いつでも何度でも 歌詞。 井上あずみ いつも何度でも 歌詞&動画視聴

いつも何度でもの歌詞

いつでも何度でも 歌詞

スーパームーン、見られましたか? この超が付く月は2001年のもので、 下に見える波は、 大好きな大好きなホワイトハウス。 このふたつのコンビネーション作品は、 とても不思議な気持ちにさせてくれます。 以前にもここでお伝えしましたが、 「いつも何度でも」 という美しい楽曲がある。 これを聴けば聴くほど、 歌詞の意味を読み解けば読み解くほど、 その永遠に続く輪廻のような気流に乗り、 どこまでも透けるような清浄と、 全て悟ってしまったような優しさに包まれる。 さらにはメロディと精神の同化の深さに酔い、 しばし満たされている新しい自分に気づく。 その中身があまりにもすばらしいので、 この曲のことを人に伝えようとして、 「すばらしいのです。 特に歌詞が」 と言うのだが、ほぼ全ての人が、 「知ってますけど、歌詞の意味までは…. 」 この世界に入ることを直感的に拒まれてしまう。 「この世界」と書いたが、 自分は宗教家ではないので何も確信も持ってはいない。 さらに言うと、私もこの歌詞の意味がわからない。 できることなら作詞した人に直接伺ってみたい。 けど、しかし、いやきっと、 10年以上も聴き続けているし、 ここまで好きになった意味もあるだろうから 自分なりの解釈をここに書こうと思い立ったのが今朝。 まずはもう一度聴いてください。 これは作曲家の木村弓さんのオリジナル。 この楽曲は、 宮崎駿さんの映画 『千と千尋の神隠し』の主題歌となったことで、 私、そして多くの人に届いたメッセージです。 彼女は6歳のときに 『チェルノブイリ原子力発電所爆発事故』 によって被曝したという。 家族、友人、故郷。 そのさまざまな悲しみをナターシャが受けて、 そして背負ってきたのだろう。 ナターシャはこの歌詞の意味を深く知り、 その慈しみの解釈を入れて、 自身の人生と重ねつつ、さらには生と死の輪まで予感させ、 そして心を寄せて歌っているのがこちら。 初めてこのナターシャバージョンを聴いたときは涙が止まらなかった。 いまでも涙ぐんでしまうほどで、 音楽の持つ歓びと力強さを再確認させられた。 このすばらしい彼女の活動のサポートとなればと思い、 ここにナターシャ自主製作CDの販売リンクをおいておきます。 さて、 この歌詞の意味を自分なりに読み解いてみました。 まずこの詩で一番のキーワードとなるのが、 「さよならのときの静かな胸 ゼロになるからだが耳をすませる」 この一節でしょうか。 覚さんによると、 「この歌詞は12、3分程度で書き上げました」 とあって、 彼女にとってそういうこと(短い時間で完成すること) はとても珍しいことだそうです。 これを読み解くと、 それぞれの解釈がありますが、 この詩を貫くのは、 心 魂 神 愛 みたいな言葉で表現できると思います。 そして今までは、 この歌詞内の「ゼロ」は、 (=)死だと思っていたんです。 「そんなわけはない」 と一度ふりだしに戻し、ゼロという言葉を調べていくと、 インドの数のゼロが「シューニャ」だということを見つけました。 「覚さんは無意識のうちにこのゼロ、 つまりシューニャという単語を得たのではないか?」 そう推測してみると全ての説明が付いてしまった。 ここにその研究結果をおいておきますね。 まずはゼロ(0)はサンスクリット語で「シューニャ」。 このシューニャは仏教での概念であるのです。 同意語が「空(くう)」も意味しているとあった。 また「成長と繁栄を意味する動詞」でもあるそうで、 そこからこの詩を翻訳すると、 「さよならのときの静かな胸 新しくはじまったからだが耳をすませる」 となりました。 そして、 「さよならのとき」のラインがとても悲しいので気になります。 上にも書きましたが、 覚さんがこの箇所の作詞中に 「すごく大きなものとつながったことを感じました」 と言っていらして、 とするとこの場合の『さよなら』は、 じつは前向きな言葉なのではないか? と直感しました。 というのは詩の後半に 「悲しみの数を言いつくすより 同じくちびるでそっとうたおう」 とあり、 これは「今までのエゴや悲しみを持つ自分」 と決別できたのだと思うのです。 そして生きる、という生命哲学が成就した証に 「生きている不思議死んでいく不思議 花も風も街も みんなおなじ」 と生と死を達観し、 植物も無機質なものも人と同じように消失するとしています。 さらには大事なのが、 「消失と、今までの自身と決別できた結果」 として詩の中ごろに 「呼んでいる胸のどこか奥で いつも何度でも夢を描こう」 ここにこの作品のヘッドラインが完成しています。 だからこの詩の題名が『いつも何度でも』となっているのですね。 覚さんはきっとこの題名を『いつも何度でも夢を描こう』としながらも、 あえて『いつも何度でも』と後半部分を省略したのでしょう。 でもこの省略は、 「気づける人だけに気づいて欲しい」 という形の「このことはあえて言わないし、書きません」 というスタイルとなっているようです。 「閉じていく思い出のそのなかに いつも忘れたくないささやきを聞く」 前記した「今までのエゴや悲しみを持つ自分」 がここでリピートされています。 ただ、その前世の自分が持っていた 「大事な言葉」を新しくなる自分に残しておいてね、 という示唆があります。 その後すぐに 「こなごなに砕かれた鏡の上にも 新しい景色が映される」 ここでの鏡とは=自分のこと 新しい景色とは、上記した新人生でのものということですね。 そして詩の最後はこうして終わります。 「海の彼方にはもう探さない 輝くものはいつもここに わたしのなかに見つけられたから」 「海」=前世で見続けていた*ニライカナイ伝説。 (*ニライカナイ伝説=海の彼方にあるとされる理想郷。 沖縄県や鹿児島県奄美群島に伝わる他界概念) 海の向こうが理想郷ではない、そして、 「輝くもの」=心躍る新しい生き方 つまりわたしのなかに見つけられた=新しい生き方を獲得したということです。 この歌詞は「死の現実」と読み解かれることが多いようですが、 私流の解釈では、 できれば生きているうちに死を知って、 それを良い方向としてみたいというのが根本にあるのではないか、と。 まとめますと、この歌詞の意味は、 「 新しく人生をはじめて、いつも何度でも夢を見よう」 ということではないでしょうか。 いまを辛く、悩んでいる人、 そしてこの楽曲が好きな人たちが、 優しく、新しい人生が始められますように。 最新の記事• カテゴリー• 101• 1,713• 133• 2,133• 383• 936• 435• 446• 486• 1,029• 262• 1,306• 144• 424• 465• 837• 486• 295• 220• 178• 1,015• 106• 149• 265• 224• 106• 311• 142• 1,043• 256 アクセスの多い記事TOP5• Current Moon Phase New Moon The moon is currently in Leo The moon is 1 day old.

次の

いつも何度でもの歌詞

いつでも何度でも 歌詞

さんの歌う 『いつも何度でも』は、私の大好きな曲の1つです。 『いつも何度でも』歌詞の意味については、いろいろ解釈が異なるようですが、こちらのブログが秀逸でした。 この曲が生まれたプロセスなんかも、素敵ですね。 あのとき、勇気を出したから さんは高校時代からカに音楽留学し、ピアノや声楽を学んでいました。 しかし体調不良で歌うことを断念してしまいます。 そんなときに竪琴の一種である「ライアー」に出会い、また歌を始めることにしました。 そして木村さんは「」を見て、監督に共感を覚えます。 「この人の映画に私の声が合うかもしれない」と直感で思ったそうです。 でも木村さんの体調は不安定な状態でした。 結局迷ったまま数年が経ってしまいます。 どこかでいつも映画を意識していた木村さん。 ある日「」を映画館で観て涙が溢れてしまい、思いを宮崎監督に手紙で伝えました。 そのときにはご自身の歌を吹き込んだCDも同封されたそうです。 CDを聞いた宮崎監督から連絡があり、企画途中の「煙突描きのリン」という作品の話を聞かせてくれました。 イメージが膨らんだ木村さんは、まだ依頼されていないのに曲を作って宮崎監督に送ったそうです。 その曲が「いつも何度でも」です。 結局「煙突描きのリン」は形になりませんでしたが、少し後に木村さんに連絡が来ます。 宮崎監督は「前に聞かせてもらった曲を次の映画のEDしたい」というものだったのです。 「作り手と観客」だった2人が木村さんの勇気で繋がりが生まれ、こんなにもいい楽曲が生まれたんですね。 面白いことなんか何もない毎日。 何でこんなに退屈なんだろうと少女は思っています。 身の回りには勝手な大人。 上手くいかないことや悲しいことばかり。 だけどいつか自分を変えてくれる「誰か」が現れるんじゃないか……。 そんな夢を見ています。 人は間違うことがあります。 正しくないと分かっていても、つい弱い自分を許してしまう。 そんなときに空を見上げると、ただどこまでも青くて。 自分がいろいろ難しく考えすぎていたことに気づくのです。 引き返せないところまで来てしまったと思うかもしれませんが、思ったそこからやり直せばいい。 きみの両手は大切なものを掴むためにある。 歌がそう励ましてくれています。 に迷い込んだ少女が初めて身近に体験する「死ぬかもしれない」という感覚。 死んでしまったら心臓が再び動くことはありません。 そのことに呆然とし、空っぽになってしまった少女。 そこで初めて気づきます。 ただの風景だった草花も池の魚も、何もかもが「生きて」いるのだと。 自分がここにいるのも生きているから。 そしていつかは自分も「ゼロ」になる日が来る……。 それまでに自分が出来ることは何だろう。 少女の目の前が段々クリアになっていく様子が見えますね。 ちゃんと自分の中に『夢』を持っていることが大切なんだよ。 不安になることだってあるよね。 でも、不満を口にするくらいなら、落ち込んでいる友達のために歌ってあげよう。 きっと友達は喜んで、また一緒に笑えるようになるよ」 自分を呼び覚まそうとするこの声はどこから聞こえてくるんだろうと不思議に思う少女。 のたくさんの人と出会っていくうちに自分の中で眠っていた感情を取り戻していきます。 元の世界に戻るため、少女は両親が待っているトンネルに向かいます。 そのとき「決して振り返ってはいけないよ」と言われました。 少女も何となく感じています。 元の世界に戻ったら、のことを忘れてしまうかもしれない。 でも歩きながら、心に刻もうとするのです。 「忘れない。 たくさんのこと、出会った人たち、絶対に忘れたりしない」 でもその願いは叶わず、トンネルを抜けた少女の記憶からでの出来事は消えてしまいます。 朝が来るたび、人はリセットされる。 実際に体内時計が狂ってしまった人は朝に日光を浴びるとリセットされると言いますよね。 朝は、ダメかもしれないと思った自分をリセットするチャンスなのです。 一旦「ゼロ」にすれば空いた部分を「新しい何か」で充たすことが出来るようになります。 これまで少女は遠い場所にばかり目を向けていました。 場所が変われば新しい自分が始まるんじゃないか……。 自分が上手くいかないのを「環境」によるものと考えていたんですね。 でも少女は感じています。 これまでと自分が明らかに違っていることを。 変わった理由を覚えていなくても、自分の心の中に「何らかの芯」が備わったことを。 大切なことを見誤ったり、見ない振りをしてはいけない。 でももしも間違ってしまっても、やり直せばいい。 全てにおいて受け身で不満気だったの表情がすっかり明るくなっています。 技術として目に光が入れられているのですが、人の目は楽しいことに向かうときは瞳孔が開きます。 だからも、これから出会う新しいことや人に期待でワクワクして目が輝いているのですね。 冒頭のシーンで車の後部座席に背中を預けて面をしていた少女とはまるで別人です。 「」は10歳の少女・の冒険の物語です。 でもでは何日も経っていたのに、戻ってきたらまだ同じ日だったようです。 引越し途中だったの家族はまた車に乗り込み、新しい土地に車を走らせます。 新しい暮らしに学校、友達……。 忙しいはせっかくの経験を忘れてしまうでしょう。 でも大切なのはどれだけ明確に物事を記憶しているかではありません。 その経験から自分の心に根づいたものを見つけられるかどうかではないでしょうか。 nikimitama.

次の

今更ながら『いつも何度でも』の歌詞の意味を知り、癒される。

いつでも何度でも 歌詞

中盤以降では日本語で合唱しているので、本当に多くのフランス人が日本語のままでこの歌を愛していてくれている。 何というか、国境を越え、言葉を越え、同じものを感じてくれていることがうれしい。 そして終わった後の聴衆の拍手もまたうれしいね。 千と千尋の神隠し【いつも何度でも】ロシアのチェルノブイリで生まれたナターシャの歌で初めてこの歌詞の深い意味を知った この千と千尋の神隠し主題歌【いつも何度でも】は結構世界中で愛されているようで、ロシアのチェルノブイリで被災したナターシャがそれは見事に歌っている。 日本語も本当に上手だ。 チェルノブイリ原発事故当時、彼女は6歳で原発から3. 5kmのところに住んでいた。 「事故が起こったのは夜中だったので、ほとんどの人たちが、そんなに大きい事故が起きたとは知りませんでした。 そのため、次の日は普通に生活していました。 子供たちが学校に行き、お母さんたちが小さな子供たちを連れて、一日中外で遊んでいました。 そして、一日中目に見えない放射能を浴びていました。 事故のことを知らされたのは、その次の日でした。 「大したことが起きていません。 」 「でも念のために避難してください。 」 「三日間だけ避難してください。 」 「三日後に必ず帰ってきますので、荷物を持たずに避難してください。 」 そう言われて、私たちはみんな荷物を持たずに街を出てしまいました。 でも、三日経っても、1か月経っても、そして20年経ってもその街には戻ることがありませんでした。 子供のころ、毎日遊んでいた美しい森も、たくさんの思い出がつまった家も、放射能のせいで、壊されて、土の中に埋められました。 今そこには何にも残っていません。 かつて、命が輝いていた街は死の街になってしまいました。 あの恐ろしい事故で、私たちが失ったのは故郷だけではありません。 とってもたくさんの人が亡くなっています。 私の友達も、何人も亡くなっています。 そして当時、私と同じように子供だった人たちが、もう大人になり、結婚したり、子供を産んだりしています。 そして新しく生まれてくる赤ちゃんたちの健康にも、異常があります。 人間は忘れることによって、同じ過ちを繰り返してしまいます。 悲劇を忘れないでください。 同じ過ちを繰り返さないでください。 そう願って私は歌を歌っています。 この歌もそんな気持ちでお届けしたいと思います。 とってもかわいらしい曲なんですが、とても意味の深い歌詞をもっている曲です。 「いつも何度でも」 演奏は5分30秒付近から.

次の