中年スーパーマン左江内氏。 中年スーパーマン左江内氏(ドラマ)のキャスト・あらすじは?

中年スーパーマン左江内氏

中年スーパーマン左江内氏

(こちらの作品から画像を引用しています) 最初の出会いは中公のSF全短編3巻 「征地球論」に収録されているのを読んだとき。 短編だらけの中で突然連作とも言える長さで(まあ、あの本の分厚さに較べれば微々たる量なんですが)、グイグイ読んだのを覚えている。 その本が手元から無くなっても衝動的に読みたくなったので、FFランド版の全一冊を近くの本屋さんで購入。 (思えばFFランドはどの本屋さんでも売れ残っていた…トホホ) そして、その一冊も何故か無くなり、気付いてみたらFFランドも全短編の3巻も(何故か3巻のみ)絶版になっていたので読めなくなってしまった。 読めなくなったら読みたくなるのが心情。 なので、yahooオークションなどを探してはいたが、割と良い値段が付いていたので踏ん切りが付かないままだった。 ついこの間まで。 ところが、古本屋さんで元祖単行本である双葉社版が結構おやすい値段で売っていたのを発見。 中公版よりも2話ほど多いのだから即購入! (再度『制地球論』を読み返してみると全話ちゃんと収録されていました。 お詫びして訂正いたします) そして、そのあまりにも面白く、あまりにもF汁が濃縮還元されているこの大傑作マンガを再読して、再びとりこになってしまいました。 と言うわけで、緊急特集として、 「中年スーパーマン左江内氏」の魅力を、個人的嗜好に従ってお送りしたいと思います。 ノリにのって、思わず高速道路を限界速度でぶっ飛ばしている状態のF氏が、時期的にもかなり脂がのりまくっている頃を良いことに、強烈な完成度で描き切っています。 なんせちゃんと最終回があるんですから。 先ず第一話の 「スーパーマン襲名」からして絶好調の滑り出し。 大体人生の敗北者然としたまるでそれらしくな人物から、ほぼのび太の先生と同ポジションのキャラデザの左江内氏にスーパーマンが襲名されると言う展開からして、もうF的には勝ったも同然。 「エスパー魔美」で高畑さんが「自分がエスパーなのでは?」と勘違いさせる展開を用意して、読者の視点をスムーズにかつ入念に作品世界へ誘う作劇方をみせてくれたF氏だが、ここではF氏入魂の「間」でがっちりと掴んでくれる。 ここからの「巧い」としか言いようのない納得力溢れる展開は見事の一言で、有名な 「はやい話あんたら二人とも酒の上の冗談としかきいてないだろ」 と言う極めてリアリティのあるセリフを混ぜ合わせてあくまでも、先代スーパーマンが左江内氏にその存在を信じさせるやり方が、そのまま読者を作品世界へ巧妙に誘い込むやり方にスライド。 これぞ 「日常の中の非日常」的演出の白眉でしょう。 しかも笑える。 F氏の感情移入法の最たるモノは 願望充足のリアリティである。 ドラえもんの道具はどれもこれも欲しいモノだし、どれもこれもこれがあったらこうするよなあと言う(一応のブレーキはあるが)リアリティのある行動だ。 そういう極めて共鳴度の高い行動や言動を登場人物がするから、F作品はどれもこれも面白くて普遍的なのだ。 それの延長線上に「夢やロマン」と言うモノが成り立つわけだ。 特にドラえもんは知名度が有りすぎるのと作品のイメージ戦略においてここら辺が取り違えられているのが残念なのだが、この作品にはそれほどの知名度がないしそんなものが出る前に終わっているので全編にそんな束縛がまるで垣間見られない。 元祖スーパーマンはクラーク・ケントの時にはメガネをかけており、アメリカ人にとってメガネはダメの証明。 こちらの左江内氏ときたら勿論メガネを外すわけがない。 正直ドラえもんの成功の一つの要因として、のび太がメガネをかけていると言う点があると思っている。 それぐらいメガネというのはキャラクター描写において重要な意味を持つ。 メガネをかけている限り、F氏のキャラは決して日常から外れはしない。 それにしても冷静に考えれば格好悪すぎるスーパーマンのタイツ姿とマントが、このメガネによってより強調されるこの純粋な面白さ。 そこまで具体的に言わなくても良いのに、過剰に説明口調なのは確信犯の臭いすらする。 この後もう一コマつかってまだ説明を続けながら後ろ姿で走っていく左江内氏もたまらない面白さなので必見。 そして、願望充足の観点から観てみると、サラリーマンがこの服の能力を手に入れたら最低限コレはする、週刊誌を読みながらの 通勤! 更に青年向けだからこそ許されるF氏のエロ魂。 男として中年として、ここ一番でバッチリかましてくれる左江内氏に喝采すら送りたいほどのネタ続出。 さあ、一挙公開。 割り込みをした一般人を、ほぼ八つ当たり状態で袋叩き。 後ろの青年も蒼くなって逃げ出す有り様。 ここでもメガネが効果的にホワイトアウトしての異色ブリが凄惨の一言。 そしてとどめのセリフ 「しかもわしはたしかに……暴力の快感に酔っていた!」 この話かなり煮えきれない(物語的には丸く収まるが)幕切れも含めて、この作品の持つギャグとダークの境界線をまざまざと読者に見せつける問題作。 上記一連のリンチ描写は本当に壮絶なので必読(擬音も含めて)。 「パーマン」や「エスパー魔美」でも描かれる、「なりたくて超人力持ったんじゃない」と言う至極まっとうな感情も左江内氏では直接的に描かれる。 それにしても下のコマの 屋上で衣装を着ながら延々と吹き出し3つもつかって毒づくあたり、あまりにも人間的だ。 そこれそこの作品の魅力の一つ。 そして、そういった中でも十一話の「あなたこそ正義のみかた」は、異色短編でもしょっちゅう描かれる、偏執狂的な正義漢が巻き起こす現実的すぎるイタい話だ。 平積みの雑誌の上にカバンを置く阿呆はこの世に結構居るが、それに激怒するのはいいが如何せん喧嘩が弱い人がメイン。 この人の言う事が誠に正論ではあるが度が過ぎているのが何ともリアル。 この人の 理屈でもって自分の憤懣を正当化しているあたりが強烈に現実味が有るんですね。 しかも言ってることは間違いじゃないと言うこの微妙さに左江内氏は裸足で逃げ出す。 この手の人は自分の中の怒りのやり場をそういう部分に向けている事で緩和させている訳ですが、「カイケツ小池さん」でも頭がおかしくなりそうな程イタイタしい「投書マニア」の小池さんを描いているF氏ですから、こういったキャラは実は十八番。 この飛躍がたまらなく恐い。 「この世から一掃してみせるぞ!! 」とキますからね。 小さな吹き出しで「やるぞ!!」ってわざわざ分けるところもただならぬモノを感じさせて素晴らしいです。 この話の顛末と、何故こうなったのかという抜群すぎるストーリーテリングは是非本編でお楽しみ頂きたい(ただ、手に入れにくいのがオバQ同様痛い…)。 そしてこの後、どんどんダークサイドに支配されていく物語に危機感を抱いたのかどうかは分かりませんが、哀しくてほろ苦くて感動的な最終回を迎えます。 全一冊ですが、物語のレパートリーの多さや、ギャグの質の高さや、それぞれの話のテーマのさばき方など、どれをとっても見事な作品です。 まさに作家F氏のピークとも言える作品群の一つだと思います。 このいたたまれ無さ抜群の話は第十二話にあるので要注意。 ただ、この後に待っている物悲しいが感動的な展開は是非読んでいただきたいです。 それにしてもスーパーマンを前にしてこれだけ理路整然と言い負かすこの母親像は、かなりフラストレーションが溜まりますが、このリアリティこそがこの作品の核なのです。 まあ、もっともどうも堅苦しいことばかりを取り上げてきましたが、そこはそれ、F氏の作品なので兎に角楽しめる事は保証付きです。 そしてその楽しさは他では味わえないF作品ならではのモノなのです。 そして、その面白さは脈々とFキャラたちに流れていくのです。 その確固たる証拠がこの人.

次の

中年スーパーマン左江内氏

中年スーパーマン左江内氏

2017年1月期に日本テレビ系で放送された俳優の堤真一さん主演の連続ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」特別編の第3弾が、日本テレビで5月23日午後3時から放送される。 今回は第7話と第8話を放送する。 ドラマは藤子・F・不二雄のマンガ「中年スーパーマン左江内氏」が原作。 堤さん演じる平凡な中年サラリーマンの左江内英雄がひょんなことからスーパーヒーローになってしまう……という展開。 脚本・演出は「勇者ヨシヒコ」「今日から俺は!!」などで知られる福田雄一さんが務めた。 第7話は、近所の平和を守っているものの、海外での痛ましいテロのニュースを見て無力感を覚える左江内。 酔った勢いで、池杉(賀来さん)にスーパーヒーローを引き継ぐといい、スーパースーツを手渡す。 そんな中、いくつかの銀行から次々と大金が消えるという事件が起こる。 嫌な予感がした左江内が池杉に問いただすと……というストーリー。 第8話は、左江内の父・茂雄(平泉成さん)が80歳の誕生日を迎え、左江内の実家でお祝いをすることになる。 そんな中、とあるビルから金が盗まれるという事件が発生。 左江内が現場へ向かうと、一足先に犯人を捕まえている人物と出会う。 それは、左江内と同じくスーパースーツを着て人々の危機を救っている桃子(永野さん)だった……という展開。 第4弾は5月30日午後2時55分から放送。

次の

浜辺美波、永野芽郁、本田翼、菅田将暉…『スーパーサラリーマン左江内氏』主演級ゲストがすごすぎる /2020年5月16日 1ページ目

中年スーパーマン左江内氏

「中年スーパーマン左江内氏」のあらすじ ストーリー さえない中年男がある日突然スーパーマンに? 主演:堤真一、その妻:小泉今日子という豪華キャストによる、地上波TV連続ドラマ化を記念し、全作品全カット完全収録の新装版で蘇ります。 出世とも浮いた話ともまるで無縁な、さえない中年サラリーマン左江内氏は、ある日先代スーパーマンに見込まれスーパースーツをしぶしぶ引き継ぎます。 日常の裏に隠れた、さまざまな人間模様を垣間見ながら、ささやかな希望をみつけ、ときには「正義」に疑問を感じ、思い悩む。 練り上げられた全14話は、どれも「SF・異色短編」に匹敵する深みを持った大人の珠玉のストーリーです。 連載は1977年『週刊漫画アクション』。 2017年は誕生40周年にもあたります。 左江内氏は、当時46歳だった藤子・F・不二雄とほぼ同年齢の主人公で、という立場も共通しています。 「エスパー魔美」、「ドラえもん」の連載も絶好調で、『コロコロコミック』も創刊されたばかりの時期に、読者層をさらにグンと広げた本作は、藤子・F・不二雄が漫画家としてノリにノっていた時期のまさに隠れた名作と言えるでしょう。 さえない中年男がある日突然スーパーマンに? 主演:堤真一、その妻:小泉今日子という豪華キャストによる、地上波TV連続ドラマ化を記念し、全作品全カット完全収録の新装版で蘇ります。 出世とも浮いた話ともまるで無縁な、さえない中年サラリーマン左江内氏は、ある日先代スーパーマンに見込まれスーパースーツをしぶしぶ引き継ぎます。 日常の裏に隠れた、さまざまな人間模様を垣間見ながら、ささやかな希望をみつけ、ときには「正義」に疑問を感じ、思い悩む。 練り上げられた全14話は、どれも「SF・異色短編」に匹敵する深みを持った大人の珠玉のストーリーです。 連載は1977年『週刊漫画アクション』。 2017年は誕生40周年にもあたります。 左江内氏は、当時46歳だった藤子・F・不二雄とほぼ同年齢の主人公で、という立場も共通しています。 「エスパー魔美」、「ドラえもん」の連載も絶好調で、『コロコロコミック』も創刊されたばかりの時期に、読者層をさらにグンと広げた本作は、藤子・F・不二雄が漫画家としてノリにノっていた時期のまさに隠れた名作と言えるでしょう。

次の