ドイツ 村 岡山。 2020年 岡山農業公園ドイツの森クローネンベルクへ行く前に!見どころをチェック

【東京ドイツ村】アクセス・営業時間・料金情報

ドイツ 村 岡山

window. shift ] ;t. toLowerCase ] ,o? push o :n. push i ;else d. push null ;if d. apply null,e ,d. error ,e. shift ;t. shift ,i in o i. needers. needers. shift ;f. need b. eb;for n. error n. needers. needers. shift ;i. window. g g. error i. indexOf "trjs! indexOf "trcss! indexOf "trhtml! indexOf "trdust! "undefined"! page. defname continue;if v. hasOwnProperty "trjs! defname continue;if n. deps.

次の

岡山農業公園ドイツの森クローネンベルクはまるでドイツに迷い込んだよう

ドイツ 村 岡山

window. shift ] ;t. toLowerCase ] ,o? push o :n. push i ;else d. push null ;if d. apply null,e ,d. error ,e. shift ;t. shift ,i in o i. needers. needers. shift ;f. need b. eb;for n. error n. needers. needers. shift ;i. window. g g. error i. indexOf "trjs! indexOf "trcss! indexOf "trhtml! indexOf "trdust! "undefined"! page. defname continue;if v. hasOwnProperty "trjs! defname continue;if n. deps.

次の

おかやまフォレストパーク ドイツの森:中国エリア

ドイツ 村 岡山

ただ、こういうことは目に見えづらいし、特に目立つ施設があるワケでもない。 一見「なーんだ、ただの里山じゃない」と素通りしてしまうかもしれません。 だからこそ、この記事で西粟倉村の良さを少しでも知っていただき、ぜひ足を運んでいただけたらと思います。 今回はお子様から年配の方まで、誰でも気軽に楽しめるおすすめスポット3つをご紹介します。 【森の学校】には面白いお店がいろいろ!• 写真:まき子• 写真:まき子 西粟倉村の幹線道路「智頭街道(国道373号)」沿いに、一見なんでもなさそうな薄ピンク色の木造の建物があります。 ここは 【森の学校】。 【森の学校】とは企業の名前で、平成11年に閉校した 「旧影石小学校」を拠点にし、森林・林業、山村に関わる新規事業の企画・プロデュースなどを行っています。 写真:まき子• 写真:まき子 入口は解放されて誰でも入れるので、ぜひ自由に中に入って散策してみてください。 こんなスタンスの酒屋もあり!【酒うらら】• 写真:まき子 入口を入ってすぐ左には、一升瓶が並んでいるお店があります。 ここは 【酒うらら】という 日本酒専門店。 冷たいお酒というより常温保存可能なお燗向けの日本酒ばかりです。 写真:まき子• 写真:まき子 【酒うらら】の店主もなかなか稀有な方。 親の酒屋を継ぐとか大手酒屋のチェーン展開などではなく、元々は純粋に日本酒や造り手が大好きな飲み手で、その好きが高じて酒販免許を取ったという。 そしてイチから西粟倉村で酒屋を開業した 若手の日本酒女子 なんです。 本当に予約制なわけではないんですが、営業していない日が多いんです。 曰く「岡山で酒屋やってもほとんど客は来ないので、出張日本酒バーやってます。 」とのこと。 なるほど、確かに人口1,600人ほどの西粟倉村の人たちがお酒を買いにきても知れているし、しかも日本酒しかない。 ちなみに、インターネット販売やメール対応での販売も行っていません。 自ら販路を広げるべく、しょっちゅう各地へ出張して日本酒を提供するイベントを行っている忙しい方でもあるので、ふらっと【酒うらら】に訪れると営業していないことも多々ある…というわけです。 「そんな酒屋、あるのかー?!」と思われるかもしれませんが、それが【酒うらら】のスタンスであり、こんな新しい発想も受け入れているのが西粟倉村。 なので、訪れる際には事前に電話で営業しているか確認するのをオススメします。 こんな温泉、新しい!【あわくら温泉 元湯】 おすすめスポット2つ目は温泉です。 この辺りは ラジウム温泉 で泉質も良く、地元の方からも評判が良いのですが、その中でも 【あわくら温泉 元湯】が面白いんです!• 写真:まき子 建物の中に入ると、「こんな田舎なのになんて素敵な空間?!」とびっくりするに違いありません。 玄関の真正面の黒板は、小さなお子様が落書きし放題!その空間を子供達がキャイキャイ走り回っています。 ここはもともと公営温泉でしたが一度閉店、その後を担ったのも、また若手の夫婦です。 小さなお子様が2人いらっしゃるので、子連れファミリーにとって理解あるサービスが提供できているのですね。 写真:まき子 玄関を入ってすぐのこの空間はカフェにもなっていて、温泉に入らなくても、美味しい料理やドリンクが楽しめるようになっています。 ここにあるテーブルや椅子は全て木製、もちろん西粟倉村の木が使われています。 写真:まき子 温泉に入りたい方は、まずカウンターでお金を払います。 中学生以上500円、小学生250円、小学生未満は無料。 カウンターに貼られているビールの数々も気になりますネ。 地元のビール「タルマーリー」• 写真:まき子 こちらのカフェでビールを飲むなら、筆者のおすすめは 「タルマーリー」。 県は跨ぎますが、地元といっても良いくらい近い、「元湯」から車で20分ほどの 智頭(鳥取県) にある、自家製酵母を使ったパン屋さんの地ビールです。 でも石油を使うことは大量の二酸化炭素を発生させるし、コストもかかる…そこで、注目したのが「バイオマス」と呼ばれる資源です。 西粟倉村は面積の95%が山林、それだけ木が豊富にあるということですが、間伐で山林に切り捨てられる木材もたくさんあります。

次の