郵便配達 時間。 郵便物のお届け時間を指定できる~配達時間帯指定郵便~│郵便なんでも相談室

自宅がある地域の郵便の配達時間を知りたいのですが何か方法...

郵便配達 時間

あれ?今日の 郵便まだ来てないな。 ポストを開けてみても、中は カラッポ。 以前は決まって、10時前には郵便物が 届いて いたのに、少し前から郵便物の届く時間も まちまちなんです。 最近は、 お昼前に届くのが多いでしょうか。 先日は、待ちかねていた郵便物がなかなか 届かず、 夕方配達されるまで、じれったい 思いをしました。 我が家は自営業なので、早く手元に届いて 欲しい 郵便物も時にはあるものです。 郵便物だから、多少の日にちや時間の ずれが あっても 仕方ないとは思うんです。 でも、その日に 配達される郵便物って、結局 最終的には何時までなんでしょう? 日頃の 配達時間のモヤモヤを解消したい! この機会に、きっちり調べてみました。 配達する基本時間帯とは? 私たち、郵便物を 受け取る側にとっては、 毎日 同じ時間に届く方が助かりますよね。 しかし、配達する側にとっても、決まった スケジュールがあるんですよ。 早番・日勤・中番・遅番など、時間によって 交代制の シフトが組まれています。 まずは仕分け作業から 郵便局によっても、多少の違いはありますが、 仕分け(組み立て)作業から行います。 仕分け作業とは、配達の 道順通りに郵便物を 組み立てていくことです。 仕分け作業には、 1時間~1時間半ほどの 時間がかかる、と言われています。 この仕分け作業が、配達を スムーズに行う ポイントなんですよ。 配達員は、配達ルート順になるように 郵便物を セットして、出発していきます。 ここで気になるのが、配達員の 配達時間ですよね。 基本的な配達時間とは? 基本的な配達員の 配達時間帯は、 9:00~17:00 となっています。 その日のうちに配らなくてはならないものは 17:00過ぎても、残業して配達することが あるんです。 18:00や19:00など 遅い時間に配達された 郵便物には、そんな 意味もあるんですよ。 基本的に、配達の 最終時間は、17:00まで、と なっていますが、様々な理由から それ以降に なることも。 他にもこんな 理由があるんですよ。 配達ルートは決まっている?! 実は、以前から 気になっていたことが あるんです。 それは、我が家に配達される時間よりも 前に、 配達員の人は、私の 自宅前を素通りするんです。 通るついでに、 配達してくれればいいのに、 と思う時もあります。 その素通りした 数十分後に、我が家に配達、 というパターンになっています。 我が家は、国道の入り口に 位置しています。 どうやら、先に我が家よりも国道から離れた ブロックから順に、 回っているようなんです。 この配達ルートとは、 配達員が決めている とのことです。 配達員が その日のうちに配らなくてはならない エリア内において、配りやすい 道順を作って いるんですよ。 ルート順に配っていても、我が家より前の場所に たくさんの郵便物があれば、時間が ずれていく ということもあるんですね。 お昼には局へ 一旦戻り、昼食を終えてから 午後便の配達に向かいます。 午前中に 配り終えなかった郵便物は、 午後に配られることになりますよ。 このように、配達員が配りやすい ルートを元に 配達していくわけです。 郵便物の量や道路の状況、配達員が不慣れ、 などの理由によって、どんどん 時間がずれ込む こともあり得るんですね。 まとめ 郵便物の配達って、今まで 当たり前だと思って いましたが、色々と大変なこともあるんですね。 住宅や会社の 多い地域だと、郵便物も必然的に 多くなります。 1日1回の配達だけでは 間に合わない、という 場合もあるんですよ。 午前便と午後便に分けて、配達する場合には、 夕方になることもありますよね。 「今日の郵便物、まだ来ないな。 」 夜まで 延々と待ち続けていても、基本無駄で あるのかもしれませんね。 17:00以降は、翌日配達、と 諦めた方が よさそうですね。

次の

普通郵便は土日祝日でも配達される?土日祝日でも配達されるサービスとは?

郵便配達 時間

配達時間帯指定郵便(書留) 配達時間帯指定郵便(書留)とは、一般書留郵便物のお届け時間帯を指定できるサービスです。 午前(8:00-12:00)、午後(12:00-17:00)、夜間(17:00-21:00)の3区分から配達時間帯を指定でき、指定できる時間帯は配達できる最速の時間帯から連続した午前・午後・夜間の3区分です。 配達時間帯指定郵便(書留)のラベルは、郵便局にしかありません。 ポスト投かんによる送付もできませんので、必ず窓口から送付手続きを行ってください。 配達時間帯指定郵便の種類 配達時間帯指定郵便のラベルは、上記のように「書留」と「普通」があります。 オレンジ色が「書留」、ピンク色が「普通」となっていますので、送付方法に合わせてラベルを選択してください。 伝票に記入する際、筆圧が弱く配達時に住所が見えづらいという事が多々ありますので、できるだけ強めに記入していただけると助かります。 参考 配達時間帯指定郵便(普通)については、下記の記事を参考にしてください。 ラベルの書き方 実際にお客様が記入すべき点は、1と2の箇所のみです。 郵便物なのでサイズと重量の計測を行う必要があり、計測後にしか最速で配達できる時間帯はわかりませんので、事前に配達指定日・時間帯の記入は行わないでください。 時間指定について 配達できる時間帯については、最速で配達できる時間帯から連続した午前(8:00-12:00)、午後(12:00-17:00)、夜間(17:00-21:00)の3区分の中から時間を指定してください。 配達時間帯を指定したら、下記のシールを郵便局員がラベルに貼付します。 専用の時間帯シールは、貼付用ラベルの右上に貼付します。 ラベルに貼付すると下記のようになります。 「配達時間帯指定郵便(書留)」に関するよくある質問と回答です。 配達時間帯指定郵便は、集荷対象ですか? 郵便物なので基本的には集荷対象外です。 配達時間帯指定郵便(書留)の配達は手渡しになりますか? 配達時間帯指定郵便(書留)の場合、配達時に授受印またはサインが必要なので手渡しになります。 窓口でラベルを貰う際、何と言えばラベルを貰えますか? 「配達時間帯指定郵便のラベルをください」と伝えてください。 その際に「普通」か「書留」かをきちんと伝えてください。 小さい郵便局だと知らない局員もいるかもしれませんので、このページにあるラベルの画像をみせてください。

次の

長崎市から長崎市の配達日数(午後発)

郵便配達 時間

郵便物とは、手紙やはがきなどのことです。 郵便物は、定形郵便物と、定形外郵便物に分けられます。 さらに定形外郵便物は規格内、規格外の種類があります。 料金は、郵便物の種類と重さで決定します。 定形郵便物として配達できるものは、郵便物の長辺の長さが最短で14cmから最長で23. 5cm、郵便物の短辺の長さが最短で9cmから最長で12cm、厚さが最大で1cm、重さが50g以内のものです。 定形外郵便物で規格内のものとして配達できるものは、郵便物の長辺の長さが最大34cm、郵便物の短辺の長さが最大25cm、厚さが最大3cm、重さが1kg以内のものです。 定形外郵便物で規格外のものとして配達できるものは、長辺の長さが60cm、長辺と短辺の長さと、厚さを合計したものが最大90cm、重さが4kg以内のものです。 郵便局の窓口で荷物の配達を依頼するときには、ゆうパック、重量ゆうパックというサービスを利用することになります。 郵便局によっては、目的別ゆうパックというサービスが提供されています。 ゆうパックで送ることのできる荷物のサイズは、直方体でいうところのたて、よこ、高さを加えた合計が170cm以下となるもので、重さが25kg以下のものです。 ゆうパックのサービスは全国の郵便局の窓口で取り扱っています。 重量ゆうパックで送ることのできる荷物は、サイズはゆうパックと同じ制限で、重さが25kgを超え、30kg以内のものです。 重量ゆうパックは全国の郵便局の窓口から利用できます。 目的別ゆうパックは、チルドゆうパックなど、特別な荷物を配達するためのサービスです。 目的別ゆうパックを取り扱っていない郵便局があります。 日本郵政グループのホームページから調べることができますので、サービスを利用する際には、あらかじめ調べておきましょう。 配達される郵便物に注目します。 配達される郵便物は、「急ぎのもの」と「普通のもの」という種類に分けられます。 急ぎのものは、急ぎの郵便物と急ぎの荷物があります。 急ぎの郵便物とは、書留や速達、配達日指定などの手紙やはがき、レターパックといったものです。 急ぎの荷物は、ゆうパックなどがあります。 普通の郵便物とは、手紙やはがき、封筒、定形郵便物、定形外郵便物といったものです。 普通の荷物とは、ゆうメールで、書留や速達等がない場合です。 急ぎの郵便物や荷物は、平日、土日、祝日に配達されます。 一方、普通の郵便物や荷物は、平日、土曜に配達され、日曜祝日には配達されません。 日曜祝日に配達されるものは、レターパックや速達、書留の手紙やはがきである急ぎの郵便物、そしてゆうパックなどの急ぎの荷物となっています。

次の