鏡 水垢 クエン 酸。 【保存版】お風呂の水垢を落とす方法!クエン酸を使い実際にやってみた!

鏡の掃除はクエン酸で!お風呂場の水垢汚れを綺麗にする掃除術

鏡 水垢 クエン 酸

少しぐらいの水アカなら、クエン酸を薄めたスプレーで磨けば大丈夫。 でもこうなってしまうと、 つけ置きが必要です。 残念ながら鏡は水につけ置きが難しいので、 「ラップでパック」というスゴ技が使えるんですよ。 ラップでパックすることで、 表面が乾きにくく、クエン酸の効果が水アカに浸透しやすいメリットがあります。 それでは詳しく鏡の水アカ落としについて解説します。 鏡の水アカ汚れ落とし手順1 クエン酸水で鏡をパックして汚れをゆるませる まずはクエン酸水を鏡全体にスプレーします。 クエン酸水で濡れた状態で、ラップをペタペタ貼っていきます。 しっかりラップと鏡が密着するよう、軽く手でおさえてくださいね。 ここから1時間放置します。 鏡の水アカ汚れ落とし手順2 ラップを使ってクエン酸の粉末で鏡を磨く ラップのクエン酸パックをして1時間経ったら、鏡に貼ってあったラップをはがし、そこへ 粉末のクエン酸をのせます。 スポンジは表面に穴がたくさん空いていて、粉末が穴に入り込んでしまうと、うまく磨けません。 ラップなら表面に粒子を残したまま鏡を磨けるので、とても効果的ですよ。 ということで、クエン酸の粉末をのせたラップでゴシゴシ磨いて行きます。 鏡が濡れているいるうちにゴリゴリと磨きましょう。 鏡の水アカ汚れ落とし手順3 鏡を水で流して、乾いた布で拭き上げてる ラップで磨いて、鏡の表面が乾いてきて白くなってきたら、水で流しましょう。 水アカのウロコ汚れで真っ白だった鏡が、蘇りました。 しかし、よく見ると、まだ少し鏡の表面に少し水垢が残っていますよね。 テレビでは、シャワーをサーっと流して、「わぁ、すごいわぁ!」という演出でしたが、 実際には、1度ではきれいさっぱりとは行かないようです。 しかし、最初の写真に比べれば、見違えるように綺麗になったことは間違いありません。 そんなときは、 ダイヤモンドパッドで削り落とすのが効果的です。 鏡のウロコ汚れを防ぐ!毎日のお手入れのポイントを押さえよう! せっかくお掃除しても、毎日鏡に水滴が付いたままでは、真っ白な水垢のこびりつきは再発してしまいます。 普段から鏡の水アカ汚れを防ぐためには、 「水滴をつけたままにしない」ということが大切なのです。 そこで登場するのが、水切りワイパーです。 写真の水切りワイパーはIKEAのものです。 もちろん100円ショップでもなんでもいいです。 水切りワイパーで鏡の水滴を取ることにより、お手軽に水気を切ることができ、鏡の水垢を防ぐことができるのです。 そもそも水垢がつかなければ掃除する必要もありませんから。 ちょっとめんどうではありますが、実践してみてはいかがでしょうか?.

次の

鏡の水垢クエン酸で落ちない頑固なウロコ取り、綺麗に保つ方法

鏡 水垢 クエン 酸

第1ステップ「家にあるモノ」 では何を使えばいいのか? 先ずは家にあるものを試してもらいたいんです。 もし「重曹」や「クエン酸」をお持ちなら、その2つから試されるのがいいと思います。 「重曹」で水垢を落とす事ができるのは、水に溶けにくいからです。 その性質を使って水垢を「研磨」して落とす事ができます。 しかしそれほど硬くないので、研磨の力が弱くガンコな水垢を落とすことはできません。 でももし重曹で落とす事ができたら、新たに洗剤を用意する必要がないので無駄な買い物をせずに済みますよね。 また重曹は鏡より柔らかく、鏡に傷をつける事がないので、安心して使う事ができます。 一方で「クエン酸」で水垢を落とす事ができるのは、「酸性」だからです。 酸の働きで「アルカリ性」の水垢を「中和」させて落とす事ができます。 しかしクエン酸の酸性度は、それほど強くないのでガンコな水垢を落とすことは難しいかもしれません。 でももしクエン酸で落とす事ができたら、新たに洗剤を用意する必要がないので、こちらでも無駄な買い物をせずに済みます。 またクエン酸は酸性度が弱く、鏡を「酸焼け」させてしまうリスクがほぼないので安心して使う事ができます。 もし「重曹」や「クエン酸」をお持ちでない場合は、「お酢」を試してみてください。 「お酢」も立派な「酸」なので、クエン酸と同じように酸の働きで落とす事ができるかもしれません。 と言う事で、先ずは家にあるものを先に使うのがいいと思うんですよね。 第2ステップ「クエン酸」 「クエン酸も重曹もお酢も持ってないです!」 そんな方だっていますよね? その場合は新たに何かを買わないといけないわけですが、そこでも「クエン酸」を私はオススメします。 本当はすぐに「茂木和哉」をオススメしたいところですが我慢です(笑) なぜ「クエン酸」なのか? その理由は2つあります。 1つは、クエン酸はかなり安価だからです。 安いもので落とせた方が、家計に優しいのでいいに決まってます。 でも洗浄力が弱いので、ガンコに育った水垢だと落とせない事もありますよ。 それでもクエン酸をオススメするのは、軽度な水垢なら落とせるので持っていても損しないからです。 これが2つ目の理由です。 軽度な水垢ならお風呂に限らずに、洗面台やシンク、トイレ、食洗機内部、ホット内部などの水垢掃除に使えるんです。 他にもトイレのオシッコ臭や生ゴミ臭の消臭のも使う事ができます。 もちろんペットのオシッコ臭取りにも使えますよ。 「なまはげお風呂用」は、お風呂で使えるギリギリのラインまで酸性度を強めたバスクリーナーです。 なので水垢の落ちがとてもいいんです。 もし自分の家の鏡の水垢が「茂木和哉」を使わなくても、「なまはげお風呂用」で落とす事ができたとなると、その後が良いですよね。 何が良いかと言うと、「なまはげお風呂用」が1つあれば、鏡の水垢落としだけでなく浴室全体の水垢落としに使う事ができるからです。 しかしそのワンステップを踏まずに「茂木和哉」を購入したなら、鏡の水垢を「なまはげお風呂用」で落とせると言う事に気づかないでしまいます。 なので、やがてバスタブや床の水垢など鏡以外についた水垢を落としたくなった時は、「茂木和哉」が使えないので、そのタイミングで「なまはげお風呂用」をさらに買い足さないといけなくなります。 だから順番としては、「茂木和哉」より先に「なまはげお風呂用」の方がいい訳です。 「なまはげお風呂用」を使ってお風呂の鏡の水垢の落とす方法は、コチラの動画で詳しく解説してます。 第4ステップ「茂木和哉」 しかし「なまはげお風呂用」でも、落とせない場合だってあります。 「カランやバスタブの水垢はキレイに落とせたのに、なぜか鏡の水垢は落とせなかった…」 現にそんな事があるんです。 なぜそのような事が起きるのかと言うと、それはガラスと同じ成分で出来ている「シリカ系」の水垢によるものなんです。 そのシリカ系の水垢が、同じガラスで出来ている鏡にしばらく付着していると、徐々に同質化していくんです。 最終的には水垢のように見えても、「水垢」ではなく「鏡の一部」になります。 そうなってしまっては、もう「汚れ」ではなく「素材」なので、いくら酸性度の強い「なまはげお風呂用」でも落とす事が不可能です。 ちなみに「なまはげお風呂用」で鏡の鏡の水垢が落ちなかったとしても、無駄な買い物にはなりませんよ。 だって鏡以外の水垢なら落とす事が十分できますからね。 ではなぜ、「茂木和哉」はこのタイミングでの登場になるのか? それは「クレンザー」だからです。 「茂木和哉」に限ったこどではないのですが、いわゆる「擦って落とす方法」と言うのは出来れば使わずに、洗剤だけで掃除出来た方が良いんですよね。 なぜかと言うと、「擦って落とす方法」は、少なからず鏡に負担をかけるからです。 お風呂の鏡に限らず、どんなモノでもできれば少しでも傷みの無い状態で、長くずっと使い続けたいですよね。 鏡についての「傷み」と言うのは、「傷(キズ)」になるわけですが、傷と言っても肉眼で確認できないほど小さな傷がつく場合だってあります。 「肉眼で見えないのなら問題なし」と思うかもしれませんが、そのような状態は、とても水垢がつきやすく、また水垢が落ちにくくなるので、その後が大変になります。 またいくら見えないくても傷がついているわけですから、傷のない鏡よりは劣化が進みやすくなります。 なので長い目で考えてもよくありません。 最初にお伝えしましたが「重曹」なら大丈夫ですよ。 鏡より硬度が低いので、絶対に傷がつきませんからね。 擦って落とす方法で、一番注意したいのは「ダイヤモンドパッド」です。 「鏡」より「ダイヤモンド」の方が硬度が高いですからね。 だから肉眼で見えてなくても、使うと確実に傷がつくこ事になります。 もし「茂木和哉」で落ちない場合は最終ステップとしてプロの業者に頼むか、もしくは鏡の交換になるでしょうね。 シリカ系の水垢の「同質化」が、かなり進んでしまうと「茂木和哉」でも落とせない事だってありますからね。 「茂木和哉」を使ってお風呂の鏡の水垢の落とす方法は、コチラの動画で詳しく解説してます。

次の

お風呂の鏡のウロコ落としに実は「茂木和哉」を使わない方が良い理由【水垢除去】【お風呂掃除】|茂木和哉のブログ【公式】

鏡 水垢 クエン 酸

あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 「でもこの白い汚れ、一体どうすれば落とせるんだろう……?」 そんな疑問にお答えしましょう! 実はお風呂の鏡をきれいにする道具は、お家にある物ですぐにお掃除できるのです。 今回はお風呂の鏡が汚れてしまう原因から、お掃除の方法まで、とことん解説していきます! ・水垢 ・石鹸カス の2つの原因があります! 水道水のミネラルが水垢の原因 お風呂の鏡を曇らせる汚れの正体。 実は、 水垢なのです。 水垢が発生してしまうのは、水道水の中に含まれる カルシウムやケイ素、マグネシウムなどのミネラル。 水道水の中に含まれているミネラルだけが、鏡に残って時間とともに結晶化し ウロコ状の水垢が発生してしまうんですよ。 風呂の鏡が曇っていて見づらいときなどに、 お風呂の鏡に水をかけるのはNGです! 一瞬、綺麗になったような気がしますが、水垢はどんどん悪化してしまいますよ。 石鹸カスが原因!? 水垢以外の原因。 それが 石鹸カスです。 石鹸カスといっても、いろいろありますが鏡の白い汚れは「 金属石鹸」というもの。 石鹸と水道水中のミネラルが反応して、 白い粉末状になったもののことです。 使い方も簡単です。 ダイヤモンドパッドを濡らして、鏡の汚れをこするだけ。 スポンジの中に研磨剤が入っているので、鏡自体には傷がつきにくいのが嬉しいポイント。 しかも繰り返し使えます。 だからといって、何もしないまま放置してしまうと、徐々に汚くなってしまいます。 洗面所は常に清潔に保ちたいですから、定期的に掃除してあげましょう。 注意すること 洗面所の近くに歯ブラシやコップなどが置いてあることが多いですよね。 洗剤がかかってしまうため、事前に注意を 片付けてから掃除に取りかかりましょう。 洗面台周りには、できるだけ物を置かないようにすると、思い立った時にさっと掃除ができて便利です。 掃除する頻度 それでは、洗面台の鏡はどのくらいの頻度で、掃除すれば良いのでしょうか? 「鏡の掃除はたまにでいい」 という声も聞かれますが、おすすめは 1日1回のペースです。 洗面台の鏡の汚れは、溜まってしまうと落ちにくくなります。 頑固な汚れになってしまう前に、毎日ピカピカに磨いてあげましょう。 洗面台の鏡だけでなく、洗面台も合わせて一緒に拭いておくと、清潔感あふれる空間を保てます。 洗面台の下に、 スプレーや 拭き上げ用の布を収納しておけば、 1. 洗面台に置いてあるものを移動させる 2. 鏡と洗面台にクエン酸スプレーや重曹スプレーを拭きつける。 鏡から洗面台の順番で、スプレーを拭き上げる の3ステップで、洗面台がすっきりピカピカになります。 「クエン酸スプレーや重曹スプレーを作るのは面倒……」 という場合は、最初からスプレータイプで売られている商品を選んでくださいね。 「物の移動・スプレー・拭く・物を戻す」 ここまで、慣れてしまえば1分もかからずできますので、毎日の習慣として取り入れてみましょう。 鏡の水垢がつかない予防はこれ! これまで、お風呂の鏡にできる水垢のお掃除の仕方などを紹介してきました。 できることなら風呂の鏡に水垢を作りたくないですし、お掃除するのも面倒ですよね。 そこで、最後に、風呂の鏡に水垢がつくのを予防することができる、お手入れの仕方を 3つ紹介していきます。 鏡に付いたシャンプーなどの泡はしっかり洗い流す シャンプーやボディーソープの中には、カルシウムやマグネシウムなどを含んでいるものがあります。 鏡についたままだと水垢の原因となることがあるので、しっかり洗い流してくださいね! 鏡についた水滴を拭き取る 鏡にできる 水垢を予防する1番の方法は、 鏡に水滴をつけたままにしないことです。 お風呂に入った後、鏡に水滴がついたままにしている方が多いと思います。 ですが、これからはお風呂に入った後は、鏡に水滴を残さないようにしましょう。 例えばタオルなどの布で、水滴を拭き取るのもありですし、水きり用のワイパーを使ってもいいです。 このフィルムは1年ぐらいもつそうです。 弱粘着タイプなので、貼った跡も残りません! まとめ お風呂の鏡をお掃除する方法は、マスターできましたか? あの 白い汚れの正体は「水垢」だったのですね。 そんな水垢汚れには 「クエン酸」が効くということもわかりました。 ところで、お風呂の水垢汚れは、鏡だけでなく、浴槽や蛇口でも目立ちますよね。 せっかく鏡の水垢を綺麗にするなら、もっといろいろなところをお掃除したいものです。 ということで、 お風呂のありとあらゆる部分の水垢を綺麗にする方法をまとめました。

次の