器とIH調理器の一台二役。 一人暮らしだって寒い冬は鍋で温まりたいですよね。 炊飯器と合体したこんなIH調理器なら、使っていないときに置くスペースを考える必要もありませんし、インテリアを邪魔することもありません。 量らなくても音でお知らせしてくれる量り炊き機能も魅力です。 アイリスオーヤマさんから出てる炊飯器です お米の量と銘柄に合わせて水の量を計算して教えてくれます その通りにすれば炊飯器でお米を炊いたこと無い人でも美味しく炊けます オススメのです 気になった方は買ってみてはいかがですか? — ケンタ 家電マスター kenta875 味にこだわる!極上のご飯が炊ける炊飯器 値段は張ってもおいしいご飯が食べたい!という方におすすめの炊飯器。 17世紀から今もなおプロの料理人に愛される南部鉄器を採用した象印の羽釜シリーズの3合炊きです。 大火力+羽釜の力でお米の一粒一粒をふっくらと仕上げます。 AIとセンサーが温度をキープする保温機能にも注目。 うるおいとツヤを保ってくれます。 まとめ 炊飯器に限らず、家電を買うときって分からないことが多くて困りませんか?特に、女性は家電にうとい人も多いでしょう。 どうしてこんなに値段が違うの?スペックって何?調べてもいまいちよく分からないですよね。 この記事は、そんな女性でも自分にピッタリの炊飯器を選べるように書きました。 参考にしてもらえたらうれしいです。 ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

次の

炊飯器の選び方!おすすめメーカーはタイガー!一人暮らしでも5合炊き!|ちかどころ

炊飯器 おすすめ 5合

おすすめ5合炊き炊飯器 炊飯器は、普段あまり意識を向けることがないと思います。 しかし、「今って低価格で手に入れやすいものからこんな機能があるの?」とびっくりするものまでたくさんの種類があります。 インスタグラムで手作りご飯など載せることも多いと思いますし、何と言ってもお米は日本人にとって主食と呼ばれるものなので、少しでも美味しく炊けたらうれしいでしょう。 需要の高い5合炊き炊飯器について、おすすめを紹介していきたいと思います。 5合炊き炊飯器のおすすすめな選び方 項目 選び方の解説 解説 加熱方式、炊飯方式 それぞれの加熱方式によって、炊き上がり方が違うので好みのものを探す。 圧力IH炊飯器、IH炊飯器、マイコン炊飯器、ガス炊飯器など 内釜の種類 好みの炊きあげの内釜を選ぶ。 鉄釜、銅釜、炭釜、土鍋など種類があり、構造は厚釜、多層釜、真空釜など 調理機能 たくさんの調理機能があるので、付いていてほしい調理機能が決まっていると候補を絞り込みやすい。 炊き分け、硬さ、蒸気の有無、パンが作れる、スマホと連動できるなど サイズやお手入れのしやすさなど 忘れてはいけないのがサイズやお手入れがしやすいかなど。 機能がたくさんなのにコンパクトなものや、お手入れしやすいようにカートリッジと内フタが一体化したものなどがある。 価格 合理的な価格かどうか 機能性と見合わせた時に欲しい価格かどうか 加熱方式の種類 加熱方式には様々な方式がありますが、大きく分けて以下の4つが現在の種類となっています。 IH炊飯器 キッチンなどに導入されているIHと同じ仕組みで、キッチンのIHコンロは底からの加熱ですが IH炊飯器はお釜全体にムラなく熱を伝えることができます。 保温機能も優れているものが多いそうです。 「圧力IH炊飯器」 基本的にIH炊飯器と同じ仕組みですが、そこに圧力により沸点を高くし、高火力で炊き上げる機能を加えているので、普通よりも温度が高く炊き上げられます。 なので美味しいご飯が炊き上がるのと、 冷めても比較的もちもちになったり、 玄米を 柔らかく炊けるそうです。 超音波で振動を与えて炊くものなどもあるそうです。 「マイコン炊飯器」 マイコン炊飯器の魅力は何と言っても 価格の安さです。 仕組みは底のヒーターから熱を釜に伝えます。 保温機能はあまり優れていませんが、ご飯が固めに炊き上がりやすいため、 固めのご飯が好きな方にはこちらが他の加熱方法より美味しく感じられることがあるようです。 「ガス炊飯器」 キッチンのガスコンロと同様にガスを炊飯器内に引き込み、直火の強い火力で加熱するという方式になります。 直火で炊くので 芯までふっくらとしっかり炊けます。 しかし自宅のガスの種類によっては使えるものと使えないものがあるので注意して選ばないといけません。 内釜の材質の種類と構造の種類 材質の種類は下記の4種類が代表的とされています。 鉄釜 発熱性が良いです。 特に目立った欠点がないので用いられやすいです。 銅釜 普通の鉄などよりも熱伝導力が高く早く均一に釜全体に熱を伝えられます。 炭釜 傷つきやすいので扱いには注意が必要ですが、遠赤外線効果と熱伝導率の高さで、短い時間でムラなく加熱できます。 土鍋 高い蓄熱性があるため、冷めにくいのがメリットです。 続いて構造の種類は、下記の3タイプに分類されます。 厚釜 その名の通り厚い釜のことですが、釜を厚くすることで熱を溜め込み炊き上げます。 多層釜 層の数は色々あり、色々な素材の組み合わせをすることで強い火力を伝えやすくしています。 真空釜 先に紹介した2種類に比べ軽いのが特徴です。 熱効率の高いタイプとなっています。 調理機能 様々な調理機能がありますので、これらについても代表的なものを中心に押さえておきましょう。 「炊き分け機能」 すし飯やカレーなど、作るご飯に合うように炊き分けられる機能です。 他にも玄米などに合った炊き分け機能がある炊飯器もあるので、「玄米にチャレンジしたいけれどもも、もっと美味しかったらな」という方にはおすすめの機能です。 「硬さを選べる」 人によって好みのお米の硬は違います。 お水で調整せずに炊飯器の機能で硬さを調整できれば、来客時などにも、お客様の好みに合わせた硬さでお出しできますし、あると嬉しい機能です。 「スマートフォンとの連動機能」 スマホを使い、炊飯設定や状況を設定することができます。 その他専用アプリに登録されているお米の銘柄であれば、 それぞれのお米に合った炊き方をしてくれたり、アプリ内にある五目ご飯などのレシピを選んで連動すれば、そのレシピに合った炊き方をしてくれる炊飯器もあります。 「パンや煮込み料理などが作れる」 中にはお米を炊く以外の機能を持ったものもあり、ボタン一つでお料理してくれる圧力鍋のようなものを手に入れたようなものでしょう。 この機能があればお料理のレパートリーも広がります。 蒸気の有無 なんと蒸気が出る、出ないを選べる炊飯器もあります。 出ないと言っても80パーセントくらいの蒸気をカットしてくれたりという機能だそうですが、家具の配置的にあまり蒸気の出て欲しくない方や妊婦でお米の炊けた匂いが苦手な方などにはあると嬉しい機能と言えるでしょう。 サイズや重さ、洗いやすさなど 自炊する方なら毎日使うものだと思います。 使う方もまだ女性が多いと思うのですが、いくら美味しく炊けてもあまりに重い釜だと洗うのが億劫になると思います。 せっかく高機能なジャーでも汚れていたら機能を発揮できなくなるでしょう。 そのため、実用的な重さや洗いやすさなど、使う人にとって使いやすいかどうかは、選ぶポイントの中でもとても大切だと言えるでしょう。 価格 機能性やデザインがすごくいいのに予想より安い炊飯器もあるでしょう。 そのような合理的な価格のものを見つけられるに越したことはありません。 コストパフォーマンスも重視しつつ、選んでいきましょう。 炊飯器の人気メーカー メーカー 特徴 タイガー 「魔法瓶」で有名なタイガー。 炊飯器のシリーズでは発売以降40年経った今でも 「炊きたて」が人気。 三菱電機 冷蔵庫などでも有名な三菱電機。 スタイリッシュなデザインの家電が多いイメージ。 象印 人気炊飯器ランキングで常に 上位にランクイン。 Panasoinc あらゆる家電で欠かせないメーカー。 安心して使えるイメージが強い。 アイリスオーヤマ 知名度が上がってきたのは最近だが、 安くて機能性のある商品が多い。 タイガー 新進気鋭のアイリスオーヤマ 上記の3つのメーカーは炊飯器でも有名ですが、色々と炊飯器について調べてみると、アイリスオーヤマの文字もよく目にします。 アイリスオーヤマの公式通販を見てみるとお手頃価格の炊飯器がたくさんあります。 炊飯器を検討する際にはぜひチェックしてみてください。 5合炊き炊飯器の総合おすすめ人気ランキング 炊飯器にはたくさんのメーカーがありますので、この記事では上記で紹介した4つのメーカーに限定し、総合ランキングを紹介したいと思います。 商品名 加熱方式 内釜の材質、構造 調理機能 お手入れのしやすさ 価格 1. タイガー圧力IHJPB-G102 炊きたて 2. 象印NP-VN10ーTA 3. アイリスオーヤマRC-MA50ーB 4. Panasonic SR-SPX107-RK 5. 商品 商品詳細 加熱方式 圧力IH 内釜の材質、構造 11層遠赤特厚釜、多層釜 調理機能 雑穀米、おこげ、おかゆ、玄米、おこわなど炊き分け機能が豊富 お手入れのしやすさ 内蓋、着圧キャップなどが簡単に取り外せる。 価格 これだけの機能とデザインで¥25,000前後 おしゃれでお米本来の甘みを引き出すジャー こちらのジャーはとてもおしゃれでスタイリッシュな外見です。 上記の表にも記載していますが、色々な調理機能が付いていて、 白米だけでも3種類の炊き分けができます。 釜も11層の高級釜を使用している上に お手入れもしやすいという意見も口コミで見受けられました。 調理コースで作った料理が美味しかった• マイコン式なのにお米が美味しい• 釜の厚さが良い マイコン式なのに重宝している方多数 やはりマイコン式だとあまり期待せずに使う方が多いようですが、美味しいお米を炊けたという意見や お料理も美味しくできたという意見が見受けられました。 豊富な5号炊き炊飯器 様々な炊飯器を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?購入検討時には、まず何にこだわって買うのか、何を優先して買うのかを決めておくことが良いでしょう。 炊飯器はご飯を炊くだけのものではなく、調理をしてくれたり、蒸し器を使わずに蒸し料理ができたりと多機能化してきています。 蒸し器などの 他の器具にお家のスペースも取られないので、うまく使いこなせば本当に便利なものと言えるでしょう。 この記事で紹介したものを参考に、ぜひベストな炊飯器を見つけてみてください。

次の