墨俣 焼き芋。 大垣市推奨観光土産品|大垣・西美濃観光ポータル「水都旅(すいとりっぷ)」

岐阜県大垣市墨俣町墨俣の住所

墨俣 焼き芋

つぼの内部の温度は200度。 芋を熱源と離して蒸し焼きにするため、水分が飛んだり、皮の近くが焦げたりしない 大垣市墨俣町に、常滑焼(愛知県常滑市)のつぼを使った焼き芋店がある。 その名も「つぼ焼いも 岐阜総本舗 幸神(こうしん)」。 独特の「ねっとり系」の食感と甘みが特徴で、口コミで人気が広がり、週末には行列ができるほどに。 店主の古澤登さん(45)は「おいしい焼き芋を食べて、笑顔になってもらえれば」と、きょうも1本1本を丁寧に焼き上げる。 墨俣一夜城に近い県道岐阜垂井線沿い。 コテージ風の店の前に茶色い大型のつぼが並ぶ。 それらには「つぼ焼いもに本気で情熱注いでます」「良い炭と情熱だけで焼いてます」の文字。 ふたを開けると、縁に沿ってぐるりとつるされた芋が10本。 真下で炭が真っ赤に燃えている。 古澤さんが焼き芋店を始めたきっかけは、キッチンカーのイベントを企画していた4年前のこと。 軽トラックで焼き芋を売る男性と出会い、「あれこれ手を加えなくてもおいしく、若者からお年寄りまで人気がある。 体にもいい。 自分もやりたい」と思った。 「常滑焼のつぼで焼いたおいしい焼き芋を食べて、笑顔になってほしい」と話す店主の古澤さん=大垣市墨俣町で 「最も適した焼き方は?」とインターネットを検索していた時、常滑焼のつぼで焼いた焼き芋の記事が目に入った。 調べると、常滑焼職人で常滑市無形文化財保持者の前川賢吾さん(72)がただ一人、手掛けていることが分かった。 窯元を訪れると、前川さんは人の腕ほどの太さの粘土を積み上げる「ヨリコ造り」と呼ばれる伝統的な技法で、一つ一つを手づくりしていた。 その後も何度も通って芋をうまく焼くコツなどを教わり、昨年10月の開店に合わせ、高さ75センチ、直径60センチの焼き締めのつぼ7つを特注した。 つぼの中の温度は200度。 頃合いを見て、芋をひっくり返しながら1時間半から2時間をかけて、じっくりと焼く。 熱源と芋を離して蒸し焼きにするため、皮の近くが焦げたり、水分が飛んだりすることなく、うまみを十分に引き出すことができるという。 サツマイモは、「時期によって一番いいものを選んでいる」と古澤さん。 今は主に、収穫後に熟成させた茨城産の「紅はるか」と「シルクスイート」。 評判は徐々に広がり、平日で一日200本、週末は350本ほどが売れている。

次の

■■ ALLONS

墨俣 焼き芋

意外とお手軽に焼き芋が出来ます ダッヂオーブンといえば夏キャンプの定番。 アウトドア料理で活躍する便利なアイテムなわけです。 しかし夏を過ぎると倉庫の奥に仕舞い込まれて次の夏まで使うことはありませんでした。 しかもここ数年キャンプもBBQもすることもなく、出番が全くありません。 今回はふとした思いつきで石焼き芋を作ってみることにしました。 ダッジオーブンを点検すると錆もなく全くの正常。 炭は面倒なのでカセットコンロを使用するとして、あと必要なのは「石」。 ネットで探すと「石焼き芋用石」が売ってるものの案外高いし、直ぐには手に入らない。 どうしたものかと思ってホームセンターに行き見つけたのが「洗い那智玉石(小)」。 再び調べてみるとこれで正解のようです。 ちなみに一袋15キロで1200円。 多過ぎるけど残りは庭に使用するのでオッケとします。 さて、早速スーパーでさつま芋を買ってきます。 ところが、欲しかった品種が小粒しか無いんですね。 今回は検証なのでこれで良しとしておきます。 今回用意した道具。 カセットコンロにダッヂオーブンを乗せただけ。 BBQ時には炭を使いたいものです。 中に石を敷き詰めて充分にプレヒートさせておき、 その上に芋を半分埋めるような感じで並べます。 途中芋をひっくり返しつつ、中火でそのまま50分。 竹串で刺すと簡単に刺さるので完成です。 割るとこの通り、外の皮はパリッと焼けて中はホクホク。 アツアツのうちに食べると、すごーく甘いです。 続けて第二弾も投入し、今度は30分程度で様子を見るとオッケ。 石が充分に焼けている間は焼き上がりが早いみたいです。 芋の予想以上の出来に調子づき、 近くのコンビニで冷凍ピザを買ってきました。 流石に石の上に直接置くのも気が引けたので、 アルミ箔を円盤状に整形してその上に置きました。 時間がさっぱり分からないので10分おきに様子を見ても 表面上の変化がわかりません。 結局30分焼いて取り出すと、底部分が焼けすぎてクリスプ状態。 表面は焼けてるもののやや足りない感じ。 下からの熱は充分だったようですが、上からの熱が足りなかったようです。 ピザを焼く場合はむしろ上からの熱が必要みたいです。 次に試すときは炭を用意して蓋の上に乗せてみようかと思います。 でもまぁ、何とかなりましたね。 お手軽なダッヂオーブンの使いみちが増えました。 冬の寒い時こそ石焼き芋が美味しそうです。 使用用途に関わらず無断使用(転載及び画像直リンク、無断引用を含む)を禁止します。 ただし、私的及び公用サイトで商用目的(広告及び販売等)以外の用途で使用を希望される場合はその都度許可検討致しますので事前にご連絡願います。 当サイトに掲載されている写真を無断で使用された場合、写真1枚につき10万円を請求させて頂きます。 管理者への連絡は使用希望写真があるページのコメントをご利用ください。 当方より折り返し連絡致します。

次の

『この蜜のような焼き芋は何❓。ソフトクリームも濃厚でした。(岐阜県大垣市墨俣町)』by gol78 : つぼ焼きいも 幸神

墨俣 焼き芋

【特長】遠赤外線効果のある石焼。 石器は熱に強く、割れにくい、特殊な石を使用しております。 石器が加熱されますと、表面から遠赤外線が放射され、それが食物の内部に浸透して味の内包効果をおこさせ、水分分離や組織分解せず食物を均一に焼きあげます。 特に焼肉の場合、焦げず、煙が出ず、油が飛び散らず、匂いも出ないといった特長があります。 油煙や匂いが殆んど出ませんので高級料理店・ホテル・レストラン・食堂・一般家庭などで、お部屋を汚す心配がありません。 安心して御使用ください。 石器ですので、調理器に匂いがつかず、手入れがカンタンです。 使用中でも石器の上に水をたらし、フキン等で拭き取ると、きれいに汚れが落とせます。 又,使用後はスポンジ等でカンタンに落ちます。 【使用方法】石という天然素材ですから、金属食器に比べて高温になるま で多少時間がかかりますが、一度温まると冷めにくく、保温力があります。 重い蓋が素材から出る水気を逃さないから少量の水分で素材本来の深い味わいを存分に引き出します。 食材から出る水分を逃さず循環させるおいしさを閉じ込める魔法の鍋。 200V電磁調理器をご使用の際は急激な加熱を避け、火力は中程度でご使用ください。 優れた密閉性内圧がかかりやすく熱や蒸気を逃がしにくくするために蓋は重めに設計されています。 そのため少ない水分でも調理ができ食材の旨みや栄養素を保持した料理を実現します。 内側には焦げ目もしっかり付けられるマットホーロー加工を施してあります。 焦げ目を付けたあとにしっかり煮込めるのでいつもの料理がさらにおいしく仕上げられます。 旨みの秘密は蓋の突起に重い蓋に閉じ込められた蒸気は食材の旨みを残したまま鍋の中で対流します。 突起はこの蒸気を受け止め水滴に変えて旨みを鍋に戻します。 石器は熱に強く、割れにくい、特殊な石を使用しております。 石器が加熱されますと、表面から遠赤外線が放射され、それが食物の内部に浸透して味の内包効果をおこさせ、水分分離や組織分解せず食物を均一に焼きあげます。 特に焼肉の場合、焦げず、煙が出ず、油が飛び散らず、匂いも出ないといった特長があります。 油煙や匂いが殆んど出ませんので高級料理店・ホテル・レストラン・食堂・一般家庭などで、お部屋を汚す心配がありません。 安心して御使用ください。 石器ですので、調理器に匂いがつかず、手入れがカンタンです。 使用中でも石器の上に水をたらし、フキン等で拭き取ると、きれいに汚れが落とせます。 又,使用後はスポンジ等でカンタンに落ちます。

次の