から 揚げ 丼 たれ。 からあげ丼の人気レシピを紹介!たれを工夫して美味しくアレンジ!

てりたれの作り方と活用レシピ5品。しょうゆとみりんの万能たれ。

から 揚げ 丼 たれ

てりたれの作り方 まずは基本の『 てりたれ』の作り方からご紹介します。 かけるだけで簡単においしい丼ものが出来る万能たれです。 材料 作りやすい分量 しょうゆ 100ml みりん 200ml しょうゆ:みりん 1:2 の分量で作ります。 作り方 1、しょうゆとみりんを鍋に入れ、そこに割り箸をたてて割り箸にあとを付ける。 割箸につけた後は、分量の確認に使います。 2、火にかけ、先ほどの割り箸についた量の半量になるまで約20分間ほど煮詰める。 時々アクを取り、半量になったら完成です。 日持ちがするので、多めの作っておいて清潔な保存瓶などに入れて保存するのもおすすめです。 続いてこのてりたれを使ったおすすめのレシピをご紹介します。 豚丼 1つ目はあさイチでも話題になった『 豚丼』です。 豚バラしゃぶしゃぶ肉を使うと簡単においしくできますよ。 材料 1人分 ごはん 1膳分 豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用) 60g てりたれ 大さじ2 ガーリックパウダー 適量 粗びきブラックペッパー 適量 作り方 1、まず油を引かずに肉を炒める。 2、お肉に火が通ったら、ガーリックパウダーとブラックペッパーを振り、ごはんにのせる。 3、お好みで野菜も乗せて、てりたれを上から回しかけたら完成です。 豚バラ肉のうまみとたれが最高によく合う1品です。 我が家でも大人気のメニュー。 5分くらいでできるので、時短にもおすすめ。 天かす温玉丼 2品目はご飯に海苔、天かす、温泉卵を乗せてたれをかけた新感覚の卵かけごはん『 天かす温玉丼』です。 さっと作れるので、お夜食にも。 2、その上に温泉卵をのせ、上から天かすをかける。 3、最後に刻んだ大葉やブロッコリースプラウトなどをのせ、上からてりたれをかけて完成です。 ホースラディッシュが決め手になるので、あれば用意してください。 ネットでも売っていますよ。 ステーキ丼 こちらもホースラディッシュとたれの組み合わせがおいしいレシピ。 ステーキのお肉は安いものでOKです。 その後バターを熱したフライパンでお肉を焼く。 2、肉に火が通ったらとりだし、残ったバター汁にたれ・酒を入れ煮詰める。 海苔を手でちぎってごはんの上にのせて、その上にステーキを乗せる。 最後に煮詰めたソースをかけて、ホースラディッシュを添える。 小口切りにした細ねぎをのせたら完成です。 和えるだけなので火も使わずとっても簡単。 お正月の残りの数の子でぜひ。 てりたれとホースラディッシュ、やきのりがあればすぐにできてしまう丼レシピ、是非お昼ご飯の簡単メニューとして活用してみてはいかがでしょうか。 ホースラディッシュは現在チューブタイプも発売されているので、チューブタイプだと保存や使用に便利ですよ。 ホースラディッシュはわさびよりも鼻にぬけないため、わさびが苦手な方でも食べやすい食材です。 少し添えるだけでボリューミーなステーキなどもさっぱりといただくことが出来ます。 是非作ってみて下さいね。 おすすめ関連記事 当サイト『』ではその他にも万能調味料のレシピをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。 こちらもおすすめです。

次の

からあげ丼の人気レシピを紹介!たれを工夫して美味しくアレンジ!

から 揚げ 丼 たれ

【材料】• 鶏もも肉:400g• 溶き卵:10g• 片栗粉:40g• 塩・こしょう:少々• おろししょうが:大さじ1• めんつゆ:大さじ2• サラダ油:適量• A長ネギ:20g• Aめんつゆ:50cc• A酢:50cc• A砂糖:大さじ1• Aごま油:小さじ1 【作り方】• 鶏もも肉を一口大に切ります。 ボウルに鶏もも肉、塩、こしょう、おろししょうが、めんつゆを入れます。 よく揉んで20分以上漬け込みます。 溶き卵と片栗粉を入れよく揉み込みます。 鍋にAの調味料を入れて混ぜ火にかけます。 5の鍋にごま油と長ネギを入れてよく混ぜます。 5の砂糖が溶けたら火を止めます。 ボウルにネギソースと入れ唐揚げをからめます。 どんぶりにご飯を盛って、唐揚げをのせたら出来上がりです。 【材料】• 冷凍唐揚げ:適量• 青ネギ(盛り付け用):適量• にんにく:一かけ• ごま油:適量• A鶏がらスープの素:小さじ1• A醤油:小さじ1• A水:200cc• 水溶き片栗粉:適量• ご飯:適量 【作り方】• 冷凍唐揚げを電子レンジで温めます。 玉葱と白ネギはそれぞれみじん切りにします。 青ネギ(盛り付け用)は輪切りにします。 にんにくはみじん切ります。 フライパンにごま油を入れてにんにくを炒めます。 白ネギを入れて炒めます。 Aの調味料を入れて煮ます。 水溶き片栗粉を入れてとろみを調整します。 どんぶりにご飯を盛り唐揚げをのせます。 餡をかけて青ネギをのせたら出来上がりです。 【材料】• 冷凍唐揚げ:適量• 卵:1個• マヨネーズ:適量• 水:適量 【作り方】• 冷凍唐揚げを電子レンジで温めます。 ボウルにAの調味料を入れてかき混ぜます。 フライパンに冷凍唐揚げとAを入れ絡めながら炒めます。 ボウルに卵と卵がかぶるくらいの水を入れ、電子レンジの500Wで50秒温めます。 卵が温まったら水を捨てます。 どんぶりにご飯を盛り、レタスをのせて真ん中を空けるように唐揚げを盛ります。 真ん中に卵を盛り、上からマヨネーズをかけて出来上がりです。 【材料】1人分• からあげクン:3~4個• レタス:適量• A醤油:大さじ1• A砂糖:小さじ1• Aみりん:大さじ1• A水:大さじ1• マヨネーズ:適量• 焼きのり:適量• ご飯:適量• 卵:1個• 水:適量• 白ごま:適量 【作り方】• レタスを千切りにします。 からあげクンを電子レンジで軽く温めます。 耐熱カップに卵を入れてかぶるくらいの水を加えます。 黄身に楊枝でに穴を開けます。 ラップをかけずに1分レンチンして温泉卵を作ります。 フライパンにAの調味料を入れて沸騰させます。 からあげクンを入れて絡めます。 どんぶりにご飯を盛りレタスをのせます。 唐揚げをのせ中央に温泉卵を置きます。 マヨネーズ、焼き海苔、白ごまをトッピングして出来上がりです。 【材料】• 鶏もも肉:1枚• にんにく(チューブ):大さじ1• 塩:適量• こしょう:適量• 片栗粉:適量• サラダ油:適量• Aマヨネーズ:大さじ1• Aケチャップ:小さじ1• A一味唐辛子:適量• A塩・こしょう:適量 【作り方】• 鶏もも肉を一口大に切り、ビニールに入れます。 鶏もも肉に、にんにく(チューブ)、塩、こしょうを入れてよくもみます。 Aの調味料を合わせてソースを作ります。 鶏もも肉に片栗粉を入れよくもみます。 オーロラソースに揚がった鶏もも肉を入れ絡ませます。 どんぶりにご飯を盛り、唐揚げをのせて出来上がりです。 【材料】• 鶏レッグ(生):1本• 塩:少々• こしょう:少々• 卵:1個• 片栗粉:大さじ3• 一味唐辛子:適量• 水:30cc• A酢:大さじ3• Aすき焼きのたれ:大さじ2• A豆板醤:大さじ1• A輪切りの唐辛子:適量 【作り方】• 鶏レッグに切り込みを入れ、塩・こしょうをします。 鶏レッグをビニール袋に入れ、溶き卵と水を入れます。 片栗粉と一味唐辛子を入れよく揉み込みます。 Aの調味料を混ぜます。 フライパンにサラダ油を入れ、鶏レッグを焼きます。 両面がしっかり焼けたらAを入れて絡めます。 どんぶりにご飯を盛ります。 鶏レッグをのせてフライパンに残ったたれをかけて出来上がりです。

次の

天丼~丼たれサクサク仕様~のレシピ

から 揚げ 丼 たれ

おはようございます、samuraiです。 さて、皆さんはご家庭で天丼を作る機会はありますか? 聞く所によると、天ぷらを揚げたりはするけど、なかなか天丼まではという方が多いようです。 その理由としては、 天丼に使うたれはどうやって作ればいいのかわからないという方がいるようですね。 確かに、市販されているめんつゆだけでは、美味しさを引き立たせる事は難しいです。 ただ、実際には 天丼のたれというのはとても簡単に作れるのですよ。 その材料とは、 めんつゆ・しょうゆ・みりん・砂糖を少し煮つめれば大丈夫ですよ。 これなら、非常に簡単ですよね。 そこで、今回は天丼のたれをめんつゆで作る方法や、ご家庭でも簡単に出来る天丼のレシピについて詳しくお伝えしていきます。 天丼のたれをめんつゆで作る方法とは? 始めに、天丼のたれの作り方についていくつか見ていきたいと思いますが、今回はめんつゆを使うものと使わなくても出来るものをご紹介させて頂きます。 まず、めんつゆを使う場合ですが、以下のものを用意します。 めんつゆ・・・20ml しょうゆ・・・20ml みりん・・・20ml 砂糖・・・5g これを鍋に入れて、 ある程度とろみがつくまで煮つめれば完成となります。 こちらは、 少し甘辛な感じのたれとなりますね。 そして、めんつゆ以外のたれの作り方としては、以下のような方法があります。 鰹出汁・・・100ml しょうゆ・・・30ml みりん・・・20ml 砂糖・・・10g こちらも、 アルコールが飛ぶまで煮つめれば完成となります。 先程のよりも 鰹風味が効いていて、どちらかというとあっさりしていますね。 ここまで、天丼のたれの作り方を2つ紹介してきましたが、こちらのたれを使っていよいよ天丼を作っていきましょう。 ご家庭でも簡単に出来る天丼のレシピとは? それでは、誰でも簡単に出来る天丼の作り方について、ご覧頂きたいと思います。 また、 いくつか重要なポイントがありますので、そちらも併せて確認していきましょう。 ご飯・・・1杯 エビ・・・2尾 ししとう・・・1本 さつまいも・・・1枚 れんこん・・・1枚 鰹出汁・・・100ml しょうゆ・・・30ml みりん・・・20ml 砂糖・・・10g 冷水・・・200ml 卵・・・1個 薄力粉・・・100g 油・・・適量 1. ししとうにも縦に1つ切り込みを入れる 3. 鍋に鰹出汁を入れて、しょうゆ・みりん・砂糖を加えて煮つめる 4. 冷たくしたボウルに冷水と卵を入れて、泡立て器で混ぜ合わせる 5. 冷蔵庫に入れておいた薄力粉はふるいをかけながらボウルに入れて、更に混ぜ合わせる 6. 野菜が揚げ終わったら、エビを入れて揚げる 8. 丼にご飯を入れて、たれをかける 9. その上に揚げたての天ぷらを乗せて、更にたれをかけて完成です いかがでしょうか。 そんなに難しくありませんよね。 筆者も実は天丼をよく作るのですが、意外と時間はかかりませんよ。 まず、天丼といえば天ぷらがメインですが、こちらはお好みのものを揚げてもらえればと思います。 ただ、重要なのは 揚げる順番で野菜類を先に揚げてから、魚介類を揚げていきましょう。 理由としては、 魚介類を先に揚げるとその匂いが油に残ってしまうためです。 ただ、天丼の代表的な 穴子に関しては火が通るのに多少時間がかかるので、 穴子だけは野菜より先に入れておくのがベストでしょう。 そして、天ぷらを揚げる際には、 入れすぎないように注意しましょう。 どうしても 食材を入れすぎると鍋の温度が下がってしまい、天ぷらがサクサクとした食感になりません。 また、食材の下ごしらえについてですが、 エビは背わたをとって斜めに切り込みをいれるのは、揚げた時に エビをまっすぐな状態にするためです。 横に切り込みを入れると、エビが丸まってしまう可能性がありますね。 それから、 冷水と卵・薄力粉を混ぜる際には泡立て器を使うと便利です。 菜箸で混ぜてもいいのですが、どうしても ダマになりやすく均等に混ぜる事が難しいので、なるべく泡立て器を使いましょう。 そして、 薄力粉に関しては冷蔵庫に1時間程入れて余分な水分を飛ばしておくと、更にカラッと揚げる事が出来ますので、その点も重要ですね。 最後に、筆者はどうしても濃い味が好きなので天ぷらをたれにくぐらせてから丼に乗せたりしますが、それだと見た目がかなり茶色くなってしまいます。 なので、ご飯の上に天ぷらを乗せてからたれをかける方が見た目もきれいになるでしょう。 天丼のたれの作り方やレシピについて-まとめ- 今回は、 めんつゆを使った天丼のたれの作り方や、 ご家庭でも簡単に出来る天丼のレシピについて詳しく紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 たれについては、材料を揃え後は 鍋に入れてみりんのアルコール分が飛ぶまで煮つめれば完成ですので、是非一度試してみて下さいね。 また、どうしても天ぷらが上手く揚がらないという方もいるようですが、だいたいが 材料の入れすぎによって温度が下がるのが原因なので、少しずつ順番を考えながら揚げてみるといいかもしれません。 それでは、今回の記事は以上となります。 最後までご覧頂きありがとうございました。

次の