グランプリ シリーズ アメリカ 大会。 ISUグランプリシリーズ

ネイサンチェンの最高得点は?グランプリシリーズ・アメリカ大会から今後の展望は?|トレンドポップ

グランプリ シリーズ アメリカ 大会

概要 [ ] 2011-2012シーズンの。 シニアクラスのとは異なり、開催地は毎年変わる。 今シーズンは、、、、、、の7大会、及びで開催された決勝大会・で構成された。 各国のフィギュアスケート統括団体が選抜した選手が出場し、男女、、競技を行った。 ただし、ペアが行われたのは7大会中4大会のみである。 大会日程 [ ] 大会名 開催地 日程 JGPボルボ杯 , 2011年8月31日-9月4日 JGPブリスベン , 2011年9月7日-11日 JGPバルティック杯 , 2011年9月14日-18日 JGPブラショフ杯 , 2011年9月21日-25日 JGPオーストリア , 2011年9月28日-10月2日 JGPワルテル・ロンバルディ杯 , 2011年10月5日-9日 JGPタリン杯 , 2011年10月12日-16日 , 2011年12月8日-11日 ペアは7大会のうちボルボ杯、バルティック杯、オーストリア、タリン杯でのみ行われた。 また、ファイナルはシニアのと同時開催された。 出場資格 [ ] 各国・地域に対し出場枠が与えられ、出場選手は各国・地域の統括団体が決定する。 ファイナルを除く各大会には、1選手 組 につき2大会まで出場できる。 なお、男女シングル及びアイスダンスでシニアクラスのグランプリシリーズに参加する選手 組 は、当ジュニアグランプリには出場できない。 ペアの場合のみ両方に参加することが可能である。 シリーズ出場枠 [ ] の結果に基づき、次の通り各国・地域に割り当てられた。 下記にかかわらず、大会の開催国は自国の選手を3名 組 まで出場させることができる。 男女シングル [ ] 条件 出場枠 各国・地域から出場した選手のうち 最上位選手の成績を比較し、12位までに 該当する国・地域 1-3位の国・地域 7大会すべてに2名ずつ 4-6位の国・地域 7大会すべてに1名ずつ 7-12位の国・地域 6大会に1名ずつ ここまでに割り当てられた出場枠を使用しない国・地域がある場合、各大会ごとに 空いた枠数を超えない限りで、上位4-6か国・地域に順に1枠ずつ出場枠が追加される。 上位12か国・地域以外でに進出した選手が所属する国・地域 5大会に1名ずつ の順位が25-30位の選手が所属する国・地域 4大会に1名ずつ 予選に参加した選手が所属する国・地域 3大会に1名ずつ 前年度の世界ジュニア選手権に参加しなかった国・地域 2大会に1名ずつ ペア [ ] 条件 出場枠 各国・地域から出場した選手のうち最上位選手の成績を比較し、 5位までに該当する国・地域 4大会すべてに3組ずつ 上位5か国・地域以外でFSに進出した選手が所属する国・地域 4大会すべてに2組ずつ その他の国・地域 4大会すべてに1組ずつ アイスダンス [ ] 条件 出場枠 各国・地域から出場した選手のうち 最上位組の成績を比較し、12位までに 該当する国・地域 1-3位の国・地域 7大会すべてに2組ずつ 4-6位の国・地域 7大会すべてに1組ずつ 7-12位の国・地域 6大会に1組ずつ ここまでに割り当てられた出場枠を使用しない国・地域がある場合、各大会ごとに 空いた枠数を超えない限りで、上位4-6か国・地域に順に1枠ずつ出場枠が追加される。 上位12か国・地域以外でに進出した組が所属する国・地域 5大会に1組ずつ に進出した選手が所属する国・地域 4大会に1組ずつ 予選に参加した選手が所属する国・地域 3大会に1組ずつ 前年度の世界ジュニア選手権に参加しなかった国・地域 2大会に1組ずつ 出場枠一覧 [ ] 各国・地域の開催国枠を除いた出場枠は、以下の表の通りである。 出場枠 男子シングル 女子シングル ペア アイスダンス 大会ごとに3名 組 ずつ 大会ごとに2名 組 ずつ 大会ごとに1名 組 ずつ 上記以外の国・地域 6大会に1名 組 ずつ 5大会に1名 組 ずつ 4大会に1名 組 ずつ 3大会に1名 組 ずつ 2大会に1名 組 ずつ 上記以外の国・地域 上記以外の国・地域 上記以外の国・地域 ファイナル出場資格 [ ] JGPボルボ杯からJGPタリン杯までの7大会(ペアは4大会)の順位に応じて選手に得点が与えられ、合計得点上位6選手 組 がジュニアグランプリファイナルの出場資格を得る。 順位 男女シングル ペア・アイスダンス 1位 15点 15点 2位 13点 13点 3位 11点 11点 4位 9点 9点 5位 7点 7点 6位 5点 5点 7位 4点 4点 8位 3点 3点 9位 2点 - 10位 1点 - 複数の選手 組 が同点で並んだ場合は最高順位の高い選手 組 が、さらに最高順位も同じだった場合はスコア合計の高い選手 組 が出場資格を得る。 上位6選手 組 の中に辞退者が出た場合は、獲得ポイント7位以下の選手 組 が繰り上がる。 なお、ジュニア及びシニアクラスのグランプリシリーズに参加したペアが、その両方でファイナル進出の資格を得た場合は、シニアクラスのファイナルに出場しなければならない。 競技結果 [ ] 決勝成績 [ ] 決勝成績については「」を参照 シリーズ成績 [ ] 男子シングル [ ] 順位 名前 大会ごとの得点 得点 合計 最高 順位 スコア 合計 1 15 15 30 1 425. 23 2 15 15 30 1 410. 12 3 15 13 28 1 410. 12 4 15 13 28 1 369. 78 5 15 13 28 1 357. 70 6 13 11 24 2 366. 34 以上決勝進出 7 13 9 22 2 371. 28 8 13 7 20 2 347. 25 9 9 11 20 3 348. 23 以上補欠 以下省略 女子シングル [ ] 順位 名前 大会ごとの得点 得点 合計 最高 順位 スコア 合計 1 15 15 30 1 355. 56 2 15 15 30 1 311. 01 3 11 15 26 1 302. 06 4 13 13 26 2 305. 32 5 13 13 26 2 304. 59 6 9 13 22 2 289. 49 以上決勝進出 7 11 11 22 3 299. 80 8 11 11 22 3 290. 49 9 13 7 20 2 305. 44 以上補欠 以下省略 ペア [ ] 順位 名前 大会ごとの得点 得点 合計 最高 順位 スコア 合計 1 and 15 15 30 1 319. 22 2 and 15 13 28 1 282. 70 3 and 13 15 28 1 280. 26 4 and 13 13 26 2 294. 07 5 and 9 11 20 3 272. 33 6 and 9 11 20 3 262. 13 以上決勝進出 7 and 7 11 18 3 252. 91 8 and 11 0 11 3 251. 75 9 and 3 7 10 5 250. アイスダンス [ ] 順位 名前 大会ごとの得点 得点 合計 最高 順位 スコア 合計 1 and 15 15 30 1 291. 41 2 and 15 15 30 1 284. 27 3 and 11 15 26 1 264. 44 4 and 15 11 26 1 253. 18 5 and 13 13 26 2 244. 25 6 and 11 13 24 2 255. 03 以上決勝進出 7 and 13 11 24 2 253. 25 8 and 11 13 24 2 252. 93 9 and 13 11 24 2 242. 72 以上補欠 以下省略 各大会成績 [ ] 男子シングル [ ] 大会名 金 銀 銅 JGPボルボ杯 JGPブリスベン JGPバルティック杯 JGPブラショフ杯 JGPオーストリア JGPワルテル・ロンバルディ杯 JGPタリン杯 JGPファイナル 女子シングル [ ] 大会名 金 銀 銅 JGPボルボ杯 JGPブリスベン JGPバルティック杯 JGPブラショフ杯 JGPオーストリア JGPワルテル・ロンバルディ杯 JGPタリン杯 JGPファイナル ペア [ ] 大会名 金 銀 銅 JGPボルボ杯 and and and JGPバルティック杯 and and and JGPオーストリア and and and JGPタリン杯 and and and JGPファイナル and and and アイスダンス [ ] 大会名 金 銀 銅 JGPボルボ杯 and and and JGPブリスベン and and and JGPバルティック杯 and and and JGPブラショフ杯 and and and JGPオーストリア and and and JGPワルテル・ロンバルディ杯 and and JGPタリン杯 and and and JGPファイナル and and and 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

2011/2012 ISUジュニアグランプリシリーズ

グランプリ シリーズ アメリカ 大会

nathanwchen がシェアした投稿 — 2019年 3月月24日午後10時04分PDT ネイサンチェン選手は、 現在のショートとフリー合わせた総合得点と、 フリーの世界最高得点の保持者です。 その得点は、 323. 42点。 その点数だけ聞いても、どれくらいすごいのかということは想像がつきにくいかと思いますが、オリンピック2大会連続で金メダルを獲得している 羽生結弦選手ですらまだ届かない点数なのです。 ネイサンチェン選手は、この 世界最高得点を2019年3月に日本で行われた世界選手権でたたき出し、優勝しました。 ショートプログラムでジャンプを完璧に成功させたうえ、加点も大幅に得てショートプログラム2位だったジェイソン・ブラウン選手に10点以上の差をつけて、翌日のフリーに臨みました。 母国開催である羽生結弦選手からしたら、何としてでもフリーで巻き返してタイトルを獲りたいという気持ちがあったでしょう。 それを感じさせるように、羽生結弦選手もフリーでは気迫のある演技を披露したものの、ショートプログラムに続きフリーでもノーミスの素晴らしい演技をしたネイサンチェン選手には勝てなかったのです。 この世界選手権の 羽生結弦選手とネイサンチェン選手の演技は、稀にみる激闘の試合だったと言われています。 今後も語り継がれる試合でしょうし、今後の2人の演技にも引き続き注目していきたいですね。 2019年12月に行われたグランプリファイナルで、これまでの世界最高得点が更新されました。 ショートプログラム首位に立ったネイサンチェン選手が、フリーでも素晴らしい演技を披露し 335. 30点という高得点をたたき出したのです。 これにより、2019年3月の世界選手権でマークしていた自身の持つ世界最高得点を約12点上回り、新たに世界最高得点を更新しました。 ネイサンチェン選手は、ショートプログラムもフリーも完璧な演技をしてこの点数をたたき出しましたので、今後この点数を上回るのはそう簡単ではありません。 次に世界最高得点を塗り替えるのは誰か、注目が集まります。 ショートプログラムの世界最高得点は? 前述のように、ショートプログラムとフリーの総合得点とフリーの得点の世界最高得点の保持者は、ネイサンチェン選手です。 では、ショートプログラムの世界最高得点保持者は誰なのか、気になりますよね。 現在の世界最高得点保持者は、羽生結弦選手なのです。 フィギュアスケートのグランプリシリーズロシア大会。 16日の男子シングルのショートプログラムで、「氷上の王子様」羽生結弦が今シーズンの世界最高得点を更新する110. 53をマークした。 — China Xinhua News XHJapanese ネイサンチェン選手は世界最高得点の保持者であることは変わりありませんが、完全な世界最高得点ではないのです。 こういった面から見ても、 ネイサンチェン選手と羽生結弦選手は良きライバル関係であることがわかりますね。 羽生結弦選手が持つショートプログラムの世界最高得点は、 110. 53点で 2018年のグランプリシリーズ・ロステレコム杯でマークしたものです。 グランプリシリーズ2018・ロステレコム杯の羽生結弦選手のショートプログラムでは、4回転サルコーと4回転トゥーループからのコンビネーションジャンプ、そしてトリプルアクセルというジャンプ構成での、世界最高得点でした。 それに対し、ショートプログラムの世界最高得点2位がネイサンチェン選手で107. 40点を出しており、これは2019年3月の世界選手権のショートプログラムでマークしたものでした。 つまり、3月に世界選手権が行われたときには、 ネイサンチェン選手がフリー・総合得点で羽生結弦選手を上回ったものの、ショートプログラムだけは羽生結弦選手の持つ点数を塗り替えることができなかったのです。 ネイサンチェン選手は、世界選手権のショートプログラムで4回転ルッツと4回転トゥーループのコンビネーションジャンプ、そしてトリプルアクセルを完璧に成功させて107. 40点という点数でした。 つまり、 ジャンプ構成だけで見るとネイサンチェン選手の方が技術点では羽生結弦選手を上回っています。 しかし、羽生結弦選手は1つ1つのジャンプで軸や幅、着氷の仕方が美しく、ジャンプを跳ぶ前にもステップを踏んでそのままジャンプを跳ぶなど工夫を凝らしていますので、その分加点で多くの点数を稼ぐことができます。 また、スケーティング技術もわずかながら羽生結弦選手の方が高い得点をマークしていました。 そういった点では、ネイサンチェン選手もまだまだ改善できる余地はあるということで、今後羽生結弦選手のもつショートプログラム世界最高得点を塗り替えられる可能性も十分あります。 12月6日にグランプリファイナル2109の男子フリーが行われ、ネイサンチェン選手が 110. 53点という高得点をたたき出しました。 kiikosokyon がシェアした投稿 — 2019年12月月6日午前5時45分PST それにしても、2~3年前までは、100点を超えたらすごいと言われていたのに、ネイサンチェン選手も羽生結弦選手もそれを大幅に超える点数を叩きだしていて、すごいですね。 今後どこまでショートプログラムの点数を伸ばしていけるのか、非常に楽しみです。 ネイサンチェンの最大の武器は? ネイサンチェン選手の 最大の武器は、やはり4回転ジャンプでしょう。 ここ数年で、男子フィギュアスケート界では4回転ジャンプが必須になってきており、跳べる選手も増えてきましたが これだけ多くの種類の4回転ジャンプをコンスタントに跳ぶことのできる選手は、まだネイサンチェン選手くらいであると言っても過言ではないでしょう。 ネイサンチェン選手は、これまでの試合で4回転ループ以外の4回転ジャンプを成功させています。 それに対し、 羽生結弦選手は4回転フリップには挑戦したことがありませんし、4回転ルッツは以前挑戦していたものの4回転ルッツの練習中に怪我をしてしまった以降は、試合では組み込んでいません。 ネイサンチェン選手はトリプルアクセルが苦手と言われていますので、ネイサンチェン選手にとっては4回転ジャンプのほうが簡単に感じているのかもしれませんね。 ネイサンチェンのグランプリシリーズでの順位は? ネイサンチェン選手は、2019-2020シーズンのグランプリシリーズで 第1戦のアメリカ大会と第3戦のフランス大会に出場しました。 そこでネイサンチェン選手は、見事な滑りを披露し 2戦とも優勝して1番乗りでグランプリファイナルへの出場を確定させたのです。 自国開催となった第1戦のアメリカ大会では、ショート・フリーともに1位となり、総合得点で2位と40点以上も差をつける大差で、なんと 大会三連覇を達成しました。 ネイサンチェン選手にとって2戦目となったフランス大会でもその勢い止まらず、ショート・フリーともに1位で 総合優勝を果たしています。 フリーでは、ジャンプ7本中4本で4回転ジャンプに挑み、2本のトリプルアクセルを成功させました。 このような構成は、現在の男子フィギュアスケート選手でいうと、ネイサンチェン選手しかいないでしょう。 ネイサンチェン選手は、グランプリファイナルで現在二連覇しており、 今のグランプリファイナルを制すれば三連覇達成となります。 ショートプログラムでは、羽生結弦選手を押さえて首位に立ったネイサンチェン選手。 翌日のフリーでどのような結果になるのかにも注目したいですね。 フリーが終わり、グランプリファイナル2019の優勝者が決定しました。 結果は、ショートプログラムで首位に立っていたネイサンチェン選手がフリーでも圧巻の演技で優勝し、これによってネイサンチェン選手がグランプリファイナル三連覇を果たしました。 フリーで逆転優勝が期待されていた羽生結弦選手は、4回転ジャンプを5本成功したもののトリプルアクセルの予定が抜けてしまうなど、完璧な演技とはいかず最終結果も2位に終わりました。 3位は、フランスのケビン・エイモズ選手でした。 グランプリファイナルでのネイサンチェン選手の連覇を食い止めることができなかった羽生結弦選手は、何としてでも来年こそグランプリファイナルでのタイトル奪還を目標の1つとしてくるでしょう。 来年のグランプリファイナルも、この2人の熾烈な闘いから目が離せません。 ネイサンチェンの今後の展望は? ネイサンチェン選手は、現在グランプリファイナルで2連覇しており、 世界選手権のタイトルも獲得しています。 そう考えると、次はもちろん オリンピックのタイトルも狙っていることでしょう。 2018年の平昌オリンピックでは、フリーで素晴らしい演技を披露したものの、ショートプログラムでのミスが響いてしまい、 羽生結弦選手のオリンピック二連覇を阻止することはできませんでした。 ネイサンチェン選手はまだ20歳ですので、引退を考えるのにもまだ早いと感じます。 オリンピックで金メダルを取るためには、やはり4回転ジャンプは不可欠です。 それに加え、スケーティング技術や表現力といった面でもネイサンチェン選手はまだまだ改善の余地があります。 人間は、5回転ジャンプまでは物理的に跳ぶことができている、と言われています。 現在、既に4回転ジャンプも少し余裕をもって跳ぶことができているネイサンチェン選手ですので、今後もしかしたら5回転ジャンプに挑戦していくかもしれませんね。 日本男子勢は羽生結弦選手のみの出場となってしまいましたが、 今大会でもネイサンチェン選手と羽生結弦選手の一騎打ちになるのではないかと見られています。 今シーズン、4回転ジャンプを含めてジャンプが非常に安定しているネイサンチェン選手は、好調を保ったままグランプリファイナルに臨めるでしょう。 しかし、羽生結弦選手も今シーズンはジャンプが安定しています。 グランプリファイナル三連覇を狙うネイサンチェン選手と、何としてでもグランプリファイナルのタイトルを取り返したい羽生結弦選手の演技がとても楽しみです。 しかし、もちろん注目はネイサンチェン選手と羽生結弦選手だけではありません。 この2人の他には、ケビン・エイモズ選手、ボーヤン・ジン選手、ドミトリー・アリエフ選手そしてアレクサンドル・サマリン選手が出場します。 どの選手も、グランプリシリーズに2戦出場して上位に入った選手です。 試合は何が起こるかわかりませんので、ネイサンチェン選手と羽生結弦選手が特に注目されていますが、 誰が優勝してもおかしくはありません。 初日のショートプログラムでは、羽生結弦選手が4回転のコンビネーションでミスをしてしまい、点数に伸び悩みました。 一方のネイサンチェン選手は2本の4回転ジャンプに加え、トリプルアクセルも成功させ首位に立ったのです。 しかし、羽生結弦選手もここで引き下がるような選手ではありません。 フリーはネイサンチェン選手も羽生結弦選手もどのような演技を魅せてくれるのか、今年のグランプリファイナルは間違いなく見応えのある大会になるでしょう。 【2019年グランプリファイナル後追記】 前述のように、グランプリファイナル2019の最終結果はネイサンチェン選手の三連覇、逆転優勝が期待されていた羽生結弦選手は惜しくも2位に終わりました。 ネイサンチェン選手の演技の直前の滑走だった羽生結弦選手も、1つジャンプの抜けがあったものの素晴らしい演技を披露し、演技後には観客からの歓声とプレゼントのプーさんが大量に投げ込まれていました。 しかし、ネイサンチェン選手はその光景を目の当たりにしても冷静でした。 ネイサンチェン選手は、プログラムに5本の4回転ジャンプを組み込み、そのうち後半に2本を跳ぶ構成で本番に臨み、見事全てのジャンプを成功させました。 しかし、ネイサンチェン選手は決して満足しているわけではありません。 試合後のインタビューでは、「最後はガス欠になってしまったので、もう少しスタミナの強化に取り組む必要がある」と語っていました。 世界選手権に引き続きグランプリファイナルでも優勝を逃してしまった羽生結弦選手ですが、「ライバルがいることで自分も頑張れる」と語っていましたので、ネイサンチェン選手という存在がいることがフィギュアスケートを続けるモチベーションとなっているのでしょう。 次にネイサンチェン選手と羽生結弦選手が同じ試合に出るのは、おそらく2020年3月の世界選手権でしょう。 次の対決も楽しみですね。 まとめ• ネイサンチェンが持つ世界最高得点は、323. 42点である。 ショートプログラムの世界最高得点は、羽生結弦選手が持つ110. 53点である。 ネイサンチェンの最大の武器は、4回転ジャンプである。 ネイサンチェンは、グランプリシリーズ2019のを制している。 ネイサンチェンはオリンピックのタイトルを取るべく、4回転ジャンプに加えスケーティング技術や表現力などをさらに磨いていく必要がある。 グランプリファイナル2019では、ネイサンチェンと羽生結弦の一騎打ちが予想されており、ショートプログラムではネイサンチェン選手が首位に立った。

次の

2011/2012 ISUジュニアグランプリシリーズ

グランプリ シリーズ アメリカ 大会

2019-2020年シーズン ISU選手権 2020. 16〜2020. 22 2020. 03〜2020. 09 2020. 20〜2020. 26 グランプリシリーズ 2019. 05〜2019. 08 2019. 22〜2019. 24 2019. 15〜2019. 17 2019. 08〜2019. 10 2019. 01〜2019. 03 2019. 25〜2019. 27 2019. 18〜2019. 20 チャレンジャーシリーズ 2019. 04〜2019. 07 2019. 14〜2019. 17 2019. 30〜2019. 03 2019. 18〜2019. 20 2019. 11〜2019. 13 2019. 25〜2019. 28 2019. 19〜2019. 21 2019. 17〜2019. 22 2019. 13〜2019. 15 2019. 12〜2019. 14 2018-2019年シーズン ISU選手権 (日本) 2019. 11〜2019. 14 (日本) 2019. 18〜2019. 24 (アメリカ) 2019. 04〜2019. 10 (ベラルーシ) 2019. 21〜2019. 27 グランプリシリーズ (カナダ) 2018. 06〜2018. 09 2018. 23〜2018. 25 2018. 16〜2018. 18 2018. 09〜2018. 11 2018. 02〜2018. 04 2018. 26〜2018. 28 2018. 19〜2018. 21 チャレンジャーシリーズ (クロアチア) 2018. 05〜2018. 08 (エストニア) 2018. 26〜2018. 02 (オーストリア) 2018. 11〜2018. 18 (フィンランド) 2018. 04〜2018. 07 (ドイツ) 2018. 26〜2018. 29 (カナダ) 2018. 20〜2018. 22 (スロバキア) 2018. 19〜2018. 22 (イタリア) 2018. 12〜2018. 16 (アメリカ) 2018. 12〜2018. 16 (タイ) 2018. 01〜2018. 05 2017-2018年シーズン オリンピック (韓国) 2018. 09〜2018. 25 ISU選手権 (イタリア) 2018. 19〜2018. 25 (台湾) 2018. 22〜2018. 27 (ロシア) 2018. 15〜2018. 21 グランプリシリーズ (日本) 2017. 07〜2017. 10 2017. 24〜2017. 26 2017. 17〜2017. 19 2017. 10〜2017. 12 2017. 03〜2017. 05 2017. 27〜2017. 29 2017. 20〜2017. 22 チャレンジャーシリーズ (クロアチア) 2017. 06〜2017. 10 タリントロフィー2017(エストニア) 2017. 21〜2017. 26 (ポーランド) 2017. 16〜2017. 19 (ベラルーシ) 2017. 26〜2017. 29 (フィンランド) 2017. 06〜2017. 08 (ドイツ) 2017. 27〜2017. 30 (スロバキア) 2017. 21〜2017. 23 (カナダ) 2017. 20〜2017. 23 (イタリア) 2017. 13〜2017. 16 (アメリカ) 2017. 13〜2017. 17 2016-2017年シーズン ISU選手権 (日本) 2017. 20〜2017. 23 (フィンランド) 2017. 27〜2017. 02 (韓国) 2017. 14〜2017. 19 (チェコ) 2017. 25〜2017. 29 グランプリシリーズ (フランス) 2016. 07〜2016. 11 2016. 25〜2016. 27 2016. 18〜2016. 20 2016. 10〜2016. 13 2016. 04〜2016. 06 2016. 27〜2016. 30 2016. 21〜2016. 23 チャレンジャーシリーズ ゴールデンスピン2016(クロアチア) 2016. 07〜2016. 10 タリントロフィー2016(エストニア) 2016. 19〜2016. 25 (ポーランド) 2016. 17〜2016. 20 (フィンランド) 2016. 06〜2016. 09 (スロバキア) 2016. 29〜2016. 01 (カナダ) 2016. 28〜2016. 01 (ドイツ) 2016. 22〜2016. 24 (アメリカ) 2016. 15〜2016. 18 (イタリア) 2016. 08〜2016. 11 2015-2016年シーズン ISU選手権 (アメリカ) 2016. 26〜2016. 03 (台湾) 2016. 16〜2016. 21 (スロバキア) 2016. 25〜2016. 31 グランプリシリーズ (スペイン) 2015. 09〜2015. 13 2015. 26〜2015. 29 2015. 19〜2015. 22 2015. 12〜2015. 15 2015. 05〜2015. 08 2015. 29〜2015. 01 2015. 22〜2015. 25 チャレンジャーシリーズ ゴールデンスピン2015(クロアチア) 2015. 02〜2015. 05 (ポーランド) 2015. 26〜2015. 29 タリントロフィー2015(エストニア) 2015. 17〜2015. 22 アイスチャレンジ2015(オーストリア) 2015. 27〜2015. 01 (ブルガリア) 2015. 20〜2015. 25 (ロシア) 2015. 15〜2015. 18 (フィンランド) 2015. 08〜2015. 11 (スロバキア) 2015. 01〜2015. 03 (ドイツ) 2015. 23〜2015. 26 (アメリカ) 2015. 16〜2015. 20 2014-2015年シーズン ISU選手権 (日本) 2015. 16〜2015. 19 (中国) 2015. 23〜2015. 29 (韓国) 2015. 10〜2015. 15 (スウェーデン) 2015. 26〜2015. 01 グランプリシリーズ (スペイン) 2014. 10〜2014. 14 2014. 27〜2014. 30 2014. 20〜2014. 23 2014. 13〜2014. 16 2014. 06〜2014. 09 2014. 30〜2014. 02 2014. 23〜2014. 26 チャレンジャーシリーズ ゴールデンスピン2014(クロアチア) 2014. 04〜2014. 07 (ポーランド) 2014. 20〜2014. 23 アイスチャレンジ2014(オーストリア) 2014. 11〜2014. 16 (ラトビア) 2014. 05〜2014. 09 (カナダ) 2014. 14〜2014. 17 (フィンランド) 2014. 09〜2014. 12 (スロバキア) 2014. 02〜2014. 04 (ドイツ) 2014. 24〜2014. 27 ロンバルディアトロフィー2014(イタリア) 2014. 18〜2014. 21 (アメリカ) 2014. 11〜2014.

次の