久住くん、空気読めてますか 続編。 【漫画】「微妙に優しいイジメっ子」の続編が公開される → イジメっ子「木崎」に癒される人が続出中

【漫画】「微妙に優しいイジメっ子」の続編が公開される → イジメっ子「木崎」に癒される人が続出中

久住くん、空気読めてますか 続編

いじめとはなんなのか? そう問われて即答できる人は多くないだろう。 もしかしたらイジメを受けている本人なら答えを持ち合わせているかもしれないが、状況や周囲の環境、さらには当人たちの関係性も複雑に絡み合うため、 どこからがイジメでどこまではイジメではないのか判断するのは非常に難しい。 例えばいまTwitterを中心に猛烈な勢いで拡散している漫画『 微妙に優しいいじめっ子』に登場するいじめっ子は本当にいじめっ子なのだろうか? 非常に考えさせられる作品なのでぜひ目を通していただきたい。 ・漫画家「もすこ」先生の作品 話題の漫画『微妙に優しいいじめっ子』をTwitterに投稿したのは、「久住くん、空気読めてますか?」や「うっかり体育大生」を連載中の「 もすこ()」先生である。 もすこ先生が2018年1月23日に投稿した『微妙に優しいいじめっ子』は、1日足らずで 6万4000リツイート以上を記録するなど、大きな注目を集めているのだ。 漫画に登場するのは「主人公」といじめっ子の「木崎」、そして「クラスメイトたち」である。 漫画は「僕はいまいじめをうけている」というショッキングなセリフから始まり、 予想しえない結末を迎える。 きっと漫画を読み終えるころには「 木崎がいじめっ子なのかどうか?」深く考えさせられることになるだろう。 気になる内容はぜひご自身の目でご確認いただきたい。 なお、もすこ先生が連載中の「久住くん、空気読めてますか?」と「うっかり体育大生」の単行本が 2018年2月22日に発売される。 『微妙に優しいいじめっ子』を機に先生の作品を知った方も、ぜひチェックして欲しい。 参照元:Twitter 、 、 漫画:もすこ , used with permission. 執筆:.

次の

デジタル版ガンガンJOKER 2019年7月号

久住くん、空気読めてますか 続編

「事情を知らない転校生がグイグイくる。 特別付録はついておりません。 またプレゼント、アンケートなどへの応募はできません。 【収録作品】 「事情を知らない転校生がグイグイくる。 」川村拓/「ハッピーシュガーライフ」鍵空とみやき/「好きな子がめがねを忘れた」藤近小梅/「クレーンゲームはやめられない! 」高瀬飛鳥/「賭ケグルイ」原作:河本ほむら 作画:尚村透/「聖女の揺籃、毒女の柩」夏海ケイ/「怪人麗嬢」田代哲也/「ジャヒー様はくじけない!」昆布わかめ/「賭ケグルイ(仮)」原作・監修:河本ほむら 作画:川村拓/「勇者名探偵」北欧ゆう/「死神様に最期のお願いをRE」原作:山口ミコト 作画:古代甲/「履いてください、鷹峰さん」柊裕一/「お従兄さんの引っ越しの片づけが進まない」吉辺あくろ/「遺書、公開。 」陽東太郎/「恨み来、恋、恨み恋。 」秋タカ/「ラグナクリムゾン」小林大樹/「賭ケグルイ双」原作:河本ほむら 作画:斎木桂/「渋谷金魚」蒼伊宏海/「齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定 ~やだこの生贄、人の話を聞いてくれない~」原作:榎本快晴 漫画:ムロコウイチ キャラクター原案:しゅがお/「春に、寄り道。 」七海慎吾/「久住くん、空気読めてますか?」もすこ/「夢喰いバクと悪夢の子」日下幹之/「僕が僕であるために。 」葉月抹茶/「蝶撫の忍」原作:村田真哉 作画:速水時貞/「よなかのれいじにハーレムを!! 」原作:小島あきら 作画:香澤陽平/「メイのメイデン」原作:ガクキリオ 作画:レルシー/「ヴァニタスの手記」望月淳/「戦國ストレイズ」七海慎吾.

次の

久住くん、空気読めてますか?最新の9巻発売日はいつ?8巻を無料で読める&感想

久住くん、空気読めてますか 続編

憧れの男の子、佐野泉(さのいずみ)に会いたくてアメリカからやってきたのだ。 そんな瑞稀が女だということは誰も知らない…はずだった。 物心ついた時から不思議なものが見えていた萱島は一目で瑞稀が女の子だと気づくのだったが、瑞稀の素直なところを目の当たりにし、黙っていようと心に決めたのだった。 花ざかりの君たちへ After Schoolのあらすじは? 私立の男子校である桜咲学園に、男として編入してきた芦屋瑞稀(あしやみずき)。 瑞稀は憧れの高跳び選手である、佐野泉に会うためにアメリカから来た帰国子女でした。 瑞稀と佐野は寮で同じ部屋になり、佐野はすぐに瑞稀が女だということに気づいてしまいます。 楽しい学園生活を経て、瑞稀は色々な生徒たちと交流を深めていきました。 霊感の強い萱島くんや難波先輩など…。 そんな学園生活のその後や、わきを固める個性豊かなキャラクターたちの物語です。 萱島君は小さいころからその能力ゆえに、人を避けてきたところのある男の子です。 萱島君自身、瑞稀が編入してきてすぐに、そのオーラの色で女性だということに気づいてしまいます。 よくよくみれば女の子にしか見えない瑞稀を周りの誰一人として気づきはしませんでした。 関わらないようにしようと思っていた萱島君に、同室の中津が瑞稀と仲良くなってしまったことで、関わる機会も増えていくのです。 ある日、コインランドリーで一緒になった瑞稀に、自分の不思議な力のことを打ち明けた萱島君。 それは瑞稀の反応を見るためでしたが、瑞稀はバカにすることも、拒否することもなく、そのままの萱島君を受け入れた様子でした。 萱島君が編入してきた理由を聞くと、瑞稀は屈託のない笑顔で「憧れの人を追ってきたんだ」と言います。 その言い方に毒気を抜かれた萱島君は瑞稀を受け入れようと決めたのでした。 コインランドリーの帰りに、人にぶつかった瑞稀が、女物の下着を落としてしまいます。 女物の下着を落としたことで、クラスメイトに驚かれた瑞稀に、萱島君は助け船を出してあげるのでした。 「コインランドリー使う時ちゃんと洗濯槽の中確認した?」 その一言で落ち着きを取り戻した瑞稀は笑いながらサラッとかわせるようになったのでした。 「中津のおせっかいがうつったかな…」萱島君はそう思いながらも、瑞稀や皆のことを気に入っていたのでした。 その後、卒業を前に、女だということがバレてしまった瑞稀はアメリカへと帰ってしまいます。 皆の卒業式の日、瑞稀はこっそり帰ってきてしまいます。 校医の梅田先生の計らいで、父兄に変装した瑞稀は、みんなの卒業する姿を見ることができたのでした。 佐野と瑞稀は付き合うようになり、佐野は瑞稀の為にアメリカで選手として活動をはじめます。 そんな二人は、佐野の実家がある北海道へ向かいました。 佐野の両親に、瑞稀との結婚を認めてもらうためです。 そこには瑞稀のことを好きになった、佐野の弟、森(しん)がいました。 瑞稀が女だと知った森は戸惑いますが、佐野と瑞稀の様子を見て素直に祝福するのでした。 結婚が決まった二人ですが、瑞稀はもやもやする自分を持て余し、アメリカから急きょ日本へ来てしまいます。 久しぶりに中津や萱島に会った瑞稀は喜び、その後迎えに来た佐野に抱きしめられ、もやもやが吹き飛ぶのでした。 ドラマも楽しくみていましたし、作品自体大好きだったので、続編が読めることはとても嬉しかったです。 描きおろし作品も入っていて、どのキャラクターも大好きなのですごく楽しく読ませていただきました。 ほぼ、萱島君の話と言っても過言ではないお話ばかりで、萱島君が個人的にお気に入りだったので、読んでいて幸せでしたね。 短編集でしたが、中でも萱島君と中津二人の話がすごくグッときましたね。 「全部好き」と言ってフラれてしまう中津…可哀想ですよ! 女運ないのでしょうか? 他にも読み切りで、萱島君が働くお店の物語「皿の上にロマンス」も収録されているのですが、そちらも面白かったです。 連載終了からだいぶ時間が経ちましたが、色褪せないワクワク感。 雑誌や単行本で読んでいた時のことを思いだし、感慨にふけってしまいましたね。 まだ読んでいない人や、これから「花ざかりの君たちへ」を読んでみようかな?という人にもおすすめします。 ぜひ本編と合わせて読んでみていただきたい作品です。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 --------------------------•

次の