産後 骨盤矯正ベルト 効果。 骨盤矯正のダイエット効果が凄い!その方法はストレッチだけ? │ ダイエットノートBIZ

骨盤ベルト一番人気は?先輩ママ50人のリアルな口コミを集めました!

産後 骨盤矯正ベルト 効果

産前産後の、ゆるんでしまった骨盤ケアに欠かせないのが「 骨盤ベルト」!• 腰がつらい• 産後お尻が大きくなった• 足が開き気味だ• トイレが近くなった こんな つ らい症状にお悩みの方は、ぜひ骨盤ベルトを使用してみてください。 さらに、デスクワークや立ち仕事が多い現代社会では、妊娠前後ではなくても骨盤に負担がかかりやすいのは事実。 この 骨盤のゆるみやゆがみを 骨盤ベルトで矯正することで、 腰痛や姿勢の改善に繋がり、 さらにはダイエット効果も期待できるといわれています。 骨盤ケアをしながら、シェイプアップもできたら嬉しいですよね! そこで、 どの骨盤ベルトを選べば良いか分からない方におすすめしたいのが、「 コナミスポーツクラブ パワフルギアF」です。 なぜ「コナミスポーツクラブ パワフルギアF」がおすすめなのか、骨盤ベルトの選び方や特徴をお伝えしながら説明していきます! この記事を読んでわかること• 骨盤ベルトの人気おすすめNO. 1はコナミスポーツクラブ パワフルギアF• 骨盤ベルトは産前・産後・ダイエットにおすすめ!• 正しい位置で着用することで効果がupする 骨盤ベルトは産前・産後・ダイエットにおすすめ! 骨盤ベルトは、産前・産後に欠かせないアイテムです。 妊娠すると、母体で「リラキシン」というホルモンが分泌され始めます。 このホルモンは、骨盤まわりの関節や靭帯をゆるめる働きがあります。 つまり、赤ちゃんが通りやすくなるように産道を広げているんですね! 骨盤が広がることは出産に必要な過程ではあるものの、ゆるみを放置すると姿勢が歪み、背中や腰の痛みが出てくることも。 骨盤ベルトでしっかり支えながら生活するだけでも、かなり楽になります。 また、産前・産後でなくとも、 日常的に骨盤ベルトを着用している女性は多いです! 現代女性はデスクワークや立ち仕事が多いので、お腹や背中に負担がかかりやすくなっています。 さらに、 姿勢が悪くなると、なんとなく暗い印象を与えてしまうだけでなく、 血行不良や代謝の低下にも繋がります。 かといって、日々姿勢を意識しながら生活したり、整体やジムに通ったりするのはちょっと大変ですよね。 そんな中、 着用するだけで骨盤を正しい位置に戻してくれる骨盤ベルトは、 現代女性のお助けアイテムだといえるでしょう! 【骨盤ベルトの特徴】妊娠初期から使用すると骨盤が歪みにくくなる 骨盤ベルトは、妊娠初期から産後2ヶ月まで使用するのがおすすめです! 骨盤まわりをゆるめるホルモン「リラキシン」は妊娠初期から分泌されるため、 早めに骨盤ベルトを装着しておくことで、 つらい症状の早期予防 ができるんです。 また、 骨盤がもっとも緩んでいるのは産後直後〜産後2ヶ月と言われています。 この時期まできちんと使用することで、骨盤が歪みにくくなったり、骨盤が安定して産後太りや腰痛予防をサポートしてくれるのです。 さらに、 産後3ヶ月は、母体が元の体の機能を戻そうとする時期。 この時期に 骨盤周りの靭帯・筋肉をベルトでしっかりサポートしてあげることで、 回復が早まる効果 が期待されます! また、 産前・産後ではない人にも 、骨盤矯正をサポートしてくれるグッズとしておすすめです。 知り合いの助産師さんに聞いたのですが、立ったりしゃがんだりする動作が多いときには骨盤ベルトをして仕事をしているそうです。 また、私の知人でも、パート先で立ち仕事をしている同僚がほとんど骨盤ベルトや腰痛ベルトを着用していたそうです。 骨盤ベルトって、かなり身近な存在なんですね。 骨盤のゆるみ・ ゆがみを整えたい人や、 腰痛予防したい人に広くおすすめできるアイテムと言えるでしょう! 【骨盤ベルトの効果】ダイエットサポートや姿勢改善にも効果あり 骨盤矯正をすることで得られる効果として、以下の項目が挙げられます。 腰痛がましになる• 代謝がよくなり痩せやすい身体に導く• 姿勢の改善• 頻尿の改善が期待できる• 産後の大尻、足の開きの矯正 どれも、健やかになりたい女性にとっては気になるポイントばかりですよね。 骨盤ベルトなら「 数千円のベルトを巻いておくだけで骨盤矯正の効果が得られる」ので、 どんな整体・エステに通うよりもお手軽な方法ですよね! 履くだけで簡単に骨盤矯正できる骨盤ショーツもおすすめ! また、骨盤ベルトだけでなく、「 骨盤ショーツ」もさまざまなメーカーから販売されています。 骨盤ショーツも、 日常生活の中で履くだけで骨盤矯正ができるのでチェックしてみてください。 骨盤ベルトと骨盤ショーツの違いは、 下着も兼ねるかどうか、骨盤以外もケアしたいかどうか。 腰痛の症状があるなど、 骨盤ケアにポイントを絞りたい場合には骨盤ベルト でしっかり締めましょう。 骨盤ショーツは、手軽さを求める人に向いています。 下着も兼ねているので、トイレの前後もさっと履き直すだけ。 また、下っ腹や太ももも一緒に引き締めてくれる商品もあるので、自分の用途に合ったほうを選んでみてくださいね! 【目的別選び方のポイントをチェック】骨盤ベルトの選び方は目的によって違う! 骨盤ベルトの使用目的によって、チェックするポイントが変わります。 産前・産後ケアに使用するのか?ダイエット目的なのか? など、使用用途に応じてしっかり選び分けていきましょう! 産前・産後ケアには専用品を使う 産前・産後ケアに必要な骨盤ベルトは、 産婦人科や助産師さんから直接指定される場合もあります! もし院で指定されたものがあったら、準じた方が無難です。 「使用しないように」と言われる場合も同様です。 また、どうしても身体に合わなかったり、ズレてしまったりする場合には、上記のポイントをチェックしながら骨盤ベルトを選びましょう。 産前に使うものを選ぶ際のポイント• つけ心地がよいかどうか• 毎日使っても苦じゃないかどうか• 横になっても苦しくないやわらか素材• ベルトの締め具合を調整しやすいかどうか 妊娠中から骨盤ベルトを使用する目的は、 腰痛予防や姿勢改善に加えて 【 早産・ 難産を防止する】 というものがあります。 いっぽう、特に妊娠初期はつわりがひどい時期もあるので、苦しいときのために締め加減を弱めやすいものだったり、つけ心地の良さはマストです。 (もちろんベルトを外してもよいのですが、苦しさなくつけ続けられたらベストですよね。 ) また、横になった時に装着しても苦ではないやわらかい素材を選んだ方が、おやすみ時や就寝時にストレスを感じにくいです。 大切な出産時にもかかわることですから、 なるべく毎日使えるような使用感の良いベルトがおすすめです。 産後に使うものを選ぶ際のポイント• ベルトの締め具合を調整しやすい• ズレにくい設計• トイレに行きやすい設計 骨盤の緩み対策をするのは、産後3ヶ月までが大切と言われています。 この時期までに母体は「元に戻ろうとする時期」を経るので、骨盤ベルトでしっかり締めてサポートすることで下半身太りも緩和に導けます。 また、 産後直後は骨盤がもっともゆるみやすい時期と言われているので、ベルトをしっかりと締められるものがおすすめ。 また、ベルトがどんどん上に上がってズレていってしまっては効果が半減。 ズレにくさ対策をしている商品を選びましょう。 なお、つきっきりで赤ちゃんのお世話をしているお母さんは、子どもから目を離す暇がない場合も。 らくにトイレを済ませられるような設計がされているベルトだと嬉しいですね。 素材は通気性・伸縮性に優れているもの 骨盤ベルトを選ぶ時には、 必ず「通気性」「伸縮性」に優れているかどうかチェック しましょう。 ベルトの内側が、夏の時期に毎日着用しても ムレない・かぶれないメッシュなどの素材でできているかどうかを見ておきましょう。 また、家事をしたりしゃがんだりするときに、 突っ張るような感じがしない、しなやかな素材かどうかをチェックするとよいでしょう。 効果を重視するなら機能性に注目する とくに妊娠後期〜産後2ヶ月の、いちばん骨盤がゆるんでいる時期には、• ダブルベルトのもの• ベルト幅が厚いもの• 立体構造のもの 上記をポイントに選んでみましょう。 ダブルベルトは、 締める強さを調節しやすいのがメリットです。 まず1枚目のベルトで骨盤を支えたあとに、2枚目のベルトで締める強さを柔軟に調節できる設計。 「もっと締めても大丈夫だな〜」と思ったら、 ギュッと締めて骨盤をよりサポートすることもできるんです。 産後に腰痛が気になる場合には、 ベルト幅が厚いものを選ぶとよいでしょう。 ベルト幅が厚いと、正直動きにくさを感じることもありますが 、 腰まわりをしっかり包み込んでサポートしてくれるので腰痛を感じにくくなります。 しっかりと骨盤を支えたい産後にはベルト幅が厚いものを選んでもよいでしょう。 立体構造の骨盤ベルトも、産後の使用には適しています。 お腹のでっぱりがなくなったぶん、骨盤ベルトが上にどんどんズレていってしまう人もいます。 しかし、お尻を包み込むような構造や、 テープの種類だけでなく設計上ズレにくくしてくれている構造のベルトだと安心できます。 【2020年】口コミで骨盤ベルトの人気おすすめランキングTOP10 上記のポイントを踏まえた上で、おすすめの骨盤ベルトを10個ピックアップしてみました! どれも知名度が高く人気の骨盤ベルトですが、特徴もそれぞれ異なっています。 自分にぴったり!とピンとくる骨盤ベルトがないかどうか、チェックしながら読み進めてみてくださいね。 オリジナル設計の「滑車の原理」によって、 少しの力でしっかりベルトを締め、骨盤をしっかり固定することができます。 本体ベルトの素材は、ムレにくいメッシュ素材。 また、ベルトの内側はズレにくい凸凹加工になっているので、長時間つけていてもしっかりサポート可能です。 また、 サイズはフリーサイズとなっており、妊娠中で体型が変わってどのサイズを選べばいいか分からない…という妊婦さんからも支持されている理由に。 しなやかな素材でフィット感が高いことが特徴。 また、 乳白色でかなり薄いため、 お洋服に響かないのが嬉しいポイント。 外出時にも着用したい方には特におすすめです。 ただ、シングルベルトになっているので、ダブルベルトでぎゅっと骨盤を締めたい場合には不向きですし、 かなり幅のあるベルトなので、産前のお腹が大きい状態で使用するのは圧迫感を感じる可能性もあると思います。 質の高い下着にファンも多いので、 「このブランドなら安心」と感じられる女性も多そうです。 このベルトの特徴は、Y字構造でヒップをはさむ構造になっているところ。 かなりズレにくいベルトです。 また、通気性・伸縮性の良い素材を使用しているので、快適な装着感が得られます。 マタニティ関連グッズがメインのメーカーさんなので、安心感が違います。 この骨盤ベルトの特徴は、つけやすさとアクセスしやすい価格面! 本体価格6,000円前後が相場の骨盤ベルトのなかで、4,000円台なのは嬉しいですね。 「ブランコに乗るように」ヒップに装着する立体構造で、つけるときに迷いませんし、ダブルベルト構造なのでしっかり固定できます。 ダブルベルト構造なのに薄いデザインで、洋服にも響きません。 すべての人に幅広くおすすめできる骨盤ベルトと言えます。 フリーサイズなので、ギフト用にしてもサイズに悩む必要がないですね。 ベルトには標準タイプと、強めタイプがあり、産前は標準・産後で強めと使い分けてもよいでしょう。 ただし、公式サイトには「座ってもズレにくい」と明記がありますが、口コミでは「座るとズレてしまう」という声がかなり寄せられています。 婦人科で案内されることも多いそうです。 トコトコちゃんと歩けるように、という可愛らしい由来の名前です。 トコちゃんベルトII は、 妊娠していない方も使用できるそうなので、姿勢矯正やダイエット目的の方にもおすすめ! ベルトも薄めのデザインなので、服にも響きにくいですね。 なお、トコちゃんベルトは豊富なサイズ展開があります。 こちらの産後ケアベルトは価格がとてもお手頃で、手が届きやすいです。 また、 サイズがLLのひとつ上「3L」まであるのもポイント! ただ、口コミによると、マジックテープが1ヶ月くらいで毛羽立ったり、正しい位置でつけても生地がヨレてしまうとの声が複数上がっていました。 ただ、口コミでは「効果があるのかいまいち分からなかった」との声も多く、産後しっかり腰をサポートしたい方には不向きかもしれません。 ただ、お値段が安価なので、骨盤ベルトを試してみたい!という方にはよいのではないでしょうか。 1位 コナミスポーツクラブ パワフルギアF 2位 シリコーン製骨盤ベルト 3位 ワコール 産前・産後兼用 骨盤サポートベルト 4位 ピジョン 妊娠中から使える骨盤ベルト 5位 オオサキメディカル ダッコ キュッとベルト 6位 青葉 トコちゃんベルトII 7位 犬印本舗 産後骨盤ケアベルト 8位 山田式 骨盤ストロングベルト 9位 ピジョン 助産師推奨骨盤ベルト 10位 大須賀式矯正 産後用骨盤ベルト 単品価格 6500円(税抜) 5,900円(税抜) 6,500円(税抜) 4,700円(LLサイズは5,076円) 3,221円(税抜) 6,000〜8,000円(サイズによる、税抜) 3,800円(税抜) 2,800円(税抜) 3,200円(税抜) 2,035円(税込) サイズ フリーサイズ S・M・L・LL S・M・L・LL M・L・LL フリーサイズ S・M・L・LL M・L・LL・3L M・L・LL・3L M、L、LL フリーサイズ おすすめの人 全て ダイエット 全て 全て 産前・産後 全て 全て 産前・ダイエット 産後 産後 ベルト幅 12cm・太め かなり太め 細め 普通 太め 細め 細め 太め 太め 太め 素材 本体:ポリエステル パイル:ナイロン ベルト:ポリプロピレン 本体:シリコン 面テープ:ナイロン ポリエステル、ナイロン、ポリウレタン ナイロン、ポリウレタン、ポリエステル 表地:ナイロン、ポリウレタン 芯地:ポリウレタン樹脂 裏地:ナイロン ナイロン・発泡ウレタン・綿・ポリウレタン ナイロン、ポリウレタン、その他 ナイロン、ポリエステル、ポリウレタン、その他 ナイロン、ポリウレタン、ポリエステル ー ベルトタイプ ダブルベルト シングルベルト シングルベルト ダブルベルト ダブルベルト シングルベルト シングルベルト ダブルベルト ダブルベルト ダブルベルト タイプ別おすすめ骨盤ベルトをピックアップしました! 骨盤ベルトは、シングルベルト・ダブルベルトと分かれており、どれくらいの締め付け加減が欲しいかによってもポイントが変わってきます。 また、ベルト幅の太さや厚さによっても、動きやすさや服への響きやすさが変わります。 ここでは、シーンごとに選びたい骨盤ベルトをピックアップしますので、選ぶ際の参考にしてください! 産後ママにおすすめの骨盤ベルトこれ! 産後ママが骨盤ベルトを選ぶ際のポイントは…• ダブルベルトで締め付けの強さを変えられるかどうか• ズレにくい設計かどうか• ベルトが太めでしっかり骨盤をサポートできるかどうか この時期におすすめなのは、以下の骨盤ベルトです。 ・ コナミスポーツクラブ パワフルギアF 「滑車の原理」によって、 少しの力で簡単に骨盤ベルトを締めることができる点が高ポイント! 簡単にベルトを締められるという口コミ多数。 ダブルベルトで、 素材加工からズレにくい設計になっているので産後ママにおすすめです。 ・ ワコール 産前・産後兼用 骨盤サポートベルト 女性に人気の下着ブランドなので、 安心して使えるイメージがあるのも高ポイント。 また、Y字構造でヒップをはさむ構造になっているので、 ズレにくさはピカイチ。 カラー展開も豊富で嬉しい!骨盤ベルトにはピンクやブラックが多いですが、ベージュをチョイスすれば、白い衣服を身につけても透けませんね。 妊婦さん・産前ママにおすすめの骨盤ベルトこれ! 妊婦さん・産前ママが骨盤ベルトを選ぶ際のポイントは…• 締め具合が調整しやすいかどうか• ベルトのつけやすさ つわりがひどい場合や、お腹への圧迫感がある場合に、柔軟に締め具合を調整したい時期。 骨盤ベルトには、柔軟さとしっかりとしたサポート性が両方求められます。 多少値が張っても、 クオリティ重視でチョイス すべき で す。 ぜひケチらずに納得のいく1本を選びましょう。 この時期におすすめなのは、以下の骨盤ベルトです。 ・ ピジョン 妊娠中から使える骨盤ベルト 「ブランコに乗るように」ヒップに装着する立体構造なので、 つけるときに迷いません。 お腹が大きい時には、背中に手を回したり、力を入れたりするのも大変なので「分かりやすさ」は高ポイントです。 また、 Pigeon(ピジョン)はマタニティ・赤ちゃん用品メーカーさんなので安心感もあります。 体型に合わせて選びやすいです。 本体価格6,000円前後が相場の骨盤ベルトのなかで、4,000円台なのも嬉しいですね。 ・ 青葉 トコちゃんベルトII 助産師さんからの信頼が厚いトコちゃんベルトシリーズ。 こちらも、 サイズ展開がS・M・L・LLと豊富です。 また、サイズ選びに不安がある場合、大阪ので採寸も可能なのが嬉しいです。 腰痛におすすめの骨盤ベルトはこれ! 腰痛を防止するためにベルトを選ぶ際のポイントは…• ベルト幅が太く包み込まれるサポート感• ズレにくさ 多少の動きにくさはあっても、腰回りを包みこんで、姿勢をしっかりサポートしてくれるベルトが合っています。 ・ シリコーン製骨盤ベルト 伸縮性に富んで、フィット感がある「 つけていて苦にならないベルト」。 乳白色でかなり薄いため、お洋服に響かないのが嬉しいポイント。 外出時や仕事中にも着用したい人にぴったりです。 また、このベルトをつけながら腰を回して腰回りの靭帯・筋肉のゆがみを整える「山田式ゴムバンド健康法」を実践できるので、腰の痛みに根本からアプローチできる可能性があります! ダイエットにおすすめの骨盤ベルトはこれ! ダイエット目的でベルトを選ぶ際のポイントは…• お値段が安いかどうか• つけていて苦じゃないかどうか 効果は欲しいけど、 なるべくならお金をかけずにダイエットしたいのが本音ですよね。 また、産前・産後に比べて「続ける」ことへのモチベーションが確保しづらいのも事実。 つけていて苦じゃないと感じられる骨盤ベルトがおすすめです! ・ 大須賀式矯正 産後用骨盤ベルト なんといっても、 税込で2,000円ほどという価格が魅力的です! また、腹部に起毛素材を使用しているので、腹巻きがわりにも。 お腹の冷えを防ぎ、ダイエットに大切な血行・代謝アップにも役立ちます。 骨盤ベルトの正しい着用方法で効果をアップ! メリットの多い骨盤ベルトですが、 着用方法を一歩間違えると逆効果に! 骨盤が反対に開いてしまうことに繋がったり、胎児を圧迫してしまう可能性もあるんです。 骨盤の仕組みを知る! 骨盤は、「仙腸関節」「大転子(股関節)」「恥骨結合」という部分を軸にして、輪っかのような形になっています。 この輪っか全体を、きちんとベルトで支えてあげることが重要です。 骨盤ベルトをつける前に、以下の説明を見ながら、骨の位置を必ず確認してください!• 仙腸関節:お尻の割れ目の上に指を当てると左右にVの字にある骨• 上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく):骨盤が前に飛び出しているところ• 大転子(股関節):太ももの上部の骨が張り出したところ• 恥骨結合:おへそからまっすぐ下に下がったときにあたる骨 注意!骨盤ベルトを正しい位置につける 骨の位置が確認できたら、実際に骨盤ベルトを締めていきましょう! しっかりと締めてあげることがポイントではありますが、苦しいな〜と感じたら、すぐに着用をやめて休憩してくださいね。 Step1:ベルトの前・後を確認する まずは ベルトの前後を間違えないよう、しっかり確認しましょう。 とくに、前後でデザインがあまり変わらないようなベルトの場合には要注意です。 Step2:ベルトが恥骨の高さと同じになるように、背中側に水平に当てる ベルトが斜めにならないようにしてください。 必ず恥骨と水平になるように巻きましょう! 斜めにベルトをかけたままにしてしまうと、骨盤をサポートする機能が十分に発揮されないだけでなく、身体に逆に負担をかけてしまう原因となります。 位置に気をつけてベルトを巻いたら、以下の骨との位置関係をチェックして、本当に正しく巻けているか確認してください。 ベルトを締めます。 またダブルベルトの場合は、2つめのベルトをもう一度左右いっぱいまで巻いたあと、楽だと思う長さまで調整してください。 なお、 立ったまま着用するのがキツく感じる方は、仰向けになったまま着用するやり方などもあるので、骨盤ベルトの楽な締め方について、動画コンテンツなどを検索して調べてみてください! 骨盤ベルトは、つけ慣れるまでちょっと時間がかかるかもしれませんが、コツをつかめばスムーズに着用できます。 日常生活のすごしやすさが断然変わってくるので、 ぜひ正しい付け方をマスターしてくださいね! <注意!> ・O 脚の方は、ベルトでお尻を下からすくい上げるように着用しましょう ・X 脚の方は、お尻をすくい上げずに、横から見てベルトが水平になる方が着用感がいい場合もあります ・ベルト着用後、立ったり座ったりして苦しさを感じたら、きつさを調整しましょう ・着席したとき、太ももの付け根でベルトが折れないようにしましょう ・サイズの合わない骨盤ベルトを継続して使用し続けることはおすすめしません まとめ 骨盤ベルトを着用することによって、産前・産後や、運動不足でゆるんでしまった骨盤の矯正に繋がります。 腰痛や姿勢の改善、さらにはダイエット効果も期待できる骨盤ベルト。 ぜひ日常的に取り入れたいアイテムのひとつです! いろいろな骨盤ベルトを紹介してきましたが、どれを選べば良いか分からない方におすすめしたいのが、「 コナミスポーツクラブ パワフルギア F」です。 産前・産後の妊婦さんにもぜひ取り入れていただきたいですし、妊娠していなくても腰痛予防・ダイエットと 幅広くおすすめできる高品質な骨盤ベルトです。 この記事が、あなたの骨盤ベルト選びに少しでも参考になったら幸いです! Writer.

次の

骨盤矯正ダイエットの真実&効果的に痩せる方法!

産後 骨盤矯正ベルト 効果

1分間でOKな骨盤矯正ダイエットのやり方! 女性は男性に比べて下半身に脂肪がつきやすいと言われますよね。 これは、女性は下半身に筋肉がつきにくいため、どうしても男性よりも代謝が下がってしまうことや、血液やリンパの流れが悪くなってむくみやすいことが原因と言われていますが、実はこの他にもう一つ、骨盤の歪みが関係していると言われています。 男性にも骨盤がありますが、女性の場合、生理や妊娠、出産などで骨盤が開きやすくなるため、どうしても歪みが生じやすいと言われています。 骨盤が歪むとそこに脂肪がついてさらに歪みがひどくなったり、血行不良が起こりやすくなるなど、太りやすくなると言われています。 食事制限や運動などのダイエット方法を行っても、思うように痩せられない場合は、骨盤の歪みが肥満の原因かも知れません。 そこで最近注目されているのが、ストレッチなどで骨盤の歪みを矯正する骨盤矯正ダイエット。 自宅で簡単にできる上、1分間で効果があるということから、女性の間で大変話題になっています。 しかし、骨盤矯正と聞くとなんだか大ごとのような気がしますよね。 では、骨盤矯正ダイエットとは一体どのようなものなのでしょうか。 その方法や効果などをご紹介したいと思います。 骨盤矯正ダイエットとは? 骨盤矯正ダイエットとは、歪んだ骨盤を矯正し、元の正しい位置に戻すダイエット方法になります。 骨盤は、内臓を取り囲むようにしてある大きな骨のことを言い、上半身と下半身を繋ぐという大事な役割を担っています。 また、人が立つ、歩く、座るといった動作には全て骨盤が関わっており、背中の上部にある肩甲骨と同様に、体を支える大きな基盤となるものです。 この骨盤が歪んでしまうと、血行不良を起こして内臓に血液が通りにくくなり、体温が下がって代謝が低下してしまい、太りやすい体になると言われています。 さらに、骨盤の歪みにとって骨盤を支えている大腰筋や腸腰筋といった筋肉が衰えると、内臓を支える力も弱くなるためお腹がぽっこりと前に突き出してしまいやすくなります。 ちなみに、大腰筋や腸腰筋はインナーマッスルと呼ばれるもので、腹筋や腕立てのように鍛えると目に見えて肥大がわかる筋肉ではありませんが、骨盤矯正によって骨盤の位置が正しくなると、筋肉によって骨盤を支えることができるようになるため、代謝を上げる効果が期待できると言われています。 産後のお腹ぽっこりには骨盤矯正が必要? 女性にとって、人生の中でも大きな出来事と言える出産。 妊娠中は、お腹の赤ちゃんがとにかく健康で無事に生まれてくれることだけを願い、せっせと栄養のあるものを摂取していたと思いますが、出産したはずのお腹がぽっこりとしていて驚いたことはありませんか? 妊娠中、お腹の赤ちゃんが成長するとともに脂肪がつき、皮が伸びるため、出産後すぐには元の体型に戻ることはありません。 しかし、1ヶ月2ヶ月と過ぎても、お腹が出っ張ったままだとちょっと心配になってしまいますよね。 出産時、骨盤は最大に開いています。 通常の場合でも骨盤はある程度の可動域を持ち、閉じたり開いたりを繰り返していますが、出産によって大きく開いた骨盤は、徐々に時間を掛けながら元に戻ります。 その際、元の正しい位置にすんなりと戻るのは稀で、多くの場合は偏った閉じ方をして歪みが生じてしまうと言われています。 そして、その歪みによって脂肪がつきやすくなったり、筋力が落ちて代謝が低下するなど、太りやすくなると言われています。 そのため、産後に骨盤矯正をすることは、産前の体型に戻すためにはもちろんのこと、体調管理という意味においてもぜひ実行するのがよいと言われています。 目を閉じ、腕を振り、太ももを床と並行になるようにあげながら、その印の上で50回足踏みをしましょう。 目を開けた時、印から1m以上離れてしまっている場合は、骨盤が歪んでいる可能性があります。 足を腰幅に開き、左右の骨盤の最も高いところに手の親指を、床に中指をつけ、その高さを計ります。 左右の高さが同じであれば問題ありませんが、どちらかが高い場合は骨盤が歪んでいる可能性があります。 また、下記にあてはまるものが多い人ほど、骨盤が歪んでいる可能性が考えられます。 骨盤矯正のダイエット効果 ダイエットの基本と言えば、摂取カロリー<消費カロリー、ですよね。 そのため、これまでダイエットと言えば、食事制限によって摂取カロリーを減らすか、運動によって消費カロリーを上げて行うかのどちらかが一般的でした。 では、摂取カロリーや消費カロリーに直接関係なさそうな骨盤矯正ダイエットには、一体どのような効果があるのでしょうか。 そのまま10秒キープします。 おすすめの骨盤矯正体操3選 骨盤を正しい位置に戻すための運動の方法や、骨盤を支える骨盤底筋を鍛えるための体操の方法などをご紹介したいと思います。 毎日コツコツと続けてみましょう。 この時、腰にしっかりと力を入れ、骨盤が前傾してしまわないように注意しましょう。 左右同じ回数ずつ10回ほど行います。 動かす幅を意識するのではなく、骨盤がしっかりと動いていることを確認しながら行います。 膝をやわらかく使い、力が入らないように注意しましょう。 反対周りも同じように行います。 一番高い位置で5秒キープしましょう。 時間は45秒を目安にして行って下さい。 骨盤矯正に効果的なストレッチの方法3選 骨盤矯正は一日で終了するものではなく、毎日続けて行うことで歪みを少しずつ矯正していくものです。 そのため、苦なく続けられるストレッチを覚えておくことは、骨盤矯正を無理なく続けるためにはとても大切と言えるでしょう。 そこでここでは、骨盤矯正に効果的なストレッチの方法をご紹介したいと思います。 膝のつきにくい方を20秒、つきやすい方を10秒キープするようにし、3回ずつ行いましょう。 これを3分繰り返します。 骨盤矯正におすすめのヨガのポーズ3選 健康や美容のためにヨガを行っている方も多いと思いますが、ヨガのポーズの中には骨盤矯正によいものも多数存在します。 そこでここでは、骨盤矯正におすすめのヨガのポーズをご紹介します。 猫のポーズ 手の平と膝をついて四つん這いになり、息を吐きながら背中を丸め、そのまま視線は自分のおへそを見るようにしましょう。 猫が威嚇する時に行うポーズをとります。 ワニのポーズ 床に仰向けになって寝そべり、両足を曲げて両腕で抱えるようにしたら、そこから片腕は床につけ、もう一方の手で膝横を押すようにして足を倒します。 視線は床につけた手を見るようにしましょう。 合蹠のポーズ 床に仰向けになって寝そべり両膝を立てたら、両手をお尻のそばに置きます。 足裏を合わせ、膝をできるだけ床に近付けるように意識しながら腰を持ち上げます。 骨盤矯正スパッツやパンツの効果は? 骨盤矯正ガードルや骨盤矯正ベルトなど、骨盤矯正のために着用するものは数多くありますが、ここ最近注目を集めているのが骨盤矯正スパッツと骨盤矯正パンツ(ショーツ)です。 どちらも文字通り、スパッツとパンツなのでガードルやベルトよりも付け心地が楽、という点で人気となっています。 骨盤を締めて支える働きがあるので、立ち仕事をしている方が骨盤矯正に関係なく利用していることもあるようですが、とにかく穿くだけでぽっこりとしたお腹が凹むため、体のラインが出やすい服装をしている時に重宝します。 また、加圧効果や生地に折りこまれた素材の作用によって、冷えやむくみを解消し、代謝をアップしてくれる効果も期待できるようです。 実際に、骨盤矯正スパッツを着用して、それまでどんなダイエットを行っても痩せられなかった人が、5kgの減量に成功した例もあるそうなので、迷っている方は試してみる価値がありそうですよね。 骨盤矯正クッションの効果とおすすめ3選 エクササイズや運動はもちろん、ベルトを巻くのも面倒・・という究極の面倒臭がり屋さんには、座るだけで骨盤矯正をしてくれるクッションをご紹介したいと思います。 コジットらくちん美尻クッション (画像は) 座るとお尻の重心が自然と内側になる構造となっているため、座っているだけで骨盤を引き締めてくれます。 座布団タイプのためどこにでも置いて使うことができます。 ながらクッションRelax 画像は クッションの両側が骨盤を包む形になっているので、座るだけで骨盤の引き締め効果が得られます。 また、カーブを描いているため座りながらエクササイズが可能で、ダイエット効果を高めることができます。 骨盤ビューティーコアスリム (画像は) 骨盤エクササイズのプロのMicacoさんが監修した骨盤矯正クッションです。 上に座るだけで骨盤を引き締め、背筋が伸びて正しい姿勢をキープすることができます。 また、座り方を変えたり、動かして使うことでエクササイズとしての利用も可能となっています。 骨盤矯正ベルトの効果とおすすめ3選 骨盤矯正ベルトは、骨盤部分に巻いておくだけで簡単に骨盤矯正ができる優れもの。 エクササイズや運動などを行う時間のない方でも、ベルトを巻いて普段通りの生活をするだけで、骨盤矯正を行うことができます。 なお、骨盤矯正ベルトは長く装着できるタイプ(就寝時もOK)と、数十分程度の短い時間のみ装着するものがありますので、仕事中にベルトを巻くのはちょっと・・という方でも生活に合わせて使うことができます。 骨盤ウォーカーベルト TVショッピングから誕生した商品で、累計販売数は80,000枚を誇る大人気商品となっています。 骨盤矯正ベルトは多数販売されていますが、どれを買おうか悩んでしまった時は、こちらがおすすめになっています。 特に妊婦さんは、大きくなるお腹を上手く支えきれずに筋肉の張りや痛みを感じることが多いため、骨盤矯正の意味合いではなく、サポートとしてこのトコちゃんベルトを使っていることも多いようです。 犬印本舗 産後骨盤ケアベルト マタニティウエアブランドの犬印本舗から販売されている、産後すぐに使える骨盤矯正ベルトです。 サイドテープで締め具合を調整できるため、体に負担が少ない状態で骨盤のケアを始めることができます。 骨盤矯正には整体や整骨院がおすすめ? 骨盤矯正はセルフでも行うことができますが、整体や整骨院で整体師の人に行ってもらうのもよいでしょう。 整体や整骨院では、体の歪みや骨格筋を調整することで、本来持っている自然治癒力を生かし、体調を整えるための施術が行われます。 しかし、整体や整骨院というと、つらい体勢になって骨をボキボキと鳴らされる・・といったイメージを持っている方も多いかも知れませんね。 整体や整骨院で行われる施術は、整体師の手技や器具によって異なり、これという明確なものはありません。 逆に言えば、Aという人には合っていても、自分には必ずしもそこの整体院の施術が合っているのは限らないのです。 そのため、整体や整骨院に行く時はよく情報収集をするのがよいでしょう。 骨盤矯正のダイエット効果が凄い!その方法は?のまとめ 食事制限や運動を行ってもダイエットが上手くいかない場合は、骨盤の歪みが原因かも知れません。 特に女性は骨盤が歪みやすいと言われているため、下半身太りや気になる方や、冷えやむくみに悩んでいる方は骨盤矯正ダイエットを始めてみるのがよいでしょう。

次の

産後 骨盤矯正の効果は?産後いつから受けられる?

産後 骨盤矯正ベルト 効果

骨盤を矯正し、代謝をアップして痩せるという、骨盤矯正ダイエットが人気になっています。 矯正のためのグッズや、体操・ストレッチなども紹介されていて、実践している人もいると思います。 しかし、紹介される効果はほとんどが間違っていて、骨盤矯正の正しい効果はほとんど知られていません。 骨盤矯正の効果を勘違いして、ストレッチや体操を行っても、全く痩せずに終わってしまいます。 努力したのに体が変わらないことがないように、骨盤矯正の本当の効果と、誰でも痩せられる正しいダイエット方法を紹介します! この記事は、科学的な知見とトレーナーや医師への指導経験も持つ、Plez(プレズ)のコンサルタントが作成しました。 (ダイエットの結果には個人差があります) 目次• 骨盤矯正のダイエット効果 骨盤矯正は、ダイエットや美容・健康に色々な効果があると言われています。 一番よく言われるのが、「骨盤を矯正することで、血行が良くなって、代謝がアップする」というものです。 他にも、骨盤を矯正することで、脚・お尻周りに脂肪が付きにくくなったり、むくみが取れたりすると言われます。 しかし、下半身・全身問わず、 脂肪がついてしまうのは、骨盤の歪みが原因ではありません。 そして、脂肪を落とすのに効果的な方法も、骨盤矯正ではありません。 間違った方法を実践しても、体は期待通りには変わりません。 効果を勘違いして、努力がムダになってしまわないように、骨盤矯正の7つの誤解の真相を解明します。 誤解1:骨盤矯正で代謝がアップする 骨盤矯正でよく言われる効果が、「骨盤を矯正すると、血流が良くなって、代謝がアップする」というものです。 ダイエットの本質は、摂取カロリー<消費カロリーにすることです。 摂取カロリー<消費カロリーにすると、不足したエネルギーを体脂肪から使って、痩せていきます。 ダイエットでいう代謝とは消費カロリーのことなので、代謝が上がれば、ダイエットに効果があります。 ただ、問題は、 骨盤を矯正しても代謝は上がらないことです。 「骨盤矯正で代謝アップ!」というのは良く目にしますが、「具体的にいくらアップするか」というのは全く紹介されません。 骨盤矯正をしても、特に代謝が上がらないからです。 骨盤矯正と代謝アップ効果 人の体は、脳や心肺の活動・体温の生成・体を動かすなどで、カロリーを消費しています。 カロリーを消費するのは、それらの活動によって、エネルギーが必要になる時です。 逆に言うと、 必要がなければ、カロリーは消費されません。 仮に骨盤矯正で血行が良くなったとしても、活動が増えてエネルギーが必要にならなければ、代謝は上がらないのです。 代謝を上げる方法は1つ 代謝を上げる方法は、現実的には1つだけです。 それは、 体を動かすことです。 これ以外の方法で代謝を上げようとしても、ほとんどの場合、ムダな努力になってしまいます。 ショウガやとうがらしで代謝アップ、半身浴で体を温めて代謝アップ、水を飲んで老廃物を排出して代謝アップなど、全てありもしない効果です。 筋肉を付けて基礎代謝をアップというのもよく言われますが、筋肉をやっと1kgつけて、1日に10~30kcal程度しか上がりません。 根拠論文: 長期的に太りづらい体を作るには効果的ですが、これで痩せるというのは現実的ではありません。 同じように、 骨盤を矯正して代謝をアップというのも間違った情報なのです。 「骨盤を矯正して、足腰が絶好調になって、歩く距離が自然と増えた!」なんてことがない限り、ダイエットに効果はないのです。 血行が良くなったり、姿勢が良くなっても、ほとんど代謝は上がりません。 代謝を上げるには、運動などで体を動かす量を増やしましょう。 参考記事: 誤解2:脚が太くなるのは骨盤の歪みが原因 代謝以外にも、「骨盤が歪んでいると、血行が悪くなって、脂肪が付きやすくなる」と言われます。 そして、矯正によって痩せやすい体質になると言われます。 しかし、これも代謝アップと同様、過剰に謳ったありもしない効果です。 骨盤矯正と、脂肪のつきやすさは関係ありません。 脂肪が付くのは、摂取カロリー<消費カロリーになった時です。 個人差もほとんどなく、骨盤を矯正して変わるものではありません。 そして、誤解1で紹介したように、消費カロリーも上がりません。 つまり、骨盤は摂取カロリーにも消費カロリーにも影響しないので、ダイエットに関係ないのです。 また、 骨盤と、下半身の脂肪のつきやすさも関係ありません。 脂肪は、全身まんべんなく付いていきます。 ホルモンによって、男性はお腹周りと内臓に、女性はお尻とあり周りに脂肪が付きやすい傾向はあります。 このような性別差や個人差は多少ありますが、基本的には、脂肪は全身まんべんなく付き、まんべんなく落ちていきます。 上半身がガリガリで、お尻・脚だけ太っている人はいませんよね? 太るのは、摂取カロリー>消費カロリーになることが原因です。 そして、 摂取カロリー<消費カロリーにすると、体質に関係なく、誰でも痩せることが出来ます。 参考記事: 誤解3:産後に太るのは骨盤が原因 女性の場合、「産後は骨盤が開いて、脂肪が落ちづらくなる」と言われることがあります。 誤解1・2で紹介したように、脂肪が落ちない原因は骨盤にはなく、矯正してもダイエット効果はありません。 妊娠中は体脂肪が増える傾向にあるというだけで、骨盤とダイエットは関係ありません。 誤解4:骨盤矯正がむくみの解消・デトックスに効果的 骨盤を矯正すると、脚のむくみやデトックスに効果があるとも言われます。 脚、特にふくらはぎは、むくみやすい部位です。 むくみは、疾患でなければ、筋肉を長時間動かさないことによって、一時的に水分がたまっている状態です。 歩くなどで少し筋肉を動かせば、むくみはすぐに解消します。 そして、 毒素や老廃物をデトックスというのは、エセ科学です。 ダイエット・美容・健康でいう、老廃物や毒素を排出というものは、根拠がありません。 体脂肪が付く原因は、老廃物ではなく、摂取カロリー>消費カロリーになることです。 摂取カロリー<消費カロリーの状態を作れば、デトックスなど関係なく、痩せることが出来ます。 参考記事: 誤解5:ぽっこりお腹の解消に骨盤矯正が効果的 お腹がぽっこり出てしまうのは、骨盤の歪みが原因と言われることがあります。 お腹が出る原因はいろいろ紹介されますが、 9割方は、体脂肪が原因です。 特に男性の場合、内臓脂肪とお腹周りの皮下脂肪が付きやすい傾向があります。 そして、ほとんどの場合、お腹をひっこめるのに有効なのは、 ダイエットで体脂肪を落とすことです。 体脂肪以外だと、腹筋が内側からの圧力に負けたり、内臓が下がって、お腹がぽっこり出ることもあります。 これは、 お腹の筋力が弱いことが原因です。 解決のために有効なのは、 お腹の筋力を高めること、つまり、筋トレです。 骨盤矯正をしても、腹筋が強くなるわけではありません。 ぽっこりお腹を解決するには、ほとんどの場合はダイエットが効果的で、筋力が弱いことが原因であれば筋トレが効果的です。 参考記事: 誤解6:骨盤はダイエットのために矯正する 骨盤矯正ダイエットは色々な記事で紹介されていますが、これまでに解説したように、ダイエットに効果はありません。 骨盤矯正が必要なのは、腰痛が起きるなど、体に不調がある場合です。 ダイエットのために、骨盤矯正ベルトやタオル枕などの器具、ストレッチや体操などを取り入れる必要はありません。 太ってしまう原因は骨盤ではないので、原因に対応しない方法を実践しても、体は変わりません。 骨盤の矯正は、ダイエットではなく、体の不調がある場合に行いましょう。 その場合は、整体など、専門的な治療を受けることがオススメです。 誤解7:骨盤矯正は痩せるから紹介される ダイエットに効果がないのもかかわらず、ほぼすべての関連記事で、骨盤矯正はダイエットに効果的と言われています。 これには、2つ理由があります。 1つは、 記事を盛り上げるためです。 効果をきちんと調べることもなく、ポジティブな情報を詰め込んで、記事を盛り上げたり印象を良くすることが目的です。 その記事を読んだ時は、「こんなラクな方法で痩せるんだ!」と嬉しくなるかもしれません。 また、実践している最中は、やっている感があって楽しいかもしれません。 しかし、効果を期待して努力を続けても、結局は痩せずに終わってしまいます。 もう1つの理由は、 商品やサービスを売るためです。 矯正ベルトやバランスボール、骨盤を矯正して痩せると謳うストレッチ・ヨガなどのサービスを売るために、間違った情報が流されます。 骨盤矯正がダイエットに効果的と言われるのは、痩せるからではありません。 商業的な理由なのです。 Plez(プレズ)では、クライアントさんに骨盤矯正を推奨したことは1度もありませんし、骨盤を矯正しなくてもダイエットに成功されています。 骨盤矯正に限らず、ラクをして痩せたいという気持ちにつけ込んだ情報は、たくさんあります。 努力をせずに痩せようとすると、間違った方法や、何の効果もないサプリ・ダイエット食品などにダマされてしまいます。 痩せるためには、努力が必要です。 そして、 正しい方向に努力をすれば、最小限の努力で、体はどんどん変わっていきます。 毎日何時間も運動をしないといけない訳ではありません。 次に、確実にダイエットに成功できるように、正しい効果的なダイエット方法を紹介します。 骨盤矯正なしの効果的なダイエット方法 これまで紹介したように、痩せるために最も大事なことは、摂取カロリー<消費カロリーの状態を作ることです。 そのための方法は、2つです。 そして、効果的にダイエットをする方法は、 食事のカロリーを抑えることです。 食事のカロリーを抑えて、摂取カロリー<消費カロリーの状態を作れば、体脂肪はどんどん落ちて痩せていきます。 ダイエットで運動をしない? 誤解1で紹介したように、消費カロリーを上げるには、体を動かすことが必要です。 ただ、消費カロリーを増やすことが、ダイエットに必要という訳ではありません。 消費カロリーを上げなくても、日常生活でカロリーを消費しています。 そのため、食事のカロリーを抑えれば、摂取カロリー<消費カロリーの状態を作れます。 そして、 運動はかなり効果が低いので、食事の管理で痩せることが効果的です。 体重が50kgの人が体脂肪を1kg落とす場合、ランニングで150km、ウォーキングだと300kmぐらい必要になってしまいます。 これでは、努力をしてもなかなか体が変わらず、モチベーションも下がって、途中で止めてしまいます。 食事なら、もっと効率的にカロリーを抑えることが出来ます。 参考記事: 食事で痩せるのが効果的なダイエット Plez(プレズ)のダイエット方法では、運動ではなく、食事で脂肪を落とします。 それは、 運動でカロリーを消費するより、食事のカロリーを抑える方が、はるかに効率的だからです。 ウォーキング2時間分の消費カロリーと、カフェラテ1杯をコーヒーに変えるカロリーが、同じぐらいです。 食事のカロリーを抑えるには、時間も労力も必要ありません。 そして、食事をしっかり管理すれば、1週間~10日で体の変化が分かり、1ヶ月で周りの人に気づいてもらえるぐらい痩せられます。 正しい知識を持って、効果の高いダイエット方法を実践すれば、誰でも確実に痩せることが出来るのです。 参考記事: 骨盤矯正のダイエット効果まとめ いかがでしたでしょうか? 一般的に正しいと思われている情報が、実は完全に間違っているということが、ダイエットではよくあります。 正しい知識があれば、お金だけ減って体脂肪が減らない、ということもなくなります。 ダイエットで必要な努力は、骨盤を矯正することではありません。 食事を管理することです。 しっかり食事を管理すれば、体質に関係なく、誰でも痩せることが出来ます。

次の