おくる ことば 漫画 ネタバレ。 おくることば(3) (シリウスコミックス)

おくることば(3) (シリウスコミックス)

おくる ことば 漫画 ネタバレ

出典:「おくることば」、著者:町田とし子、出版社:講談社 第1話の衝撃すぎる開幕に、読んだら止めることができない『おくることば』の作品概要やあらすじをはじめにご紹介していきます。 作品の設定や概要• 著者:町田とし子• 出版社:講談社(月刊少年シリウス)• ジャンル:ミステリー・サスペンス、ホラー• 巻数:3巻(連載中:2020年5月14日現在) 設定として、佐原と千秋は幼馴染であり、また実知(みったん)という佐原と同じ場所で交通事故にあった少女と3人で小さい頃はよく遊んでいた。 佐原は他にも託や蓮乗とも幼馴染で小さい頃から一緒に遊んでいた。 あらすじ ある日、男子高校生・佐原は交通事故により死亡した。 だが、その死は事故によるものではなかった。 幼なじみの少女・千秋によって殺されたのだ。 引用) 感情が交錯しあう『おくることば』の主な登場人物 『おくることば』の登場するキャラクターたちは過去にそれぞれに抱えているものがあり、想いが交錯しあうのも見どころとなっています。 そんな感情が渦巻きあう『おくることば』の登場人物をご紹介していきます。 佐原真舵(さはら まかじ) 『おくることば』の主人公であり、物語のはじめで事故にあった少年。 誰かがつらいときでも普段通り接したり、クラスにあまり馴染めていない生徒にも明るく話かける優しい性格の持ち主。 小学校のころからサッカーをしていたが、高校になってからは周りに強い選手が多く辞めている。 哀川千秋(あいかわ ちあき) 佐原と幼馴染のクラスメイト。 小さい頃には佐原と実知(みったん)の3人でよく遊んでいた。 小さい頃におばあちゃんを亡くしており、おばあちゃんが「千秋の泣き顔じゃなくて笑顔が見たいな」と発言していたため、辛いときほど笑顔になる。 自身も実知を殺していることを自称しており、佐原や実知の殺人容疑がかかっている。 メイ ギャルのような風貌のクラスメイト。 霊感がある。 小さい頃、父親からもらったケータイからのぞく世界が自分とは違う世界を見ることができるため好きだった。 事件の犯人を捕らえるために事故にあった佐原とコミュニケーションをとって犯人捜しをする。 斎藤託(さいとう たく) 佐原とは幼馴染でクラスメイト。 学校ではいつもエロ漫画を描いているため、キモオタと呼ばれている。 人とコミュニケーションをとるのが苦手。 佐原のことを呪っていたため、事故を自分のせいだと思っていた。 蓮乗には好意を抱いている。 飛鳥実知(あすか みち):みったん 学校の近くの交差点で事故にあっていた少女。 哀川千秋とは昔住んでいた社宅が同じで、家族が忙しかったため佐原や千秋と一緒によく遊んでいた。 とても人見知りで他の人の気配がするとすぐに隠れる。 飛鳥謙汰(あすか けんた) 佐原のクラスメイト。 小中ジュニアでも有名だったサッカー選手。 スカウトされて高校でサッカーをしている。 小さい頃に妹の実知が事故に遭っている。 蓮乗(れんじょう) 佐原と託と幼馴染でクラスメイト。 佐原が事故に遭ったときに一番泣いていた。 佐原のことが好き。 昔は、佐原と託とよく一緒に遊んでいた。 また力が強く佐原からゴリラと呼ばれていたが、正義感が強い女の子だった。 メイの父 メイの父のインチキ霊媒師。 物語において重要な言葉を発する。 御祈祷などをしているが、幽霊はいないと思っている。 本も出版している。 結末・犯人予測不可能な『おくることば』の3つの見どころ(ネタバレあり) 出典:「おくることば」、著者:町田とし子、出版社:講談社 『おくることば』は、読者目線で見ても何が真実なのか、何を信じていいのかわからなくなるミステリー要素溢れる作品となっています。 読むほどに謎に包まれ、読む手を止められなくなる『おくることば』の見どころをご紹介していきます。 意外過ぎる開幕と驚きのストーリー展開 『おくることば』は、ネット上で流れる広告で話題になっている作品でもあります。 主人公の佐原が学校前の交差点で事故に遭い、幽霊となってクラスを動き回り、クラスメイトに感動的な言葉をかけていきます。 そして、幼馴染である千秋に「なんで俺を殺した?」と問いかける衝撃的な開幕となっています。 開幕からは邪悪な笑顔を見せる美少女のホラーサスペンスが始まるかと思いますが、物語が進むほど謎が深まるストーリー展開のため、ページをめくるごとに衝撃を受ける話となっているのです。 1話を読めば、続きを読まずにいられなくなるストーリー構成となっているので、是非1話だけでも読んでみてください。 事故から明らかになる人の心 この作品では、主人公の事故から明らかになる登場人物たちの心情も見どころです。 主人公の佐原と仲が良いはずのオタクの託は、佐原のことを呪うほど憎んでいたり、サッカー少年の健汰は佐原に送られた花束を蹴飛ばしたりと、慕われていたはずの佐原に対する周りの人たちの意外な気持ちが明らかになっていきます。 キャラクターたちがこれまで心の中に溜めていた感情が露わになる光景が、ホラー要素よりも怖く表現されていますし、物語の伏線ともなっているので、注目ポイントです。 読者も騙される事件の結末 『おくることば』では、読者も騙されること間違いなしの巧みなストーリー展開と事件の真相が見どころとなっています。 主人公の佐原を殺したと思われるクラスメイトの千秋の思惑や千秋の付近で起きる事故の数々の真相はどれも読者の予想を覆すものになっており、謎が謎を呼ぶ展開に脳が追いつかなくなります。 読んでいて、誰を信じればいいのか?どの発言が正しいのか?それぞれのキャラクターの本当の姿は何か?がひたすら分からなくなりますが、それらすべてが結末で一気に収束する見事な構成の作品です。 読んでいて疑心暗鬼になってしまうと思われますが、描写の中の真実に注目しながら事件の真相を楽しんでもらいたいです。 >>「」を利用すると、『おくることば』1巻が無料で読めます! 衝撃の展開が連続する『おくることば』はこんな人におすすめ 『おくることば』はミステリーサスペンス好きにはたまらない作品となっています。 主人公の佐原が事故に遭い、佐原の口から発せられる幼馴染の犯行を止める意思。 不気味な微笑みを浮かべ、彼女周りで起きる不可解な事故。 そして、それを霊感女子高生が調べていくが、調べるほどに分からなくなる佐原の正体や事件の真相。 読者視点では真相は絶対わからないと思えますが、発言に嘘はあっても描写には嘘がないという巧みな構成で納得の感動のラストを迎えていて、読者も最後まで一緒になって事件を追う楽しさを味わうことができます。 まさに読者も一緒になって事件について考えられるミステリーホラーの名作と言える漫画ですので、是非ご覧になってみてください。 >>「」を利用すると、『おくることば』1巻が無料で読めます! 管理人の思う『おくることば』が伝えたいこと(感想) 出典:「おくることば」、著者:町田とし子、出版社:講談社 『おくることば』では、目で見ているものだけが真実でないことや後悔がないように気持ちを伝えることの大切さを表現したいように感じられました。 物語では、様々なキャラクターの表情や言葉や思いが描かれていて、人によって見えている、感じている光景が違うことを表しています。 自分の中では良かれと思った行動も相手にとってはひどく嫌なこともあったりと自分の物差しだけで行動してしまうことの危険性が伝わってきました。 また作中の重要な言葉では、どんなにやり残した後悔があっても時が来ればやり残したままになってしまうことが表現されており、そんなやり残した後悔が残らないように本当の気持ちを伝えなきゃとも思えました。 『おくることば』はストーリー構成がとてもうまく最後の最後まで真実がわかならない楽しさもあり、そしてメッセージ性の強い作品でもあって、涙が流れるほど感動できますので、是非ご覧になってもらいたいです。 >>「」を利用すると、『おくることば』1巻が無料で読めます!.

次の

彼女はなぜ殺した?青春ミステリー『おくることば』を紹介!マガポケで無料で読める!

おくる ことば 漫画 ネタバレ

出典:「おくることば」、著者:町田とし子、出版社:講談社 第1話の衝撃すぎる開幕に、読んだら止めることができない『おくることば』の作品概要やあらすじをはじめにご紹介していきます。 作品の設定や概要• 著者:町田とし子• 出版社:講談社(月刊少年シリウス)• ジャンル:ミステリー・サスペンス、ホラー• 巻数:3巻(連載中:2020年5月14日現在) 設定として、佐原と千秋は幼馴染であり、また実知(みったん)という佐原と同じ場所で交通事故にあった少女と3人で小さい頃はよく遊んでいた。 佐原は他にも託や蓮乗とも幼馴染で小さい頃から一緒に遊んでいた。 あらすじ ある日、男子高校生・佐原は交通事故により死亡した。 だが、その死は事故によるものではなかった。 幼なじみの少女・千秋によって殺されたのだ。 引用) 感情が交錯しあう『おくることば』の主な登場人物 『おくることば』の登場するキャラクターたちは過去にそれぞれに抱えているものがあり、想いが交錯しあうのも見どころとなっています。 そんな感情が渦巻きあう『おくることば』の登場人物をご紹介していきます。 佐原真舵(さはら まかじ) 『おくることば』の主人公であり、物語のはじめで事故にあった少年。 誰かがつらいときでも普段通り接したり、クラスにあまり馴染めていない生徒にも明るく話かける優しい性格の持ち主。 小学校のころからサッカーをしていたが、高校になってからは周りに強い選手が多く辞めている。 哀川千秋(あいかわ ちあき) 佐原と幼馴染のクラスメイト。 小さい頃には佐原と実知(みったん)の3人でよく遊んでいた。 小さい頃におばあちゃんを亡くしており、おばあちゃんが「千秋の泣き顔じゃなくて笑顔が見たいな」と発言していたため、辛いときほど笑顔になる。 自身も実知を殺していることを自称しており、佐原や実知の殺人容疑がかかっている。 メイ ギャルのような風貌のクラスメイト。 霊感がある。 小さい頃、父親からもらったケータイからのぞく世界が自分とは違う世界を見ることができるため好きだった。 事件の犯人を捕らえるために事故にあった佐原とコミュニケーションをとって犯人捜しをする。 斎藤託(さいとう たく) 佐原とは幼馴染でクラスメイト。 学校ではいつもエロ漫画を描いているため、キモオタと呼ばれている。 人とコミュニケーションをとるのが苦手。 佐原のことを呪っていたため、事故を自分のせいだと思っていた。 蓮乗には好意を抱いている。 飛鳥実知(あすか みち):みったん 学校の近くの交差点で事故にあっていた少女。 哀川千秋とは昔住んでいた社宅が同じで、家族が忙しかったため佐原や千秋と一緒によく遊んでいた。 とても人見知りで他の人の気配がするとすぐに隠れる。 飛鳥謙汰(あすか けんた) 佐原のクラスメイト。 小中ジュニアでも有名だったサッカー選手。 スカウトされて高校でサッカーをしている。 小さい頃に妹の実知が事故に遭っている。 蓮乗(れんじょう) 佐原と託と幼馴染でクラスメイト。 佐原が事故に遭ったときに一番泣いていた。 佐原のことが好き。 昔は、佐原と託とよく一緒に遊んでいた。 また力が強く佐原からゴリラと呼ばれていたが、正義感が強い女の子だった。 メイの父 メイの父のインチキ霊媒師。 物語において重要な言葉を発する。 御祈祷などをしているが、幽霊はいないと思っている。 本も出版している。 結末・犯人予測不可能な『おくることば』の3つの見どころ(ネタバレあり) 出典:「おくることば」、著者:町田とし子、出版社:講談社 『おくることば』は、読者目線で見ても何が真実なのか、何を信じていいのかわからなくなるミステリー要素溢れる作品となっています。 読むほどに謎に包まれ、読む手を止められなくなる『おくることば』の見どころをご紹介していきます。 意外過ぎる開幕と驚きのストーリー展開 『おくることば』は、ネット上で流れる広告で話題になっている作品でもあります。 主人公の佐原が学校前の交差点で事故に遭い、幽霊となってクラスを動き回り、クラスメイトに感動的な言葉をかけていきます。 そして、幼馴染である千秋に「なんで俺を殺した?」と問いかける衝撃的な開幕となっています。 開幕からは邪悪な笑顔を見せる美少女のホラーサスペンスが始まるかと思いますが、物語が進むほど謎が深まるストーリー展開のため、ページをめくるごとに衝撃を受ける話となっているのです。 1話を読めば、続きを読まずにいられなくなるストーリー構成となっているので、是非1話だけでも読んでみてください。 事故から明らかになる人の心 この作品では、主人公の事故から明らかになる登場人物たちの心情も見どころです。 主人公の佐原と仲が良いはずのオタクの託は、佐原のことを呪うほど憎んでいたり、サッカー少年の健汰は佐原に送られた花束を蹴飛ばしたりと、慕われていたはずの佐原に対する周りの人たちの意外な気持ちが明らかになっていきます。 キャラクターたちがこれまで心の中に溜めていた感情が露わになる光景が、ホラー要素よりも怖く表現されていますし、物語の伏線ともなっているので、注目ポイントです。 読者も騙される事件の結末 『おくることば』では、読者も騙されること間違いなしの巧みなストーリー展開と事件の真相が見どころとなっています。 主人公の佐原を殺したと思われるクラスメイトの千秋の思惑や千秋の付近で起きる事故の数々の真相はどれも読者の予想を覆すものになっており、謎が謎を呼ぶ展開に脳が追いつかなくなります。 読んでいて、誰を信じればいいのか?どの発言が正しいのか?それぞれのキャラクターの本当の姿は何か?がひたすら分からなくなりますが、それらすべてが結末で一気に収束する見事な構成の作品です。 読んでいて疑心暗鬼になってしまうと思われますが、描写の中の真実に注目しながら事件の真相を楽しんでもらいたいです。 >>「」を利用すると、『おくることば』1巻が無料で読めます! 衝撃の展開が連続する『おくることば』はこんな人におすすめ 『おくることば』はミステリーサスペンス好きにはたまらない作品となっています。 主人公の佐原が事故に遭い、佐原の口から発せられる幼馴染の犯行を止める意思。 不気味な微笑みを浮かべ、彼女周りで起きる不可解な事故。 そして、それを霊感女子高生が調べていくが、調べるほどに分からなくなる佐原の正体や事件の真相。 読者視点では真相は絶対わからないと思えますが、発言に嘘はあっても描写には嘘がないという巧みな構成で納得の感動のラストを迎えていて、読者も最後まで一緒になって事件を追う楽しさを味わうことができます。 まさに読者も一緒になって事件について考えられるミステリーホラーの名作と言える漫画ですので、是非ご覧になってみてください。 >>「」を利用すると、『おくることば』1巻が無料で読めます! 管理人の思う『おくることば』が伝えたいこと(感想) 出典:「おくることば」、著者:町田とし子、出版社:講談社 『おくることば』では、目で見ているものだけが真実でないことや後悔がないように気持ちを伝えることの大切さを表現したいように感じられました。 物語では、様々なキャラクターの表情や言葉や思いが描かれていて、人によって見えている、感じている光景が違うことを表しています。 自分の中では良かれと思った行動も相手にとってはひどく嫌なこともあったりと自分の物差しだけで行動してしまうことの危険性が伝わってきました。 また作中の重要な言葉では、どんなにやり残した後悔があっても時が来ればやり残したままになってしまうことが表現されており、そんなやり残した後悔が残らないように本当の気持ちを伝えなきゃとも思えました。 『おくることば』はストーリー構成がとてもうまく最後の最後まで真実がわかならない楽しさもあり、そしてメッセージ性の強い作品でもあって、涙が流れるほど感動できますので、是非ご覧になってもらいたいです。 >>「」を利用すると、『おくることば』1巻が無料で読めます!.

次の

おくることば(漫画)のネタバレと感想!佐原の死に隠された真実とは?

おくる ことば 漫画 ネタバレ

こんにちは!ザマンガ編集部のユウキです。 マガジンポケット(マガポケ)は『週刊少年マガジン』の公式マンガアプリです。 週刊少年マガジンの電子書籍版がお得に購読出来、過去にマガジンで連載していた作品も多数掲載されています。 そんなマガジンファンには堪らないマンガアプリとなっていますが、マガポケではマガジン作品以外にもここでしか読むことの出来ないオリジナル作品も多数連載中です。 今回はそんなオリジナル作品の中からオススメの1作をご紹介します。 紹介するマンガは 『おくることば』です。 突如起きた同級生の死の謎に迫っていくという青春ミステリーホラー作品となっています。 今回は『おくることば』のあらすじや見所、読者の評判などについてご紹介していきます。 『おくることば』はマガジンポケットで連載中! まずは連載情報から! 『おくることば』は現在マガジンポケットで掲載されています。 作者は『町田とし子』先生。 本作品はマガポケにて2018年3月より連載が開始され、10月に掲載された第16話を持って完結しています。 マガジンポケットを知らない方に簡単に説明をすると、マガジンポケットとは講談社が運営するマンガアプリの事です。 『週刊少年マガジン』の公式アプリとして、2015年7月にリリースされました。 週刊少年マガジンの電子書籍版がただ読めるというだけでなく、マガジンの有名作品や講談社が出版しているマンガ作品を無料で読むこともできるんです。 しかし、全てのエピソードが読めるのではなく、読めるエピソードは冒頭の数話と最新話の数話が無料になっています。 また、オリジナル作品も数多く連載が開始中です。 マガジンが好きな方だけでなく、マンガが好きな方であれば誰でも楽しめるアプリとなっているので、ぜひダウンロードしてみてください! マガジンポケットについて詳しくは以下の記事をご覧ください。 歩いていくとそこには友達である女の子『千秋』が横断歩道で信号待ちをしていたので声をかける。 すると、千秋はこの横断歩道の歪な噂について話し始める。 『ここの横断歩道ってさ、ユーレー出るんだって。 そして、走ってきたトラックに轢かれることになり、佐原は命を無くす。 しかし、事故の瞬間、霊体となってその場に平然といることが出来た。 自分が事故にあったことを知った知り合い達がそれぞれの思い抱いており、佐原はその事を霊体で知ることになる。 ある男は『自分が呪ったせいだ』と言い、ある女の子は佐原が事故に合ったと聞き泣いた。 佐原はそれぞれの人達に感謝の気持ちを伝えたがったがユーレーである以上告げることは出来ず、その場を去っていく。 そして、最後に事故の直前に一緒にいた千秋の前で彼はこう告げる 『なんで俺を殺した?』 そう、この事故は彼が勝手に飛び出したのではなく、千秋が佐原のことを押したことで起きた事故なのである。 『お前のしたことを全部みんなに伝える。 これが俺のおくる言葉だ』 ユーレーになった佐原の真実を暴く物語がここから始まる。 『おくることば』のここが見所! 千秋は佐原をなぜ殺したのか? 本作品の最大の見所と言っていい箇所は『千秋は佐原をなぜ殺したのか?』というところです。 佐原は交通事故によって死ぬことになりますが、1話の最後でその事故が千秋によって殺されたということが分かります。 なぜ千秋は佐原を殺してしまったのかという真相は本作品の最大の見所です。 そして、この千秋という人物が本作品の魅力的な部分でもあります。 千秋は非常にミステリアスな性格なんですね。 まじまじと佐原の事故を見た後も、千秋は平然としています。 千秋がなぜ平然としているかというのは後々分かることになりますが、千秋のミステリアスな性格には惹きつけられるかと思います。 佐原はどうやってこの真実を伝えるのか? 『お前のしたことを全部みんなに伝える。 これが俺のおくる言葉だ』 と千秋の前で言い切った佐原ですが、ユーレーである以上その言葉は千秋には届いておらず、みんなに真実を伝えることも出来ません。 しかし、佐原はある人物と出会うことでそのきっかけを得ることに成功します。 それがユーレーが見えるという人物です。 この人物は霊感が家柄でかなり強くユーレーになった佐原を見ることが出来るんですね。 佐原はこの人物と知り合うことで、千秋が自分を殺した真相に迫っていくことになります。 その人物はかなり性格に難がある子ですが、この子の活躍に注目です! 佐原を慕っていた人たちの関係 佐原の同じクラスには小さい時から仲の良かった人たちもいました。 しかし、昔は仲が良かったものの高校になった今ではお互いを避けるような関係になっていたんですね。 そんな事になってしまったのもいくつか原因があり、徐々に明かされていきます。 そして、最終的にはある一人の少女がキーマンになっていることが分かるんですね。 彼女が一体どう物語に絡まっていくのかは非常に見所です。 『おくることば』読者の感想・評判 『おくることば』を読んだ読者の感想・評判を一部ご紹介! 怖い話とか苦手だから、基本的にシリアル サスペンス 系は読まない派だけど、たまたまマガポケで読んでしまったらどんどん続きが気になり読み進めていくうちに、購読を決意した作品 笑 時々描写が怖いシーンもあるけど、面白さの方が優ってるので今のところは掴みはOKかな。 この先、どうなっていくのか展開が読めない分、楽しみでもある。 『おくることば』マガポケで無料で読む方法は? マガポケにはチケットという機能があります。 このチケットというのはチケット1枚で対象作品のエピソードが1つ無料で読めるという機能です。 チケットは1日に1枚作品毎にチャージされるようになっているので、分かりやすく言えば『対象作品毎に1日1話無料で読める』ということですね。 『おくることば』も対象作品に含まれているので、 最終3話を除くエピソードは全て無料で読むことが可能です。 しかし、欠点としてはチケットで全てのエピソードを読むのはかなり時間がかかってしまいます。 『おくることば』は全28話で冒頭3話が無料、最終3話はポイント限定となっているので、チケット使って読むのは22話ということになります。 つまり、チケットを使って読む場合は最低でも 22日かかるんですね・・・。 チケットのみで読む場合はかなりの日数がかかることは覚えておきましょう。 まとめ 『おくることば』は既に完結している作品です。 完結まで読んだ筆者の率直な感想は『うまくまとめたなぁ』という一言でした。 想像していた結末とはかなり違いましたがこういう終わり方も面白いなと思ったのが正直な感想です。 どんな結末を迎えるかはぜひご覧になってみて下さい。 マガポケでは最終3話までは時間こそかかるものの無料で読むことが出来ますので、ぜひマガポケでご覧になってみてはいかがでしょうか。 『おくることば』についてご紹介しました。

次の