お部屋 の 保険 ワイド。 建物の補償|タフ・すまいの保険|個人のお客さま|あいおいニッセイ同和損保

東京海上ミレア少額短期保険の火災保険の口コミと評判|家保険

お部屋 の 保険 ワイド

家財保障 家財は、以下の様なものが対象で専有面積60㎡、夫婦に子供一人の世帯主30歳の家庭では、合計で600万円になります。 スーツ・コードなど衣類• 冷蔵庫・電子レンジ・食器・調理器具などの台所用品• テレビ、パソコン、洗濯機などの家電製品• タンス・机・ソファーなどのインテリア・家具• ゴルフ用品・ゲーム・書籍などの趣味用品• その他日用品など 保険金額は、賃貸住宅の広さかが目安になります。 30㎡未満の家財の再取得評価額の目安は200〜500万円• 30〜50㎡未満の家財の再取得評価額の目安は200〜800万円• 50〜80㎡未満の家財の再取得評価額の目安は300〜1,000万円• 80㎡以上の家財の再取得評価額の目安は500万円以上 保障内容 家財保障には、以下があり対象は広範囲です。 火災、落雷、破裂・爆発• 風災・雪災・雹災• 建物外部からのモノの落下・飛来など• 給排水設備からの水漏れ• 暴力行為などの被害• 水害は家財保険金額の5%(ワイドは10%) 上記の事故による修理費用は、以下を除き保証対象になります。 洗面台・浴槽・便器等の修理費用(ワイドは対象)• 板ガラスの修理費用(ワイドは対象)• 専用水道管凍結時の修理費用は対象(10万円、ワイドは30万円)• ドアロックの交換費用(ワイドは対象)• 室内での死亡による修理費用(30万円、ワイドは50万円)• 遺品整理費用(ワイドは対象) 以下も保証対象になります。 臨時宿泊費用• 被災転居支援費用• 残存物片付け費用• 失火見舞費用• 地震災害費用 賠償責任保障も付いています。 入居者賠償責任• 個人賠償責任.

次の

建物の補償|タフ・すまいの保険|個人のお客さま|あいおいニッセイ同和損保

お部屋 の 保険 ワイド

入居から10日目に事故?! 2013年4月、神奈川県で入居から10日後に漏水事故が発生しま した。 入居者は引越し当日に、自ら洗濯機の給水ホースを取り 付けて、その日は就寝。 それから1週間ほどは、何事もなく過 ごしていました。 しかし、ご入居から10日後…。 洗濯機の給水ホースが外れて深夜に漏水事故が発生しました。 予想外の損害額 事故の発生が深夜だったため、漏水に気づくまで時間がかかり、損害が拡大。 入居していた4階の部屋だけでなく、3階、2階、そして1階の部屋まで水浸しになりました。 結果として建物全体の損害が発生。 築5年のマンションの被害額は2,000万円をこえていました。 保険金は支払われる? ただこのケースでは、入居されていた方は、幸いにも賃貸住宅入居時に保険に加入していました。 そのため、自分の部屋の損害は借家人賠償責任保険金が支払われ、階下の損害への賠償として個人賠償責任保険金が支払われました。 この時に当社がお支払した賠償責任保険金の総額は、約1,389万円でした。 お支払した保険金 借家人賠償責任保険金(大家さんに対する賠償責任):約 332万円 個人賠償責任保険金(階下の入居者に対する賠償責任):約1,057万円 支払保険金の総額:約1,389万円 自分の家財を守るためだけではない この事例では、大家さんや階下の入居者に対する賠償責任を説明しました。 ご自分の家財の損害は限られますが、大家さんや階下の入居者への損害はどこまで広がるかわかりません。 事例で説明したとおり、大家さんや第三者への損害を与えてしまった場合の賠償や弁償といった経済的な部分でのトラブルから自分を守る大切な保険です。 もらい火による火災 2013年5月、埼玉県でもらい火により住宅が全焼する火災が 発生しました。 入居者はその日仕事へ向かうため、早朝に自 宅を出ました。 当日は仕事が早く終わり、正午前には帰宅。 すると自宅前に消防車が止まっており、借りていた家全体が 燃えていました。 先ほどまで自分がいた場所に、いままさに 消防士が放水し消火活動を行っていました。 入居者が負った損害は? 消火活動が行われましたが、自宅は全焼。 自宅内に置いていた入居者の家財もほぼすべて焼失していました。 支払われた保険金の額 入居者が加入していたのは家財の支払限度額が250万円の賃貸住宅入居者向けの保険。 支払限度額を超える家財の損害が発生していたため、 入居者に支払われた家財の保険金は250万円でした。 お支払した保険金 家財保険金:250万円 まさか!予測できない出来事の発生 この事例は、入居者の不注意が原因で生じた火災ではありません。 しかし、もらい火によって自宅は火災に遭い、家財のほとんどが焼失しています。 通常、他人の過失によって自分の財産に損害が生じた場合、被害者は加害者に対して損害賠償請求することができます。 しかし、他人の失火により被害を受けた場合は、失火責任法により加害者に対して損害賠償請求できません。 もらい火の他にも、放火によって被害に遭う場合もあります。 自分自身が普段から注意して生活していれば保険事故が起こる可能性は少なくなるかもしれませんが、いくら注意していても避けられない事故も発生します。 以上の事例のように、新しいお部屋へ入居した後すぐや、入居者に不注意がなかったとしても保険事故が起こることがあります。 1年間にどれくらい事故は起こるのか? 当社が1年間に受付ける事故件数はおよそ5,000件。 1日あたり15件ほどの事故を受け付けていることになります。 また、1年間に支払う保険金の総額はおよそ5億円です。 その中でも頻繁に起こる保険事故は、漏水事故です。 特に全自動洗濯機のホース外れを原因とした漏水事故は年間200件ほど起こっています。 給水ホース外れの漏水事故の場合は給水蛇口を開けたままにしているため、1件当たりの保険金支払額の平均がおよそ75万円と、損害額が高額になる傾向があります。 自分の部屋から漏水させてしまい階下の入居者の家財や建物自体に損害を与えてしまったり、上階のお部屋から水が漏れてきて家財が濡れて損害が生じる場合など、マンションやアパートなどの集合住宅では、火災事故よりも漏水事故の方が多いのです。 ご紹介した2つのケースでは、『あんしん住まいる家財保険』の契約内容にしたがって保険金が支払われました。 ケース1では漏水事故による被害について入居者賠償責任保険金として約1,349万円。 ケース2では自宅が全焼して家財保険金として250万円。 しかし、保険に加入していなかった場合はどうでしょうか? 少なくとも、それぞれのケースで支払った保険金の額を入居者は自己負担することになったでしょう。 もしすぐに支払えない場合でも、支払義務はなくならず、実際は毎月少しずつ支払がなされることになります。 多くの方は予測できない多額の損害に対して十分な準備はされていないのではないでしょうか? そのため、保険料を支払い、保険に加入することによって、突然の大きな損害に備える、ということが保険に入る意味のひとつと考えています。 1つ目は、入居者の家財の補償 2つ目は、大家さんに対する賠償責任の補償 3つ目は、日常生活での他人に対する賠償責任の補償 4つ目は、借りたお部屋の修理費用の補償 家財保険は、自分の家財の損害だけではなく、大家さんや第三者とのトラブルに備えるための大切な保険です。 特に、「大家さんに対する賠償責任」と「日常生活での他人に対する賠償責任」は、一度事故が起こると被害額は高額になる傾向があります。 当社では、テナント物件を借りて事務所・小売店を営む事業者の方向けに、 テナントプラン保険も取扱っています。 テナントプラン保険には9つの補償が含まれています。 お支払する主な保険金は以下のとおりです。

次の

あいおいニッセイ同和「タフ・住まいの保険」の特徴・評判|おすすめ火災保険比較ランキング

お部屋 の 保険 ワイド

タフ・住まいの保険 の基本情報 タフ・住まいの保険の補償内容、保険料の目安、各種特約など、商品内容の詳細をまとめました。 補償内容 災害 プラン 火災、落雷、破裂・爆発 エコノミープラン/ベーシックプラン/ワイドプラン 風災・雹(ひょう)災・雪災 エコノミープラン/ベーシックプラン/ワイドプラン 水ぬれ、外部からの物体落下など、騒擾(じょう) ベーシックプラン/ワイドプラン 盗難 ベーシックプラン/ワイドプラン 水災 ベーシックプラン/ワイドプラン 破損・汚損など ワイドプラン 補償を最小限にして保険料を節約したい人には「エコノミープラン」、補償内容をもっとも充実させたい人には「ワイドプラン」を用意。 人気のプランは、破損・汚損補償のみを外して幅広いリスクを補償する「ベーシックプラン」です。 これらプランを基本契約とし、希望する人は家財保険や地震保険、各種特約などを付帯させていく形となります。 保険料 保険料/42,600円(5年) 前提条件/東京都の一戸建て(T構造)、保険金額2000万円 プラン/エコノミープラン 付帯する費用保険金/事故時諸費用特約、地震火災費用保険金、災害緊急費用保険金、損害防止費用、権利保全行使費用 上記は建物のみの保険料となります。 付帯している各種費用保険金が非常に充実しています。 保険料/20,370円(5年) 前提条件/大阪府のマンション、保険金額1000万円 プラン/ベーシックプラン 付帯する費用保険金/事故時諸費用特約、地震火災費用保険金、災害緊急費用保険金、損害防止費用、権利保全行使費用 同じ条件でワイドプランに変更した場合の保険料は23,160円。 5年の保険期間で、その差がわずか2,790円です。 ちなみにエコノミープランの場合には、5年で10,930円と半額程度。 どのリスクにも共通して保険金が支払われない場合について タフ・住まいの保険の補償範囲とされる被害であっても、その被害の原因によっては保険金が支払われないことがあります。 たとえば、以下のような例においては、原則として保険金が支払われません。 ケース1. 契約者が故意に生じさせた被害 契約者や被保険者が故意に生じさせた被害、または故意に近いほど重大な過失で生じさせた被害については、たとえ結果として補償範囲であったとしても、この被害は補償されません。 ケース2. 戦争などによって生じた被害 戦争や外国からの武力攻撃によって生じた被害については、火災保険では補償されません。 戦争や武力攻撃に類似した状態で生じた被害についても補償範囲外です。 ケース3. 経年劣化などによる被害 通常の管理・使用下における経年劣化による被害については、火災保険では補償されません。 具体的には、さび、かびなどの被害です。 破損・汚損損害等のリスクにおいて保険金が支払われない場合について ワイドプランで補償される破損・汚損被害について、以下の原因による被害は、補償されないのが通常です。 ケース1. 契約者が運転する車で建物を破損・汚損させた場合 契約者や被保険者が運転する車、または契約者や被保険者が所有する車が、運転ミス等によって建物・家財に破損・汚損を生じさせた場合、この被害については補償されません。 ケース2. 建物の敷地外で家財を破損・汚損させた場合 建物の敷地外に持ち出した家財が、何らかの理由で破損・汚損被害を受けた場合、この被害は補償されません。 なお、タフ・住まいの保険のパンフレットに詳細は記載されていませんが、一般には次のような理由による建物・家財の破損・汚損被害についても、火災保険では補償の対象外とされています。 携帯電話、ノート型パソコン、眼鏡、コンタクトレンズ、義歯などの破損• 砂塵の吹き込み等による機械類の破損• 所有する動物・植物に生じた被害• 自転車・排気量125cc以下の原動機付自転車に生じた破損・汚損• 電球・ブラウン管などに生じた破損• 公権力の行使(差し押さえや没収など)にともなって生じた破損・汚損• 増改築などの作業上のミスが原因で生じた破損 破損・汚損を始め、その他の被害補償に関しても、契約を検討する際には担当者から詳しく説明を受けるようにしましょう。 サポートサービス 水回りクイック修理サービス サポート 内容 トイレのつまり、給排水管のつまり、給排水管の故障による水の溢れなどに対し、専門業者を手配して応急修理を行います。 対象プラン 全プラン 玄関ドアカギ開けサービス サポート 内容 鍵の紛失や盗難等により玄関ドアを開けられなくなった際、鍵の専門業者を手配して緊急開錠します。 対象プラン 全プラン 暮らしのトラブル(法律)・税務ご相談 サポート 内容 日常生活における法的や問題や税務上の問題について、予約制で弁護士・税理士の電話相談を利用することができます。 対象プラン 全プラン 特約 類焼損害・見舞費用特約 内容 自宅の火災や爆発等が原因で近隣の建物などに損害を与えた際、最大1億円まで補償 対象 オプション(プランには含まれません) 個人賠償特約 内容 国内外において他人の身体または財物に損害を与えた場合、その損害賠償額を補償 対象 オプション(プランには含まれません) 個人賠償(電車等運行不能賠償追加型)特約 内容 日本国内で電車等を運行不能にした際、法律上の損害賠償責任を1億円まで補償 対象 オプション(プランには含まれません) 受託物賠償特約 内容 他人の所有物を受託中、受託物を破損・紛失などした場合に、その損害賠償責任額を補償 対象 オプション(プランには含まれません) 弁護士費用等特約 内容 他人から受けた被害が原因で、損害賠償請求を弁護士に依頼した際、当該弁護士費用を最大300万円まで補償 対象 オプション(プランには含まれません) 携行品損害特約 内容 敷地外に携行していた家財(動産)に損害が生じた際、その損害を補償 対象 オプション(プランには含まれません) バルコニー等修繕費用特約 内容 偶然の事故により、分譲マンションのバルコニーや玄関ドアなどの共用部分に損害を与えた際、その損害の修繕費用を1回につき30万円を限度に補償 対象 オプション(プランには含まれません) 借家賠償・修理費用特約 内容 偶発的な事故で借用住宅に損害を与えた際、貸主に支払うべき損害賠償金を1回のみ補償 対象 オプション(プランには含まれません) タフ・住まいの保険 はこんな人にオススメ タフ・住まいの保険の最大の特徴は、地震被害の補償の手厚さです。 通常、火災保険のみの加入では、地震を原因とする火災被害は補償されません。 地震補償を手厚くしたい方は、ぜひ検討すべき火災保険でしょう。 タフ・住まいの保険の地震保険 について 建物の火災保険をベースにし、これに特約のような形で地震保険を付帯させることができます。 地震保険の概要 地震保険とは、地震や噴火による直接的・間接的な被害を補償する保険のこと。 間接的な被害とは、具体的には地震・噴火が原因で発生した火災や津波による被害です。 なお、タフ・住まいの保険のパンフレットでは、地震保険の補償対象として「地震による火災」「地震による損壊」「噴火による埋没」「津波による流失」などの被害を例に挙げています。 地震保険の対象 ・住宅用建物 住宅として利用している建物の被害が保険の対象となります。 商業施設やオフィスなどは住宅用とは異なるため、個人加入の地震保険の対象にはなりません。 ・家財 住宅用建物の中に保管している家財(動産)が保険の対象となります。 商業施設やオフィスなどに保管している動産については、個人が加入する火災保険の対象とはなりません。 なお、「1個または1組の価額が30万円を超える貴金属・美術品等」は保険の対象外となります。 これらを保険の対象としたい方は、「家財明記物件特約」を付帯させましょう。 地震保険の対象とならないもの 地震保険に加入していたとしても、一般には以下のようなケースの被害は補償されません。 ケース1. 地震・噴火の混乱中に生じた紛失・盗難被害 地震や噴火、津波などの混乱の中で生じた家財の紛失や盗難被害について、地震保険では補償されません。 ケース2. 地震発生の翌日から起算して10日以上経過してから生じた被害 地震や噴火が発生した翌日から起算し10日以上経ってから生じた被害について、地震保険では補償されません。 地震・噴火等と被害との因果関係を特定することが困難だからです。 設定した保険金額の範囲内で、被害の程度に応じて保険金が支払われる形となります。 なお、地震や噴火等の被害が発生した際、実際に支払われる保険金の額は、被害の程度に応じて次のように計算されます。 ただし、たとえば損害を受けた対象の時価が300万円の場合には、現在時価を優先する原則が適用され、保険金は300万円までしか支払われません。

次の