仕事 辞める 理由 ランキング。 バイト・パートが辞める理由・続ける理由と、定着のための対策

派遣を辞める時の15の退職理由?

仕事 辞める 理由 ランキング

私は今パートタイムで事務仕事をしています。 そこに、悩みの種の嫌いな上司がいます。 その上司は私よりも若くて、凄く生意気です。 年上の私に対してタメ口は当然の様に使ってきますし、私の主人の事とか根堀はほり、聞いてきて、私のファッションや持ち物を見てから、真似したり、私がマツエクをしたら「どこのお店に行っているの?」と聞いてきて、また真似したりと、あちらは私と仲良くしたいつもりですが、私は彼女の行動が嫌いでたまりません。 いちいち張り合ってくるのがめんどくさいです。 距離の取り方が近すぎるので、ここは学校かなにかのノリではないかとも思ってしまいます。 それから、仕事が終わってから、お茶しに行こうよ、とか、休みの日まで遊ぼうとか言ってくるのでうざいです。 今まで心底やめたいと思ったバイトや仕事のことを振り返ると、いずれも上司や先輩の関係がそんなによくなかったところにあります。 様々なバイトや仕事をしてきましたが、アパレルのアルバイトと教員の仕事はいずれもそうでした。 アパレルの仕事は、来店したお客さんに服をお勧めしないといけないのですが、ずっと前から働いている社員から教えられた通りにできないとすごく叱られましたし、アルバイト出来ているのに服を売るノルマを課されるのが分からないと思っていました。 それから最初に就職したのは教員だったのですが、子供が下校してから毎日のように上司である校長に呼ばれるのですが、校長に対する態度が悪いと身に覚えないことまで叱責されてつらかったです。 お局は以前やっていて今は私が担当している仕事を勝手にやったり、他部署の方の業務に首を突っ込んだりしています。 全く望んでない、むしろありがた迷惑なのに1日に何回も1ミリも感じていない感謝を伝えなくてはならないのがストレスです。 本人は「私は多方面に気を配れて仕事ができる」と思っているのを節々で感じます。 事あるごとに「忙しい」「私は休めない」と言っていますが全ては余計なことに自分から首を突っ込んでいることが原因です。 また、周囲からしたら休んでいただいても全く困りません。 毎日の小さなストレスが長年積み重なり、いい加減一緒にいるのがしんどくなってきました。 会社を辞める理由ランキング4位|教育制度・社内制度・社風 会社ではバックオフィス全般の業務を行っており、自分ではお金を生まない部署に所属しています。 ですが、結構面倒くさい会社の融資を銀行や信用金庫と話をまとめて利益に貢献したとしても、そこへの評価はほとんどしてもらえない状態。 基本的に遅刻早退等はなく、仕事をお休みするのも月に1回あるかないかくらいの勤怠なのですが、上司の機嫌が悪い時に、たまたまお休みをしたりすると、まるですごい頻度でお休みをしているかのように罵倒されたりして、そんなんだから仕事できないんだよ!くらいのことを言われたりします。 バックオフィスはお金を生まないお荷物部署だと思っている上司の下で、正当に評価をしてもらえないなら辞めたいと思いました。 仕事を続けるうえで、悩みは尽きないものです。 人間関係、案件の進め方…等々。 そんな時、たった一人だけでも、安心して相談できる人が職場内にいれば、その人が心の支えとなってがんばっていけます。 私が経験したとある職場では、そんな風に相談できる相手がいませんでした。 それは周囲の人も同じだったみたいで「聞いて欲しいことがある。 あなたにしか相談できなくて…」と私に相談してくれることがよくありました。 だけど、私自身にも誰かに相談したい悩みがたくさんありました。 でも周りには後輩だらけで、私が相談できる相手はいない…。 そんな環境で、悩みを抱えながら多量の仕事に取り組むうちに、ストレスからか体を壊してしまい、退職せざるをなくなってしまいました。 職場ハラスメントはパワハラ・セクハラを受けました。 人間関係は辞める1ヶ月前でのパワハラ。 当時、派遣社員だった私に、今まで笑顔で話す事もあった上司が無愛想になり、朝に出勤時に来るのが遅いのではと言い出した。 定刻9時からでも、時計の1分1秒の事を言われ出して驚きました。 派遣担当からは辞める間際での嫌がらせだと聞きました。 セクハラは関係を持たないか・・・等。 あれやこれや物をくれたりするので、それがどうしてなのか気になっていました。 そこから始まっていました。 遠くから煙草を吸いながらジロジロ見てくる。 近くに寄って来て耳元で「足がキレイですね。 」すれ違い様に「触っていいですか?」・・・等 会社を辞める理由ランキング1位|仕事量・労働環境 労働条件の相違に関しては、雇用する側とされる側の認識の違いや実際の職場の雰囲気が原因でした。 職種としてはサービス業で、「お客様の前に出るところからが仕事」という認識があったようで、出勤時間迄にタイムカードを押せば契約的には問題ないはずが、暗黙のルールで30分前出勤で引き継ぎ等行ってからタイムカードを。 という感じです。 就業も同様にタイムカードを処理した後にも作業があり、結局のところは、1時間分の労働を毎回無償で強いられていた。 時間計算されているからには、おかしいと上司に話をしたが、「そんなことを言うのはあなただけだ」と言われ、取り合ってもらえず、勤務が増えれば増える程損をするので辞めました。 幼いころから電気機器に興味を持ち、理工系の大学に進み電気機器関連のメーカーに就職しました。 しかし配属されたのは品質保証部門、要はクレーム処理係でした。 電気の知識など全く関係ない報告書を作成する毎日。 客先から掛かってくる電話の対応に精神的に追い詰められ、毎年のように移動願を提出しても受理されることなく、将来のことを考えると眠れないこともありました。 とにかく精神的にやられてしまい、電話が怖くなり、人と会うことが嫌になり、休日は家に閉じこもることが多くなりました。 考えることは広々とした牧場で牛や馬相手にのんびり過ごす・・、末期でした。 その後上司に相談、退社する旨を報告すると最終的には事業部長まで出てきて引き留められ、他部署への移動が許されました。 移動した後は望んでいたことをやれたのですが、数年後、業界統合の波に巻き込まれ、会社自体の存亡の危機に。 結局、優遇退職制度を利用して退職しました。 結婚しても二人きりの時は良いのですが、妊娠したとたんひどいつわりにおそわれ、もう働くのは無理だと思いました。 私のつわりが始まったのは、真冬の12月。 寒い所にいるだけで、吐いてしまいます。 立っているのもやっとなのに、私の仕事は銀行の外回りでした。 お客様のお宅に伺って、玄関先の寒い土間での書類のやりとりが多く、毎日フラフラしていました。 食事をとると吐き戻してしまうため、会社ではお昼抜きにしていました。 そんな状況で半月もしないうちに体調を崩し、病院に行くと入院をすすめられました。 まだまだ寒さは3ヶ月程続きます。 もうダメだと思い、そのまま退職となりました。

次の

仕事会社を辞める退職理由ランキング退職代行サービス脱出24データ

仕事 辞める 理由 ランキング

rikunabi. 実はこの結果、 よく見ると非常に気になる傾向が読み取れるのですがなんだかわかりますか? 退職理由ランキングから見る日本の職場環境のヤバさ ではひとつずつ見ていきましょう。 まずen-Japanの退職理由ランキングの1位は ぶっちぎりで『人間関係が悪かった』で、2位にダブルスコアをつけての大差です。 マイナビでも 『職場の人間関係が良くない』は2位となっていますね。 世の中にある日本の企業の 大半の現場で退職に追い込まれるほどの対人関係の不満がくすぶっているということです。 これって冷静に考えてみると ものすごい職場環境といえるのではないでしょうか。 いやいやスゴイっていうか ちょっとコレ異常でしょう。 しかもおそらく潜在的にはもっとあるはずです。 考えてみれば過労死や自殺などが起こるのも、ブラックな環境もさることながら 『職場の誰にも相談できない』『上司や同僚も助けてくれない』という人間関係が壊れた職場環境という土壌があるためといえるでしょう。 いやはやすごい事実です。 そりゃ生産性も上がりませんよ。 海外における退職理由ランキングは? では海外を例にしてみるとどの様な退職理由が多いのでしょうか。 以下のサイトにヒントとなりそうな情報がありました。 上記は海外のサイトで 『The 7 Reasons Why People Change Jobs』というタイトルの記事です。 まあ意訳すると 『人々が転職する理由7選』といったところでしょうか。 (これも厳密には 退職理由ではなく 転職理由ですが参考にはなるかと思います) それによると海外(おそらくアメリカ人)の退職理由ランキングベスト7は以下のようになっています。 意外にも実は日本とあんまり変わらないようなランキングでした。 本当はアメリカの転職理由ランキングはほとんどポジティブなものばかりです!すごいでしょ!みたいな結論にしたかったのですが。 新しい環境への変化に抵抗がないアメリカ人 アメリカ人の転職の基本概念は『どうしたらよりよい環境、待遇を得られるか』です。 使えない社員はすぐクビにされるのと同じように従業員もまた 『この職場にいてもダメだな』と判断したらさっさと転職します。 つまり同じようにネガティブな理由があっても 『我慢し続けるのが日本人』『さっさと転職するのがアメリカ人』というわけです。 当然、 対人関係の不満があった場合も自分がのびのびと活躍できるステージを探すだけの話です。 我慢し続けてストレスを溜めて生産性の低い長時間労働を続けるなんて、彼らに言わせればナンセンスでしょう。 実に 合理的かつシンプルです。 ご存知のようにアメリカでは転職が極めて一般的で、 一人の人が生涯で平均10回近く転職するそうです。 転職はキャリアビジョンの選択肢の一つであり、むしろ同じ会社にずっと留まるほうが珍しいわけです。 ですから 『成長できない』『活躍できない』『正当に評価されない』そんな会社に我慢して残り続けるなんてことはしません。 まだまだ終身雇用がはびこる日本とはまるで違いますよね。 そもそも 日本人は環境変化に対する抵抗感が強い人が多いです。 要は保守的な性格が多いということですね。 (僕自身もそうなのですが) 辞める理由はなんでもいい。 我慢して残ることが問題 ちなみに僕の場合、その時の会社がものすごくヌルい環境で、経験年数の割にまったくスキルがついていなかったことに焦ったというのが大きな転職理由ですね。 その後何回か転職を繰り返し、結果的に スキルアップもできましたし給料も大幅に増えているので転職してよかったと思っています。 (転職してみるといかに前の会社がヌルすぎる現場だったのかよくわかりましたから、もし未だに残っていたら今頃は。。。 と考えるとゾッとします) 僕自身 『このままじゃ本当にやばい!』とケツに火がつかないと転職を決断できませんでした。 だから 初めての転職が非常にハードルが高いと感じる事はよくわかります。 しかし、同時にやってみれば簡単だったと思えます。 そう、 もっとシンプルに考えればよかったのです。 MEMO実際のところ、ポジティブな理由で転職する方が年収アップにつながりやすいのは確かです。 また、転職だけでなく 【海外にワーキングホリデーに行きたい】とか 【日本一周の旅をしてみたい】あるいは 【大学や専門学校で学び直したい】といった理由もまたポジティブと言えるでしょう。 もちろん金銭面を始めとして様々なハードルがあるので無責任なことは言えませんが、 個人的には建設的で素晴らしい選択だと思います。 『今の会社を辞めたらもっと悪い条件にならないだろうか』と考えてずっと残るよりも 『仮に次の会社がイマイチでもまた転職しちゃえばいいさ』くらいの気持ちで 逆に考えた方がうまくいくものです。 案ずるより産むが易しとはよくいったもので、 スキル面では同世代のエンジニアの中で相当下の方という自覚がある僕でも確実に転職の度に条件はよくなっています。 今は有効求人倍率も高く かつてないほどの売り手市場の時代です。 せっかくですからあなたも転職を考えてみませんか。 実際の転職の流れについてはを参考にしてみてください。 まとめ 今回は、大手転職サイトの 仕事を辞める理由のランキングから見た日本の職場環境について考えてみました。 想像以上に対人関係で悩んで退職していく人が多いことがわかりました。 色々な人と関わりながら仕事をしていく以上、コミュニケーションは欠かせません。 中にはどうしたって人間関係がうまくいかない職場もあるでしょう。 そんなときは我慢せずに思い切って環境を変えてみましょう。 大丈夫です、 見ての通り実際に人間関係が理由で辞めている人は多くいるのですから。 新しい環境では素晴らしい仲間に恵まれるかもしれませんよ。

次の

看護師を辞める理由を多い順に10個紹介!辞めたいなら辞めても大丈夫

仕事 辞める 理由 ランキング

この記事の目次• TOP1位「家庭の事情」 まずは「家庭の事情」です。 辞める理由によく挙げられるもので、いわば定番とも言えるものです。 この「家庭の事情」には様々なケースがあります。 例えば 子供の習い事のために送り迎えをすることになり、勤務時間帯的に働くことが難しくなったというケースや夫の勤務体系が変わり家を空けられなくなったケース、家事がおろそかになり夫の反対が強くなったケース等です。 パート先には単に「家庭の事情でパートを辞めさせていただきたいです。 」というだけでスムーズに退職できる場合もあります。 ただし、パート先の担当者によっては、できるだけ長く働いてもらいたい、あるいは少しでも働ける場を提供したいという思いから、引き留めたり、何とか調整できないかどうかを考えるために詳しい理由を聞いてくる人もいるでしょう。 ただし、 法律上はどのような理由であれ、辞めたい理由を詳細に話す義務はありません。 詳細な事情を話したくない場合は、「すみません、細々とした事情はプライベートなお話になるのでお伝えすることができません。 」「気にしていただいているのは大変ありがたいのですが、細々としたことは話すなと家族に言われており、一身上の都合ということでお願いしたいと思います。 」というような伝え方で丸く収めることをおすすめします。 TOP2位「(自分や家族の)体調不良」 パートで働いている間に 自分の体調を崩してしまったり、家族の体調不良による介護・看病が辞める理由になる場合もあります。 体調が良くないのでパートを続けることができない、というのはストレートでわかりやすい理由ですし、相手方にも納得しやすいものであると言えます。 例えば立ち仕事や力仕事のあるパート職だと「足の痛みがひどく、我慢していたが続けられなくなってしまいました。 」「大丈夫だろうと思っていたのですが、ひどい腰痛になってしまいました。 」というようなケースが考えられます。 介護・看病については、夫や子供、両親や義両親の体調不良や病気などが原因で起こることがあります。 どのような状況なのかはケースバイケースですが、やむを得ない事情でパートを続けることが難しい、ということが大きなポイントであると言えます。 TOP3位「転職(条件違い・もっと稼ぎたい)」 他のパート、あるいは正社員に転職する、ということも今のパートを辞める理由としてよくあるものです。 具体的には、例えば 「子供の塾・進学費用を貯めるためにもっとお金を稼ぐ必要が出てきたので、よりシフトに入れるパートに移りたいと考えています。 」や「現在の仕事の条件が面接時に聞いていた内容と違い、想定していた収入を下回るため続けて行くのが難しくなりました。 」といったものです。 他にも「他のパートとの掛け持ちは難しく、将来のことも考えて正社員を目指して転職活動することにした。 」ということも立派な理由です。 なお、転職先が決まっていない場合には、パート先の状況が改善される、あるいはシフト増加、時給アップにより収入の増加が約束された場合には、辞めずに勤務を続けるということもありえます。 収入を理由にパートを辞めるかどうかを考えている人は、まず条件や賃金アップが可能かどうか交渉するところから始めるというのも一つの方法です。 TOP4位「資格・趣味の勉強」 「資格・趣味の勉強」も転職などと同様に、具体的で納得してもらいやすい理由だと言えます。 例えば 「資格を取るための勉強をする」、「習い事を始めて時間の都合がつきにくくなった」等の理由が挙げられます。 TOP3位の「転職(条件違い・もっと稼ぎたい)」と合わせて「資格を取って転職したいと考えており、勉強に集中したい。 」という理由でパートを辞める人もいます。 いずれにせよ「パートの時間を勉強(もしくは習い事・趣味など)に充てたい」という趣旨を伝えることがポイントと言えます。 TOP5位「引っ越し」 夫の転勤や家族の介護、マイホーム購入など、様々な理由で「引っ越し」をすることもありえます。 遠くてパート先に通えない距離のところに引っ越すようであれば当然、パートは辞めざるを得ませんから理由としても真っ当なものであると言えます。 パート先の担当者も特に問題なく了承してくれることでしょう。 近隣への引っ越しの場合でも、生活環境の変化が生じるので、辞める理由としては十分です。 嘘はばれると良くないのでカドが立たない理由を伝える 辞めたい思いが強くて、嘘をついてでも辞めたい、という場合もありえるでしょう。 例えば「職場の人間関係が嫌」「仕事は大変なのに時給が安すぎる」「(勤務日・時間などに)無理を言われるので辛い」など、自分にとっては本当のことであるものの、担当者には言いにくい事情やとにかく仕事が嫌になって何でもいいから辞めたい、という場合は嘘をついてでも辞めたいと思うのも無理はありません。 ただし、だからといって 嘘をついてしまうと、ばれたときに気まずい思いをしたり、トラブルになる可能性もあります。 パート先が自宅から近いところであれば、生活していて顔を合わせることもあるかもしれません。 本当のことを言いたくない場合や、本当のことを伝えると相手を不快にさせるからといって、 ばれたときに良くない嘘は言わない方が良いでしょう。 そんな場合には、カドが立たない理由を伝えることをおすすめします。 カドが立たない理由としては、今回紹介したような「家庭の事情」や「体調不良」を主な理由として伝えるという方法があります。 また、「一身上の都合」として詳細な理由を話さないという方法もあります。 スムーズで円満な退職のためにも、カドが立たない理由を伝える方が良いでしょう。 事情があって緊急で辞めたい方は、こちらの記事も併せて参考にしてみてください。 今すぐにでも辞めたい場合はどうする?.

次の