素直 漢字。 素直の意味

こだわらない、とらわれない~松下幸之助 心を強くするヒント

素直 漢字

こだわらない、とらわれない 二人の僧侶が旅の途中で急流の川のほとりにたどり着ついたところ、ひとりの女性が川を渡れず困っていました。 女性に触れてはならないという戒めがある僧侶にとって、どうすべきか悩ましいところです。 ところが年配の僧侶は、何も言わずにそっと女性を背負い、川を渡り、向こう岸で降ろして何もなかったかのように歩き出しました。 若いもう一人の僧侶は、その行動に驚くとともにじっと考えながらともに歩き続け、しばらくして次のように注意しました。 「僧侶は女性に触れてはいけません。 それなのに、 あの女性を背負って運ぶなんて。 あなたは戒を破ったのではありませんか」すると年配の僧侶はこう答えました。 「私は岸辺に女性を降ろしてきたが、お前はまだ背負っているのか」 女性にとらわれる。 戒律にとらわれる。 そのため適切な判断ができず、なすべきことをなせなくなってしまう。 さらにいつまでも過去の事柄に執着していては、目の前のことに対応することができません。 こうした姿も心の弱さの一つでしょう。 つまり強い心とは、とらわれることなく柔軟に物事を考え、判断し、行動できる心とも言えるのです。 「人間というものは、ともすれば何かにとらわれて、迷ったり、人間関係をこじらせたりしがちなものです。 ぼくの今日までを顧みても、毎日、憤慨したり、他人のことをうらやんだり……。 だんだん少なくなりつつあるとはいえ、これまではずいぶんそうした経験がありますな。 でも、そうした心を持っていない人はおそらくこの世に一人もいないのではないかと思うのですよ。 もちろん、そのあらわれる度合いや程度は、人によっていろいろだと思いますが、しかし〝おれはいまだかつてそんなとらわれた心を持ったことがない〟というような人がいたら、ウソだと思いますな。 それは、欲望や感情を持っている人間なら当然のことで、そうした心の動きがあればこそ、また人生における満足や幸せも生まれるのですね。 だから、大切なのは、欲望や感情をなくそうとするのではなく、それにとらわれず善導することです。 折々に反省し、とらわれを極力排していかなければならないということでしょう」(『人生談義』) このように松下幸之助が指摘する通り、いつまでも失敗にとらわれていたのでは、新しいことに挑戦する勇気はわいてきません。 失敗にくじけることなく、成功するまで何度でも取り組み続けるためには、失敗は失敗としてあるがままに認め反省しつつも、それにとらわれないことがきわめて大切なのです。 また、私利私欲のままに、自分さえ儲かればいいと他を顧みなければ、世間に大きな迷惑をかけることになります。 おそらくそれは、人間関係を壊すなど、巡り巡って自分自身の仕事を邪魔することにもなりかねません。 そもそも私利私欲にとらわれてことを行なおうとすれば、何となく後ろめたさを感じ、力強く活動することができないでしょうし、成果もなかなか上がりにくいにちがいありません。 先入観や偏見、感情についても同じことが言えます。 それらにとらわれていたのでは適切な判断はなかなか下せないことでしょう。 もとより自信をもって行動に移すことができず、思うような結果は得られないように思います。 とらわれないということは、「柳に風」、つまりどんな暴風にさらされてもしなやかに受け流す柳のように、柔軟で強い心を育むことにつながっているのではないでしょうか。 素直な心になる 松下幸之助は、こうした何ものにもとらわれない柔軟な心を素直な心と呼びとても大切にしていました。 さらに「素直な心になりましょう。 素直な心はあなたを強く正しく聡明にいたします」をPHP研究所の活動のスローガンとし、またPHP活動の趣旨に賛同した全国PHP友の会の会員のモットーに定めました。 つまり、松下幸之助にとって強い心とは、この素直な心を高めることから生まれてくるものというわけです。 またこの素直な心は、お互い人間が豊かに仲良く幸せに暮らすために高めていかねばならない心がけでもあります。 松下自身常日頃から研鑽を積むだけでなく、広く人々に訴え続けてもいました。 それでは、素直な心とはいったいなんでしょうか。 松下は、素直な心とは単に人にさからわず、従順ということではなく、もっと力強く、積極的な内容をもつものだと言います。 次のように松下は説明しています。 「素直な心とは、私心なくくもりのない心というか、一つのことにとらわれずに、物事をあるがままに見ようとする心といえるでしょう。 そういう心からは、物事の実相をつかむ力も生まれてくるのではないかと思うのです。 だから、素直な心というものは、真理をつかむ働きのある心だと思います。 物事の真実を見きわめて、それに適応していく心だと思うのです。 したがって、お互いが素直な心になれば、していいこと、してならないことの区別も明らかとなり、また正邪の判別もあやまることなく、何をなすべきかもおのずとわかってくるというように、あらゆる物事に関して適時適切な判断のもとに力強い歩みができるようになってくるのではないかと思います。 つまりお互いが素直な心になったならば、〝強く正しく聡明になる〟と思います」(『素直な心になるために』) 松下のものの見方、考え方の鍵ともなるこの素直な心については、次のようにも述べています。 「素直な心というものは、私利私欲にとらわれることのない心、私心にとらわれることのない心である」(『同前掲書』) 私利私欲にとらわれていると適切な判断、行動をとることができません。 いきおいミス、失敗を重ねやすく、他からの支援も得にくいでしょう。 おのずと何となく胸を張って力強く活動することができなくなってしまいます。 「素直な心の内容の中には、万物万人いっさいを許しいれる広い寛容の心というものも含まれている」(『同前掲書』) 世の中にはいろいろな人がいます。 中には馬が合わない人もいるでしょうし、社会的に問題のある人もいます。 そうした人を許しいれるのは容易なことではありません。 しかしそれが少しでもできるようになってこそ、お互いの心は広く強くなるのではないでしょうか。 「素直な心というものは、自由自在に見方、考え方を変え、よりよく対処していくことのできる融通無碍の働きのある心である」(『同前掲書』) 前述した「柳に風」の喩えの通り、柔軟な心のあり方を松下は融通無碍と表現しました。 そうした心のあり方であれば、簡単に折れることもくじけることもないというわけです。 いかなる困難にもくじけず、勇気をもってなすべきをなし、あふれる自信とともに自分の道を歩みつづけることができるほどの強い心があれば、人生はもっと楽しく豊かになることでしょう。 また、何事にも悲観的にならず、悩んだりねたんだりうらやんだりすることもなく、絶望とは無縁の大らかな生き方ができる心の強さを養えるなら、満たされた毎日を送ることができるはずです。 しかし、いつも変わらずそんな強い心であり続けることができる人は恐らくいないに違いありません。 おびえることなく強い心で勇敢に事に当たることができた次の瞬間、ほんの小さな問題に思い悩み、苦しむというのが私たちの一面の姿です。 大切なのはくじけそうなときにどうするか、しり込みしそうなときにどうするか、ひがんだりねたんだりするときにどうするかにあります。 無理をせず、あれこれもするというのではなく、できることからで十分です。 例えば、苦しさに心がくじけそうになったなら、一旦休んでみるのも一つの方法です。 そして力が少しでも湧いてきたなら再び立ち上がり、ものの見方、考え方をちょっと変えて少しでも前に進んでみる。 こうした繰り返しができたとき、心はほんとうに強くなるのではないでしょうか。 PHP研究所では、創設70周年を迎えた2016年より「PHPしあわせセミナー」を全国各地で開催しています。 毎日を心豊かで幸せに暮らしていくにはどうすればよいか。 松下幸之助の思いや考え方をヒントに、みなさまとともに考えてまいりたいと思います.

次の

素直な人の特徴は?素直になりたいのになれない人は必見!意味や英語も解説

素直 漢字

スポンサードリンク 女の子の名付けにはどちらかというと華やかで優しいイメージの字音を選ぶ傾向があります。 しかし、 妊娠中に何らかのトラブルがあったり、生まれた女の子に新しい時代にふさわしい自立した女性像を求める場合には、健康や元気、生命力をイメージする名前を付けたりもします。 「咲」、「歩」、「悠」、「麻」、「生」などは健康や丈夫さをイメージさせますから、「咲生(さき)」、「悠香(はるか)」、「麻歩(まほ)」などの名前はいかがでしょう。 女の子の名付けに元気さや未来を志向する場合には「歩」、「笑」、「未」、「夢」、「芽」、「瑞」、「葉」などの字を入れると、明るさや瑞々しさ添えることにも。 こうした字を使った「未歩(みほ)」、「笑美(えみ)」、「芽依(めい)」、「瑞希(みずき)」などの名前も人気です。 また、「凛(りん)」という字は、響きも字も健康的ではつらつとしたイメージがあって、女の子の名付けでは、毎年特に人気の高い名前です。 スポンサードリンク 素直さをイメージする女の子の名付けに人気な名前は… 素直でのびのびした生き方は、これからの時代を生きる女の子には最も必要な要素の一つかもしれません。 女の子の名付けにはそうしたイメージから選んだ名前も人気です。 「真」、「直」、「咲」など、素直でまっすぐさをイメージさせる字から、「真央(まお)」、「直(なお)」、「咲希(さき)」、「咲良(さくら)」という名前はよく聞かれます。 中でも、 「真央(まお)」はフィギュアスケートの浅田真央さんの素直で努力家、美しさも兼ね備えたイメージを持つ名前として、このところはずっと高い人気です。 のびのびとしたイメージの字としては、「遥」、「悠」、「海」、「羽」、「帆」、「葵」などがあります。 こうした字から女の子の名付けで候補にあがるのは「遥香(はるか)」、「悠香里(ゆかり)」、「七海(ななみ)」、「美羽(みう)」、「真帆(まほ)」など。 性格の大らかさはもちろん、世界へと羽ばたいていく壮大さもイメージさせる名前です。 スポンサードリンク.

次の

第8回 今、あなたに贈りたい漢字コンテスト

素直 漢字

葵という文字を使った名前は赤ちゃんの名付けに人気のある名前です。 葵は、ハイビスカスのようなアオイ科の植物で彩りがとても綺麗な花の意味があります。 凛としたイメージや可愛らしい印象を与える漢字です。 葵は太陽に向く花であり、豊かな実りなどの花言葉があります。 そして葵と言えば、徳川家の家紋であり縁起のいい文様で知られています。 男の子にも女の子にも名付けられる人気の名前です。 あおいと言う名前の関連記事も参考にしてみて下さい。 彩という字は、輝きの意味があり縁起のいい漢字です。 そして、和の意味はなごむという意味があり、どちらも素敵な意味が込められています。 さわとも読みますが、さいかとも読む事が出来ます。 華やかさと優しさを感じさせる漢字なので、女の子らしい名前だと言えます。 彩りがある心の穏やかな優しい女性へと育って欲しいという願いを込められる名前となります。 瑞という漢字は、みずみずしさやフレッシュさのイメージがあります。 そして、穂という漢字は穀物の穂先を意味する言葉です。 瑞穂とは、フレッシュで実りのあるといった意味があります。 穂がみずみずしく実るという縁起のいい名前であり、まっすぐに素直に育って欲しい、困難にも負けない強い女性に育って欲しいという願いが込められます。 そして、日本らしい古風さも感じられるので素敵な響きの名前と言えるでしょう。 実という漢字は、実りや本質、満ちるといった意味があります。 そして、央の漢字の意味には半ばや広いという意味があります。 左右対称の漢字は縁起のいい漢字と言われており、名付けに使う事が好まれます。 実央という名前は全部が左右対称となるので、合わせて縁起がいい名前となります。 実りが多く人に愛される女性になって欲しいという願いが込められる素敵な名前です。 玲という漢字は玉の鳴る涼しい音や色や音がさえるといった意味があります。 沙という漢字は、悪い物を流し良い物を運び込むという縁起のいい字となります。 響きが素敵な名前で、美しさや綺麗さをイメージさせる名前です。 理想を実現するような力や、目標に向かって前進していくような美しい女性に育って欲しいという願いが込められます。 涼し気で美しい女の子のイメージを持つ事が出来る名前です。 一という漢字は、はじまりという意味やひとつにするといった意味があります。 そして、朋という漢字は仲間という意味があり、一朋という名前には仲間や友達に恵まれ、ひとつまとまるような頼れる女性になって欲しいという願いを込められます。 とても縁起のいい漢字の名前で、新しくスタートできるような力のある女性であり、仲間に恵まれるような人望のある女性へと育ってくれそう意味を持つ名前です。 羽という漢字は、飛ぶという意味を持つ縁起のいい漢字です。 望という漢字は、宇宙や光、勇気などの意味があります。 明るくおおらかで、行動的な女性の名前です。 響きも素敵なので、周りからも親しまれやすい名前だと言えます。 女の子らしい素直で優しいイメージの名前ですが、行動的な要素や勇気や努力といった意味もある漢字なので、元気で活発な女性の要素も持っています。 麻の漢字は、あさ糸の意味があります。 衣の漢字の意味は、ころもや包むものという意味があります。 衣には、助けるという縁起のいい意味もあり、麻衣という画数も縁起のいい画数である事から、とても良い名前だと言えます。 昔からよく使われる名前で、響きも可愛らしい事もあり人から愛される人が多い名前です。 可愛らしく人から愛されるような女性に育って欲しいという願いが込められるでしょう。 朋という漢字は仲間を意味し、輝という漢字は光る事を表しています。 どちらも非常に縁起のいい漢字なので、合わせて使う事でより良い意味となります。 仲間に恵まれ、輝くような力を発揮する人の名前となります。 人との調和を大切にする優しい男の子であり、目標に向かって努力をする努力家でもあります。 コツコツと勉強や仕事をこなし、自分の目標に近づく事が出来るような男の子に育って欲しいという願いが込められる素敵な名前です。 怜という漢字は、かしこいという意味や心が澄んでいると言う意味があります。 将という漢字には、将軍にあるように何かを引き連れていくというリーダーシップのような意味があります。 怜将と言う名前には、賢いリーダーという意味があるのです。 とても努力家で賢い男の子の名前となります。 大物になる可能性も秘める名前であり、響きもカッコいいので人が集まってくる可能性があるでしょう。 賢さの意味がある怜という字を入れたいという赤ちゃんのお母さんも多くいます。 隆という漢字は繁栄させる力や高めるといった意味があります。 そして、真という漢字は真実や本物といった意味があります。 どちらも縁起のいい漢字であるので、素敵な名付けとなります。 たくましさや健康的なイメージ、純粋で心の素直な男の子に育って欲しいという意味が込められます。 上昇志向のある元気な男の子になってくれそうな名前です。 基という漢字は、建物の土台や基本などの意味があります。 そして、大という漢字は文字の通り大きいや広いといった意味を持っています。 更に基大は、左右対称の名前なので縁起のいい名前となります。 コツコツと努力をする大きな心を持つ男の子になって欲しいという願いが込められます。 どんな世代にもわかりやすい名前なので、困る事がないと言えます。 優という漢字は、優しいや優秀の意味があります。 そして、大という漢字は大きいやゆったりしているという意味があり、ゆったりとした気が大きな優しい男の子の名前となるでしょう。 優大と書いて、ひろきやまさひろとも読めます。 心豊かな優しい子供のイメージとなり、人から愛される子供に育つ思いが込められます。 大らかな気持ちを持つ優秀な男の子のイメージとなるでしょう。 蓮という漢字は、美しい蓮の花を意味し気高い美しさや強さの意味があります。 一の漢字は、はじまりやひとつにまとまるという意味になります。 どちらも縁起のいい漢字となり、古風さもある名前となります。 清らかな心を持った力のある男の子になって欲しいといった願いが込められます。 キラキラネームが多い中で、日本らしい男の子の名前はカッコよさがあると言えます。 寿という漢字は、お祝いの意味があるとても縁起のいい漢字となります。 そして、明の漢字は明るいやあきらかにすると言った意味があり、非常に縁起の良さを感じさせてくれる名前となっています。 古風さがある日本らしい名前です。 明るい性格で元気なパワーのある男の子に育って欲しいという願いが込められます。 漢字で見るだけでもとてもおめでたいイメージを感じられる名前なので、明るいパワーを感じられる事になる素敵な名前です。 たまごクラブから出ている名付け本です。 はじめての人でもわかりやすい内容となっており、基礎知識から音からの名付け、画数や漢字、イメージからの名付けなど細かく説明されています。 様々な角度から名付けのポイントが書かれているので、はじめての赤ちゃんの時でも理解しやすくなっています。 付けたいと考えていた名前にどんな意味があるのか、他に読み方があるのかなど知る事ができるので便利となっています。 ベネッセから出している名付け本で、最高の名付けができるという宣伝文句がある通り、基礎知識から名前を考えるステップや名前例などが紹介されています。 すべてカラーページなので、見やすくわかりやすい点もおすすめのポイントです。 好きな名前で付けたいと考えても、漢字の持つ意味などは子供の人生にとって大切です。 名前というのは、人も表すという通りしっかりと選びたいものです。 この名付け本はわかりやすさと共に基礎から学べるところがおすすめとなります。 西東社から出されている名付け本で、赤ちゃんに名付けられる漢字が紹介されています。 漢字についての説明や使い方などが細かく丁寧に書かれています。 文字だけでなく、イラストなどもあるので楽しく読む事ができます。 使ってみたいと考えていた漢字だけでなく、同じ名前でも様々な組み合わせがある事を知る事が出来るのも良い点です。 自分が知らなかった漢字を見つける事もできるので、名前の候補が広がるでしょう。 将来世界にはばたくような女性になって欲しいという思いを込めた名前を探す人におすすめな名付け本です。 世界の名付け事情や、世界に通用する名前など名付けの基礎以外の事も知る事が出来る本です。 最近では外国人と結婚をして子供を持つ人も増えており、お互いの国に通用する素敵な名前を考えたいというケースも増えています。 そんな世界に飛び出しそうな女の子に育てる為の名付け本となります。 女の子の名前の関連記事も参考下さい。 縁起のいい漢字の名前で子供の明るい未来を開こう! 赤ちゃんに縁起のいい漢字の名前を付けてあげるのは、人生最初のプレゼントになります。 一生付き合っていく名前というのは人生においてとても重要です。 愛する我が子に思いを込めた素敵な名前を見つけてあげて下さい。 親の名付けてくれた名前というのは、子供にとって愛情を感じる贈り物になるのです。

次の