スーパー ミニプラ コン バトラー v。 スーパーミニプラ 「超電磁ロボ コン・バトラーV」 レビュー

超電磁ロボ コン・バトラーV(テレビアニメ)

スーパー ミニプラ コン バトラー v

こんばんは 久々レビューしたtomoshooです。 照明一個増えました。 ということで今回は素組みレビューです。 紹介していくのはこちら!!! スーパーミニプラ 超電磁ロボ コン・バトラーV スーパーミニプラから、コン・バトラーVが立体化です!!! コン・バトラーVといえば、先日発売されたばかりのMINI ACTION版が記憶に新しいですよね。 まさか同じ年に、スーパーミニプラからも発売されるとは。。。 こちらが外箱。 黒白のデザインです。 上部は平面図的なデザイン。 中には内箱。 今回は全4種です。 パッケージデザインは共通。 反対側。 解説入りですね。 上部はロゴ。 まずは5機のマシンから。 MINI ACTION版とあえて同じ構図で撮ってます。 バトルジェット コン・バトラーVの頭部を構成する高速戦闘機。 操縦席部分はクリアパーツクリアパーツ付近の黄色い箇所は塗装。 それ以外はパーツ分割による色分けです。 反対側から。 本体には細かなディテールが入っていますし、 ブースターのディテールもあります。 両サイドから。 合わせ目消しくらいで十分そうです。 ほとんど目立たない裏側のディテールもあります。 色分けもしっかりされており、いかにも変形しそうなのですが。。。 実は変形はせず、完全に別パーツと差し替える方式です。 合体時はバトルジェット丸々余剰パーツとなります。 バトルクラッシャー コン・バトラーVの胸と両腕を構成する重爆撃機。 操縦席はクリアパーツ、それ以外はパーツ分割で色分けが再現されています。 反対側から。 後ろもディテールぎっしりつまってます。 両サイドから。 適度なディテール量がいいですね。 アクセント的に塗り分けるとかっこいいかも。 肉抜き箇所はない構造になっており、合わせ目消しだけで十分な仕上がりになりそうです。 こちらも目立ちにくい裏面のディテールも作り込まれてます。 コロ走行はできません。 バトルタンク コン・バトラーVの腹部を構成する重戦車。 メカめかしさがたまらないですね。 操縦席はもちろんクリアパーツで、色分けは全てパーツ分割で再現されています。 反対側から。 内部にもディテールあり。 2本のアンテナは連動してます。 両サイドから。 キャラピラの造形、パーツ分割がとてもよくできてて目立つ分割線とかないんですよね。 コロ走行はできないですが、造形はほんと良いです。 前方のパワーアームはそれぞれ独立して動きます。 腕の部分は別パーツで、格納時は取り外す必要があります。 バトルマリン コン・バトラーVの脚部を構成する潜水艇。 パーツ分割だけでここまで色分け再現されています。 操縦席付近の白いライン、クリアパーツの操縦席も細かく分割。 かなり小さな操縦席部分ですが、ここもきっちりクリアパーツ。 反対側から。 アングル的に見えないんですが、後方内部にもディテールがしっかりあります。 両サイドから。 側面はパーツ分割線がちょっと目立ちますかね。 バトルマリンは、バトルタンク輸送形態も再現可能です。 両側のハッチ的なものは別パーツになっています。 バトルクラフト コン・バトラーVの足を構成する小型万能マシン。 4箇所のクリアパーツに加え、小さいのにカラフルな筐体の色分けは全てパーツ分割です。 反対側から。 背面のブースターのディテールもあります。 上部のしいたけっぽいディテールもいいですね。 両サイドから。 タイヤは固定なので動きません。 前方のドリルの造形は、鋭く尖っているわけではないですがこのくらいなら満足です。 引き出し式で、クリアランスはちょっと硬めです。 裏側のディテールもしっかりとあります。 どの機体も裏側ちゃんと作り込まれてるのいいですね。 コン・バトラー V 5機のバトルマシンが合体して、コン・バトラーVに。 全身いろんなところが別パーツに差し替えられて変形します。 その分、プロポーションや造形はかなり完成度の高い仕上がりになっています。 反対側から。 キャタピラとか、いかにも変形しました!って感じですが、実は差し替えの別パーツです笑 すっきりとまとまっていて改修箇所も少なそうです。 両サイドから。 立ち姿は綺麗。 側面も適度な情報量です。 頭部のアップ。 頭部は完全に専用パーツです。 目、額のVは塗装による色分け。 それ以外はパーツ分割による色分け。 上半身のアップ。 頭部以外は塗装箇所無しですね。 シルエット的には問題なさそうですが、腕の合わせ目が目立つかなー。 下半身のアップ。 下半身は塗装無しでこの色分け。 造形はシンプルながら要所要所にアクセント的なディテールが入っており、良いバランスだと感じます。 上半身の可動域はこんな感じ。 頭部はボールジョイントと軸回転の2箇所で動きます。 肩関節も胴体側と片側それぞれ可動軸が備わっており、かなり上まで上がります。 ヒジは二十関節でぴったりくっつくくらい曲がります。 手首、胴体はボールジョイント接続です。 肩関節は上下だけでなく、前後にも柔軟に動きます。 武器を構えるときに生きる機構です。 お次は下半身の可動域について。 開脚はグワッと広め。 股関節は全て軸可動で保持力は強そうです。 前後もここまで動きます。 ヒザは90度程度曲がります。 足首はボールジョイント接続と軸可動の組み合わせで、 変形の恩恵もあり、前後に深く曲がります。 かなり踏み込んだポージングも可能です。 手首は握り手の他に、開き手が2種類、 どれも両手分付属します。 接続は全てボールジョイントです。 一通り紹介し終わったので、とりあえずポージング。 可動域はかなり優秀なので自然なポージングが可能です。 さらに変形してグランダッシャーも再現可能。 キャタピラの延長パーツや、車輪パーツを追加で取り付けることで完成します。 両サイドから。 もちろんコロ走行はないです。 お次は武器紹介。 まずはツインランサー。 2本付属し、両手に持たせることができます。 黒のラインは塗り分ける必要がありますね。 まずは二刀流でポージング。 逆手持ちも可能です。 2本を連結させることも可能です。 しっかりと固定されています。 なんか、武器を持っている手の形に少し違和感を感じます。 もっとしっかり握りしめて欲しかったな。 お次は超電磁ヨーヨー。 そのまま手に持たせることも可能です。 最近の子供はヨーヨーってわかるんですかね。 さらにクリア成型色のエフェクトパーツに取り付けて攻撃シーンの再現。 クリアパーツの造形、躍動感あってなかなか良いです。 2パーツ構成なので、V字にしたりできます。 付属のシールはこんな感じ。 ボリュームの割にはかなり少なめだと思います。 アクセントの赤や数字の色分け中心ですね。 紹介は以上です。 MINI ACTION版と色々比べられそうなスーパーミニプラ版コン・バトラーVでしたが、 住み分け的に MINI ACTION版は、「しっかり変形合体してちゃんと動くけど細かいところは荒いよ」って感じで、 スーパーミニプラ版は「各形態の再現度やクオリティ重視した分差し替えは多いよ」って感じ。 どちらもそれぞれの良さがあるなと感じました。 スーパーミニプラ版は、多すぎず少なすぎないディテールの情報量ですごく心地よかったです。 合体時の構造もしっかりしてる上によく動くのは、 やっぱり今までのノウハウが生かされてるんだろうなーと感じました。 MINI ACTION版は慎重に動かさないといけない箇所はいくつかあったので その辺りはスーパーミニプラ版の強みですね。 ただ、差し替えはかなり多いのでここは賛否が分かれるかなと。 MINI ACTION版で、差し替えほぼゼロでできることを証明できてしまっている分 そこに不満を感じる人は少なくないんだろうなーと思って遊んでました。 差し替えが多い分、 変形プロセスもMINI ACTION版ほどスムーズじゃないんですよね。 全く異なる会社から発売された2つのコン・バトラーV。 是非手にとって見比べてほしいですね。 ということで今回は以上です。 それでは〜ノシ Archive• 7 Category• カテゴリー• 114• 888• 156• 205• 174• 135• 107• 121• 590• 121•

次の

【スーパーミニプラ コン・バトラーV オプションパーツセット】素組みレビュー・改修個所洗い出し!

スーパー ミニプラ コン バトラー v

『超電磁ロボ コン・バトラーV』より、「スーパーミニプラ 超電磁ロボ コン・バトラーV(4個入)」と「オプションパーツセット」が登場! にて2019年8月20日(火)13時から予約受付開始です。 スーパーミニプラ 超電磁ロボ コン・バトラーV(4個入) 「バトルジェット」、「バトルクラッシャー」、「バトルタンク」、「バトルマリン」、「バトルクラフト」の5つのメカが1つに合体し、コン・バトラーVが完成します。 劇中活躍する各必殺技を再現するオプションパーツも付属。 さらにパーツの差し替えにより巨大戦車「グランダッシャー」への変形も可能です。 DATA スーパーミニプラ 超電磁ロボ コン・バトラーV(4個入)• セット内容: プラキット一式(全4種) 1. バトルジェット&バトルクラフト 2. バトルクラッシャー&ツインランサー 3. バトルタンク&超電磁ヨーヨー 4. バトルマリン 取扱説明書 シール ガム(ソーダ味)1個• 素材:プラパーツ…PS、ABS、MABS• 価格:7,920円(税込)• 2019年12月発送予定• スーパーミニプラ 超電磁ロボ コン・バトラーV オプションパーツセット【プレミアムバンダイ限定】 「スーパーミニプラ 超電磁ロボ コン・バトラーV」(別売り)に連動した、「ガレッガー」、「ビッグブラスト」、「超電磁スピン」などのオプションパーツがセットに。 さらに分離メカ状態と合体状態の両方でディスプレイできる専用台座も付属します。 DATA スーパーミニプラ 超電磁ロボ コン・バトラーV オプションパーツセット【プレミアムバンダイ限定】• セット内容: 組み立て式プラキット一式 1. オプションパーツセット シール ガム(ソーダ味)1個• 素材:プラパーツ…MABS、PS、ABS• 価格:3,520円(税込)• 2019年12月発送予定• 関連情報• 関連記事•

次の

バンダイ スーパーミニプラ 超電磁ロボ コン・ バトラーV レビュー

スーパー ミニプラ コン バトラー v

クリックできる目次• スーパーミニプラと超合金魂のコンバトラーV 左側が超合金魂、右側がスーパーミニプラ。 スタイルの違いは、合体方法の違いでしょうがないかもです。 超合金魂は5台のメカ(バトルマシン)がほぼそのまま合体しますが、スーパーミニプラは差し替えて合体させます。 その分スタイルもいいですし、関節の可動も大きめです。 関節の保持力も、軽いミニプラは安定していろいろなポーズが可能です。 ちなみにスーパーミニプラは2019年12月に「」「」につづいて3体目です。 ダンクーガを作って、楽しかったので「ザンボット3」「コンバトラーV」と買っちゃいました。 この記事のアクセスがよければ2つも紹介しようかな、と思ってます。 バトルジェット(1号機)は飛行形態と合体時の2つが用意されていていい顔しています。 横から見ても厚みがあっていい感じ。 背面もいい感じです。 バトルタンク(3号機)はキャタピラ差し替えです。 グランダッシャー 形態 超合金魂と並べました。 超合金魂はバトルタンク (3号機)のキャタピラとバトルクラフト(5号機)のタイヤが回って転がすことができます。 スーパーミニプラは保持力が素晴らしいです。 超合金魂はグラグラ。 youtube. それでは合体させていきます。 バトルクラッシャーが回転してバトルジェットと合体! (バトルジェットの翼を外して合体させてます) バトルタンクが地上から吸い寄せられて合体! (パワーアーム、キャタピラは外します) バトルマリンが合体 (コクピット部分は関節パーツに差し替えです) バトルクラフトが合体 (オレンジのパーツは合体用の関節パーツに差し替えです) 腕が展開 キャタピラが背面に移動 (小さなキャタピラに差し替え) 顔のシャッターが開いて合体完了! (実際にシャッターは開きません。 顔用パーツを使用します) コォォーーン バトラーー ブイッ! 動画 第1話 合体シーンから.

次の