澪 意味。 「澪」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

「澪」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

澪 意味

意味 1.海・湖・川で、水流によってできた溝。 船が通ることのできる水路。 2.船が通った後にできる跡。 願い 自分の道を切り拓いていける人になるように。 航路の目印を意味する「澪標(みおつくし)」という言葉から、迷いのない人生を送れるように。 漢字の成り立ち・由来 流れる水を表した「さんずい」と、神様が雨を降らせる様子を表した「零」を組み合わせてできた文字。 神様の降らせた雨で出来た川を表す。 きれい。 名前の説明例 さんずいに「零(ゼロ)」。 さんずいを書いて、「雨」の下に命令の「令」。 「澪」が名前につく著名人 高樹澪(たかきみお:女優、歌手) 片桐澪(かたぎりみお:漫画家) 字画数 真澪(まれ、まみ) 10+16=26 舞澪(まれ、まいみ) 15+16=31 澪(みお、れい) 16 澪緒(みお) 16+14=30 澪桜(みお) 16+10=26 澪花(みおか、れいか) 16+7=23 澪香(みおか、れいか) 16+9=25 澪華(みおか、れいか) 16+10=26 澪果(みおか、れいか) 16+8=24 澪架(みおか、れいか) 16+9=25 澪佳(みおか、れいか) 16+8=24 澪子(みおこ、みこ、れいこ) 16+3=19 澪菜(みおな、れいな、れな) 16+11=27 澪音(みおね) 16+9=25 澪乃(みおの、れの) 16+2=18 澪葉(みおは) 16+12=28 澪織(みおり) 16+18=34 澪里(みおり、みさと) 16+7=23 澪梨(みおり) 16+11=27 澪莉(みおり) 16+10=26 澪璃(みおり) 16+15=31 澪希(みき) 16+7=23 澪季(みき) 16+8=24 澪琴(みこと) 16+12=28 澪紗(みさ) 16+10=26 澪沙(みさ) 16+7=23 澪冴(みさ) 16+7=23 澪咲(みさき、みさ) 16+9=25 澪紗都(みさと) 16+10+11=37 澪月(みつき、みづき) 16+4=20 澪春(みはる) 16+9=25 澪悠(みはる) 16+11=27 澪晴(みはる) 16+12=28 澪遥(みはる) 16+12=28 澪波瑠(みはる) 16+8+14=38 澪帆(みほ) 16+6=22 澪歩(みほ) 16+8=24 澪玲(みれい) 16+9=25 澪怜(みれい) 16+8=24 美澪(みれい、みお) 9+16=25 字画数 莉澪花(りみか) 10+16+7=33 梨澪香(りみか) 11+16+9=36 瑠澪(るみ) 14+16=30 琉澪(るみ) 11+16=27 瑠澪花(るみか) 14+16+7=37 琉澪果(るみか) 11+16+8=35 瑠澪奈(るみな) 14+16+8=38 琉澪南(るみな) 11+16+9=36 澪愛(れあ、れいあ) 16+13=29 澪亜(れあ、れいあ) 16+7=23 澪衣(れい) 16+6=22 澪依(れい) 16+8=24 澪歌(れいか、みおか) 16+14=30 澪夏(れいか、みおか) 16+10=26 澪風(れいか、みおか) 16+9=25 澪霞(れいか、みおか) 16+17=33 澪奈(れいな、れな、みおな) 16+8=24 澪那(れいな、れな、みおな) 16+7=23 澪南(れいな、れな、みおな) 16+9=25 澪良(れいら) 16+7=23 澪羅(れいら) 16+19=33 澪楽(れいら) 16+13=29 澪蘭(れいら、みらん) 16+19=35 澪央奈(れおな) 16+5+8=29 澪桜奈(れおな) 16+10+8=34 澪緒菜(れおな) 16+14+11=41 澪海(れみ、れいみ、みおみ) 16+9=25 澪美(れみ、れいみ、みおみ) 16+9=25 澪未(れみ、れいみ、みおみ) 16+5=21 澪実(れみ、れいみ、みおみ) 16+8=24 澪深(れみ、れいみ、みおみ) 16+11=27 澪心(れみ、れいみ、みおみ、みこ) 16+4=20 字画数 澪生(れい、みお、れお、れいき) 16+5=21 澪維(れい) 16+14=30 澪威(れい) 16+9=25 澪一(れいいち) 16+1=17 澪一郎(れいいちろう、みおいちろう) 16+1+9=26 澪輝(れいき、みおき) 16+15=31 澪樹(れいき、みおき) 16+16=32 澪貴(れいき、みおき) 16+12=28 澪来(れいき、みおき) 16+8=23 澪玖(れいく、みく) 16+7=23 澪吾(れいご) 16+7=23 澪悟(れいご) 16+10=26 澪士(れいじ、みおし) 16+3=19 澪二(れいじ、みおし) 16+2=18 澪次(れいじ、みおつぐ) 16+6=22 澪志(れいじ、みおし) 16+7=23 澪詩(れいじ、みおし) 16+13=29 澪慈(れいじ、みおじ) 16+13=29 澪路(れいじ、みおじ) 16+13=29 澪治(れいじ、みおはる) 16+8=23 澪史(れいじ、みおし) 16+5=21 澪司(れいじ、みおし) 16+5=21 澪嗣(れいじ、みおつぐ) 16+13=29 澪思(れいじ、れいし) 16+9=25 澪二郎(れいじろう、みおじろう) 16+2+9=27 澪史朗(れいじろう、みおじろう) 16+5+10=31 澪太(れいた、みおた) 16+4=20 澪大(れいた、れいだい、みおた) 16+3=19 澪太郎(れいたろう、みおたろう) 16+4+9=29 澪多朗(れいたろう、みおたろう) 16+6+10=32 澪斗(れいと、みおと) 16+4=20 澪人(れいと、みおと) 16+2=18 澪都(れいと、みおと) 16+11=27 澪登(れいと、みおと) 16+12=28 澪渡(れいと、みおと) 16+12=28 澪冬(れいと、みおと) 16+5=21 澪翔(れいと、みおと) 16+12=28 澪夢(れいむ) 16+13=29 澪也(れいや、みおや) 16+3=19 澪哉(れいや、みおや) 16+9=25.

次の

【澪】の意味とは?女の子/男の子の名前一覧や画数も!【2019最新】

澪 意味

『浪花百景』「天保山」中の澪標(1800年代)。 澪標はの河口などにが開かれている場合、土砂の堆積により浅くて舟()の航行が不可能な場所が多くの危険性があるため、比較的水深が深く航行可能な場所である との境界に並べて設置され、航路を示した。 同義語に澪木(みおぎ) ・水尾坊木(みおぼうぎ) などがある。 古語は「ほんぎ」で、土砂が堆積するの河口付近に設置され、時には行き交う舟の運行指標となった。 澪標は古くより「(水都)」と謳われていた(、)との関連性が強く、その意匠は明治24年()にの等として採用されている。 かつて関東でもの難波に倣い、小間物町の野地豊前がに水路標を設置し、満潮時の可航水路を漁師に示した。 初期の『』によれば、天正19年()に設置されたこの澪標は、河口を運行する漁師に喜ばれたことから、野地の名をとり「野地ほんぎ」と通称されたという。 また、では「身を尽くし」とので用いられる事もあり、に詠まれたの「 わびぬれば 今はたおなじ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ(20番)」などが代表的である。 シンボルマーク [ ] 大阪市章 以下の団体で章として使われている。 大阪市 - 市章・。 市章は1894年(明治27年)制定。 - 局章。 盾のなかに澪標がかかれたもの。 1948年(昭和23年)制定。 - 局章。 上部に澪標を配置して「大阪市」を表し、下部に「電」の字をデフォルメした字を配置して「電気局」を表している(旧・大阪市電気局)。 職員制帽の帽章や制服のネクタイにも澪標が描かれている。 - 地下鉄は局章とは別にシンボルマーク()があるが、車体側面には局章プレートも取付けられている。 - 市バスは市章をそのまま使用している。 - 校章(学章)。 商神の羽翼と澪標と「大学」の二文字を組み合わせたもの。 - 市議章。 円の中に澪標を三つ組み合わせたものを図案化したもの。 三つ葉ののように描かれている。 - 社章。 大阪市交通局章を継承。 - 市章・市旗。 大阪市との中間に位置することを示すため、両市の市章を組み合わせたデザインとなっている。 大阪市章の澪標を6つ円形に配置して「京」の形を表現し、合わせて「京阪」をシンボライズしたもの。 系列会社の(現・の原型)も大阪市章の澪標と京都市章を組み合わせ「京阪」をシンボライズした社章を使用していた。 - 旧社章。 旧・の社章は、大阪市章の澪標と神戸市章を組み合わせ「阪神」をシンボライズしたものを丸で囲んだものであったが、戦時中に京阪電気鉄道と合併してが発足した際に、6つの角をもつ円形(「京」の形を表現)を組み合わせ、「京阪神」を表したものが、その後の阪急電鉄への改称後も1992年まで使用され続けた。 - 阪急電鉄の旧社章に類似した社章を現在も使用しているが(ただしバス車体には「 H」のイニシャルに「 HANKYU」の文字が入ったマークが使われる)、円形の6つの角は1つ少ない5つになっている点が異なる。 - 旧社章・商標。 旧・の社章を囲む丸の内側にさらに細い丸を加えて2重にしたものであったが、の発足により現在は変更されている。 - 社章。 大阪市章の澪標と図案化した「奈」を組み合わせて阪奈間を結ぶ鉄道であることを示した。 このほか、子会社の関西急行電鉄の社章にも澪標が取り入れられている。 旧 - 町章・町旗。 制定は昭和31年(1956年)。

次の

女の子の名前で「みお」!漢字と由来のセット117!

澪 意味

『浪花百景』「天保山」中の澪標(1800年代)。 澪標はの河口などにが開かれている場合、土砂の堆積により浅くて舟()の航行が不可能な場所が多くの危険性があるため、比較的水深が深く航行可能な場所である との境界に並べて設置され、航路を示した。 同義語に澪木(みおぎ) ・水尾坊木(みおぼうぎ) などがある。 古語は「ほんぎ」で、土砂が堆積するの河口付近に設置され、時には行き交う舟の運行指標となった。 澪標は古くより「(水都)」と謳われていた(、)との関連性が強く、その意匠は明治24年()にの等として採用されている。 かつて関東でもの難波に倣い、小間物町の野地豊前がに水路標を設置し、満潮時の可航水路を漁師に示した。 初期の『』によれば、天正19年()に設置されたこの澪標は、河口を運行する漁師に喜ばれたことから、野地の名をとり「野地ほんぎ」と通称されたという。 また、では「身を尽くし」とので用いられる事もあり、に詠まれたの「 わびぬれば 今はたおなじ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ(20番)」などが代表的である。 シンボルマーク [ ] 大阪市章 以下の団体で章として使われている。 大阪市 - 市章・。 市章は1894年(明治27年)制定。 - 局章。 盾のなかに澪標がかかれたもの。 1948年(昭和23年)制定。 - 局章。 上部に澪標を配置して「大阪市」を表し、下部に「電」の字をデフォルメした字を配置して「電気局」を表している(旧・大阪市電気局)。 職員制帽の帽章や制服のネクタイにも澪標が描かれている。 - 地下鉄は局章とは別にシンボルマーク()があるが、車体側面には局章プレートも取付けられている。 - 市バスは市章をそのまま使用している。 - 校章(学章)。 商神の羽翼と澪標と「大学」の二文字を組み合わせたもの。 - 市議章。 円の中に澪標を三つ組み合わせたものを図案化したもの。 三つ葉ののように描かれている。 - 社章。 大阪市交通局章を継承。 - 市章・市旗。 大阪市との中間に位置することを示すため、両市の市章を組み合わせたデザインとなっている。 大阪市章の澪標を6つ円形に配置して「京」の形を表現し、合わせて「京阪」をシンボライズしたもの。 系列会社の(現・の原型)も大阪市章の澪標と京都市章を組み合わせ「京阪」をシンボライズした社章を使用していた。 - 旧社章。 旧・の社章は、大阪市章の澪標と神戸市章を組み合わせ「阪神」をシンボライズしたものを丸で囲んだものであったが、戦時中に京阪電気鉄道と合併してが発足した際に、6つの角をもつ円形(「京」の形を表現)を組み合わせ、「京阪神」を表したものが、その後の阪急電鉄への改称後も1992年まで使用され続けた。 - 阪急電鉄の旧社章に類似した社章を現在も使用しているが(ただしバス車体には「 H」のイニシャルに「 HANKYU」の文字が入ったマークが使われる)、円形の6つの角は1つ少ない5つになっている点が異なる。 - 旧社章・商標。 旧・の社章を囲む丸の内側にさらに細い丸を加えて2重にしたものであったが、の発足により現在は変更されている。 - 社章。 大阪市章の澪標と図案化した「奈」を組み合わせて阪奈間を結ぶ鉄道であることを示した。 このほか、子会社の関西急行電鉄の社章にも澪標が取り入れられている。 旧 - 町章・町旗。 制定は昭和31年(1956年)。

次の