うちしお 鬼滅。 鬼滅の刃|呼吸・剣術・技

【鬼滅の刃】水の呼吸 拾壱ノ型 凪 が強すぎる 水の呼吸まとめ

うちしお 鬼滅

前回は、鱗滝佐近次(うろこだきさこんじ)の鬼のような修行に耐えた炭次郎ですが、その修行が終わったあとに連れていかれたのが、大きな丸い岩の前。 これを斬ったら、最終選別に行くのを許可するってことで、さらに個人での鍛錬に励みます。 どんなに頑張っても岩を斬ることが出来ない炭次郎の前に現れたのが、錆兎(さびと)と真菰(まこも)。 2人に鍛えられながら、ようやく岩を刀で斬ることができたところで終わっていました。 今回は、最終選別になるんでしょうかね。 自分にはどこの動画配信サービスがあっているのか、全部試して違いをみるのもいいと思いますよ。 その匂いに気付くと糸が見えるようになり、その隙の糸は刃から相手の隙につながっていて、見えた瞬間ピンとはる。 そして、その糸にひかれて斬るみたいな感じですね。 隙を探している間は、糸がふにゃふにゃ漂っているけど、隙が見つかった途端、糸がピンとはって刃ごと引っ張っていくって感じがします。 しっかし、きれいな丸い岩でしたよね。 どうやったら、こんな丸い岩が出来るのか知りたい。。 切って間もなく、顔立ちがとてもやさしいと言われている鱗滝さんが来ましたよ。 このお方も見てたんですかね。。 (チョッパーよりは隠れるのがうまそうです) 実は優しかった!?鱗滝佐近次(うろこだきさこんじ) 鱗滝さんは炭次郎を最終選別に行かせるつもりはなかったそうです。 もう子供が死ぬのを見たくなかったと。 だから、岩を斬れなんてむちゃぶりをしたんですかね。 (詐欺かと思ってましたよ) ってことは、斬れると思っていなかった。 内心、なんで刀で岩が斬れるの??え?うそ!?みたいな感じかもしれません。 鱗滝佐近次(うろこだきさこんじ)の飴がすごい。 やっぱ斬れないと思っていたんですね。 やべー鱗滝さん優しい。 よく頑張った、お前は、すごい子だって言ってます。 いい子いい子されて、ギュっですよ。 飴がきた・・。 ムチとムチだと思っていたのに、飴が・・。 あますぎる。 (ちょっと感動・・。 ) 最終選別、必ず生きて戻れ わしも妹もここで待っている なんかさぁ序盤で泣かすか!泣かすのか! うまそうな焼き魚ですよ。 (感動より食い気。 ) 鍋までうまそう!(完全に食い気。 ) この囲炉裏の作りが、すごくいいですね。 (なに目線!?) すべての修行を終えた祝いだって。 飴にさらに飴がきました。 鱗滝さんは、炭次郎のお茶碗によそって渡すけど、お面付けたまま微動だにしないですよ。 どうやって食べるんだろう・・。 と思っていたら、結局食わないんかい! 鱗滝さんの心情が優しすぎて、罠で短刀やらを飛ばしてくる人だとは思えない・・。 なんか、ちょっと心が温まるシーンですね。 もしかして影武者か!?お面はそういうことか!?って思うくらい、優しいです。 人も鬼も同じ 炭次郎はご飯食べて散髪中、鱗滝さんは着物をたたんでます。 なかなか几帳面ですね。 話しかけたかと思ったら、 鍋はうまかったかって。 人も食えば体が成長するけど、鬼も同じなんですと。 厄除の面といって、災いから守るようにまじないがかけてあるお面 結構センスのいい面だと思います。 錆兎(さびと)と真菰(まこも)の幽霊確実 明朝ですね、服を着替えていますが今までと違います。 鱗滝さんと同じ服ですかね、ブルーに雲の絵みたいな。 昨日、ご飯の後に鱗滝さんがたたんでいた服っぽいです。 禰豆子(ねずこ)はまだ寝たままみたいですが、炭次郎が必ず帰ってくるっていってますので、鬼殺隊に入るための、最終選別に行くってことでしょうね。 そんなに厳しいのですかね最終選別って。 妹のことは、鱗滝さんがしっかりみとくって。 いってきますと言って、途中で振り返り、「錆兎(さびと)と真菰(まこも)によろしく」の言葉に反応する鱗滝さん。 どんな顔しているのかお面でわかりませんけど。 (きっと珍遊記みたいな顔してますよ) なんで、死んだあの子たちの名前を知っている・・。 藤の花がすごい綺麗(アニメ画) 咲く時期ではないのに咲いているのは、何かあるんですかね? おぉ選抜試験、結構いますね。 絵で数えた限りでは27名? おーフィギュアでよく見かける、黄色い法被の人もいますね。 目つきすごく悪いですけど・・。 それになんか汚れてる・・。 鬼殺隊最終選別 おかっぱの、よく髪が伸びるとか言われる人形っぽい白と黒の髪色した2人が、鬼殺隊最終選別のことを話し出しました。 この藤襲山には、鬼殺の剣士が生け捕りにした鬼がいるんですって。 悪趣味~。 てか、このおかっぱ2人の女の子、目が怖い。 そこで7日間生き抜く、それが合格条件ですと。 鬼殺隊最終選別開始 炭次郎は、とにかく生き抜くことだけ考えていますね。 そのために今が夜なので、最も朝日が昇るのが早い東に向けて走っています。 臭いで鬼が分かるって便利ですよね。 (誰が、すかしっ屁したか一発です。 ) 上から、鬼が襲ってきましたよ。 うぇ、キモイ。 強そうな感じはするけど・・。 と思ったら、後ろからも襲われる炭次郎。 横取りしようとした鬼と鬼で争ってます。 で、結局早い者勝ちということに落ち着いたみたいですね。 序盤で2鬼を相手かぁ、大変ですね。 全集中・水の呼吸、肆の型・打ち潮 炭次郎のお面の付け方がカッコよくない!? 紐がみえないけど、どうやってつけてるんでしょうか。 (それはいいとして) 全集中、水の呼吸 糸が現れました。 隙の糸ってやつですね。 糸がピンとはって、 肆ノ型(しのかた)打ち潮(うちしお)! えーかっこいいじゃないですか。 しっかり首切って、消滅するんですね。 黒いちりみたいになって鬼が消えます。 炭次郎さん、いつの間にそんな技を! 炭次郎の嬉し泣き 鬼に勝てて、強くなっていることがうれしいみたいですね。 泣いてます。 そりゃ、あの鍛錬だとね。 鬼の急所は首、だけど特別な刀でないとダメなんですよね。 特別な鋼でつくらている日輪刀(にちりんとう)が鬼殺隊がつかっている刀みたいです。 腐った臭いは、メタボ鬼 今度は腐ったような臭いだって。 (悶絶していますね) やっぱり炭次郎はエレベーターには乗らない方がいいですね。 あと、リーマンの靴とか・・。 野原しんのすけのお父さんの靴下とか、もう天敵ですな。。 (なんの話?) なんか襲われている人がいますね。 こんなの聞いてないとか言う人。 (だいたい食われる) 炭次郎も一瞬で、ヤバイと思ったみたいですね。 なんか、すんごい鬼です。 簡単にいうと、メタボ。 ベッドから起き上がれないくらいのメタボ。 錆兎(さびと)と真菰(まこも)のシーン 炭次郎は、あいつに勝てるかなって真菰が錆兎に言ってます。 岩切った時に、真菰が「あいつにも勝ってね」っていったのは、さっきのメタボ鬼っぽいですね。 錆兎が、 努力はいくらしても足りないんだよ。 ですって。 なんか、アニメの内容関係なく遠回しに自分に言われている気になってしまう・・。 鬼は食うと強くなる 大型の異形って言われてる鬼みたいですよ。 うぇ、腕がいっぱいついてるメタボですね。 キモイ。 一人捕まえてたみたいですけど、食いましたよ。。 食ったとたんに、またデカくなりました。 優し目にみて、キン肉マンに出てくるスプリングマン。 全然違うけど。 手だけみるとReゼロのペテルギウス・ロマネコンティ。。 てか、すんごいトロイと思ってたんですけど、物凄い速さで腕が伸びていって、さっきの人が捕まりました。 (そうなるだろうと思ってましたよ) 炭次郎はガクガクブルブル 捕まった人みて、自分に助けろって言い聞かせて、無理やり動いた感じですね。 (私なら逃げます) てかこの鬼、どこに首があるんでしょう? 水の呼吸、弐ノ型、水車(みずぐるま) 捕まって食われそうなところを、腕を斬って助けましたね。 鬼は動じず、またかわいい狐が来たとか言っているので、やっぱ錆兎(さびと)と真菰(まこも)は食われてますね。 メタボ鬼が、明治何年かと聞いて、大正っていった瞬間、叫んでます。 シャウトです。 ロックですね。 (え?) 年号が変わっていることに、ひどく動揺してますけど、ロックですね。 (え?) それだけ閉じ込められてる期間が長い鬼ということですね。 ロッ・。 鱗滝さんが元凶だった・・。 鱗滝さんのことを、酷くうらんでいるので、鱗滝さんが捕まえてきた鬼ってことです。 ってことは、 錆兎(さびと)と真菰(まこも)は鱗滝さんにやられたのと同じ! ロックですね(もういい?) やっぱ、鱗滝さんみたいです。 暴露しました。 (暴露ではない) 47年前捕まったみたいなので鱗滝さん60歳はこえてますね。 江戸時代、慶応のころだって。。 (よくわからん) お面が鱗滝さんの目印になっているので、鱗滝さんがわざと目印に配っていたとしたら怖いですね。 そんなことはないんだろうけど。 厄除の面ではなく、完全に厄を引き寄せてますね。。 真菰(まこも)のやられ方のシーンが、むごいです・・。 そりゃ、あいつも斬ってっていう訳だ。 炭次郎が怒って向かっていくも、返り討ちにされます。 そして、お面がわれる。 (個人的に気に入ってたのに) 炭次郎が助けた人は、炭次郎をエサにして逃げましたよ。 助けたにひどいね。 (食われると思っていたのに・・) 炭次郎、絶賛気絶中。 メタボ鬼の笑い方が、キモっ おっ茂(しげる)じゃないか!(久しぶり!) 茂(弟)が絶賛気絶中の炭次郎を呼んでますねぇ。 その声で起きたついでにメタボの攻撃を避けた。 (もうメタボ鬼ではなくメタボになった) 炭次郎が腕斬りまくってるけど、キリがないですね。 メタボの首は錆兎(さびと)でも斬れなかった。 炭次郎は、ここで倒すことを決意しました。 地面から鬼の臭いがしてジャンプ。 (ジャンプ連載中だけに) すんごい飛んでますよ。 (着地と同時に骨折コースくらい飛んでます) 鬼が、た、高いとか、びっくりするくらいですからね。 途中、錆兎(さびと)と真菰(まこも)が話してるんですけど。 メタボの首は硬いけど、炭次郎は硬く大きな岩を斬った男だって言ってます。 それで、鱗滝さんは岩を斬ったらって言ったんですかね。 この鬼の存在を知っていた!? 全集中・水の呼吸で斬りまくって間合いに入るけど、メタボは首が硬いので斬れないと思ってますね。 なので、炭次郎が斬り損ねたところを狙って、頭をつぶすとか言ってるけど、すんごい汗かいてるんですよね。 やっぱメタボが影響ですかね。 (んなわけない) 壱ノ型で糸がピンときましたよ。 斬ったーー!!メタボのあるか分からい首、斬ったーー! 水面斬り!(みなもぎり) かっこいいじゃないか!炭次郎! やりましたよ炭次郎!(敵取ったね) さすが炭を売っているだけのことはある。 (関係ない) お面が割れたのがよかったのか!?(厄を引き寄せていたので) 斬ったところで、第4話が終わりです。 またいいところで、終わりますね・・。 しかーし、動画配信サービスの前では関係ない!フフ。 次回予告で、禰豆子は、んーんーんーしか言ってないけど、なんでしょうね。 すごくかわいいのは。 絵と声がハマり過ぎてる。 誰が声だしてんだー! っておもって、禰豆子ってキーワードをグーグル先生に入れたら、みんな調べてるんですね。 禰豆子 声優ってキーワードが出てきました。

次の

【鬼滅の刃】水の呼吸の全て!型と技を一覧化

うちしお 鬼滅

人気漫画『鬼滅の刃』とは? 『鬼滅の刃』は、吾峠呼世晴による大ヒット少年漫画。 『週刊少年ジャンプ』で2016年から連載されています。 主人公の竈門炭治郎は、亡き父の代わりに炭を売って家の生計を立てていましたが、ある日 鬼に家族を殺され、唯一残った妹の禰豆子も鬼に変えられてしまいました。 そして、残された炭治郎は禰豆子を人間に戻すため、人知れず鬼を倒す 「鬼殺隊」に入り、日々鬼達と戦う日々を送ることになるのです。 そんな『鬼滅の刃』は、アニメ化も大成功を収め、シリーズ発行部数は累計2500万部を突破中。 ここからは、今1番アツイと言っても過言ではない大人気漫画『鬼滅の刃』に登場する「水の呼吸」の全ての型を詳しく解説していきます! 剣術「水の呼吸」とは? 【鬼滅】呼吸の基本は炎水風岩雷の五種類。 鬼殺隊の階級が五行ベースなので木火土金水かと思いきやそういうわけでもないようだ。 「水の呼吸」は 容れ物によって形を自在に変える水の如く、相手の攻撃を利用したりいなしたりと、あらゆる状況に対応できる呼吸法であり、炭治郎はこれを育手である鱗滝や錆兎の指導で2年かけて習得しました。 作品の中で現在「水の呼吸」を使用しているのは、炭治郎や鱗滝の他にも、 水柱である冨岡義勇も使用しています。 義勇は炭治郎が鬼殺隊に入るきっかけを作った人物であり、同じ「水の呼吸」でも、炭治郎とは 桁違いの威力で技を繰り出したり、 オリジナルの技を編み出したりしています。 技が登場したのは最終選別編で、鱗滝に恨みを持ち、 錆兎や真菰を殺した強力な鬼と戦いました。 この鬼は 自身の腕を弱点である首に巻きつけて強度を高めており、錆兎も首を切ることができませんでしたが、炭治郎はその首を水面斬りの威力で切り落とすことができました。 エフェクトとしては、斬撃の鋭さを感じるような真っ直ぐな線で、他の技に比べると非常にシンプルなものになっていますが、 斬撃の内側をよく見ると、水の波紋が描かれており、「水面斬り」の名に相応しいものになっています。 必ずしも分かりやすい必殺技が面白さではないことを、和月伸宏がるろ剣を武装錬金で以って乗り越える事で証明したのに、依然世の評価が「和月はるろ剣の人」なのが解せぬ。 こちらも同じく最終餞別編で、炭治郎が人を助けるために技を繰り出しました。 この鬼は「水面斬り」で登場した、錆兎たちを殺した鬼で、 体も非常に大きく、体から生えているたくさんの腕を操るため「水車」が使われたと考えられます。 また、この水車には変形技として 「弐ノ型 改 横水車」という技があり、珠世の屋敷で襲ってきた鬼・矢琶羽が「紅潔の矢」と呼ばれる、物の方向を自在に操れる技で攻撃してきた際、矢を内側に回る水流の流れに乗せ、 その力で逆に矢琶羽を攻撃しました。 水が流れるような滑らかな足運びを行いながら繰り出す技であり、その動きから 回避と攻撃を同時に行うことができます。 この技は手毬を操る鬼・朱紗丸に複数の手毬で攻撃を受けた時に使われました。 エフェクトを見てみると、他の技のような水の 水の飛沫が全く出ておらず、それでいて様々な方向に流れており、 滑らかで自在に動く水の流れを思わせます。 また、画像を見て分かるように、複数の手毬に対応する炭治郎の姿が複数見えており、 残像が残るほど素早く動ける技と考えることもできます。 斬撃をよどみなく繋げていくことで、複数の敵に同時に攻撃をすることができます。 最終選別で炭治郎を取り合って襲ってきた2体の鬼に技を繰り出し、「水の呼吸」を習得してから 初めて鬼の討伐に成功することができました。 エフェクトを見ると、技名の通り、いくつもの波が勢いよく押し寄せるように複数回の攻撃を受けることが分かります。 また、この技は水柱・富岡も作中で披露しており、この技を見た伊之助が 「一太刀の威力が違う 天と地ほどの差がある」と興奮するほどの威力を出し、柱として、 炭治郎との格の違いを見せつけました。 この型は 切られた者ほとんど苦痛を与えない「水の呼吸」唯一の慈悲の剣撃と言われています。 相手が自ら首を差し出してきた場合のみに使用されます。 蜘蛛山編では、下弦の伍である累の恐怖による支配に苦しんでいた「母役」の鬼が、 「死ねば解放される」という思いから、炭治郎に自ら首を差出し、それを見た炭治郎が「干天の慈雨」で首を切り落としました。 また、沼鬼との戦いでも、不発に終わっていますが繰り出そうとしています。 エフェクトを見ると、細く細かく雨が降っており、「干天の慈雨」の名の通り、 渇いた大地に潤いを与えるような優しさを感じることができます。 上半身と下半身をねじった状態から繰り出す技で、勢いを伴って螺旋を描くように周囲を切り裂く斬撃となります。 エフェクトとしては激しく渦を巻く水流が相手に襲いかかるようになっており、その水の流れの勢いは技の中で最も強いものになっています。 水中でこそ大きな威力を発揮する技ですが、地上でも広範囲に渡って攻撃をすることができます。 沼鬼との戦いで2体同時に襲われた際、2体を同時に攻撃するために繰り出されました。 また、 「ねじれ渦・流流」という、ねじれ渦と流流舞いを合わせた技も存在しており、矢琶羽が「紅潔の矢」で攻撃を仕掛けた際に、 矢を絡め取るために使われました。 絵を見る限りでは ねじれ渦の水流の渦を流流舞いのように、自在に操ることでこれを可能にしていると考えられます。 「水の呼吸」の中でも最速の技と言われており、名前の通り斬るのではなく 突くように技を繰り出します。 珠世の屋敷を襲われた際、鬼の操る高速の手毬に対応するためにこの最速の技が使われましたが、基本的に鬼は首を切り落とさなければ死なないため、 決定打にはならないと考えられます。 また、この回で使用されたのは、 「漆ノ型 雫波紋突き・曲」という変形技で、斜めから曲線で突くことによって、 手毬の威力を落とすことに成功しました。 エフェクトとしては、雫が水面に落ち、静かな波紋が広がる様子を描いており、 波を立たせないように一か所に鋭く切り込んでいることが分かります。 捌ノ型 滝壷 新参ものを沼に引きずり込む図って正にこれじゃん 鬼滅の沼鬼 — 日凪セツナ ud0104418624 捌ノ型 滝壷は、2巻10話で初登場した技で、滝から水が流れ落ちるように、 上から地面へと刀を振り下ろすことで繰り出せる技です。 こちらも広い範囲に技を繰り出すことができ、なおかつ 「水の呼吸」の中でトップの威力を出すことができます。 こちらは、沼鬼と戦った際、地面に潜んだ3体の沼鬼が一斉に攻撃を仕掛けた時に 3体同時にダメージを与えるために繰り出されました。 エフェクトを見てみると、 激しく大きな滝に打たれるように攻撃されていることが分かります。 また、攻撃範囲で見ても炭治郎をぐるりと囲むように攻撃ができており、 自分の足元にいる敵などにはかなり有効な技であると考えられます。 あなたへのオススメ記事 玖ノ型 水流飛沫 鬼滅の刃25話、今まで読んだ話数の中では一番グッときた。 この技は攻撃よりも 回避に使われる技で、着地する時の 接地面を最小、最短にすることで縦横無尽に駆け回ることが可能となります。 そのため、足場の悪い場所での戦いに適しています。 「水流飛沫」は鼓を打ち、 凄まじい速さで部屋を回転させながら攻撃を仕掛けてくる鬼・響凱に対応するために繰り出されました。 様々な方向に回転する部屋と攻撃に苦戦していた炭治郎でしたが、この「水流飛沫」で全ての攻撃をかわし、相手の懐に飛び込むことができました。 エフェクトを見てみると、 部屋中にたくさんの細かい水の流れや飛沫が飛び散っており、炭治郎が部屋の回転に合わせて素早く動き回っていることが分かります。 拾ノ型 生生流転 横山大観展で生生流転の巻物見て、 鬼滅の刃で生生流転! — agawayasu a. sound. alchemist's. 「水の呼吸」の中では最も精度の高い型で、刀を回転させながら連撃を打ち出し、 一撃目より二撃目の、二撃目より三撃目と、回転が増すごとに威力が上がっていく「水の呼吸」最強の技です。 蜘蛛山編で、他の型で斬ることのできなかった下弦の伍・累の操る強靭な糸を斬ることに成功しました。 エフェクトは構えた時点で 背景に龍神が浮かび上がり、龍の体が何度も相手に襲い掛かるように斬撃を繰り出しています。 拾壱ノ型 凪 鬼滅42話 炭治郎が頑張った甲斐もあって今度は間に合った義勇さん 前回の打潮 強 から今回は奥義的な独自の型 鬼殺隊は技が体系化されてるから強さの表現にこういう技法が必要だけど、その分恪の違いが分かり易いし格好いい 炭治郎の信頼が窺える「善逸か…?」の所も地味に良い — だみー poisonouspit 「水の呼吸」は、全部で10種類の型が存在していますが、水柱である義勇は、 自身で編み出した義勇だけの技「拾壱ノ型 凪」を扱うことができます。 凪とは無風状態の海のことを指し、海水は揺れず、鏡のようになります。 「凪」の状態の 義勇の間合いに入った攻撃は、全て無になってしまうという技で、蜘蛛山編で炭治郎の助けに入り、「凪」を使った義勇は、累の強靭な糸をばらけさせ、「ヒノカミ神楽」や禰豆子の爆血を使っても倒すことのできなかった 累の首をいとも簡単に切り落としてしまいました。 エフェクトを見ると、義勇の背景に静かな水面が写っており、「凪」を使う際に、義勇はほとんど体を動かしていません。 腕が少し動いているようにも見えますが、剣を振るったかどうかは分からず、また、 どのように発動しているかも不明です。 今後「水の呼吸」の新しい技は出るのか!?今後の展開に注目! 炭治郎は、現在「ヒノカミ神楽」を中心に技を増やしていますが、「 水の呼吸」との合わせ技なども出現してきています。 また、義勇も作中では未だ「打ち潮」と「凪」以外をきちんと披露していません。 今後「水の呼吸」で新しい技が出るかどうかは不明ですが、可能性としては大いにありうるのではないでしょうか。 また、2019年4月から放送されるアニメでは 技のエフェクトがどのように表現されるのか、こちらも期待して待ちたいと思います! 関連記事をご紹介!.

次の

水の呼吸 (みずのこきゅう)とは【ピクシブ百科事典】

うちしお 鬼滅

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメ・小説などのメディアミックス作品である。 2016年から少年ジャンプで連載が始まり、2019年にはアニメ化となった。 愛憎入り交じるストーリーに、多彩で豊かな感情を持つキャラクターたちが人気を博した。 炭焼きを営む家の長男である竈門炭治郎は、炭を売りに町へ降りた。 翌日、家に戻った炭治郎が見たのは惨殺された家族の姿だった。 炭治郎は唯一息があった妹の禰󠄀豆子を連れ、山を降りようとする。 その途中、禰󠄀豆子は突如凶暴化し、炭治郎を襲ってきた。 禰󠄀豆子は鬼となっていたのだ。 炭治郎が禰󠄀豆子を必死で止めていると、一人の剣士が禰󠄀豆子を殺そうと斬りかかり、炭治郎は禰󠄀豆子を抱えて避ける。 その剣士は鬼を滅するための組織である『鬼殺隊』の冨岡義勇という男だった。 冨岡は鬼となった禰󠄀豆子を殺そうとし、炭治郎は必死に禰󠄀豆子を守ろうとする。 その戦いの中で冨岡に打ちのめされる炭治郎を見た禰󠄀豆子は、炭治郎を守ろうとする。 冨岡は、鬼になった肉親を守ろうとして、逆にその肉親に食われた人間を見てきた。 禰󠄀豆子は強い意思で自身を律していた。 それを見た冨岡は、鬼殺隊の剣士を育てている「鱗滝」という男を炭治郎に紹介する。 炭治郎は鱗滝から「鬼舞辻無惨」という男の話を聞く。 鬼舞辻無惨こそが、最初に鬼となった人間であり、鬼を生み出すことができる唯一の存在だった。 炭治郎の家族を殺し、禰󠄀豆子を鬼にしたのも鬼舞辻無惨の仕業だった。 炭治郎は苦しい修行のもと鬼殺隊士となり、鬼舞辻無惨を倒すため、禰󠄀豆子を人間に戻すための旅に出る。 鬼は人間とは比べ物にならない身体能力を持ち、更に太陽に焼かれるか、日輪刀という特殊な刀で首を切らない限りは不死身であった。 そんな化け物と戦う鬼殺隊の面々が使用する操身術が『呼吸法』である。 『呼吸法』とは 『呼吸法』とは、鬼殺隊の面々が鬼と戦う際に使用する操身術である。 鍛え抜かれた肺により、体の細胞の隅々にまで酸素を行き渡らせることで、身体能力を格段に引き上げることができる。 これを『全集中の呼吸』と呼ぶ。 鬼殺隊士はこの『全集中の呼吸』を応用して、剣技を繰り出す。 鬼殺隊最強の剣士である『柱』は、『水柱』『炎柱』のように使用している呼吸によって呼称が変わる。 現在、鬼殺隊士たちが主に使用している呼吸が『水の呼吸』『雷の呼吸』『炎の呼吸』『風の呼吸』『岩の呼吸』の5つである。 これらの呼吸から『花の呼吸』『霞の呼吸』『蟲の呼吸』など、様々な呼吸が派生している。 そしてこれらすべての呼吸の元となっているのが『日の呼吸』である。 呼吸は人により向き不向きがあり、すべての呼吸が使えるわけではない。 それが呼吸が派生している理由である。 それぞれの呼吸の向き・不向きは『色変わりの刀』とも呼ばれる日輪刀の色で大体を把握出来る。 すべての呼吸は『日の呼吸』から派生している。 『日の呼吸』は『継国縁壱』という始まりの剣士だけが使えた呼吸だった。 縁壱は他の鬼狩りの剣士に『日の呼吸』を教えたが、体得できた者はいなかった。 炭治郎の家には『ヒノカミ神楽』という神事の舞として伝わっていた。 『日の呼吸』の素質があるものは体に痣があるとされていた。 炭治郎も額に痣があるが、これは弟を火鉢から庇ってできた火傷と、鬼と戦った傷が合わさったものであり、後天的なものである。 しかし、その後、感情が高ぶった時などに、痣がより濃く、大きくなっている。 後に『日の呼吸』の使い手でなくとも痣を発現できる事が明らかとなった。 炭治郎は『水の呼吸』と『日の呼吸』の二つを使える。 『日の呼吸』の方が圧倒的に強力で速いが、体力の消耗が激しい。 使い始めの頃は、『日の呼吸』を連発すると、動けないほどに消耗していた。 縁壱は炭治郎の祖先である『炭吉』とその家族を鬼から助けて、竈門家と関わりを持っていた。 後に縁壱は炭吉の家を訪ねており、その時に炭吉の妻である『すやこ』に『日の呼吸』が見たいとせがまれて全ての型を見せた。 縁壱から「『日の呼吸』の後継がいない」と聞いていた炭吉は、縁壱の動きを目に焼き付け、それを自身の一族に引き継がせる事を約束した。 縁壱の洗練された動きは息を忘れるほどの綺麗だった為に『神楽』として竈門家で受け継がれていった。 全部で十三の型があるが、炭治郎の家には十二の型しか伝わっていなかった。 炭治郎は無惨との戦いで炭吉の記憶を見て、縁壱の『日の呼吸』を目にする。 炭治郎は最後の型を知りたがったが、縁壱は炭治郎の家に伝わっていた十二の型のみを見せた。 炭治郎は、縁壱が十二個の型しか見せなかった事、『円舞』と『炎舞』の二つの技の音が同じ事、無惨が一撃で倒せない鬼である事、父親が「正しい呼吸ができれば炭治郎もずっと舞える」と言っていた事から、『日の呼吸』は全て繋がっており、十二個全ての型を永遠に繰り出す事が十三個めの型だと理解した。 円舞(えんぶ).

次の