襷カウンター 剣盾。 【剣盾S3】凡人でも3桁行けたルカリオ入り構築【最終780位・レート1963】

【最終65位&80位】襷カウンターエスバ軸対面構築×攻めサイクル【ポケモン剣盾S7シングル】|キラ|note

襷カウンター 剣盾

こんにちは。 【初めに】 シーズン3お疲れ様でした。 今シーズン私は終盤2桁順位を記録することが出来ました。 しかし、その後思うように勝てなくなってしまったため最終日にを一体変更するというちょっと思いきったことをしてみました。 結果、持ち堪えることは出来たのですが、あまり上には続かず、、、 それでも初の2桁順位、一応前期より最終順位が更新できたことはまあ満足しています。 (欲を言えばもっと高順位で終わりたかったですが) なので、64位達成時のパーを紹介しつつ、最後におまけで追加したを紹介したいと思います。 【構築経緯】 初手にックスをきり圧倒し、相手に無理矢理ックスをきらせることで、技の追加効果を一方的に受けることを拒否する戦い方が強いのではないか、と考えた。 ックスエースとして、ダイジェットをタイプ一致で撃てるとアーマーガアを採用。 ックスをきらないとして、使用感のよかった襷をストッパーに採用。 もう一体の対面駒としてを採用。 ウオノラゴン、、系統に対して 型次第では 打ち合えるスカーフ、を採用して完成。 草結びは水ポケや意識。 原子の力はやヒトム意識。 荒らし範囲を広めるために悪巧みではなくフルアタでの採用。 元々珠で使っていた個体の流用だが、フルアタなので雑にチョッキを持たせたがまあまあ硬い。 後半はあくびを透かしたり、不意の電磁波などを防げるラムのみを持たせていた。 しかし、弱保アタッカーを警戒されることが多かったり、打点が飛行技しかなく、系統にめっぽう弱いことから最終日に外される。 代わりに入ったインテレオンについては後述。 こいつ強い。 岩封によるs操作、襷からの威力300技、先制技持ち。 対面性能もかなり高く、相手のックスをじたばたで返すこともできる。 なんならエアスラや滝登りは怯みが怖いのでックス技を打ち返したい。 ドラパは苦手。 今回のMVPはこのおじさんにあげたい。 なぜ、襷カウンターや襷のではなく襷じたばたなのかと言うと、読まれたくなかったから。 は襷の他にも、スカーフ、ラム持ち、、ダイジェット、など型にある程度多様性があります。 またカウンターなどは1度跳ね返したら終わりですが、じたばたは後攻技ではないので素早さが勝っていれば次のにも撃てる強みもあります 後攻技ではないので素早さ関係が分からず上からじたばたをしてしまう可能性もある。 あとは、"が使いたかったから"です。 元々アッキを使っていて、物理との殴り合いでは確かにいい性能をしていたが、特殊相手では持ち物が無駄になってしまうこと、耐久にを割いてしまう分火力不足が否めないこと、皮で行動保証のあるにックスを切りたくなかったことからスタンダードなを採用した。 アッキはックスすると火力不足を補えてかなり強かった。 ドレパンを持つとダイスチルに勝てる はず。 誰か研究してください。 分かりやすくスカーフを警戒してドラパを牽制してくれたと信じてる。 やに投げたり。 そもそも役割対象が減少傾向にあり比例してサザンの選出もほぼ無かった。 のックスは個人的にはかなり強いと思うので蜻蛉よりラスカの方がよかったかもしれない。 あまり選出しないので関係ない。 正直どの辺の相手にジャイロのダメージ変わるのか分からない。 なんならこの記事を書いている今、鍛えていたことを知った。 ミラーに強い鉄壁ボディプレスなので最遅にする必要はないと思う。 もちろん、鍛える必要も無い。 水の一貫のあるパーティに刺さる。 技範囲もそこそこある。 ダイジェットも撃てる。 このは水タイプには手が出ないので、キッスの技を草結びにして、インテレオンかキッスのどちらかで荒らすイメージで組んだ。 技が難しく、対面あくび警戒で身代わりから入りたいと感じる時もあったが削る技が見つからずこのまま使い続けた。 激流と身代わりの相性もいいので強いのではないかと思う。 誰か研究してください。 hpが10n-1なのは命の珠を持たせようと思っていたからです。 はい、が持っていました。 このパーティの弱いところです。 アタッカーにボコされまくりました。 がに強くないからです。 は瞬間火力に対してはじたばたで削りを入れられますが、じわじわダイスチルされると手も足も出ません。 炎技がなければで削る。 鋼技がなければで削る。 あくび型ならを絡めたり、ダイフェアリーをうったり、柔軟に立ち回らなければいけないです。 ドラパルトに対してもが弱く、ストッパーになり得ないので他ので上手く立ち回る必要があります。 ただ地味に、キッス、、の三体は無効タイプが多くクルクル回すと相手のックスを枯らせたりします。 ただ択ゲーになりかねないので注意は必要です。 また、相手のラスイチを予想して、のhpをとっておくか、のhpをとっておくか判断することも勝率に関わってくると思います。 【後語り】 前半で述べたように、自身初の2桁順位を取れたのでよかったです。 xy、と対戦を始めて最高レート1950程度でした。 sm、usmではソフトを持ってはいたのですがほとんど遊んでおらず剣盾で復帰しました。 今までよりはいい順位をとれたり、昔見ていた実況者とマッチングして勝つことが出来たり、なんとなく感慨深いシーズンだった気がします。 就活をしなければいけないので来期?今期?はほぼ潜るつもりはありません。 節目前に自分なりにある程度の結果が出せてよかったと思います。 みなさんは巨大と頑張って戦ってください。 軽くランクマ3戦したら1勝2敗でした。 対戦ありがとうございました。 さようなら。

次の

【剣盾シングルS8レンタル】鎧の孤島環境純正受けループ

襷カウンター 剣盾

どうも、しんま13です。 ポケモンソードシールドのランクマッチシーズン2が終わってしまったわけですが、皆さんは順位はどのくらいでしたでしょうか? 僕は最初しかやっていなかったので最高2200位、最終1. 8万位くらいでした(だめだめやん) もっと強くなりたいものです・・・。 さてさて、シーズン2最終日に使ったのが今回紹介する奇襲型のマニューラです。 マニューラは結構面白い技を覚える上に、環境にいないポケモンなので行動が相手に読まれないという優位性があります。 それではどうぞ。 マニューラの基本スペック(種族値や特性など) 画像引用元: まずはマニューラの基本スペックをみてみましょう。 マニューラの育成論 HP 70 攻撃 120 防御 65 特攻 45 特防 85 素早さ 125 :タイプ 悪・氷 :特性 プレッシャー :夢特性 わるいてぐせ 合計種族値は510。 攻撃と素早さが高い俊足アタッカー。 悪氷タイプ故に弱点が多く、格闘タイプの技は4倍弱点となっています。 しかし元々耐久がないポケモンなので、気合いの襷を持たせて運用していくスタイルが基本のため、弱点の多さはそこまで気にしなくていいと個人的に思っています。 相手の襷は氷の礫でケア。 実にシンプルな型ですね。 エースバーンなどもカウンターを憶えますが、エースバーンは環境によくいるポケモン故にカウンターは読まれやすく、その点マニューラは現環境で使っている人がいないためにカウンターを警戒されることはほぼありません。 この点に関しては以前紹介したカウンターウソッキーと役回りが似ていますね。 ウソッキーと決定的に違うのは、 マニューラは高い攻撃力と素早さを兼ね備えているため、アタッカーとしても使っても普通に強いということ。 タイプ一致の氷技のつらら落とし、先制技氷の礫、音系の技を無効化にするどくづき。 普通に殴っても強い型なのです。 マニューラの役割対象 このマニューラでカウンターでカモれる相手はざっと以下の通り。 (環境に多くいるポケモンだけを対象にしています) ・ヒヒダルマ ・ドリュウズ ・ギャラドス ・カビゴン ・エースバーン ・アイアント ・ウオノラゴン ・パッチラゴン ・ドサイドン 上記の通り、環境によくいる物理アタッカーのほとんどがマニューラのカモです。 特に圧巻の攻撃力を誇るヒヒダルマ、ウオノラゴン、パッチラゴンをカウンターでしばき倒せるのが強い。 実際僕がカウンターマニューラを作った理由がヒヒダルマをぶっ倒すためです。 この型のマニューラの弱点 襷カウンターで物理アタッカーをしばき倒すという仕様上、ステルスロックを入れられるとカウンターが活きなくなります。 そのため初手でステロを撒いて起点を作ってくるカバルドン、サダイジャ、ナットレイなどが相手のパーティにいた場合、選出は考えた方がいいかもしれません。 そしてこのマニューラ最大の天敵はドラパルトです。 ドラパルトはゴーストタイプなのでカウンターが通じない上に、タイプ有利とはいえ上からドラゴンアローを打たれたら襷が貫通されてしまいます。 (素早さはドラパルトの方が早い) 一応Aに全振りしたドラパルトのドラゴンアローは確定で1発耐えますが、いのちたま、こだわり鉢巻を持っている場合確定1発で落とされます。 耐久無不利ドラパであれば、こっちのつらら落としで確定1発、氷の礫で2発で落とせます。 (HP全振りドラパでもつらら落とし乱数1発) しかし仮に相手が大マックスしてきた上に、弱点保険持ちだと一気に形勢逆転されるので、様々な可能性を考慮するとドラパルト対面ではあまり突っ張りたくはないです。 (とはいえ引けない場合は突っ張るしかない) バンビーさんも同じ型のマニューラを使っていた 本当に偶然ですが、自分がこのカウンターマニューラを作ったその日に全く同じカウンターマニューラをポケモン実況者のバンビーさんが動画に上げていました。 バンビーさんのような実力を兼ね備えた方もこのマニューラを使っていたので、その実力は折り紙付きだと思います。 まあ動画での活躍は微妙でしたが・・・。 剣舞型マニューラも強いぞ カウンターの枠を剣の舞に変えた「剣舞型」マニューラも強い。 元々攻撃力が高いので剣舞をしなくても十分に強いのですが、剣舞をすることによってさらに高い打点を叩き出せるようになるので、もし剣舞するスキがあったら剣舞して全抜きすることも十分可能です。 おわり 自分はこのカウンター型マニューラをシーズン2のランクマッチ終盤で使っていて、汎用性が高い型なので選出率はかなり高めでした。 そしてマニューラは自分の期待以上のポテンシャルを発揮してくれていました。 ランクマッチ最終日はこんなパーティで潜ってた。 最終1. 8万位だったから結果は出せてないけどw — しんま@ポケモン垢 d5NhVSD8TUjUneF (自分はどくづきの枠を猫騙しで使っていたけどどう考えてもどくづきに変えた方がいいです) どんな物理アタッカーが相手でもカウンター1発で破壊できるので使ってて気持ちがよかったです。 シーズン3もこの子を使ってランクマッチに挑みます。 ではでは。 以上、【ポケモン剣盾】奇襲マニューラで相手をめちゃめちゃにしろ【育成論】... でした。 youkenwoiouka.

次の

【ポケモン剣盾】机上論最強トリトドン【ネタ育成論】

襷カウンター 剣盾

オーロンゲの壁張りでサポートからのトゲキッスのわるだくみダイマックスで、ポットデスのからやぶバトンからのダイマックスパッチラゴンで全抜きを狙いに行けます。 ブラッキーはあくびで相手を流したり、相手のダイマックスターンを消費させる起点作りとして活躍が可能です。 オーロンゲ特性「いたずらこころ」で 先制して壁を張れるのが優秀ですが、読まれることが多いため、相手の先制攻撃封じも可能なイエッサンなどもおすすめです。 単体で強力な2体が組んで弱い訳がなく、攻撃的なテンプレ構成での 対面構築から、ドラパルトが おにびで起点を作り、ミミッキュの剣舞から全抜きを狙う 積み構築など、コンビながら型は様々です。 パーティに入れ得の最強タッグ 前提として対策が必須になるこの2体は、パーティに入れるだけで 相手の選出を強烈に誘導できます。 そこからある程度投げられるポケモンを読みやすく、そこに対してカウンターになるポケモンを用意しておけば、選出段階から有利を取れるパーティに入れ得のコンビと言えます。 バンギラスの《すなおこし》でドリュウズの《すなかき》を発動させ、あらゆるポケモンを上から殴ります。 通称:バンドリ 性質上「アーマーガア」を投げられる可能性が非常に高いため、対策となるロトム、高火力の炎技を打てるポケモンなどを残りの1枠として選出したいところです。 単体性能が高く、偽装でも使われる バンギラスがドリュウズのサポーターとしてだけでなく、単体としての性能が凄まじいため、「さらさらいわ」を持たせて砂役になるだけでなく、「 弱点保険」で自身が抜きエースとして機能することもできます。 また、ドリュウズも、環境上ミミッキュ、ロトムが非常に多いため、特性をすなかきではなく「かたやぶり」を採用する型も多いです。 バンギドリュウズの並びだからとはいえ、 一概に戦法が読めないのも強力な部分になります。 そこで物理耐久振り 鬼火祟り目ドラパルトを投げ、ミミッキュの機能停止&祟り目でそのまま仕留めます。 また、同じく環境トップメタのドラパルトはブラッキーでほぼ完封することができ、 ドラパミミッキュの並びに強いタッグともいえます。 また、環境にいる多くの物理アタッカーも見ることができます。 ブラッキーの苦手なかくとう技をドラパルトで空かせる点や、ドラパルトでは受けが効かない対象は、ブラッキーで受けやすい点なども高相性です。 通称:ロンゲキッス 後ろの抜きエースが積み技 剣舞、悪だくみなど を使用できるタイミングを作り、ダイマックス技の能力上昇も合わせて全抜きを狙う積み構築です。 抜きエースは高耐久で高火力のポケモンが望ましい オーロンゲは、起点作成次第倒れる前提で立ち回るため、数的不利な状況で積みエースに繋ぐことになります。 残っている相手のポケモン3体を全抜きができるエースは、壁込で耐久力が高く、且つ 《火力》《素早さ》《技範囲》が優秀なポケモンである必要があります。

次の