銀杏 レンジ。 銀杏の食べ方は簡単!フライパン、レンジやトースターの3つの方法まとめ!

銀杏は電子レンジで何分加熱する?簡単な食べ方と料理方法も紹介!|Maman Style

銀杏 レンジ

銀杏は電子レンジで何分加熱する? 銀杏を電子レンジで加熱する時間は約1分で大丈夫です。 銀杏を電子レンジで加熱する方法としては、封筒に入れてレンジにかけるのが有名ですが、銀杏を加熱する前に、キッチンバサミやペンチで殻にヒビを入れておくと、剥きやすくなり破裂防止になります。 銀杏を入れる封筒は、ペラペラ薄い封筒ではなく少し厚めの封筒を準備し、封筒の中に銀杏を10個くらい入れます。 加熱した時に中身が飛び出してしまわないように、封筒の口を何度か折って下さいね。 耐熱皿に銀杏の入った封筒を乗せ、電子レンジで約1分間加熱して出来上がりです。 電子レンジで加熱中に「バン!バン!」という音がしたら銀杏の殻が破裂しているので、その時点で終了しても大丈夫です。 加熱しすぎるとパサパサで美味しくなくなるので、レンジのかけすぎには気をつけてくださいね。 銀杏をレンジにかけるときに封筒以外で代用できるもの 銀杏を電子レンジで加熱しようと思っても手ごろな封筒がない場合は、 新聞紙や広告、小さな紙袋、ティッシュの空き箱でも代用ができます。 やり方はどれも簡単です。 新聞紙や広告を使う場合は、新聞紙や広告に銀杏を並べ、包んでから電子レンジで加熱します。 小さな紙袋やティッシュの空き箱の場合は、そのまま中に銀杏を入れて加熱するだけです。 どれも加熱時間は40秒~1分です。 スポンサーリンク 銀杏をレンジで加熱しても割れないときは? 時々電子レンジで加熱しても割れない銀杏があります。 銀杏が割れないときは、ペンチを使って殻を割ります。 少し手が痛くなってしまうかもしれませんが、レンジで加熱して割れないのはほんの2~3個程度です。 ペンチに銀杏を挟みますが、先の方だと割れませんので、ペンチの奥のほうにしっかり挟んで割って下さいね。 このようにレンジでも割れない銀杏はペンチを使って割ることができますが、ペンチとなると工具箱から出してこなきゃ!となってしまいますよね。 私は面倒くさがりなので、キッチンで作業している時に工具箱を置いているところまでペンチを取りに行くのが面倒なんです。 ですので、私はキッチンに置いてあるキッチンバサミを使います。 キッチンバサミには持ち手のところにギザギザしている部分がありますよね。 あのギザギザは、クルミを割ったりビンの蓋を開けたりするのに使うそうなんですが、そこに銀杏を挟んで割ります。 銀杏は小さいので、キッチンバサミによっては挟めないものもあるかもしれませんが、奥に挟むことで割ることができると思います。 100均で販売されている、くるみ割り器でも銀杏が簡単に割れます。 電子レンジで加熱する前に、しっかりヒビを入れておくことでほとんどの銀杏は割れてくれますので、ヒビを入れるのを忘れないようにしてくださいね。 電子レンジで銀杏を加熱する方法 まとめ 銀杏を加熱するときは、電子レンジを使うと手軽にできます。 電子レンジで加熱する前は、銀杏の殻にキッチンバサミなどでヒビを入れておくと、加熱後に殻が剥きやすくなったり、加熱中の破裂防止になります。 銀杏は美味しいけど、煎ったり皮を剥くのが大変でなかなか食べようという気にならないという方も、電子レンジで銀杏を調理すると本当に簡単にできます。 ぜひ、試してみてくださいね。

次の

銀杏はレンジで何分?封筒以外で代用できるものと割れないときの対処法

銀杏 レンジ

秋口から店頭に出回り始める銀杏。 クセになる風味が魅力ですが、自宅でどう調理していいかわからないという方は多いのではないでしょうか。 そこで、料理研究家の吉田先生に、初心者でも簡単にできる銀杏の食べ方を教わりました。 銀杏は電子レンジがおすすめ! 銀杏の調理方法はさまざまですが、家庭で調理するなら電子レンジと紙封筒を使った方法をおすすめ。 テクニックは不要、短時間でムラなく加熱できます。 用意するもの• キッチンバサミ(ペンチなどでも可)• 紙封筒 1 殻付き銀杏を紙封筒に入れる 封筒1枚に対して20個程度が目安。 加熱すると封筒が膨らむため、少し余裕を持たせておくとよい。 2 封筒の口をしっかり折る 銀杏はレンジで加熱すると破裂するため、飛び散らないように封筒の口を2〜3回きっちり折る。 3 電子レンジで30〜40秒加熱 電子レンジ500Wで30〜40秒加熱する。 加熱しすぎると実がかたくなってしまうため、2〜3個弾ける音がしたらそこで加熱を止める。 ヒビが入らなかった銀杏はキッチンバサミなどを使って殻を割る。 キッチンバサミの持ち手側にあるナッツクラッカーを殻の「つなぎ目」に当てると割りやすい。 5 薄皮をむく 熱いうちに薄皮をむく。 火傷に注意。 加熱した銀杏はそのまま食べられます レンジ加熱で火が通っているので、殻と薄皮をむいたら塩を付けていただきましょう。 銀杏の保存方法 銀杏はそのまま常温・冷蔵保存すると実が乾燥してかたくなってしまいます。 美味しさを長持ちさせる方法をご紹介。 【銀杏の冷蔵】殻付きのまま水に浸けて冷蔵保存(1ヵ月) 保存容器に銀杏が浸るくらいの水を入れて冷蔵庫で保存し、3日ごとに水を取り替える。 約1ヵ月保存可能。 水に浸けておくことで殻がやわらかくなり、殻むきが容易になる。 冷凍庫で1〜2ヵ月ほど保存可能。 解凍方法 【銀杏の調理】と同じように封筒に入れてレンジで加熱(時間は50秒〜1分に変更)し、殻をむく。 約1ヵ月保存可能。 解凍方法 凍ったまま加熱調理。 茶碗蒸しなど、少量ずつ使いたいときなどに便利。

次の

銀杏食べ方レンジ時間は?封筒や紙袋新聞紙は使える?

銀杏 レンジ

電子レンジで煎る まず最初に試したのは、簡単に割れるという電子レンジを使った方法。 やり方は簡単で、 銀杏を茶封筒に入れて電子レンジで加熱するだけ。 なのですが、失敗することもあるようで、 ・殻を割らずに加熱している ・銀杏が多い ・加熱のしすぎ これらが原因とみました。 殻を割らずに加熱してポンポンと弾けたら完成ということなのですが毎回銀杏全部が弾けてちゃんと殻が割れるわけではない模様。 個体差があるんでしょうね。 あるいは銀杏が多すぎて偏りが生じているパターン。 銀杏が多いからムラになって、割れていないものを再びレンチンすると今度は加熱しすぎて、水分がなくなってかたくなって失敗、ということがあるようです。 これを踏まえて電子レンジで煎り銀杏、やってみました! まずは銀杏の殻に割れ目を入れます。 細いペンチしかないのですがとりあえずこれで挟み割ってみます。 …潰してしまいました!!涙 銀杏の実が飛び散りました。。 力加減難しい! それならハンマーの方が加減がしやすいだろうということで、はじめは銀杏を指でつまんでトントン叩いていたのですが指を潰しそうで怖くてなかなか力を入れられず。 しかし、 ペンチで挟んで持ちながら叩けばいいじゃん!と幸いにも思い至ってやってみたら 良い具合に割ることが出来ました! 8個煎る予定でしたが最初に1個潰してしまったので全部で7個、順調に殻にヒビを入れられました。 ハンマーなんて家にないよと言う場合に使えそうなものは…すりこぎ棒や包丁の背、とかでしょうか。 裏技的なものだとドアの蝶番に挟んで割る方法もあるみたいです。 いらない封筒はないかと探して見つけたのがB5サイズの履歴書用封筒。 ただ、封筒である必要もなくて、紙の袋でも良いし新聞広告などの適当な紙で包むように折るだけでも大丈夫とのこと。 マンションのチラシみたいな厚みのある紙の方が良いみたいです。 今回の封筒は大きいので適度に折りました。 見ていたら30秒過ぎからむくむくっと袋が膨らんできて、破裂する!?破裂する!?とビビりながら見ていたのですが特に何も起こりませんでした。 殻に割れ目を入れているので殻が弾けることはないってことですね。 ただし加熱しすぎると実が破裂してしまうのかな?とは思います。 取り出して殻と薄皮を剥きます。 銀杏は冷めると薄皮がはがれにくくなるとのことなのですぐに剥きました。 思ったより全然熱くないのでササッと剥いていきます。 7個と少ないのも良かったかもしれません。 ちなみに薄皮がくっついて取りにくい時は フライパンでころころと乾煎りをしたら取り易くなるそうです。 レンジ内が臭くならないか心配だったのですが、 ニオイは全然残らなかったです。 薄皮を剥いている時に手が銀杏臭くならないかとも思ったのですがそれも全く問題ありませんでした。 ということでまとめますと、 スポンサーリンク 煎り網で煎る コーヒー豆用に煎り網を持っていたのでこれで銀杏も煎ってみました。 まず銀杏の殻に割れ目を入れてボウルに入れたら、 銀杏が浸るほどの水と塩ひとつまみを加えて 冷蔵庫で1日置きます。 浸したら煎り網に入れて煎っていきます。 調理しそびれて2日間水に浸けていましたが特に腐敗したりなど変化はなし。 水気を切ったりもせずそのまま煎り網に入れます。 遠火の直火でしっかり炒りあげます。 まだ濡れているので濃い色ですが、乾くと白っぽくなります。 5分位でこんがり色づいてきました。 試しに食べてみたのですがまだちょっと固さが残っていたので、再度。 うっすらと殻に焦げが付いてきたのでこんなものか?とストップ。 薄皮は冷めると剥きにくくなるので早く殻を剥いてしまわねばなのですが、熱そう…! と思って触ったら、 意外と平気でした。 煎り網は熱いので注意ですが、銀杏自体はそこまで熱くなくてサクサク剥けました。 2、3個実がちょっとしわっと縮んでいるものがありましたがその他は特に問題もなく。 薄皮もきれいに剥き切れました。 塩水に浸けていたけれど塩味はうっすらと感じられる程度だったので、パラパラっと塩を振っていただきました。 ひとつまみじゃなくて5つまみくらい入れても大丈夫そうな。 食感は、電子レンジのものよりもむっちりしています。 因みに実がしわっとしたものは殻が比較的大きく割れたものでした。 それだけ直接火が当たりやすくなりますからね。 銀杏に割れ目を入れたらフライパンに入れて、8割ほどの 水と 塩3つまみほど入れて火にかけます。 本当は銀杏が浸るほどとのことだったのですが、銀杏の量に対してフライパンが大きかったのでちょっと少なめの水でやってみました。 水分がなくなってきました。 フライパンをゆすりつつ加熱します。 水が蒸発して塩が乾いてきます。 塩が焦げてきそうだったのでストップ。 器に移したら手早く殻と薄皮を剥きます。 無心で剥きながらで食べていたら残り4個になっていました。 水分を加えて加熱したからか、他の方法のよりももっちり感がちょっと強かったです。 ただ水っぽいのも数個あったので、殻がもう少しこんがりするくらい煎ってもっと水分を飛ばしても良かったかなと思いました。 殻を剥く時は、 レンジや煎り網の時よりも熱かったので2分ほど置いてから剥きました。 そして殻に乾いた塩がまとわりついているので、剥いていると 手に塩がいっぱいくっつきます。 銀杏の煎り方いろいろ まとめ 今回は3種類の方法で銀杏を煎ってみました。 一番簡単なのは 電子レンジ! 見ててなくても良いし時間も一番短く簡単に出来ます。 そして少量を煎りたい時にもピッタリの煎り方ですね。 煎り網は、今回は塩水に浸して1日寝かせましたが、ただ水に漬けておくだけでも問題はないと思います。 もう少し小さいフライパンや鍋にするか、銀杏の量をもっと増やすかするとしっくりくるのかなとも思います。 あと殻を剥く時に手が塩まみれになるのもちょっと面倒でした。 たくさんの量を煎りたい時には一気に煎れて便利ですね。 どの方法も、 あらかじめ銀杏の殻に割れ目を入れてから行ったので途中で弾けるということは全く起こりませんでした。

次の