東進 全国 統一 オンライン。 【公式】東進オンライン学校

全国統一オンライン講座 無料開講!四谷大塚の申込フォームはどこ?

東進 全国 統一 オンライン

ナガセ・四谷大塚は2020年6月11日、「東進オンライン学校(四谷大塚オンライン小学校/東進オンライン中学校)」を開校する。 前身の「全国統一オンライン講座」に新たな講座や学習の仕組みを追加し、さらに小・中学校卒業まで無料で提供する。 「東進オンライン学校」は、全国23万人の小・中学生が登録している「全国統一オンライン講座」が生まれ変わって、新たに開校する学校。 対面による集団一斉授業では、全員が同じ進度で同じように理解しながら授業を進めることには限界があることから、オンラインを活用して新しい「教育の機会均等」を目指す。 前身の「全国統一オンライン講座」で提供してきた算数・数学の授業カリキュラムに加えて、将来の夢や志について考えモチベーションを高める「未来発見講座」が新登場。 ノーベル賞候補の研究者やビジネス界のトップリーダー、また世界的なアーティストやアスリートなど、世界で活躍する人々を講師に招き、小学生、中学生それぞれにあった講義を順次実施する予定。 詳細は後日Webサイト上で発表される。 また、毎月学習の成果を確認できる「月例テスト」や、後から学習をスタートしてもどんどん先に進める「スキップテスト」も順次加わる。 進度が速い生徒に対しては「飛び級制度」を用意しており、テストに合格すれば1つ上の学年の授業を受けることもできる。 小学生は卒業するまで最大6年間、中学生は最大3年間、すべて無料で提供する。 申込みは、東進ドットコム内の申込フォームにて、6月15日から8月31日まで受け付ける。

次の

東進グループ、全国統一オンライン講座を無料で開講。4/21(火)申込開始|ヒューマガトレンディ

東進 全国 統一 オンライン

小2の下の子が全国統一オンライン講座を受講しました。 4月28日から始まった、東進・の全国統一オンライン講座。 全国の小・中学生に無料で算数・数学の授業が提供されています。 どんな授業が受けられるのか興味津々だったのと、下の子の学習に刺激が欲しかったので申し込んでみました。 全国統一オンライン講座を受講した感想(小2) 小2の下の子が、全国統一オンライン講座を3回受講したので感想を書いてみます。 初期設定が難しい 一番最初に感じたのが、初期設定が難しいこと。 いや、難しいというか・・・しか使えないのが辛いんです。 手順に沿って設定したんですけど、音声が途切れて上手くできなくて。 悪戦苦闘した結果、パソコンは辞めてで見ることにしました。 パソコンよりの方が設定は簡単、でも教材を印刷したり確認テストを受けるのはPCの方がやりやすい・・・むむむっ。 もうちょっと使いやすいものになることを期待しています。 動画はとても分かりやすい 動画自体はとても分かりやすいです。 さすが大手塾の先生ですね。 1単元は2講座(週2回)で終わるようになっていて、1講座がさらにパート分けされているので、途中で区切ることができます。 低学年の子どもでも集中して聞けるのではないでしょうか? 先生の話もテンポが良く、所々子供に質問を投げかけることがあり、下の子は「〇〇~」と答えていました。 教科書レベルの内容。 でも教科書順ではない 授業の内容は教科書と同じレベルのもので、難しい問題は出てきません。 先取りしている子や、発展的な問題をやりたい子には物足りないかもしれません。 あと、 内容は簡単でもお子さんが使っている教科書順に授業が行われるわけではありません。 このオンライン講座は確認テストに合格しないと先に進まないので、自分が受けたい授業が先にあっても順番を変えて見ることはできません。 (今のところ) うちの場合、「時こくと 時間」はオンライン講座には当分出てこないので、この単元は親子で教科書を読んで学習しようと思っています。 確認テストのが低学年には答えにくい 講座を受講したら確認テストを受けます。 この確認テストがなかなかやっかいで、式なんです。 問題は自体は難しくないのですが、ボタンを押し間違えないかヒヤヒヤしてしまいます。 確認テストの問題が印刷できればいいんですけど。 今のところ、画面(PCや)の問題を読んで解き、横のに入力する形になっています。 上の子だったら1人でできるけれど、下の子は隣で見てあげないと「答えは分かっていたのに、入力間違えた!もうイヤ!」と怒り出しそうです。 親が楽できると思ったらそうでもなかった・・・ 前の記事にも書きましたが、動画を見て1人で勉強してくれたらいいな・・・と思っていたのに、実際にやってみたら予想以上に親の手がかかることが分かりました(うちの子だけかもしれませんが) あと既に家でやっていたことと重複する部分があったり、逆にやりたい単元がすぐに受けられないなどのデメリットが見えてきて、うーんこれは辞めた方がいいかな・・・と一瞬考えてしまいました。 でも動画自体はとても良いのです。 学校にいけない今、無料でこのような講座を提供してもらえることはとてもありがたい。 こういう時こそ与えられたものを子供に合うように工夫しよう!と思い、今後も使うことにしました。 今後の使い方は? 工夫といっても特別なものではありませんが、既に分かっているところは先に問題を解き、授業で答え合わせをする。 見なくても大丈夫な所は飛ばず、または1. 5倍速で見る。 ここはゆっくり聞いた方がいいなと思う所は、授業を聞きながら問題を解く。 と単元によって進め方を変えることにしました。 結局、親の手がかかるので最初の思惑とは違ってきてしまいましたが仕方がない。 あと1~2年経ったら、上の子と同じようにサプリを使って学習してほしいと思っているので、その練習になればいいなぁ。 全国統一オンライン講座はこんな子に合うと思う・・・ 全国統一オンライン講座はこんな子におすすめです。 ・教科書レベルの算数・数学を分かりやすく動画で説明してほしい人 ・教科書を自分で読んで理解するのが難しい小学校低学年や、まだ学校で授業をしっかり受けていない小学1年生 ・親が教えるのは大変だけど、隣で様子を見守れる(低学年の場合) ・通信教育や塾などを利用していない人 ・初期設定が面倒でも無料で分かりやすい動画が見たい人 こんな子は無料の全国統一オンライン講座を利用してみるといいかもしれません。 逆に、既に通信教育や軸となる教材がある子、算数以外の勉強もしたい子はこのオンライン講座に拘る必要はないと思います。 うちの上の子もサプリで勉強を進めているので登録はしませんでした。 今、休校支援として様々な教材が提供されているので目移りしてしまいますよね。 良いものを柔軟に取り入れていくことも必要ですが、子供に合ったものを続けることも大切だと思っています。 上の子が続けている サプリのすごい所は、 学年関係なく、 小4~大学受験までの全ての講座が見放題なこと! 前の学年の復習に、好きな教科の先取り学習に最適です。 小学生でも中学英語(文法)を学ぶこともできちゃいます! また同じ算数の動画でもレベル分けされているので、子供に合ったものを選ぶことがでるのもいいですね。

次の

中学生も東進の夏期特別招待講習|東進中学NET

東進 全国 統一 オンライン

すべての小・中学生に「教育の機会均等」を。 6月15日(月)より申込受付をスタートします。 【新たな講座や学習の仕組みを追加し、さらに小・中学校卒業まで無料に】 すでに全国23万人の小・中学生が登録している「全国統一オンライン講座」で提供してきた算数・数学の授業カリキュラムに加えて、世界で活躍するトップリーダーを講師に招き、将来の夢や志について考え、モチベーションを高める「未来発見講座」が新登場します。 また、毎月学習の成果を確認できる「月例テスト」や、後からスタートしてもどんどん先に進める「スキップテスト」も順次加わります。 進度が速い生徒に対しては「飛び級制度」を用意。 テストに合格すれば一つ上の学年の授業を受けることもできます。 これらの新たな取り組みも無料で提供します。 さらに、「いつでもどこでもだれにでも最新にして最高の教育を提供する」という、私どもの「教育の機会均等」の理念にもとづき、義務教育期間であることを考慮し、小学生は卒業するまで最大6年間、中学生は最大3年間、全て無料で提供することとしました。 とりわけ、新型コロナウイルス感染症の影響で、ディスタンス・エデュケーションの普及が急激に進んでいます。 しかし、地域によってその取り組みに大きな差があるのも現状です。 一方で、対面による集団一斉授業では、全員が同じ進度で同じように理解しながら授業を進めることには限界があり、つまずいてしまった生徒に対しては一人ひとり特別な対応を行うなど、公教育の最前線で奮闘されている先生方は大変なご苦労をされています。 私どものオンライン学校が、日本全国の小・中学生の学びを支え、新しい「教育の機会均等」の実現につながることを願っております。 これまで東進で学ぶ高校生に向けて開講しており、多くの高校生がこの講座を受講することで、自分の将来と向き合い真剣に考えるきっかけを掴んでいます。 「東進オンライン学校」では、小学生、中学生それぞれに合った講義を順次実施してまいります。 詳細は後日WEBサイト上で発表します。 「全国統一オンライン講座」受講者からの強い要望により実現するもので、当該学年の学習内容を網羅した「飛び級テスト」に合格すれば一つ上の学年の授業を受けることができます。 現在開発中につき準備が整い次第、順次実施してまいります。 これは現在受講中の「全国統一オンライン講座」受講生からも大好評です。 このたび、この「確認テスト」に加えて、毎月学習した内容がしっかりと身についているかをチェックできる「月例テスト」を実施します。 このテストは他人と比べたり順位を出すものではなく、あくまで絶対評価で到達度を測るものです。 現在開発中につき準備が整い次第、順次実施してまいります。 飛ばしたい単元を修得できているかを「スキップテスト」で測り、合格すると次の単元から学習できます。 学習進度に合わせた最適な受講ができる仕組みです。 現在開発中につき準備が整い次第、順次実施してまいります。 また、このたび受講開始までの手続きも大幅に短縮・簡易化するなど改良改善を行いました。 詳細については、決定次第、東進ドットコムにてご案内します。 緊急事態宣言による全国の学校休校により、「勉強したくても学校に行けない」などの悩みを抱える小・中学生を応援するために4月28日に開講。 全国約23万人の小・中学生が登録し学習に取り組んでいます。 週2回、算数・数学の学年別の授業(教科書レベル)を配信。 授業は自宅のパソコンやタブレットで受け、テキストも無料ダウンロードできます。 このたび6月15日より「東進オンライン学校」に生まれ変わります。 (JDnet調べ).

次の