後ハッピーマニアネタバレ。 ハッピー・マニア(漫画)最終回のネタバレと感想!結末が気になる!|漫画ウォッチ

【ネタバレあり】ハッピー・マニアのレビューと感想(2ページ目)

後ハッピーマニアネタバレ

安野モヨコが1995年から2001年にかけてフィール・ヤング(祥伝社)で連載した「ハッピー・マニア」。 恋愛にすべての精力を傾ける女・シゲタは好きな男ができたら一直線、転んでも即立ち上がり、最終話までその勢いを緩めることなく理想の彼氏を追い求めた。 本作の続編「後ハッピーマニア」が2017年の読み切りを経て、2019年9月より本格始動。 コミックナタリーでは安野にインタビューを行い、シゲタやタカハシ、フクちゃんを久々に描いてみての思いや、「ハッピー・マニア」連載当時の心境について語ってもらった。 また今年でデビュー30周年を迎えるに際し、「脂肪と言う名の服を着て」「花とみつばち」「ジェリー イン ザ メリィゴーラウンド」「さくらん」「シュガシュガルーン」「鼻下長紳士回顧録」「働きマン」「オチビサン」といった数々の著作の振り返りも。 休業を挟みつつも長く第一線で活躍してきた安野が、大きく変わりつつある昨今のマンガ界をどのように見ているかも聞いた。 読み切り版はちょっとだけ設定も違うんですが、全体のトーンが落ち着いたものになったなと思っていて。 いくらシゲタさんでも(笑)いろんな苦労をしていると思うし、前と同じわけにはいかないと。 でもその後で担当さんから「読者としてはあの結婚式の後、どうなったかを知りたいと思っている」と言ってもらって。 それで連載のほうは、下書きまで終わっていたものをもう1回描き直しました。 」と叫んだシゲタがどうなるのか、気になっていました。 ただショックだったのが……ずっとシゲタを追いかけていたタカハシのほうに好きな女の人ができたことです。 多くの読者が「タカハシはずっとシゲタのことを好きでいてくれないと困る!」と思ったのではないかなと。 あの頃20代、30代だったシゲタや(親友の)フクちゃんも40代になったんだなあと思いました。 フクちゃんの名言も深まっていますね。 自分が不幸なので「不幸な話を聞かせてくれよ」と言うシゲタに、「どんなに不幸な話をきいたって幸せになんてなれないし なれたとしたらそれこそ不幸じゃん」と返します。 シゲタさんって……割とぼんやりした人間というか無自覚な人なので、切れ味が鋭くて一瞬で覚えられるようなフレーズじゃないと、入っていかないんです(笑)。 普通は言われたら「ええっ?」ってなるぐらいのことじゃないと、堪えないんですよ。 だから必然的にフクちゃんのセリフがキツくなってしまうんです。 マンガ家にはそういうのって伝わってこないんですよ。 今はTwitterとかいろんなツールがありますけど、あの頃はなかったですし。 カラーページを描く回数が増えて、なんとなく人気があるのかもしれないと思うくらいです。 たぶんなんですけど……「ハッピー・マニア」を読むタイプの女性って、あまり熱狂的にファンレターを送るような方ではなかったように思うんです。 皆さん、友達と飲みに行ったときに「ハッピー・マニア」の話題で盛り上がるけれど、せっせとファン活動をするような方たちではないのかなあと思って自分を納得させてました。 その理由みたいなものを、ご自分ではどうお考えですか? うーん……どうですかねえ。 当時、20代、30代向けのマンガというのは、どちらかというとマンガをすごく好きな人たち向けのものが多かったと思うんです。 そういう中で、私の友達がみんな、マンガを読まなくなっていて。 彼女たちのような、マンガから離れつつある、洋服とか流行りのものを買いに行って恋愛もするような人たちに読んでもらいたいなという気持ちがあったんですよ。 それまでは学校でもみんなマンガを読んでいたと思うんですけど、マンガを読む人と読まない人とがはっきり分かれていき始めた時代だったんです。 そうすると「もっとマンガを読もうよ!」という気持ちで描いたところもあったのですか? ありがとうございます。 それをもっと言ってください(笑)。 恋愛至上主義のマンガだと思う方もいるようなんですが、私はそんなつもりはまったくなくて。 フラットに、こういう人とこういう人とこういう人がいますよとボンボンボンと並べて描いているつもりでした。 だって、シゲタさん自身は恋愛を追いかけても、いつもひどい目に遭って、何ひとつ幸せになっていない(笑)。 恋愛至上主義というよりは、「そういうことをしていると、こんなふうになってしまうのだ」という話なんです。 そうなんですよ。 連載中もずっといろんなインタビューで言い続けていたんですが……。 もちろん恋愛大好き、恋愛最高!みたいな人を否定するつもりもまったくないです。 それはそれで素晴らしいことだし、生命力があってうらやましいと思ってるんで(笑)。 その間のことはあまり記憶がないぐらい。 それまではがんばっても短編を年間5本ぐらいしか描いていないようなマンガ家で。 連載当初は、「ハッピー・マニア」の原稿料だけではアシスタント代が払えないくらいお金がなかったんですよ。 なので、アシスタント代を捻出するために並行してほかの連載を……週刊女性(主婦と生活社)で「脂肪という名の服を着て」というマンガを描いていました。 週刊女性を読んでみたら、そのとき3分の1ぐらいがダイエットの広告だったんですよ。 読者の方々の関心の頂点が痩せるということなら、広告と同じような内容のものを描けば売れるかなと思って……。 シリアスな、ずしっとくるお話でした。 そうですね。 1話目の原稿をお渡ししたとき「暗すぎる」と言われました。 「2話目から明るくなるんです」って言ったんですが……ならなかった(笑)。 タイトルも連載時は「やせなきゃダメ!」にして、明るい話です!という感じを出して。 自分でも最初は明るい話にするつもりだったんですけど、たぶんくたびれていたんですね。 「ハッピー・マニア」がテンション高いマンガだったので、その反動でなのか暗くなっちゃいました。 どちらも明るいものにする、というのは難しいです。 安野モヨコ (アンノモヨコ) 1971年3月26日東京都杉並区生まれ。 1989年に別冊少女フレンドDXジュリエット(講談社)にて「まったくイカしたやつらだぜ!」でデビュー。 岡崎京子のアシスタントを経て、別冊フレンド(講談社)にて「TRUMPS! 」の連載を開始。 著作には「ハッピーマニア」「ジェリー イン ザ メリィゴーラウンド」「花とみつばち」「さくらん」「シュガシュガルーン」「働きマン」「監督不行届」「オチビサン」「鼻下長紳士回顧録」などがある。 2017年にフィール・ヤング(祥伝社)にて、「ハッピー・マニア」の続編「後ハッピーマニア」を読み切りとして発表。 2019年9月に同作の本格連載をスタートさせた。 記事内に記載されている商品の価格は、 公開日現在のものです。

次の

後ハッピーマニア1話ネタバレ【カヨコ45才~タカハシとその後の人生】 | MARI'S BLOG

後ハッピーマニアネタバレ

本日(7月7日)発売の「」に、「後」が掲載されました。 16年前の「」の続編。 午後からの打ち合わせが夕方へ変更になったので、「ラッキー」と午前中から本屋へ走り、久しぶりに月刊誌を購入。 「」の連載当時は中学生だった私も、現在はいいオトナ(アラフォー)になり、 「ようやくフクちゃんとシゲカヨに追いついた……。 続編は同じ目線で読めるのね」 と感慨に耽っていたのです。 なんとなーく、「後」は、「」終了から5年~7年くらいの話かな? なんて漠然と思っていたのです。 甘かった。 きっちり16年後のお話でした。 シゲカヨ45才!!!! あと5年で50才!!!! 少女漫画で「主人公45才」ってある? そもそも「有り」なの? 驚きと同時に、すごくワクワクして嬉しくなりました。 「シゲカヨはこれからも、ずっと私の先を走ってくれるんだ……!」 って思ったから。 超えられない壁。 いや、超えちゃいけない壁? 年齢を重ねたシゲカヨ&フクちゃんは、最初からへビイかつぶっ飛ばしていました。 読んでいくうちに、「」の(私的)名言が頭の中に蘇る。 「震えるほどの幸せが欲しい それはどこにあるのかな」 「男も女も浮気する 一人じゃ足りないから」 「他のやつよりは多く埋められるのかもな… でも完璧じゃない」 「そう、完璧なヤツなんていない」 「永遠の愛なんて誓えない」 「本当はこの世の誰もそんなの誓えない」 私が「」を繰り返し読んでしまうのは、よくあるような「紆余曲折あるものの、最後は相手と結ばれて(もしくは別れて)お終い」ではないから。 愛だの恋だの日常生活だの、そこにある幸せに浮き沈みは必ずあって、それは生きている限り続いていく、ということを突きつけられてしまうから。 時には渋滞する車の屋根を走るシゲカヨ。 フクちゃんのマンションの窓から逃亡するシゲカヨ。 その妖怪じみた行動はに不似合いなのに、「恋愛の現実」についてはどの漫画よりもリアルだと思う。 「」と「後」の違いは、独身時代と結婚後のハッピーの求め方。 取り巻く人間や環境が変わっても、2人の幸せの探求は止まらない。 てっきり読み切りかと思っていたのに、最後に「to be continued」の文字が。 そう、 連載だったのだ。 「鉄道マニア」「車マニア」「切手マニア」「ディズニーマニア」「ファッションマニア」「美容マニア」「健康マニア」etc…… 世の中にマニアの数は多々あれど、共通点がひとつだけある。 それは 「自分で区切りをつけない限り終わりは存在しない」ということ。 もうこの時点で「後」には、 嫌な予感しかしない。 でも、すでに第1話を読んでしまった。 『「」マニア』も、自分で区切りをつけなきゃ終わらない。 そして私は区切りをつけることができない。 かつて「」を読んでいて、「今さら『』の続編とか……」と躊躇しているなら、止めておいたほうがいいかもしれない。 きっと追い続けてしまうから。 ただし、これだけは言っておく。 「フクちゃんの16年後のすっぴんだけでも見る価値はある」 と。 ……そんなことを思った一日。

次の

後ハッピーマニア【単話】 1巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

後ハッピーマニアネタバレ

2017年の七夕。 驚くような再会がありました。 それの続編とあらば、読まないわけにはいきません。 ふだん漫画雑誌を買うことはあまりないのですが、どうしても手に取ってじっくり読みたかったので書店を駆けずり回ってきました。 近所に1冊だけ残っていたのをゲット!• 16年ぶりの続編!! 見開き巻頭カラーどーん! すみません、あまりにも綺麗だったのでこのページだけ撮りました。 大きく描かれているのはカヨコとフクちゃん、そしてタカハシ! あ、今気づいたけどカヨコはハッピーマニアの最後にタカハシと結婚した(はず)だから重田ではなく高橋カヨコなんですかね? 今の今まで気づかなかった…。 それにしてもこのカヨコの表情、おそろしいほどの気迫ですね。 ピンチに目を見開いているような、現実を見つめようとしているような。 でも思い返してみれば16年前のカヨコもこんな風に いつもガンつけてるような必死な表情でした。 フクちゃんはあれですね…変わってないように見えます…そしてタカハシ…なんだろうこのポカンとした無慈悲にも思える明るい表情は…。 ネタバレなしの感想 スポンサーリンク カヨコとフクちゃんは喧嘩して5年間会っていなかったという設定でしたが、 二人のやりとりはいつも通りで懐かしくなりました。 カヨコがボケつつ、フクちゃんは激しく突っ込みつつも意図せずボケたり、それをカヨコが心の中で突っ込んだり。 年齢を重ねてもそんな風に話せる友達がいるって素敵です。 カヨコがフクちゃんのところに来た理由は素敵じゃなかったですけども。 カヨコとフクちゃんそれぞれの状況や、お互いの老け具合(!)の描写に、16年の重みを感じます…。 驚いたのが、てっきり「読み切り」かと思って読んでいたら 途中で終わってしまったことです! to be continuedって書いてあるし! 続くんかい! それはそれで嬉しいけど、驚いたよ! 作者の安野モヨコさんがTwitterでも続きがあることを明言していらっしゃいました。 こんにちは、モヨコです。 「後ハッピーマニア」なんと続きます! 読み切りじゃなくてすみません。 しかし、来月からまた鼻下長の続きを描いて単行本だしてからです。 だから来年くらいになります。 オッケー待ちます! 「後ハッピーマニア」第1話の詳しいネタバレ感想 ここからは、ネタバレありの感想ですので十分にお気をつけください。 5年ぶりに再会するカヨコとフクちゃん 冒頭は、45歳のカヨコがフクちゃんの前に姿を現す場面から始まります。 しかし、フクちゃんは無視。 シカトです。 無言でカヨコにスマホを向けて写真を撮るフクちゃん。 バツが悪そうなカヨコは、 「フクちゃん… あたし…心霊現象とかじゃないよ」 となだめますが、フクちゃんはかなり怒っている様子。 どうやら、カヨコとフクちゃんが会うのは5年ぶりで、その間カヨコは全くの音信不通だったようです。 フクちゃんは 「あたし達 絶交してたよね?」 「5年も音信不通でよく顔出せるね」 とカヨコを突っぱねますが、カヨコは「あたかも住民であるかのような顔」をしてスッとフマンションのエントランスを通過。 カヨコとフクちゃんの女子コントのやりとり、「ハッピーマニア」を愛読してた人にはかなり懐かしいものがあるんじゃないでしょうか。 さすが美の女神フクちゃん。 そしてカヨコの向こう見ずで正直すぎる言動。 そんな状態でカヨコがなぜフクちゃんのもとに来たかというと、 「本当にどこにも行くとこがない!」 とのことで、泣きはらしてシワシワになった(これもフクちゃんにツッコまれてた)目で親友のところに来たんですね。 45歳のカヨコに何が? カヨコが泣きはらした理由。 それは、 タカハシに好きな人ができたこと。 「好きな人ができたから 別れてくれって———… 言われた!! 」 見開きページで衝撃の告白。 ですが、フクちゃんは眉毛ひとつ動かしません。 「もう絶対無理なやつじゃん」 「だってタカハシ絶対 浮気しなかったでしょ」 「本気じゃん?」 とまくしたてるフクちゃん。 それを聞いたカヨコは床に倒れこむほど納得します。 絶対に… 「浮気しない男」の代価 「浮気」じゃなくてすぐ「本気」 そうだったそうだった。 タカハシってそんなヤツでしたよ。 だからこそあの頃のタカハシは婚約中だったにもかかわらず、本気になってカヨコを追ってきたんですよね。 フクちゃんの近況は? 一方、フクちゃんはヒデキと別居中でした。 息子のヨウジとヒデキは、58歳の美魔女のところにいるようです。 うっ…これもなかなか衝撃。 フクちゃんの仕事はとても順調で、会社の年商は1億。 15歳年下の彼氏もいるようです。 さすがフクちゃん。 あっぱれフクちゃん。 浮気が本気になったタカハシこのやろ 現在のタカハシが描かれたシーンもありました。 とある女性のアパート。 そのドアを、タカハシがガチャガチャやって開けようとしています。 なんだか乱暴ですね…タカハシこわい。 45歳はとてもいってなさそうな、30歳くらいの女性(眼鏡黒髪)は 「私は…奥さんいる人をどうこうとか ましてや恋愛なんて絶対… 人様の結婚生活を壊すなんて絶対イヤなんです」 とドア越しに拒否。 でも、頬は染まっているしタカハシのことを好きそうな感じではあります。 そしてタカハシは 「わかってます でも 妻とは…ちゃんと別れます」 と、 ものすごいキメ顔で断言。 いやいや、なにキリッとしちゃってんだよー! しかもカヨコの老け具合と比べると、タカハシがいい具合に年を重ねてるっぽい。 これは年下の女性ともワンチャンありますね…。 うーむ、カヨコ不利かも…。 カヨコはどうする タカハシの性格を考えると無理なのかもしれない、そう思ったカヨコでしたが、フクちゃんが放った 「いいの? そんなあっさり渡しちゃって あんた嫁なんだから戦いなよ」 という言葉にハッとなります。 さすがフクちゃん…(二回目)。 カヨコが言ってほしがっている言葉をすぐには与えないけど、根底では友達として寄り添ってくれる。 友情に泣けます。 そしてカヨコは 私はこれから私の現実に立ち向かわなければならない そしてそれは かなりやばい と、カッと目を見開くのです。 現実を直視するその視線。 それこそがカヨコだ。 がんばれカヨコ。 フクちゃんがいれば百人力だ。 っていうか…… っていうかさ…… タカハシなにやってんのー! なにちょっと若い女の子に入れあげてんのー! しかもマジ惚れっぽいし。 あーあ。 でもね、タカハシって前からこんなでしたよ。 シゲカヨのことを好いて追っかけてきたときもこうでしたよ。 だから、納得もできるんですよね。 人は根本的には変わらないものなんだなーって、思いますよね…。 その部分に関しては、 絶対に浮気しない男の代価 とも描かれていました。 浮気はしないかわりにいつも本気になっちゃうやつ。 それにしてもタカハシはカヨコにベタ惚れで結婚したのに、もしやタカハシもカヨコと同じで「自分を好きにならないような相手が好き」というループ恋愛体質だったのかな…。 時は残酷。 変わらなさ加減でいえばシゲカヨも、とくに職にもつかずにプラプラしているという部分では同じ。 でも、浮気に関しては「ギリギリまでは何度かあるけどやってない!」らしいから驚きです。 「はー、恋したい」が口癖だったシゲカヨからは想像もつかないほど一途だったんだねー。 そんな感じでタカハシに別れを切り出されて、フクちゃんのところに駆け込んだカヨコ。 この図式も以前と同じです。 ある意味安心…してはいけないんでしょうけど。 フクちゃんのほうもわりと複雑です。 事業では成功して年収1億(!)の女になったけど旦那(ヒデキ)と息子は愛人の美魔女のところに入り浸り。 フクちゃんはたまに若い男と遊びながらほぼ一人暮らし…という、 カヨコが転がり込むにはうってつけの状況ですね! 読み終えた心境 完結した作品の続編って、100パーセント楽しいうれしいという感想だけではないということがわかりました。 なんというか、 苦しい。 正直に言うと、再びもがいているカヨコを見て苦しくなりました。 「ハッピーマニア」は何度も読み返している大好きな漫画のひとつです。 それは、最後にちゃんと完結している(まだカヨコの冒険は続くというかたちの終わり方であっても)のを知っているから、安心して何度もカヨコの恋路を「もー、ほんとになにやってんの」とフクちゃんのような気持ちで、またある時はカヨコ本人のような暴走特急なテンションで読めるのです。 今回の「後(ご)ハッピーマニア」では人物もリアルの年月と同じだけ歳を重ねさせていたこともあり、カヨコたちが より身近に、リアルに感じられました。 続きは1年後くらいということで苦しさは続きますが、またカヨコの生きざまをある時点まで見届けたいなと思います。 2018年10月追記: この記事を書いてから1年以上が過ぎましたが、七夕にさらなる続編はなく… もうひとつの世界線に行っちゃったシゲカヨ達、一体どうなっちゃったんでせうね… 2019年8月追記: ついに! 2019年9月6日発売の「フィールヤング」から「後ハッピーマニア」の連載が決定したようです。 次の展開が楽しみですね。 『ハッピー・マニア』完結から18年… 恋の暴走機関車シゲカヨが帰ってきます〜〜! 9月6日発売のフィールヤングにて『 』連載スタート。

次の