ノイロトロピン 錠。 ノイロトロピンとロキソニンの違い・併用はOK?胃と眠気の副作用

ノイロトロピンによる副作用

ノイロトロピン 錠

ノイロトロピンの作用機序:疼痛治療薬 腰痛症や関節痛では、痛みが起こることによって日々の運動が制限されてしまいます。 また、神経が傷つくことによって起こる痛みに神経痛があり、神経痛ではピリピリとした痛みが続くようになります。 そこで、これらの痛みを取り除く薬として ノイロトロピンがあります。 ノイトロトピンの中身にはワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液というかなり特殊な有効成分が含まれています。 また、ノイロトロピンは神経障害による疼痛だけでなくアレルギー性鼻炎(花粉症)にも活用されます。 ノイロトロピンの作用機序 ノイロトロピンの有効成分は前述の通り、ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液といいます。 ウサギの皮膚に対してワクシニアウイルスを注射し、炎症が起こることで生じた皮膚組織から分離したものが有効成分になっています。 なぜ、ノイロトロピンが痛みやアレルギー症状を改善するのかについては、現在でもわかっていません。 ノイロトロピンには多くの成分が含まれ、どの成分が有効成分なのかも判明していないのが現状です。 ただ、漢方薬と同じように古くから活用されている薬であるため、作用機序が不明であっても「効果がある」という理由で現在も利用されています。 完全に作用機序が分かっているわけではないですが、以下のようにしてノイロトロピンが作用しているといわれています。 ノイロトロピンによる疼痛抑制 痛みが発生すると、この時のシグナルはまず脊髄に伝えられます。 その後、神経を通ることで脊髄から脳へと痛みのシグナルが伝えられ、痛みの部位やその強さが認知されます。 つまり、痛みは脳で感じます。 この時、脳の神経には「 痛みを抑えるための神経」が存在します。 痛みを和らげる神経であるため、この神経が活性化させれば、強烈な痛みを抑えることができます。 専門用語では、この神経を 下行性疼痛抑制系神経と呼びます。 下行性疼痛抑制系神経は、神経伝達物物質の中でもセロトニンが関わる神経(セロトニン作動性神経)とノルアドレナリンが関わる神経(ノルアドレナリン作動性神経)の2つに分かれます。 つまり、 この2つの下行性疼痛抑制系神経を強めることができれば、痛みを感じにくくさせることで鎮痛作用を得ることができます。 このような考えにより、痛みを抑える神経(下行性疼痛抑制系神経)の作用を活性化させることで多様な痛みを抑える薬がノイロトロピンです。 ノイロトロピンによる抗アレルギー作用 また、ノイロトロピンはアレルギー性鼻炎(花粉症)にも活用され、抗アレルギー作用が知られています。 花粉症患者の場合、花粉症を敵だと判断してヒスタミンやロイコトリンなど「炎症を引き起こす物質」が放出されます。 これらの物質が鼻粘膜に存在するムスカリン作動性アセチルコリン受容体という部位に結合すると、結果として鼻水やくしゃみなど、のど症状や咳症状を引き起こしてしまいます。 そこでノイロトロピンを投与すると、 鼻粘膜のムスカリン作動性アセチルコリン受容体の数が減少することが分かっています。 ノイロトロピンが花粉症に効果を示すのはこうした作用機序だと考えられています。 なお、抗アレルギー作用を示すノイロトロピンはアトピー性皮膚炎や湿疹、蕁麻疹(じんましん)の治療にも活用されます。 皮膚のかゆみに対しても効果的です。 ノイロトロピンの特徴 鎮痛剤としては、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)やオピオイド系薬(麻薬性鎮痛剤など)が多用されます。 NSAIDsは痛み物質であるプロスタグランジンの作用を抑制し、オピオイド系薬は麻薬が作用する受容体を刺激することで強力な鎮痛作用を得ることができます。 NSAIDsとして有名な薬としてはロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)が知られています。 また、オピオイド系薬としてはトラムセット(一般名:トラマドール、アセトアミノフェン)があります。 カロナール(一般名:アセトアミノフェン)も解熱鎮痛剤として多用されます。 それに対して、ノイロトロピンは「下行性疼痛抑制系神経の活性化」という、NSAIDsやオピオイド系薬とは異なる作用機序によって鎮痛作用を示します。 これにより、炎症による痛みから神経痛まで幅広い痛みを抑えることができます。 帯状疱疹による痛みなどは、神経が傷つくことによって発生する神経痛です。 これらの神経痛に対してNSAIDsは効果を示しません。 また、オピオイド系薬などの強力な薬を使用するわけにもいかないため、ノイトロピンによって痛みを鎮めます。 これら神経痛の他にも、腰痛症(椎間板ヘルニア、ぎっくり腰など)や頸肩腕症候群、肩関節周囲炎(四十肩・五十肩など)、変形性関節症・関節リウマチなどの整形領域に対してもノイロトロピンは有効です。 ノイロトロピンの副作用 ノイロトロピンの特徴として、 副作用がほとんどないことがあげられます。 ただ、必ず副作用が表れないというわけではないため、どのような副作用が存在するのかチェックすることは重要です。 ノイロトロピンの副作用としては発疹、じんましん、かゆみなどの過敏症が知られています。 多くの有効成分を含む抽出液であるため、どの成分が原因なのかは分かりませんが人によっては過敏症を生じることがあります。 また、下痢・軟便、胃痛、口渇、腹部膨満感、便秘、口内炎、胃重感、胃部膨満感、腹痛、放屁過多(おならの増加)、消化不良、胸やけ、胃のもたれ感、胃腸障害、悪心・嘔吐など、消化器症状も生じます。 眠気、めまい・ふらつき、頭痛・頭重感などの精神症状も報告されています。 全身倦怠感、浮腫、熱感、動悸、皮膚感覚の異常についても、頻度は低いもののノイロトロピンの副作用です。 重篤な副作用としては肝機能障害、黄疸があります。 肝臓の機能に異常が表れた場合、使用を中止しなければいけません。 アナフィラキシー様症状を生じることもあります。 小児(子供)への使用 ノイロトロピンの小児への使用については、「使用経験が少ないため安全性は確立されていない」とされています。 ただ、子供に対してノイロトロピンを活用することはあります。 子供の痛みにはカロナール(一般名:アセトアミノフェン)などが多用されます。 ただ、神経痛に対してカロナールは無効であり、痛みを鎮めることはできません。 そうしたとき、ノイロトロピンが利用されます。 妊婦・授乳婦への使用 また、妊婦・産婦についてはどうかというと、「安全は確立されていない」とはされているものの、妊娠中であっても問題なくノイロトロピンを使用できます。 胎児にも影響はなく、妊娠初期であったとしても催奇形性などは報告されていません。 授乳中であってもノイロトロピンの使用は問題ないです。 授乳中に使用できる薬としてノイロトロピンが知られているため、薬を服用しながら母乳育児を行っても大丈夫です。 ノイロトロピンの効能効果・飲み合わせ それでは、ノイロトロピンにはどのような効果があるのかについて、より深く確認していきます。 錠剤(ノイロトロピン錠4単位)で活用される場合、「帯状疱疹後神経痛、腰痛症、頸肩腕症候群、肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)、変形性関節症」が適応症です。 1日4錠を朝・夕の2回に分けて服用します。 これがノイロトロピン注射・点滴(ノイロトロピン注射液1. 2単位やノイロトロピン注射液3. 6単位)の場合は「腰痛症、頸肩腕症候群、症候性神経痛、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、蕁麻疹)に伴うそう痒、アレルギー性鼻炎」が適応となり、アレルギー症状に対しても効果を示すようになります。 静脈内・筋肉内・皮下のどこかに対して、1日1回という投与間隔で活用されます。 神経の損傷による痛みの緩和 これまで述べてきた通り、ノイロトロピンは神経痛による痛み(慢性疼痛)を改善します。 帯状疱疹や腰痛症(椎間板ヘルニア、ぎっくり腰など)、糖尿病による神経障害などによって神経損傷の痛みが発生したときに効果的です。 神経が関わるしびれや痛みに対して、ノイロトロピンが活用されるのです。 神経痛による痛みを抑える薬としては、リリカ(一般名:プレガバリン)やトラムセット(一般名:トラマドール、アセトアミノフェン)、トラマール・ワントラム(一般名:トラマドール)、サインバルタ(一般名:デュロキセチン)が用いられます。 これらの薬とノイロトロピンを併用しても問題ありません。 さらに、神経障害による痛みを緩和する薬としてはビタミン剤であるメチコバール(一般名:メコバラミン)や血流・血行を改善させるオパルモン、プロレナール(一般名:リマプロスト)も活用されます。 これらの薬との併用も問題ありません。 頭痛・肩こりの緩和 また、頭痛(片頭痛など)を含む一般的な痛みに対してノイロトロピンを使用することがあります。 この場合、NSAIDsとしてロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)、セレコックス(一般名:セレコキシブ)、ハイペン・オステラック(一般名:エトドラク)と併用するケースがあります。 他にはストレートネックの人など緊張型頭痛の場合、肩こりが原因となることがあるため、この場合は筋弛緩剤であるテルネリン(一般名:チザニジン)、ミオナール(一般名:エペリゾン)と一緒にノイロトロピンを服用することがあります。 抗不安薬として知られるデパス(一般名:エチゾラム)は筋肉の緊張を和らげるために緊張型頭痛に活用されますが、デパスとノイロトロピンの併用も大丈夫です。 ノイロトロピンの優れている点としては「他の薬との飲み合わせによる問題がほとんどない」ことが挙げられます。 併用注意・併用禁忌の薬は基本的にありません。 なお、ノイロトロピンにはジェネリック医薬品(後発医薬品)が存在しません。 ウサギにワクシニアウイルスを注射し、その皮膚抽出物を分離するという特殊な方法によって作られた薬であるため、ジェネリックメーカーが製造方法を真似することができないのです。 そのため、薬価を下げるためにジェネリック医薬品を選ぶことはできません。 このような特徴により、多くの有効成分によって「痛みを抑える神経」の働きを強め、痛みを和らげる薬がノイロトロピンです。 神経痛や腰痛、リウマチ・膠原病などの痛みだけでなく、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状にも効果的です。 ちなみに、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)のように風邪などの熱を下げる作用(解熱作用)はないです。 あくまでも慢性疼痛やアレルギー性鼻炎などに効果的です。 ただ、ノイロトロピンを長期服用しても耐性はなく、あらゆる痛みに効果を示すので活用しやすい薬だといえます。

次の

ノイロトロピンは効かない?効果発現の時間や特徴について

ノイロトロピン 錠

リリカとノイロトロピンの作用と併用について まずはリリカとノイロトロピンの作用についてなのですが・・・ 正直、詳しく書こうと思えば書けるのですが、あまり詳しく書きすぎると意味がわからなくなるのでポイントだけかい摘んでお話させて頂きます。 リリカの作用は・・・ カルシウムチャネルからカルシウムの流入を防ぐ事で 興奮性の神経伝達物質を抑制することで痛みを抑えていきます。 それに対し ノイロトロピンの作用は・・・ 下行性疼痛抑制系神経を修復するというイメージになります。 イメージと書いたのは、作用は認められるのですが、こう書くのが一番しっくりくると思ったのでこの様に書いています。 下行性疼痛抑制系神経は痛みが続くと下行性疼痛抑制系神経が弱ってくるというイメージでその神経を修復してあげることで痛みを改善してあげるという考え方になります。 文字にすると難しいのですが、 ノイロトロピンにはリリカのようなカルシウムチャネルからカルシウムの流入を防ぐ作用はないので、作用的には違うものとなります。 しかし、リリカには下行性疼痛抑制系神経の作用も認められています。 そうすればリリカだけ飲んでいればいいのでは?という疑問もあるのですが、実はノイロトロピンには 約300成分ほど含有されていまして、その微量な成分が痛みとか血流とかを改善しやすくするという作用があります。 そこでリリカとノイロトロピンの併用になるのですが、 成分も違えば、作用も違うので併用することは問題ありません。 ただ、リリカにもノイロトロピンにも言えることなのですが、Nsaidsの様に痛みに直接効いて即痛みを抑えるようなそんな薬剤ではありません。 リリカは 1週間以上、ノイロトロピンは 4週間くらい服用して実感が得られる場合も多いです。 その為、根気よく服用する必要はありますが、ノイロトロピンに関しては副作用も少なく、かなり使いやすく、より自然に痛みを改善しやすくするので根気よく服用するようにしてください。 次に副作用について書いてみたいと思います。 リリカとノイロトロピンの併用による副作用は? リリカとノイロトロピンなのですが、先程も書きましたがノイロトロピンは副作用がかなり少ない薬剤になります。 リリカの副作用は めまいや 眠気、浮腫、体重増加など結構言われています。 添付文書の抜粋なのですが、めまいが23. 4%、眠気が15. 9%、浮腫が10. 7%とかなり高確率で副作用が出ています。 それに対してノイロトロピンは・・・ 全体で0. 94%なのでかなり副作用が少ないです。 発疹が0. 05%、痒みが0. 03%、頭痛が0. 02%、めまいが0. 02%、眠気が0. 06%、悪心・嘔吐が0. 13%、下痢が0. 10%、胃部不快感が0. 23%と主なものを書いてみました。 1%を超えている副作用報告がないので、本当に副作用が少ない薬という事が言えると思います。 よって、併用することでの副作用はほぼないので、もし副作用が考えられるのであれば、リリカの副作用を考えてもらった方が良いのかなと思います。 むしろ、併用することでどっちかの薬を増量しないといけないという事が少なくなる可能性もあります。 副作用については以上になります。 最後に 今回はリリカとノイロトロピンの併用について色々書いてみました。 ノイロトロピンは副作用が少ないから使いやすいですが、効果が実感出来るのに4週間くらいかかる事もあります。 それに対し、リリカは3日~1週間程度で実感出来る場合も多いので、リリカの方が使用実感は湧きやすいと思います。 しかし、副作用の面とかでリリカを使いにくい場合はノイロトロピンという選択肢もあるのかなと思います。 患者さんとしては選択肢が広がり、より痛みを抑えやすくする方法が増えたというイメージで良いと思います。 特にNsaidsの様に痛みに直接という訳ではなく、根本的な改善という事になってきますので時間はかかります。 その為、効果が出るまでに辞めてしまう方も少なくありません。 しかし、今回一番知っておいて欲しい事は・・・ 自己判断で休薬しないこと!(副作用がひどい場合は除きます。 ) これが一番大事になりますので続けて服用するようにしてくださいね。 参考にしてみてください。

次の

ノイロトロピン/抗炎症薬と異なる作用機序

ノイロトロピン 錠

1〜5%未満 0. 疾患名 有効以上 腰痛症(n=194) 60% 頸肩腕症候群(n=114) 61% 症候性神経痛(n=313) 61% 皮膚疾患に伴うそう痒(n=289)(注2) 61% アレルギー性鼻炎(n=149) 58% SMON後遺症状の冷感・異常知覚・痛み(n=45) 58% (注2)内訳:湿疹・皮膚炎群 220例、慢性じんま疹 69例 参考1. 二重盲検比較試験(有用率) 疾患名 ノイロトロピン プラセボ U検定 腰痛症 69%(n=42) 45%(n=44) P<0. 05 症候性神経痛 35%(n=34) 14%(n=35) P<0. 01 皮膚疾患に伴うそう痒 慢性じんま疹 63%(n=51) 43%(n=49) P<0. 05 湿疹・皮膚炎群(注3) 64%(n=56) 38%(n=52) P<0. 01 アレルギー性鼻炎(注4) 69%(n=26) 20%(n=25) P<0. 01 アレルギー性鼻炎 58%(n=59) 24%(n=62) P<0. 01 (注3)慢性湿疹、皮脂欠乏性湿疹、アトピー性皮膚炎など(注4)当該試験の成績のみ有効率 参考2. SMON後遺症状/症状別効果(改善率) 症状名 ノイロトロピン プラセボ U検定 冷感 81%(n=21) 32%(n=22) P<0. 01 しびれ感 63%(n=24) 23%(n=22) P<0. 05 しめつけ感・付着感 52%(n=23) 27%(n=22) P<0. 10 ピリピリ、ジンジン感 57%(n=23) 14%(n=21) P<0. 01 痛み 60%(n=20) 27%(n=22) P<0. また、本剤の連日腹腔内投与により、SARTストレスマウスの痛覚過敏が用量依存的に抑制された。 CCI(慢性絞扼性神経損傷)ラットにおける痛覚過敏の改善効果及び発症抑制効果 ラットの坐骨神経を縫合糸(chromic gut)で緩く結紮すると、数日後から痛覚過敏状態が惹起される。 また、CCIモデルにおける痛覚過敏の発症に対する本剤の効果を検討した。 SNL(脊髄神経結紮)マウスにおける痛覚過敏改善効果及び抗アロディニア効果 本剤の痛覚過敏改善作用は、腹腔内又は脊髄くも膜下腔内投与に比べて中枢の大槽内投与で強く認められた。 (SARTストレスマウス) 本剤は、セロトニン(5-HT)作動性の下行性疼痛抑制系の中継核である延髄大縫線核の機能低下を改善した。 なお、本剤の作用はオピオイド受容体拮抗薬であるナロキソンの脊髄くも膜下腔内投与では拮抗されなかった。 (SARTストレスラット) 本剤の痛覚過敏改善作用は、下行性疼痛抑制系の5-HT又はNA作動性神経を延髄又は脊髄レベルで選択的に薬物破壊すると抑制された。 (SARTストレスラット) また、本剤の痛覚過敏改善作用と抗アロディニア作用は、NA作動性神経を脊髄レベルで選択的に薬物破壊すると抑制された。 (SNLマウス) ブラジキニン遊離抑制作用(ラット). 浜田義一ほか, ノイロトロピン特号3ccの配合変化.社内資料, 1989. 細江大上ほか, 臨床におけるノイロトロピンと併用薬物との相互作用を予測するための放射性標識基質を用いたin vitro薬物動態試験.医薬品研究, 38 8 , 369, 2007. 奥田 稔ほか, 鼻アレルギーに対するノイロトロピンの治療効果の検討.耳鼻臨床, 72, 779, 1979. 祖父江逸郎ほか, SMON(Subacute Myelo-Optico-Neuropathy)後遺症状に対するノイロトロピンの臨床評価 多施設二重盲検法交差比較試験.医学のあゆみ, 143, 233, 1987. 喜多富太郎ほか, マウスにおけるノイロトロピンの鎮痛効果とSARTストレスマウスにおける薬物の鎮痛作用.日薬理誌, 72, 573, 1976. Hata,T. et al. , Experimental Studies on Optimal Conditions of Loading SART Stress Repeated Cold Stress upon Animals. Japan J. Psychosom. Med. , 24, 257, 1984. Yoneda,R. et al. , SART Stress-Induced Pathophysiological Functions and Effects of Neurotropin. "Stress",Eds. Kvetnansky,R. et al. ,Gordon and Breach Science,New York, 767, 1992. Kawamura,M. et al. Life Sciences, 62, 2181, 1998. Toda,K. et al. , Antinociceptive Effects of Neurotropin in a Rat Model of Painful Peripheral Mononeuropathy. Life Sciences, 62, 913, 1998. Saleh,M. et al. , Effects of Neurotropin on Hyperalgesia and Allodynia in Mononeuropathic Rats. Life Sciences, 63, 1931, 1998. Suzuki,T. et al. , The Antiallodynic and Antihyperalgesic Effects of Neurotropin in Mice with Spinal Nerve Ligation. Anesthesia & Analgesia, 101, 793, 2005. Ohara. et al. , Release of Inflammatory Mediators by Noxious Stimuli;Effect of Neurotropin on the Release. Eur. Pharmacol. , 157, 93, 1988. 呉晃一郎ほか, ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出物の鎮痛作用.基礎と臨床, 15, 2459, 1981. 浪松昭夫ほか, SART stress動物の生理機能異常に対するvaccinia virus接種家兎炎症皮膚抽出液の経口投与による防御効果.応用薬理, 32, 599, 1986. 竹内俊二ほか, キノホルムによるラット血流障害に対するノイロトロピンの改善作用〜サーモグラフィーによる評価〜.社内資料, 1986. Hata,T. et al. , Mechanism of the Analgesic Effect of Neurotropin. Japan. Pharmacol. , 48, 165, 1988. Ohara,H. et al. , Mechanism of Hyperalgesia in SART-Stressed Animals:Effect of Neurotropin. "Stress",Eds. Kvetnansky,R. et al. ,Gordon and Breach Science,New York, 791, 1992. 三浦智士ほか, SARTストレスラットにおけるワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液(NSP)の鎮痛効果に及ぼすモノアミン作動性下行性疼痛抑制系神経の化学的除神経による影響.社内資料, 2000. 竹内俊二ほか, ラットカラゲニン炎症足における組織血流量,痛覚閾値および浮腫の変動とNeurotropinの作用.Biomedical Thermography, 7, 119, 1987. 本村喜代二ほか, 整形外科疾患における鎮痛剤(ノイロトロピン特号)の作用のサーモグラフィーによる判定.Biomedical Thermology, 5, 49, 1985. 中村清実ほか, ラット視床下部ニューロンに対するNeurotropinの作用.自律神経, 24, 101, 1987. 小野武年ほか, ラット室傍核の血圧上昇関連ニューロンに対するノイロトロピンの作用.自律神経, 27, 512, 1990. Namimatsu,A. et al. , Changes in Autonomic Nerve Receptors in the Nasal Mucosa of Guinea Pigs with Nasal Allergic Symptoms and Their Regulation by Neurotropin. "Neurotropin",Eds. ,de Weck,A. et al. ,Hogrefe & Huber Publishers,Toronto・Lewiston. , 82, 1989. Yoshii,H. ,et al. , Neurotropin Inhibits Accumulation of Eosinophils Induced by Allergen Through the Suppression of Sensitized T-Cells. Int. Immunopharmacol. , 17, 879, 1995 作業情報.

次の