幸楽苑 碧南。 幸楽苑

【閉店】幸楽苑 碧南笹山店

幸楽苑 碧南

,LTD. (平成15年)に第一部に上場し 、 (平成27年)に体制に移行して直営飲食事業を会社分割により子会社に承継し 、 株式会社幸楽苑ホールディングスが上場している。 ラーメン店チェーン店大手の一つである。 概要 [ ] 福島県で創業し、及びにを展開した。 かつては好調であったが最近は低迷しており、特に(平成27年)3月期に全体の約四分の一の128店、(平成27年)3月期には34店舗を閉鎖したものの、94店舗が赤字店となるなど業績不振となったため、(平成27年)5月末時点でに501店舗へ減少するなど赤字店舗が相次いでいる。 そのため、(平成30年)3月期において、金融機関と締結した財務制限条項に抵触したため、「継続企業に関する重要事象」が記載されることになった。 (平成27年)に290円(税別)の中華そばの販売を終了し、520円(税別)の新商品「醤油らーめん司」に切り替えた。 この発表は、幸楽苑が高価格路線を目指して大きな賭に出たと話題を呼んだ。 (平成23年)9月に現地法人「幸楽苑タイランド」を設立し 、(平成24年)に 1号店としてに「エカマイ店」を開店して海外に初出店した。 しかし、売上が伸び悩んだことから(平成28年)に現地法人「幸楽苑タイランド」を解散することを決定し 、同年に現地の食品製造会社「」をとフランチャイズ契約を締結して同社に2店舗の運営を継承することになった。 長きに渡りラーメンチェーン店を主に展開してたが、2017年にとフランチャイズ契約を結びペッパーが展開する、のフランチャイズ展開を行うことになった。 今後は幸楽苑の一部店舗を閉店し、いきなり! ステーキへ転換を進める予定。 2020年1月6日、「収益重視型経営への改革の一環」として、51店舗を閉店・業態転換すると発表。 沿革 [ ]• (29年) - 創業者・新井田司(現在の代表取締役社長の実父)が福島県に「味よし食堂」を開店• (昭和42年) - 「味よし食堂」を「 幸楽苑」に店名変更• (昭和45年)• - 株式会社幸楽苑に改組 (資本金200万円 )• 専門店「アショカ」を開店。 (昭和50年)• 福島県会津若松市に工場を建設し、自社生産を開始。 会津若松市外1号店としてに「喜多方店」を出店。 (昭和55年)• 福島県芳賀町に本部工場機能を移転。 フランチャイズ事業を開始し、加盟店第1号の「桜通り店」(郡山市)を開店。 (昭和56年) - 製麺工場を郡山市に移転。 (昭和59年)• 工場を福島県郡山市田村町へ移転し、第一工場(現郡山工場)を開設。 福島県外1号店としてに「鹿野店」を開店。 (昭和62年) - 1号店としてに「西川田店」を開店。 (昭和63年) - 1号店としてに「赤坂店」を開店。 (元年) - 1号店としてに「新発田店」を開店。 (平成3年) - 1号店としてに「米沢店」を開店。 (平成9年)• 1号店としてに「元吉田店」を開店。 株式を店頭売買銘柄として社団法人日本証券業協会(現)に登録。 別業態のラーメン店「喜伝」郡山市に出店• (平成10年)• 1号店としてに「上泉店」を開店。 店「とんからりん」を郡山市に開店。 (平成11年)• 1号店としてに「深谷店」を開店。 1号店としてに「若柴店」を開店。 (平成12年) - 店「チーファン」を郡山市に出店 [ ]• 1号店としてに「相模原店」を開店。 新業態「幸楽苑」第1号店として前橋市の「上泉店」を業態転換。 1号店としてに「旭北錦店」と「土崎店」を開店。 (平成14年)• 「株式会社デン・ホケン」を設立。 市場二部に上場。 (平成15年)• 「株式会社スクリーン」を設立。 「株式会社バリューライン」を設立。 東京証券取引所市場第一部に上場。 1号店としてに「三島南店」を開店。 1号店としてに「竜王店」を開店。 (平成16年)• 神奈川県に第二工場(現小田原工場)を開設。 1号店としてに「安城今本町店」を開店。 1号店としてに「四日市平町店」を開店。 1号店としてに「岐阜大福町店」を開店。 1号店としてに「長野北長池店」と「長野中御所店」を開店。 1号店としてに「京都山科店」を開店。 1号店としてに「草津矢倉店」を開店。 「」の義務付けに伴い、意図的に税抜表示を目立たせて総額(税込)表示を小さくする企業展開を始める• (平成17年)• 1号店としてに「大阪狭山店」とに「貝塚店」を開店。 1号店としてに「奈良大宮店」を開店。 1号店としてに「金沢泉本町店」を開店。 1号店としてに「高岡萩布店」を開店。 1号店としてに「姫路中地店」と「姫路広畑店」と「姫路御国野店」を開店。 1号店としてに「一関店」を開店。 とフランチャイズ契約を締結 [ ]• (平成18年)• 1号店としてに「八戸沼館店」を開店。 1号店としてに「福井長本町店」を開店。 主力商品である中華そばの価格を税込価格304円(店内外の目立つ表示は税別290円)に値下げ• (平成19年)• 京都府に第三工場(現京都工場)を開設。 (平成20年)• 1号店としてに「イズミヤスーパーセンター紀伊川辺店」を開店。 黒のユニフォームから、黄色のユニフォームへ変更 [ ]• (平成21年)• 株式会社とパッケージ・ライセンス契約締結。 (平成22年)• 1号店として福島県郡山市に「安積店」を開店。 (平成23年)• 9月 - 現地法人「幸楽苑タイランド」を設立。 (KOURAKUEN(THAILAND)CO. ,LTD. (平成24年)• 1号店としてに「エカマイ店」を開店。 初の海外進出。 1号店としてに「厚別東店」を開店。 (平成26年)• 1号店としてに「倉敷四十瀬店」を開店。 290円時代の店舗外観• (平成27年)• - 「株式会社幸楽苑分割準備会社」を設立。 - 主力商品であった中華そば(税別290円)を販売終了し、新商品「醤油らーめん司」(税別520円)に切り替え。 - 持株会社体制に移行し、 株式会社幸楽苑ホールディングスに商号変更。 「株式会社幸楽苑分割準備会社」を「幸楽苑」と商号変更し、直営飲食事業を会社分割により子会社に承継する。 1号店としてに「イオンモール広島祇園店」を開店。 (平成28年)• - 現地法人「幸楽苑タイランド」を解散することを決定。 - 現地の食品製造会社「」をとフランチャイズ契約を締結。 (平成29年)• - 株式会社とフランチャイズ契約を締結。 11月 - いきなり! ステーキFC 1号店としてに「福島太平寺店」を開店。 (平成30年)• - 一人焼肉の「焼肉ライク」などを展開する株式会社とフランチャイズ契約を締結、『焼肉ライク』郊外モデル共同開発プロジェクトを発足。 -「」郊外モデル初の第1号店 FC 1号店 、焼肉ライク松戸南花島店開店。 - 「」、「からやま」などを展開する株式会社と業務提携。 出店地域 [ ] (平成27年)5月末時点で501店舗。 現在 [ ]• 、、、、、• 、、、、、、• 、、、 過去 [ ] 一度進出したが、赤字店舗が続出したことで撤退した地域• 、、、、、、、、、、、、、、、、、 メニュー [ ] 詳細は公式サイトのを参照• 季節メニューとして夏に、や和風つけめん等がある。 「半ちゃんラーメン」は「幸楽苑」の登録(商標登録第1523776号)である。 ただし、その由来はの半荘(はんちゃん)で 、半量のに由来するわけではない。 また、商標登録の指定商品は「中華そばのめん」、「即席中華そばのめん」とされており、チャーハンとラーメンのセットには商標権は及ばない。 最もベーシックなメニューであった「中華そば」の価格は5月以降に390円(税別)から、290円(税別)に値下げ。 これは、さらなる集客効果を図るとともに、ほかのサイドメニューを購入しやすくして客単価を引き上げ、利益率を改善させるのが主な目的であった。 (平成27年)に主力メニューであった中華そば(税別290円)を販売終了し、新商品「醤油らーめん司」(税別520円)に切り替え。 現在は極上中華そばになっている。 (令和元年)8月現在の主力メニューは「味噌野菜たんめん」(税別640円。 販売開始当初の名称は「味噌野菜らーめん」だった)となっている。 その他 [ ]• ラーメン業において、かつては福島県内と一部地域では「会津っぽ」、それ以外では「幸楽苑」という名称で展開していたが、のち幸楽苑に統一されている(それ以前は、福島県内でも「会津っぽ」と「幸楽苑」が混在していたこともあった) [ ]。 かつてはラーメン業以外に、「とんかつ伝八」と言う名のとんかつ店を展開していた。 [ ]。 2009年5月1日、パッケージライセンス契約をレストランチェーンの株式会社フライングガーデンと締結し、 2010年1月18日に、福島県第一号店として、「フライングガーデン安積店」がオープン。 以前のこの店舗は、和風厨房伝八安積店であったが、昨年12月初旬に閉店後、改装 [ ]。 2014年4月、から「サッポロ一番 幸楽苑シリーズ」(極旨醤油らーめん・味噌らーめん・塩らーめん)が期間限定で全国発売された。 毎年8月21日には「福島県民の日」のイベントとして、当日に幸楽苑で食事をした人全員にギョーザ無料券の配布を行っている。 なお、このイベントは福島県内の店舗のみで実施されており、2014年から毎年開催されている。 2018年11月15日から25日までの間、1997年(平成9年)当時の「幸楽苑」「会津っぽ」とは別業態の「㐂伝(きでん)」(「㐂」は「喜」の草書体で、 七3つで構成する「森」「轟」と同型の文字。 )という屋号で、絞り込んだメニューを提供する店舗を出店していたのを記念して「㐂伝(きでん)らーめん」を限定復活させた。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 既存店である「会津っぽ」、「㐂伝きでん(「㐂」は「喜」の草書体で、 七3つで構成する「森」「轟」と同型の文字。 )」は順次「幸楽苑」に転換された、中華そばを税込価格410円(店内外の目立つ表示は税別390円)で販売• は総額表示の「具体的な表示例」として下記のように説明している。 例えば、次に掲げるような表示が「総額表示」に該当します。 ・10,290円 ・10,290円 税込 ・10,290円 税抜9,800円 ・10,290円 うち消費税等490円 ・10,290円 税抜9,800円、消費税等490円 [ポイント] 支払総額である「10,290円」さえ表示されていればよく、「消費税額」や「税抜価格」が表示されていても構いません。 現在は、すべての店舗がいきなり! ステーキに転換している。 その後、2015年4月に豚骨こってりらーめんが発売されたのに伴い、極旨醤油らーめんと味噌らーめんがリニューアル扱いで再発売された [ ]。 出典 [ ]• 福島民報. 2015年5月9日• 2015年6月20日号. 2015年6月15日• 東京商工リサーチ 2018年5月21日• 東洋経済オンライン 2014年11月29日• 福島民友新聞社. 2016年4月1日• 福島民友新聞社. 2016年6月17日• 福島民友新聞社. 2017年10月28日• PR TIMES 2018年12月26日. 2019年9月19日閲覧。 PR TIMES 2019年9月4日. 2019年9月19日閲覧。 - 2007年6月28日• 福島民報 みんゆうNET 2017年8月18日(2017年8月29日閲覧)• 「」『福島民友新聞社』。 2018年11月30日閲覧。 広報資料・プレスリリースなど一次資料 [ ]• 幸楽苑. 2017年3月14日閲覧。 幸楽苑. 2017年3月14日閲覧。 幸楽苑. 2017年3月14日閲覧。 幸楽苑. 2017年3月14日閲覧。 幸楽苑. 2017年3月14日閲覧。 幸楽苑. 2017年3月14日閲覧。 幸楽苑. 2017年3月14日閲覧。 株式会社幸楽苑・プレスリリース2009年5月1日• 関連企業 [ ]• - 1988年に幸楽苑の生麺、冷凍生餃子の販売会社として新井田武男が創業。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - チャンネル.

次の

日東富士製粉株式会社

幸楽苑 碧南

,LTD. (平成15年)に第一部に上場し 、 (平成27年)に体制に移行して直営飲食事業を会社分割により子会社に承継し 、 株式会社幸楽苑ホールディングスが上場している。 ラーメン店チェーン店大手の一つである。 概要 [ ] 福島県で創業し、及びにを展開した。 かつては好調であったが最近は低迷しており、特に(平成27年)3月期に全体の約四分の一の128店、(平成27年)3月期には34店舗を閉鎖したものの、94店舗が赤字店となるなど業績不振となったため、(平成27年)5月末時点でに501店舗へ減少するなど赤字店舗が相次いでいる。 そのため、(平成30年)3月期において、金融機関と締結した財務制限条項に抵触したため、「継続企業に関する重要事象」が記載されることになった。 (平成27年)に290円(税別)の中華そばの販売を終了し、520円(税別)の新商品「醤油らーめん司」に切り替えた。 この発表は、幸楽苑が高価格路線を目指して大きな賭に出たと話題を呼んだ。 (平成23年)9月に現地法人「幸楽苑タイランド」を設立し 、(平成24年)に 1号店としてに「エカマイ店」を開店して海外に初出店した。 しかし、売上が伸び悩んだことから(平成28年)に現地法人「幸楽苑タイランド」を解散することを決定し 、同年に現地の食品製造会社「」をとフランチャイズ契約を締結して同社に2店舗の運営を継承することになった。 長きに渡りラーメンチェーン店を主に展開してたが、2017年にとフランチャイズ契約を結びペッパーが展開する、のフランチャイズ展開を行うことになった。 今後は幸楽苑の一部店舗を閉店し、いきなり! ステーキへ転換を進める予定。 2020年1月6日、「収益重視型経営への改革の一環」として、51店舗を閉店・業態転換すると発表。 沿革 [ ]• (29年) - 創業者・新井田司(現在の代表取締役社長の実父)が福島県に「味よし食堂」を開店• (昭和42年) - 「味よし食堂」を「 幸楽苑」に店名変更• (昭和45年)• - 株式会社幸楽苑に改組 (資本金200万円 )• 専門店「アショカ」を開店。 (昭和50年)• 福島県会津若松市に工場を建設し、自社生産を開始。 会津若松市外1号店としてに「喜多方店」を出店。 (昭和55年)• 福島県芳賀町に本部工場機能を移転。 フランチャイズ事業を開始し、加盟店第1号の「桜通り店」(郡山市)を開店。 (昭和56年) - 製麺工場を郡山市に移転。 (昭和59年)• 工場を福島県郡山市田村町へ移転し、第一工場(現郡山工場)を開設。 福島県外1号店としてに「鹿野店」を開店。 (昭和62年) - 1号店としてに「西川田店」を開店。 (昭和63年) - 1号店としてに「赤坂店」を開店。 (元年) - 1号店としてに「新発田店」を開店。 (平成3年) - 1号店としてに「米沢店」を開店。 (平成9年)• 1号店としてに「元吉田店」を開店。 株式を店頭売買銘柄として社団法人日本証券業協会(現)に登録。 別業態のラーメン店「喜伝」郡山市に出店• (平成10年)• 1号店としてに「上泉店」を開店。 店「とんからりん」を郡山市に開店。 (平成11年)• 1号店としてに「深谷店」を開店。 1号店としてに「若柴店」を開店。 (平成12年) - 店「チーファン」を郡山市に出店 [ ]• 1号店としてに「相模原店」を開店。 新業態「幸楽苑」第1号店として前橋市の「上泉店」を業態転換。 1号店としてに「旭北錦店」と「土崎店」を開店。 (平成14年)• 「株式会社デン・ホケン」を設立。 市場二部に上場。 (平成15年)• 「株式会社スクリーン」を設立。 「株式会社バリューライン」を設立。 東京証券取引所市場第一部に上場。 1号店としてに「三島南店」を開店。 1号店としてに「竜王店」を開店。 (平成16年)• 神奈川県に第二工場(現小田原工場)を開設。 1号店としてに「安城今本町店」を開店。 1号店としてに「四日市平町店」を開店。 1号店としてに「岐阜大福町店」を開店。 1号店としてに「長野北長池店」と「長野中御所店」を開店。 1号店としてに「京都山科店」を開店。 1号店としてに「草津矢倉店」を開店。 「」の義務付けに伴い、意図的に税抜表示を目立たせて総額(税込)表示を小さくする企業展開を始める• (平成17年)• 1号店としてに「大阪狭山店」とに「貝塚店」を開店。 1号店としてに「奈良大宮店」を開店。 1号店としてに「金沢泉本町店」を開店。 1号店としてに「高岡萩布店」を開店。 1号店としてに「姫路中地店」と「姫路広畑店」と「姫路御国野店」を開店。 1号店としてに「一関店」を開店。 とフランチャイズ契約を締結 [ ]• (平成18年)• 1号店としてに「八戸沼館店」を開店。 1号店としてに「福井長本町店」を開店。 主力商品である中華そばの価格を税込価格304円(店内外の目立つ表示は税別290円)に値下げ• (平成19年)• 京都府に第三工場(現京都工場)を開設。 (平成20年)• 1号店としてに「イズミヤスーパーセンター紀伊川辺店」を開店。 黒のユニフォームから、黄色のユニフォームへ変更 [ ]• (平成21年)• 株式会社とパッケージ・ライセンス契約締結。 (平成22年)• 1号店として福島県郡山市に「安積店」を開店。 (平成23年)• 9月 - 現地法人「幸楽苑タイランド」を設立。 (KOURAKUEN(THAILAND)CO. ,LTD. (平成24年)• 1号店としてに「エカマイ店」を開店。 初の海外進出。 1号店としてに「厚別東店」を開店。 (平成26年)• 1号店としてに「倉敷四十瀬店」を開店。 290円時代の店舗外観• (平成27年)• - 「株式会社幸楽苑分割準備会社」を設立。 - 主力商品であった中華そば(税別290円)を販売終了し、新商品「醤油らーめん司」(税別520円)に切り替え。 - 持株会社体制に移行し、 株式会社幸楽苑ホールディングスに商号変更。 「株式会社幸楽苑分割準備会社」を「幸楽苑」と商号変更し、直営飲食事業を会社分割により子会社に承継する。 1号店としてに「イオンモール広島祇園店」を開店。 (平成28年)• - 現地法人「幸楽苑タイランド」を解散することを決定。 - 現地の食品製造会社「」をとフランチャイズ契約を締結。 (平成29年)• - 株式会社とフランチャイズ契約を締結。 11月 - いきなり! ステーキFC 1号店としてに「福島太平寺店」を開店。 (平成30年)• - 一人焼肉の「焼肉ライク」などを展開する株式会社とフランチャイズ契約を締結、『焼肉ライク』郊外モデル共同開発プロジェクトを発足。 -「」郊外モデル初の第1号店 FC 1号店 、焼肉ライク松戸南花島店開店。 - 「」、「からやま」などを展開する株式会社と業務提携。 出店地域 [ ] (平成27年)5月末時点で501店舗。 現在 [ ]• 、、、、、• 、、、、、、• 、、、 過去 [ ] 一度進出したが、赤字店舗が続出したことで撤退した地域• 、、、、、、、、、、、、、、、、、 メニュー [ ] 詳細は公式サイトのを参照• 季節メニューとして夏に、や和風つけめん等がある。 「半ちゃんラーメン」は「幸楽苑」の登録(商標登録第1523776号)である。 ただし、その由来はの半荘(はんちゃん)で 、半量のに由来するわけではない。 また、商標登録の指定商品は「中華そばのめん」、「即席中華そばのめん」とされており、チャーハンとラーメンのセットには商標権は及ばない。 最もベーシックなメニューであった「中華そば」の価格は5月以降に390円(税別)から、290円(税別)に値下げ。 これは、さらなる集客効果を図るとともに、ほかのサイドメニューを購入しやすくして客単価を引き上げ、利益率を改善させるのが主な目的であった。 (平成27年)に主力メニューであった中華そば(税別290円)を販売終了し、新商品「醤油らーめん司」(税別520円)に切り替え。 現在は極上中華そばになっている。 (令和元年)8月現在の主力メニューは「味噌野菜たんめん」(税別640円。 販売開始当初の名称は「味噌野菜らーめん」だった)となっている。 その他 [ ]• ラーメン業において、かつては福島県内と一部地域では「会津っぽ」、それ以外では「幸楽苑」という名称で展開していたが、のち幸楽苑に統一されている(それ以前は、福島県内でも「会津っぽ」と「幸楽苑」が混在していたこともあった) [ ]。 かつてはラーメン業以外に、「とんかつ伝八」と言う名のとんかつ店を展開していた。 [ ]。 2009年5月1日、パッケージライセンス契約をレストランチェーンの株式会社フライングガーデンと締結し、 2010年1月18日に、福島県第一号店として、「フライングガーデン安積店」がオープン。 以前のこの店舗は、和風厨房伝八安積店であったが、昨年12月初旬に閉店後、改装 [ ]。 2014年4月、から「サッポロ一番 幸楽苑シリーズ」(極旨醤油らーめん・味噌らーめん・塩らーめん)が期間限定で全国発売された。 毎年8月21日には「福島県民の日」のイベントとして、当日に幸楽苑で食事をした人全員にギョーザ無料券の配布を行っている。 なお、このイベントは福島県内の店舗のみで実施されており、2014年から毎年開催されている。 2018年11月15日から25日までの間、1997年(平成9年)当時の「幸楽苑」「会津っぽ」とは別業態の「㐂伝(きでん)」(「㐂」は「喜」の草書体で、 七3つで構成する「森」「轟」と同型の文字。 )という屋号で、絞り込んだメニューを提供する店舗を出店していたのを記念して「㐂伝(きでん)らーめん」を限定復活させた。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 既存店である「会津っぽ」、「㐂伝きでん(「㐂」は「喜」の草書体で、 七3つで構成する「森」「轟」と同型の文字。 )」は順次「幸楽苑」に転換された、中華そばを税込価格410円(店内外の目立つ表示は税別390円)で販売• は総額表示の「具体的な表示例」として下記のように説明している。 例えば、次に掲げるような表示が「総額表示」に該当します。 ・10,290円 ・10,290円 税込 ・10,290円 税抜9,800円 ・10,290円 うち消費税等490円 ・10,290円 税抜9,800円、消費税等490円 [ポイント] 支払総額である「10,290円」さえ表示されていればよく、「消費税額」や「税抜価格」が表示されていても構いません。 現在は、すべての店舗がいきなり! ステーキに転換している。 その後、2015年4月に豚骨こってりらーめんが発売されたのに伴い、極旨醤油らーめんと味噌らーめんがリニューアル扱いで再発売された [ ]。 出典 [ ]• 福島民報. 2015年5月9日• 2015年6月20日号. 2015年6月15日• 東京商工リサーチ 2018年5月21日• 東洋経済オンライン 2014年11月29日• 福島民友新聞社. 2016年4月1日• 福島民友新聞社. 2016年6月17日• 福島民友新聞社. 2017年10月28日• PR TIMES 2018年12月26日. 2019年9月19日閲覧。 PR TIMES 2019年9月4日. 2019年9月19日閲覧。 - 2007年6月28日• 福島民報 みんゆうNET 2017年8月18日(2017年8月29日閲覧)• 「」『福島民友新聞社』。 2018年11月30日閲覧。 広報資料・プレスリリースなど一次資料 [ ]• 幸楽苑. 2017年3月14日閲覧。 幸楽苑. 2017年3月14日閲覧。 幸楽苑. 2017年3月14日閲覧。 幸楽苑. 2017年3月14日閲覧。 幸楽苑. 2017年3月14日閲覧。 幸楽苑. 2017年3月14日閲覧。 幸楽苑. 2017年3月14日閲覧。 株式会社幸楽苑・プレスリリース2009年5月1日• 関連企業 [ ]• - 1988年に幸楽苑の生麺、冷凍生餃子の販売会社として新井田武男が創業。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - チャンネル.

次の

幸楽苑碧南笹山店(碧南市笹山町)|エキテン

幸楽苑 碧南

幸楽苑 幸楽苑の歴史は古く、お店が誕生したのは1954年です。 新井田傅社長の父親が福島県会津若松市に「味よし食堂」というお店を開店しました。 当初は従業員がたった3名。 お店は雨漏り。 という状況だったそうです。 その後、着々と店舗を増やしていき1999年には100店舗、2012年に500店舗へ拡大しましたが、、、 おススメ!【とろけるチャーシュー「 740円」が好評販売中!】 の味はそのままに、チャーシューをらーめん丼にいっぱいに広げた贅沢ならーめんです。 閉店することが決まった地域別スケジュール 今後の閉店スケジュールが発表されました。 閉店予定(計:51店舗) 2019年12月:30店舗(東北2店舗、関東6店舗、北陸甲信越1店舗、東海21店舗) 2020年1月:37店舗(東北1店舗、関東2店舗、東海4店舗) 2020年2月:12店舗(東北2店舗、関東5店舗、東海2店舗、関西3店舗) 2020年3月:31店舗(関東1店舗) 2020年4月:31店舗(関西1店舗) では、どこのお店が閉店するのか?店舗名についても詳しく調べてみました。 こちらは随時更新していきますが今のところネットの情報などから分かっているリストを掲載します。 ちなみに、 51店舗閉店は、幸楽苑全店舗の1割を占めるそうです。 こんなに大量に閉店とは、、、。 北海道• 千歳店(2018年閉店)• イオンモール旭川駅前店(2018年閉店)• アリオ札幌店(2018年閉店)• イオン札幌西岡店(2018年閉店)• イトーヨーカドー琴似店(2018年閉店)• イオンモール苗穂店(2018年閉店)• 清田店(2018年閉店)• 岩手県• 前沢店(2019年12月閉店) 新潟県• 巻店(2019年12月閉店)• 新琴似店• イオンモール苗穂店• 清田店 滋賀県• 草津新浜店 京都府• 京都久御山店• 京都山科店 埼玉県• 三郷店(2019年12月閉店)• 豊町店(2019年12月閉店) 神奈川県• ニトリモール相模原店(2019年12月閉店) 栃木県• 佐野店(2019年12月閉店) 群馬県• 館林アゼリアモール店(2019年12月閉店) 愛知県• 豊橋下地店(2019年12月閉店)• 師勝店(2019年12月閉店)• 知立店(2019年12月閉店)• 碧南笹山店(2019年12月閉店)• 一宮三条店(2019年12月閉店)• 名古屋荒中店(2019年12月閉店)• 名古屋浜田店(2019年12月閉店)• 名古屋池場店(2019年12月閉店)• 春日井篠木店(2019年12月閉店)• 蒲郡市役所通店(2019年12月閉店)• 豊田御立店(2019年12月閉店)• 岡崎東店(2019年12月閉店)• 岡崎矢作店(2019年12月閉店)• 岡崎伊賀店(2019年7月閉店) 静岡県• 裾野店(2019年12月閉店) 三重県• 四日市日永店(2019年12月閉店)• 鈴鹿神戸店(2019年12月閉店) 岐阜県• 岐阜大福町店• 各務ヶ原店(2019年12月閉店)• 大垣中野町店(2019年12月閉店) 福井県• 敦賀店• 福井長本町店• 鯖江店 岡山県• 倉敷四十瀬店• 岡山県大供店 です。 幸楽苑は「いきなりステーキ」もフランチャイズ展開してますが、こちらも閉店が続いていますね。 まとめ 閉店店舗リストは、わかり次第随時更新していきます。 こんなに多くの店舗が閉店になってしまうなんて本当に残念ですね。

次の