パル システム コープデリ 違い。 パルシステムと「コープ」「COOP」の違いとは?|生協の宅配がよく分かる比較サイト

コープみらい(コープデリ)とパルシステムの違いは?主婦が徹底的に比較調査

パル システム コープデリ 違い

「 パルシステム」と「 コープデリ」。 東京、埼玉、千葉、茨城、群馬、栃木にお住まいの方が加入できる2つの生協宅配はどちらに加入すべきなのでしょうか? 2つの生協宅配の違いを「食材の安全性」「商品の安さ」「配達手数料」「会員数」などの観点から比較します。 原材料・産地表示 パルシステムのカタログでは、ほとんどの青果の 生産農園名/生産者名を表示しているのに対し、コープデリは 都道府県名の表示にとどまる食材が多いです。 生産者が明らかになるメリットは、牽制が効くということ。 いい加減なことはできないため安心感があります。 国産へのこだわり パルシステムが、加工品であっても原材料の国産・国内加工にこだわるのに対し、コープデリの加工品には、原材料が外国産・外国加工のものが多いです。 もちろん、外国産だから「すべてダメ」ではないのですが、コープデリは何年か前の中国毒入り餃子事件の販売側の当事者生協でもあり、外国産・外国加工の食材はどこまで検査体制を充実させても「想定外」のことが起こるリスクは高いことを考えると、できるだけ目の届く国産材料・国内加工の方が安心できるのは言うまでもないでしょう。 減農薬・添加物の少ない食材へこだわり パルシステムもコープデりも、減農薬野菜、添加物の少ない食材を販売していますが、減農薬野菜、添加物の少ない食材へのこだわりと言う点では、パルシステムが優位です。 コープデりは、スーパーとの価格競争(?)もあって、スーパーと同じような食材を販売していますが、パルシステムは品質面で独自基準クリアした食材だけを販売することにこだわっています。 食材のおいしさ 食材の味・おいしさは断然パルシステムです。 特に、たまご、お肉、ウィインナーソーセージ、お豆腐、お米などはパルシステムの方が格段においしいです。 農薬基準の厳しさ、防腐剤、化学調味料を使わない加工食品へのこだわりがパルシステムの食材のおいしさを支えているのです。 価格ならコープデり 国産・産直・減農薬など...同等レベルの食材であればパルシステムもコープデりも価格に大差はありません。 ただ、コープデりでは、スーパーで売っているような、外国産のお肉や加工食品、青果も多く販売されているため、平均するとコープデりの価格の方が安いです。 配達手数料は互角 気になる配送手数料は都県により若干違いますが総じて互角です。 個別宅配手数料 パルシステムもコープデリも手数料は1回(1週)当たり188円~210円(都県により違います)です。 個別宅配手数料は、どちらの生協も2人で共同配達とすれば 半額、3人以上のグループで共同配達とすれば 無料になります。 なお、どちらの宅配も、この手数料の全額或いは一部は、配達のない週でも支払う必要があります。 赤ちゃん割引制度 妊娠~出産~赤ちゃん育て中のご家庭に対しての手数料割引制度は、コープデりの方が家計に優しいです。 パルシステムの赤ちゃん割引制度は、手数料が半年間 無料、あるいは1年間 半額になるというもの。 コープデりの場合は、2年間 半額、あるいは2年間 無料となります。 どちらが有利かはお住まいの都県により違ってきますので、 無料で資料請求をして他の気になる疑問点と合わせて解決するといいでしょう。 一方パルシステムはコープデリと競合する地域に限ると会員数は約100万人です。 コープデリの会員数が多い理由は、歴史が長いことと、店舗会員が多いことによりますが、現時点では、宅配会員も、やや、コープデりの会員数が多いのは間違いないでしょう。 ただ、ここ数年の会員数の増加率ではパルシステムの方が上回っているという事実もあります。 カタログ・商品点数は互角 パルシステムのカタログは、「小さい子供がいる家庭」「育ち盛りの子どもがいる家庭」「大人だけの家庭」など、それぞれの家庭の暮らしに合わせたものを選ぶようになっているため、「使いやすい」と評判です。 ただ、暮らしに合わせて不要なものを除いているため、商品点数ではパルシステムよりもコープデりの方が多いです。 また、コープデりは、生協らしい安全・品質にこだわった商品以外に市販されている安い商品もカタログに含んでいることも、商品点数が多くなる理由です。 どちらが優れているか、それは好み次第ですね。 結論 食材はパルシステム、安いのはコープデり パルシステムとコープデり、どちらが一方的に優れているということではありませんが、特徴をまとめると、食材の安全・安心・おいしさを重要視するならパルシステム、価格・家計への優しさを重視するならコープデりということになるでしょう。 パルシステムのコープデり、どちらも実際の詳しい資料を 無料で取り寄せることができますので、気になる疑問点をご自身の目で確認されることをおすすめします。 今なら両生協とも資料請求するだけでサンプル品を送付してくれますので、実際の商品を確認することもできます。

次の

【徹底比較】コープとパルシステムの違い。どちらがオススメかを項目別に紹介

パル システム コープデリ 違い

配送地域 コープデリは東京・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・新潟・長野、 パルシステムは東京・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・新潟・神奈川・福島・山梨・静岡が配送地域なので、パルシステムの方が少し配送地域が多いです。 口コミでの評判 両方とも満足している声がほとんどでしたが、パルシステムは「 安全性が高いし、美味しい」という品質についての口コミが多く、 逆にコープデリは「 近所のスーパーくらいの価格で手軽に利用できてうれしい」「 コープオリジナルの冷凍食品やお惣菜が美味しい」という口コミが多かったです。 商品価格や配送料 コープデリとパルシステムの実際の商品価格や、配送料などを比較してみました。 パルシステムが少し高く感じるかもしれませんが、野菜はスーパー並みの価格のものもありますし、品質へのこだわりを考えると良心的な価格になっています。 出資金 パルシステムとコープデリは、どちらも加入時に出資金が必要になります。 地域によって金額が違いますが、パルシステムは1,000〜2,000円、コープデリは500円~1,000円となっています。 この出資金は、退会の時に返金してもらえます。 手数料(配送料) パルシステムの手数料は180〜200円、コープデリの手数料は、180〜200円となっています。 (手数料は都県ごとに金額が違います。 ) また、下記のとおり、どちらも手数料の割引制度が色々あります。 手数料の割引制度 どちらの会社も、• 母子手帳を交付された妊娠中の人• 未就学児がいる世帯• 65歳以上の高齢者世帯• 障がい者手帳を持っている人がいる世帯 は、手数料が半額か無料になります。 また、2人で注文する場合は手数料が半額、3人以上のグループで注文する場合や、一定金額以上の購入の場合に手数料が無料になります。 さらに、コープデリでは、自然災害で被災された方向けにも配送料無料の割引制度があります。 品数 コープデリの取り扱い商品の数は6,000品目以上あります。 食料品のほか、日用品や衣類を取り扱う大型スーパー並みの品揃えです。 対して、パルシステムは約2,000品目で、コープデリと比べると少ないです。 時短ミールキットはあるか? どちらの会社にも、カット済み野菜と下ごしらえ済みの食材と調味料がセットになった、レシピつきのミールキットがあります。 コープデリのミールキットは毎週30種類くらいあって、1品が10分で作れるものと、2・3品が20分で作れるもの、1人前、2人前、2〜3人前、4人前といろいろ選べるようになっています。 パルシステムの方は、すべて2〜3人前で、約10分で1品が作れるキットが、毎週20種類くらいあります。 また、パルシステムには、「3日分の時短ごはんセット」という、3日分の夕食用の食材がレシピつきでまとめて届くセットもあります。 お弁当はある? どちらにも毎週10種類前後の冷凍弁当を取り扱っています。 日用品はどのくらい売ってる? パルシステムでは、シャンプーやティッシュ、オムツなどの消耗品から、衣類や寝具、コスメなど、日用品の商品数は 約850品あります。 コープデリには、食品や日用品、コスメなどが載っているメインカタログ「ハピ・デリ!」と、キッチングッズや日用雑貨メインのカタログにあわせて 1,200〜1,500品の商品が掲載されていて、さらに衣類メインのカタログ、ペット用品のカタログなどもあり、パルシステム以上に商品が充実しています。 安全性の基準 どちらも国の基準は満たしていて、不要な薬剤や食品添加物は使わないようにそれぞれ徹底していますが、特に パルシステムでは、食品添加物は国の許可しているもののうち4分の1を許可していなかったり、より厳しい独自の基準を設定しています。 注文方法 どちらも、紙の注文書とインターネットの注文サイトから注文ができます。 パルシステムはアプリ、コープデリは電話からも注文ができます。 注文のしやすさは? 注文用紙はどちらもほとんど同じ、マークシートタイプのものです。 インターネットの注文サイトは、パルシステムの方がリニューアルしたばかりで、今風な感じできれいで見やすいかも? でもコープデリの方も特別使いにくくはないです。 注文締切について パルシステムもコープデリも、注文用紙の場合は配達日に翌週の注文を提出します。 インターネット注文の場合は、コープデリは配達の5日前の午前2時、パルシステムは配達の6日前の13時が締切です。 キャンセルの方法 コープデリもパルシステムも、一回だけ注文を休みたいときは、注文書やweb注文をしないだけでOKです。 基本はどちらも、休んだ週は手数料だけかかりますが、パルシステムはタベソダアプリを使っての注文にしていると休んだ週の配送料がかかりません。 注文の追加やキャンセルはできる? どちらも注文締め切り時間内であれば、何度でも変更ができます。 配送方法 コープデリ・パルシステムともに自社トラックによる配送です。 どちらも不在時は、保冷剤の入った発泡スチロールのケースに入れた状態で、玄関先に留め置いてもらえます。 支払い方法 パルシステムは、口座振替かクレジットカード払いが選べますが、コープデリは口座振替だけとなっています。 お試しの有無 パルシステムとコープデリには、どちらもお試しセットがあります。 パルシステムでは、7〜8つの商品(2,000円相当が)が1,000円でお試しできます。 「定番満足おためしセット」「有機野菜おためしセット」「赤ちゃんとママのおためしセット」の3種類があります。 コープデリには、「おいしさイチオシ冷凍セット」「冷蔵セット」「きらきらステップ離乳食セット」の3種類があって、3〜8つの商品が500〜1,777円(910〜2,980円相当)でお試しできます。 まとめ パルシステムもコープデリも、どちらも生協なので、注文方法やお届け方法などのシステムはほとんど同じです。 ですが、パルシステムは、食品添加物は国の許可しているものの4分の1を許可していなかったり、より食の安全性を重視しています。 一方で、コープデリは、パルシステムより安い商品が多く、家計への優しさが魅力で、商品数がパルシステムの3倍近くあるなど、品揃えも豊富です。

次の

コープみらい(コープデリ)とパルシステムの違いは?主婦が徹底的に比較調査

パル システム コープデリ 違い

もくじ• まずはパルシステムとコープデリの違いを分かりやすく比較! 配達エリア 1都10県 (東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・福島・山梨・静岡・新潟) 1都7県 (東京・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城・長野・新潟) 配達手数料 無料~220円 無料~300円 配達手数料割引 あり あり 出資金 1,000円~2,000円 (地域により異なる) 500~1,000円 (地域により異なる) 増資 200円 (任意) 500円 (1回のみ/月々) 商品の価格 コープデリよりやや高い パルシステムよりやや安い 品揃え コープデリより少なめ パルシステムより多い おいしさ ミールキット 冷凍弁当 離乳食・幼児食 アレルギー対応食 日用品 コープデリより少なめ パルシステムより多い 注文方法• インターネット• スマホアプリ• 注文書• インターネット• スマホアプリ• 注文書 支払方法• クレジットカード• 口座振替• 口座振替• クレジットカード(指定お届けコープのみ) 特徴• 食の安全性や品質にこだわりがある。 野菜や肉は産直が基本。 クレジットカード払いが可能。 スーパーで買える商品が多く揃っている。 日用品も充実している。 内容よりも価格重視向け。 パルシステムとコープデリをざっくりと比較してみました。 この比較から言える結論は、 出資金も増資も、組織の運営が危ぶまれない限り脱退する時に返還されますよ! 商品価格の比較 商品 牛乳 1L 246円 194円 卵 10個 261円 225円 豆腐 300g 150円 59円 じゃがいも 500g 322円 214円 ほうれん草 1束 214円 214円 キャベツ 1玉 214円 430円 豚バラ肉 100g 225円 219円 鶏もも肉 100g 209円 149円 鶏むね肉 100g 95円 80円 鮭切り身 4切 522円 702円 納豆 4カップ 171円 138円 食パン 6枚切 171円 106円 しょうゆ 397円(900ml) 286円(1L) マヨネーズ 400g 300円 205円 ミールキット 2~3人前 約650円~ 約750円~ この比較の結論!• 全体的においしいのは。 品揃えが豊富なのは。 離乳食や幼児食の品数が多いのは。 有機野菜の取り扱いはが強め。 商品の味の比較• 素材の味が感じられる。 有機野菜がとてもおいしい。 スーパーの商品とほぼ変わらない味。 私はパルシステムとコープデリのどちらも利用できないので、今回は両方の組合員になっている友人の感想を基に比較しています。 結論から言うと、 おいしい食品が多いのはパルシステムだと言っていました。 コープデリはスーパーに売っている商品が多いため、正直驚くような感動はほぼないとのこと。 パルシステムは添加物に頼りすぎない食品が多くあることから、素材の味を求めている人にはウケが良いそうです。 商品の品揃えの比較• 満足できるレベル(ただしコープデリより少なめ)。 離乳食や幼児食は充実している。 ミールキットも種類多め。 こだわりのある商品が多い。 オリジナル商品が充実している。 十分満足できるレベル。 スーパーで買える商品が多く揃っている。 ミールキットも種類多め。 離乳食や食品も充実している。 日用品の品揃えも豊富。 商品の品揃えが圧倒的に豊富なのも、やはりコープデリです! まず、カタログの厚さが全く違います。 コープデリは毎週約6,000品以上取り扱っていることもあり、カタログのページ数がパルシステムの 約2倍。 それに比べ、パルシステムはコープデリほど充実しているわけではありません。 人によっては、スーパーと併用しないと十分な買い物ができないこともあるでしょう。 その代わりこだわりのあるオリジナル商品が多く、一般のスーパーやコープデリでは買えないような ちょっといいモノが比較的安く手に入ります。 ミールキット(時短キット)や冷凍弁当の比較 ミールキットの種類 ミールキットの消費期限 配達日含め2日 配達日含め2~3日 冷凍弁当の種類 冷凍おかずセットが中心 冷凍弁当が豊富 パルシステムもコープデリも、ミールキットの数や内容はどちらも優秀です。 強いて言えば、消費期限がちょっと長めのミールキットがあるコープデリはやや有利でしょう(配達日を含めて3日)。 パルシステムとコープデリのミールキットは、どちらも 消費期限2日が基本。 1日長く置けるセットがあるのは何かとありがたいです。 そして、 冷凍弁当においてはコープデリが優れています。 パルシステムは冷凍おかずセットが目立っていて、コープデリのようにごはんまでついた弁当はそう多くありませんでした。 どちらかというと以前は、パルシステムの方が有機栽培や特別栽培への取り組みが進んでいました。 独自の栽培基準を設け、その基準にクリアした米と青果には 「コア・フード」「エコ・チャレンジ」と呼ばれるオリジナルブランドがついています。 でもここ最近は、コープデリも有機野菜や果物の取り扱いにも力を入れているんですね。 コープデリのナチュラル&オーガニック専門カタログ 「Vie Nature(ヴィ・ナチュール)」には、有機野菜をはじめ、環境配慮商品やオーガニック商品などがたくさん紹介されています。 パルシステムもコープデリも、それぞれ自主基準を設けてしっかりと放射能検査を実施しています。 パルシステムは国が定める基準値の 5分の1~10分の1を自主規制値に、コープデリは 10分の1またはそれ以下を自主規制値として設定。 検査機器はどちらも「ゲルマニウム半導体検出器」を使い、コープデリに限っては「Nalシンチレーションスぺクトロメーター」と呼ばれる測定器を組み合わせています。 ちなみに、検出限界値は以下の通りです。 この比較の結論!• 配達手数料を少しでも節約できるのが。 配達日数を多めにできるのが。 配達曜日や時間の指定はどちらも基本的にできない。 配達エリア 1都10県 (東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・福島・山梨・静岡・新潟) 1都7県 (東京・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城・長野・新潟) 配達手数料 無料~220円 無料~300円 手数料割引制度• キッズ特典• ベイビー特典• シルバー特典• ハンズ特典• 赤ちゃん割引• 子育て割引• シルバー割引• ふれあい割引• 自然災害割引• ウィークリーコープ:週1回• デイリーコープ:週3回~ 不在時の留め置き 可 可• ウィークリーコープ: 週1回の配達• デイリーコープ: 週3回からの配達• 指定日お届けコープ:東京都の一部のエリアのみ パルシステムは週1回の配達なのに対し、コープデリは週3日以上配達してくれるサービスもあるんですね。 東京都の一部のエリアに限っては配達日を指定することもできます。 たとえば、 ミールキットをほぼ毎日使う人やお弁当を週3日以上食べている人。 このような人は、デイリーコープのようなサービスを利用すると消費期限を心配する必要もなくなるでしょう。 パルシステムは配達がない週のカタログを受け取らずに済む! これはパルシステムの強みですね。 「タベソダ」と呼ばれるスマホアプリ完結の宅配サービスを利用すると、配達がない週はカタログが届きません。 コープデリは配達がない週でもカタログが届くのに対し、パルシステムは使い方次第でカタログを受け取らずに済むのです。 しかも、配達がない週は手数料がかかりません!• パルシステムは 安全性や品質にこだわりたい人向けの食材宅配。 コープデリは 品揃えと価格を重視したい人向けの食材宅配。 コープデリも最近は、有機野菜やオーガニック食品の取り扱いに力を入れ始めています。 ただ、量産を目的とした一般食品も多数取り扱っているため、 総合的に見ると取り扱い食品の安全性や品質においてはパルシステムの方が優秀です。 コープデリはどちらかというと、利便性を重視した食材宅配。 不便を感じないほど品揃えが多く、価格も他の食材宅配サービスに比べると圧倒的に安いのがメリットです。 中にはパルシステムの方が安いものもありますが、 全体を通してみるとコープデリの方がリーズナブルなのは確かだと思いました。 もしどちらがいいか選びきれない時は、まずお試しセットを体験してみましょう! そして、資料等でそれぞれの取り組みなどを詳しく比較されることをおすすめします。

次の