ティー ロウ プライス。 TRプライス世界厳選成長株式ファンドB(資産成長・ヘッジなし):投資信託

米ティー・ロウ・プライス、日本で個人向け運用に本格参入 :日本経済新聞

ティー ロウ プライス

直近10年間(10年5月~20年4月)に設定された国内公募追加型株式投信(確定拠出年金専用、ファンドラップ専用、ETF除く)のうち残高3000億円を突破したことのあるファンドは29本あり、設定から93日目での3000億円突破は2番目の速さとなる。 同ファンドは、設定日の純資産残高が1482億円と、設定日残高としては19年設定(設定日時点)205本中トップで好発進してから、順調に残高が拡大している。 販売会社は、みずほ銀行とみずほ証券の2社である。 同ファンドは、米国株式の中から利益とキャッシュフローにおいて長期的な成長期待があると判断した銘柄に投資する。 米国でアクティブ運用に強みを持ち、優れた実績を上げているティー・ロウ・プライスが運用を手掛ける。 同社創業者が1950年に立ち上げ、70年の長期運用実績を有する米国籍の第一号ファンド「T. Rowe Price Growth Stock Fund」と同様の運用戦略を採用する。 銘柄選択に際しては、同社アナリストの調査情報に基づくボトム・アップ・アプローチを重視する。 20年4月末時点のポートフォリオを見ると、業種別組入比率上位は「情報技術」36.5%、「一般消費財・サービス」19.1%、「コミュニケーション・サービス」16.8%。 残高増加のけん引役は、旺盛な資金流入だ。 設定来の5カ月のうち、19年12月、20年3月、4月の3カ月で純資金流入額が国内公募追加型株式投信全体でトップとなり、20年1月は3位、2月は2位となった。 5月(21日まで、モーニングスター推計)も105億円の純資金流入でトップとなっている。 「国際株式・北米(為替ヘッジなし)」に属するアクティブファンドの純資産残高上位10ファンドの顔ぶれを見ると、テクノロジー、AI(人工知能)、バイオといったテーマ関連色のある銘柄が多数を占める。 業種を絞らず幅広い銘柄の中から選定する一般的なアクティブファンドは「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信」シリーズの2ファンドと同ファンドしかなく、コア資産である米国株式の中でもスタンダードなタイプの主力ファンドとして人気を集めている。 なお、同様の運用戦略をとる「T. Rowe Price Growth Stock Fund」のパフォーマンスを見ると、20年4月末時点の過去20年間のトータルリターン(年率)は7.47%でモーニングスターカテゴリー「米国大型株式」内で上位10%。 同月末時点の米モーニングスターレーティングは4ツ星と長期的な運用成績は優れている。

次の

ティー・ロウ・プライス 世界厳選成長株式ファンド〜野村證券〜【投資信託(ミューチャル・ファンド)】

ティー ロウ プライス

みずほダイレクトをご契約済かつ 投資信託口座をお持ちのお客さま• なお、米国以外の企業にも投資する場合があります。 個別企業分析にあたっては、ティー・ロウ・プライスのアナリストによる独自の企業調査情報を活用します。 ただし、分配対象額が少額の場合には、分配を行わないことがあります。 当ファンドに関するリスク 当ファンドは、実質的に海外の株式を主な投資対象としますので、組入資産の価格の下落や組入資産の発行体等の収益性悪化および資金繰りの悪化等の影響により、基準価額が下落し、損失が生じることがあります。 また、為替変動により損失が生じることがあります。 したがって、お客さまの投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失が生じ、投資元本を割り込むことがあります。 手数料等 下記の「」をご参照ください。 購入・換金のお申し込み 原則毎営業日可 ただし海外休業日などを除く 購入単位 店頭:20万円以上1円単位 みずほダイレクト[インターネットバンキング]、みずほダイレクト[テレホンバンキング]:1万円以上1円単位 みずほ積立投信:1千円以上1千円単位 購入価額 購入申込日の翌営業日の基準価額 換金単位 1口単位 換金価額 換金申込日の翌営業日の基準価額 換金代金支払日 換金申込日から起算して5営業日目 委託会社 ティー・ロウ・プライス・ジャパン 信託期間 2019年12月27日より無期限 約款所定の信託終了事由が生じた場合には、繰上償還されることがあります。 受託銀行 三菱UFJ信託銀行 決算 年1回 11月15日 休業日の時は翌営業日を決算日とします。 当ファンドの手数料等 購入時から換金時までに、お客さまにご負担いただく手数料等は以下のとおりです。 下記手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。 あわせて投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面、商品基本資料を必ずご確認ください。 購入時に直接ご負担 いただく費用 購入時手数料 5千万円未満:3. みずほダイレクトでのお取り扱い みずほダイレクトでは、インターネットバンキングとテレホンバンキングでお取り扱いが異なりますので、下記の表をご参照ください。 本画面および本画面に含まれる情報(「本情報」)に関する著作権を含む一切の権利は、モーニングスター株式会社またはその提供元(「情報源」)に帰属します。 本情報は、情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としたものではありません。 本情報の内容については万全を期しておりますが、その正確性および信頼性等を確認することは債務に含まれておらず、モーニングスター株式会社および情報源は、原因の如何を問わず、本情報の過誤等について一切責任を負いません。 本情報の内容は予告なく変更される場合があります。 本情報の提供については、遅延・中断等の可能性があり、中断の際は、技術的な理由により、本画面が表示されないことがあります。 本情報の蓄積・編集・加工等および本情報を方法の如何を問わず第三者へ提供することは、禁止します。 ・投資信託は預金・金融債・保険契約ではありません。 ・投資信託は預金保険・保険契約者保護機構の対象ではありません(ただし、お預かりした円資金は、信託設定前は預金保険の対象となります)。 ・みずほ銀行が取り扱う投資信託は投資者保護基金の規定による支払いの対象ではありません。 ・みずほ銀行は投資信託の販売会社であり、投資信託の設定・運用は委託会社(外国籍投資信託の場合には管理会社)が行います。 ・投資信託の運用による利益および損失は投資信託をご購入されたお客さまに帰属します。 ・投資信託については、元本の保証はありません。 ・投資信託は、その信託財産に組み入れられた株式・債券・リートなどの価格が、金利変動・為替変動、その発行者に係る信用状況の変化などで変動し、基準価額(外国籍投資信託の場合は1口あたり純資産価格)が下落することにより、投資元本を割り込むことがあります。 なお、外貨建て投資信託については上記に加え、外貨建てでは投資元本を割り込んでいない場合でも、為替変動により円換算ベースでは投資元本を割り込むことがあります。 ・投資信託の購入から換金・償還までの間に直接または間接的にご負担いただく費用には以下のものがあります(みずほ銀行で販売中の追加型投資信託の上限を表示しています)。 85%(税抜3. 5%))• 31%(税抜2. 1%)) (ただし、運用成果に応じてご負担いただく実績報酬は除きます)• 500%)• また、その保有期間・運用状況等により換金時および期中の手数料等が変動するファンドもございます。 その詳細は各ファンドの「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」、「商品基本資料」でご確認ください。 ・一部の投資信託には、信託期間中に中途換金できないものや、換金可能日時があらかじめ制限されているものもあります。 ・投資信託をご購入の際は必ず最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」、「商品基本資料」の内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。 ・「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」、「商品基本資料」はみずほ銀行の支店および出張所等(一部を除きます)の店舗にご用意しております。 ただし、みずほインターネット専用投信の「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」、「商品基本資料」は店舗にご用意しておりません。 みずほダイレクト[インターネットバンキング]の電子交付サービスによりお受け取りのうえ、内容をご確認ください。 なお、電子交付サービスでは、「交付目論見書」をご確認いただけます。 投資信託の詳細な情報が記載されている「請求目論見書」をご希望される場合は、みずほ銀行ウェブサイトよりご確認ください。 2020年6月22日現在.

次の

ティー・ロウ・プライス 世界厳選成長株式ファンド〜野村證券〜【投資信託(ミューチャル・ファンド)】

ティー ロウ プライス

米運用大手ティー・ロウ・プライスは日本で個人投資家向けの資産運用事業に本格参入する。 5月に同社として国内で初となる公募の投資信託を新規設定する。 これまで日本では機関投資家向けの運用受託や私募投信を中心に事業を展開してきたが、投信の設定・運用を通じて幅広い個人に顧客のすそ野を広げる。 傘下の日本法人、ティー・ロウ・プライス・ジャパン(東京・千代田、本田直之社長)が5月28日、世界の成長株に投資する投資信託「世界厳選成長株式ファンド」を新規設定する。 野村証券を通じて個人投資家向けに販売する。 当初申込期間は5月13~27日。 ティー・ロウは1937年設立の独立系運用会社で、3月末時点の預かり運用資産は約1兆800億ドル(約120兆円)と世界の運用会社で上位30社に入る。 運用資産の約8割を米国の個人投資家などの顧客が占めるが、日本ではこれまで投資できる商品が私募投信などに限られていた。 近年では海外事業の拡充に力を入れており、オーストラリアなどにも拠点を設置。 日本では18年に現地法人を設立した。 投信の販売会社が頻繁な入れ替えで稼ぐ「回転売買」からの脱却を進めるなか、「長期保有に向いた運用商品への需要が大きくなってきた」(本田直之社長)と判断した。

次の