ご教示賜る。 教示、教授、指導、指南の違いは?同じ意味でも微妙に違った!│知って得する!お役立ちCLIP

「賜りますよう」の意味と使い方の例文|/ご理解/ご高配/ご指導

ご教示賜る

ビジネスの場では、メールや口頭で相手に何かを教えてもらいたいシーンがよくあります。 そのときに使える、正しい敬語表現をご存知でしょうか。 何かを教えてもらいたいとき、「お教えください」と言ってもよいのですが、熟語を使ったビジネスシーンに合う敬語表現としてよく目にするのが「ご教示ください」「ご教授ください」の二通りの言い方です。 字面も発音も似ている二つの熟語なので、ついつい混同して使われがちなものですが、実は意味に違いがあります。 ここでは「ご教示」と「ご教授」の正しい意味の違いや使い分け方を解説いたします。 例文も複数載せていますので参考にしてください。 ご教授の意味 「教授」とは学問や技芸を教え授けることです。 また名詞としては、大学などで専門の学問・技能を教え、またその研究に従事する職のことを指します。 動詞の文例としては「書道を教授する」「経済学を教授する」が挙げられています。 学問や技能、芸術などを、先生や講師から体系立ててレクチャーしてもらうこと、知識を授けてもらうことをイメージすればよいでしょう。 「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いと使い分け方 それぞれ意味が異なり、使われる状況も異なるため、ビジネスシーンでは「どちらが正しくて、どちらは間違っている」と一概にいうことはできません。 文脈に応じて適切な方を選ぶようにしてください。 誤用に注意したいのは、 たんに情報を聞き出したいときに「ご教授ください」を使うことです。 意味を確認したとおり、教授は学問や技芸について教えてもらうことですから、一般にビジネスシーンでは「ご教示ください」の方がしっくりくる頻度の方が高いでしょう。 スケジュールや物事の進め方、方法をたずねる際に「ご教授ください」としてしまうのは誤りです。 このような場合は「ご教示ください」を使うようにしましょう。 「ご教示ください」と「ご教授ください」はどちらも書き言葉? 「ご教示ください」と「ご教授ください」は意味に違いがありますが、どちらも書き言葉という共通点があります。 「ご教示いただければと存じます」や「ご教授願います」など定型文として、書くときに用いられます。 話し言葉で使うと堅い印象がありますので、「お教えいただきたく存じます」や「お教え願います」、「ご指導のほどよろしくお願い申し上げます」などに変換して使うと良いでしょう。 「教授」と「享受」の違いと使い分け方 「教授」の同音異義語として 「享受」という言葉があります。 「享受」の意味は受け入れて自分のものとすること、受け入れて、味わい楽しむこととあります。 文例としては独身の自由を享受するインターネットの恩恵を享受するというものが挙げられます。 「享受」は、「教えてもらう」という意味の「教示」「教授」とはまったく意味の方向性が異なる単語です。 うっかり混同して使っていると明らかに誤用とばれてしまいます。 意味の違いを理解するだけでなく、スマホやPCでの文字入力上の変換ミスにも気をつけましょう。

次の

「ご教示願います」の意味は? 「ご教授」との違いと使い分けを知ろう

ご教示賜る

「ご教示ください」の意味と使い方 「ご教示ください」という表現は、ビジネスや正式な場面などで正しく使いこなしたい丁寧表現のひとつです。 普段聞きなれない言葉であることから、この記事では「ご教示ください」に焦点を当てて、ビジネスシーンやかしこまった場面で適切に使いこなせるようにご紹介していきます。 まずは、「教示」の言葉の意味から、文法的な意味の解説、そして実際にどういうシチュエーションで使われるのかを見ていきましょう。 そもそも「教示」とはどういう意味なのか 「教示」には「教え示すこと」、という意味があります。 何を教え示すのかというと、知識や方法などについて、それを知らない相手に対して教えてあげるおこないのことです。 覚えておきたいビジネス敬語のひとつ 「ご教示ください」は、ビジネスや正式な場などのかしこまった状況において、相手から何の情報や知識を得たいときに使える便利な言い回しです。 その使い方は、相手に敬意を示しながら伺い尋ねることにあります。 ちなみに、「ご教示ください」のほかにもバリエーションが色々とあり、相手や状況によって丁寧度を変えることが望ましいです。 ビジネス敬語は、しっかり使いこなせることで相手に対して信頼性を与えることができます。 ひとりのプロフェッショナルとして、正しい丁寧表現の使い方をしっかりマスターすることをおすすめします。 ビジネス敬語を使いこなすメリットは大きいです。 きちんとした言葉遣いができることから相手に与える信頼感や、「この人であれば任せられそうだ」といった安心感を与えることができます。 どんな時に使われるのか 「ご教示ください」がよく使われるシチュエーションとしては、職場の上司や同僚など、比較的軽い敬意を示すべき相手に、何かの情報を得るために質問をする場合が多いでしょう。 ただし、質問の種類は、相手が簡単に答えられるような内容です。 何かの具体的な情報や、時間や数字、有無や可否についてなどのように、相手が明確に答えられる種類の質問をする際に「ご教示ください」を使います。 次に具体例を挙げていきます。 では、「ご教示ください」が使われる例文としてはどんなものがあるでしょうか。 具体的な例文を挙げてみていきましょう。 「スケジュールについてご教示ください」 平たく言うと、「スケジュールについて教えてください」という意味です。 「教えてください」の代わりに、「ご教示ください」を使用することで丁寧でかしこまった印象を与えることができるため、より礼儀正しい表現になります。 例えば、会社の上司に社内研修などの予定を聞きたいときなどに使えるでしょう。 「プロジェクトの予算についてご教示ください」 こちらも使い方は同じで、プロジェクトの予算について教えてほしい際に、より丁寧で畏まった印象を与えることのできる使いまわしです。 仕事を進める際に、目上の人や敬意を示す対象から、ある情報や知識を得なければならないときに有用です。 具体的には社内の部長などに予算や、顧客リストなどの「すでに存在する情報や簡単に答えの出る情報」をもらいたいときに使います。 「教えてください」から感じ取れる、どこか幼稚な印象はビジネスシーンなどにおいては避けましょう。 「ご教示ください」を使用することにより、よりプロフェッショナルな印象を与えることのできる質問の仕方です。 文法的な構成はどうなっているのか 文法的な構成については、「教示」に敬語の「ご」を付け、相手の教示に対して敬意を示しています。 その「ご教示」を「ください」と丁寧語で乞うことにより、相手の持つ情報に対して敬意を示しつつ丁寧に「教えてください」と、質問している構成です。 ちなみに「ください」の部分の言い回しを変えていくことで、丁寧度やニュアンスを変えることができます。 それについてはのちほどご紹介します。 書き言葉で使われます 上司や同僚に対してもかしこまった言葉遣いをすることで、明確でスムーズなやりとりをすることができるでしょう。 取引先とのメール 仕事の取引先に何か問い合わせする際に使います。 適度に距離を置き、なおかつ敬意を示すことのできるこの表現が、しっくりくる状況のひとつと言えます。 ただし、状況によりもう少し丁寧度を上げてもよいでしょう。 就職活動時 就職活動、希望の会社に何か尋ねたい情報があるときに適切な言葉遣いです。 ただし、もう少し丁寧度を上げるとよいでしょう。 冠婚葬祭などのかしこまった機会 結婚式やお葬式などの場面でも使います。 ただし、メールよりは手紙などでの使用が多くなります。 「ご教示ください」の別の言い回し 「ご教示ください」はシンプルで覚えやすいのですが、どこか淡々としています。 余裕があれば「ご教示ください」に加えて、さらに表現力の豊かなバリエーションも押さえておきたいところです。 そこで実際に使えそうな例文を列挙してみます。 ご教示願います 構成は、「ご教示+願います」になります。 ご教示くださいと似た簡潔さと明確さが特徴です。 ご教示お願い致します 構成は、「ご教示+お願い致します」になります。 結びを「お願い致します」に変えることで印象的な丁寧度が増します。 実際の場面で、この言い回しを使用するビジネスパーソンが多く、便利な言い回しと言えます。 ご教示のほどよろしくお願いいたします 構成は、「ご教示+のほど+よろしくお願いいたします」になります。 「のほど」は、「ご教示」に対する断定を和らげるための言葉で、婉曲表現による丁寧表現です。 結びを「よろしくお願い致します」に変えることで印象的な丁寧度が増します。 「のほど」の追加や、「よろしくお願いいたします」のような長いフレーズにより、先ほどの「ご教示お願いいたします」よりもかしこまった印象が高くなります。 実際の場面でこちらを使用するビジネスパーソンが多く見受けられ、便利な言い回しと言えます。 ご教示くださいますようお願い申し上げます 構成は、「ご教示ください+ます+よう+お願い申し上げます」になります。 「ご教示ください」は「ご教示くださる」の連用形です。 教示をする動作主の相手に対して、教示を受ける側が敬意を表す尊敬語です。 注意したいのが、「ご教示いただきますよう」と誤った使用をしてしまいがちなところです。 「いただく」は謙譲語なので、書き手自身が謙るための言葉です。 よって、相手に対して尊敬を表すべき時に使用するのは誤りです。 近年、「いただく」を尊敬語と勘違いする人が多く、間違いの多い表現なので注意してください。 ご教示くださいますと幸いです 構成は、「ご教示ください+ますと+幸いです」になります。 「ご教示ください」は「ご教示くださる」の連用形です。 教示をする動作主の相手に対して、教示を受ける側が敬意を表す尊敬語です。 よって前項の例文と同じで、「ご教示頂きます」ようなど、尊敬語のつもりで謙譲語を挟み込む間違いをしない様にしましょう。 「幸いです」と繋げることで、慎み深く柔らかな印象を与えることができるでしょう。 ご教示を賜りたく存じます 構成は、「ご教示を+賜りたく+存じます」になります。 「ご教示」は尊敬語で、「賜る」は謙譲語、そして「存じます」は謙譲語です。 「お教えをもらいたくおもいます」という意味の丁寧表現です。 「ご教示ください」の敬語 「ご教示ください」を敬語にする場合、どこかおかしな表現になります。 なぜなら、「ご教示ください」が、すでに敬語であるからです。 使い方のバリエーションは前項で扱ったとおりです。 ポイントは尊敬語と謙譲語の見極めが大切です。 敬意がどの方向を向いているのか、意味的に辻褄が合うようにして使うことがコツです。 敬語は中学の国語で習いますが、その後社会人になるまで使用する機会がなかなかないので、忘れてしまうことも多いでしょう。 敬語には、尊敬語、謙譲語、丁寧語があります。 まずは基本に立ち返って敬語の種類からおさらいしてみるとよいでしょう。 「ご教示ください」と「ご教授ください」の違い よく混同してしまいがちな表現が、「ご教授ください」です。 「ごきょうじ」と「ごきょうじゅ」と、読みも似ているため、間違えやすいですが、この機会に意味の違いを確認しておきましょう。 「ご教示ください」については、今まで焦点を当ててきたように、相手に対して教えてほしいという意味の丁寧表現であり、何かの答えを得るときに相手に丁寧に尋ねるための書き言葉です。 それに対して「教授」とは、学問や技芸に対して使う言葉です。 よって、「ご教授ください」は、相手に対して何かの手順や方法を尋ねるときに使われます。 簡単な質問をしたい際に使う「ご教示ください」とは区別してください。 「ご教示ください」の類語 「ご教示ください」は相手に対して何かの答えを教え示してほしいという意味の丁寧表現です。 情報を得るという目的において、同じ意味を持っているのが「ご提示ください」です。 ニュアンスの違いとしては、教示する対象にはさまざまな情報が含まれていますが、提示の場合は、書類や契約内容などに対して使われる点が違います。 「ご教示ください」をマスターしよう 今回は、「ご教示ください」について焦点を当ててきましたが、コツは掴めましたか。 おさらいをすると、「ご教示ください」とは、かしこまった機会に使われる書き言葉です。 主にメールで使用されることがあり、丁寧な言い回しにしたいとき使います。 バリエーションはさまざまありますが、尊敬語と謙譲語との勘違いなど、混同しやすい組み合わせや表現に注意してください。 敬語を実際に使用する機会は、社会に出てからという人がほとんどです。 正しい敬語の使い方をマスターすることは、日本人であっても簡単にはいきません。 なぜなら、職業によっては使う機会に恵まれない人もいるからです。 よって、日ごろから意識的に丁寧表現を身に着けておくことで、いざというときに役に立ちます。

次の

「ご指導賜る」という言葉の意味と使い方

ご教示賜る

「幸甚に存じます」の意味と読み方 読み方 「幸甚に存じます」は <こうじんにぞんじます>と読みます。 「幸甚」について 「幸」は音読みだと「コウ」、訓読みだと「さいわい」「しあわせ」と読みます。 「幸」は「運が良いこと」「かわいがる」「思いがけないさいわい」を意味しています。 「甚」は音読みだと「ジン」、訓読みだと「はなはだ」と読みます。 「甚」は「ふつうの程度を超えているさま」「たいへん」「非常に」という意味になります。 「幸甚」の意味は、 ・何よりの幸せ ・この上ない幸せ ・最上級の幸福 ・幸せの極み ・大変ありがたい思う となります。 「存じます」について 「存じます」は 「思う」「知る」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 「幸甚に存じます」の使い方と例文 「幸甚に存じます」は目上の相手に対して使うことのできる表現です。 「幸甚に存じます」は元々は手紙で多く使われていましたが、最近ではビジネスメールでもよく使われます。 ビジネスシーンでの「幸甚に存じます」は、依頼する際に使うことが多いです。 「幸甚に存じます」は少々堅い表現のため、基本的に目上の人に使います。 親しい間柄の相手に使ってしまうと、仰々しい印象を与えてしまいます。 この場合は「〜してくれて大変ありがたく思います」という意味を表します。 例文 ・先日はお忙しい中をわざわざお越しいただき、誠にありがとうございました。 またのお越しの際に楽しんでいただけたら幸甚に存じます。 ・おかげさまで当店も開店10年を迎えることができました。 これまで当社を支えてくださったお客様、関係者の方々に御礼を申し上げたいと思います。 また、今後とも変わらぬご愛顧賜れば幸甚に存じます。 ・本日はこのような素晴らしい会にお招きいただき、幸甚に存じます。 ・遠いところからご足労いただき、またご教示いただけたことは幸甚に存じます。 この場合は相手に何かを期待するのではなく、単に自分の願望を伝えるということになります。 ・次回のセミナーのゲストとしてご出席いただければ幸甚に存じます。 ・ささやかではございますが、祝賀会を催すこととなりました。 ご来臨くだされば幸甚に存じます。 ・何かお心当たりの方がいらっしゃいましたら、当方までご一報いただければ幸甚に存じます。 ここでの「幸甚に存じます」は、自分が行ったことに対して「 相手が 喜んでくれたら満足に思います」といった意味になります。 単純に自分が嬉しいという意味ではなく、あくまでも相手の好意的な反応を期待して「幸甚に存じます」を用います。 例文 ・先日は誠にありがとうございました。 心ばかりの御礼といたしまして当地の名産品をお送りしました。 気に入ってもらえたら幸甚に存じます。 ・お菓子の詰め合わせをクール便で送りました。 気に入ってもらえたら幸甚に存じます。 ・いつも大変お世話になり、ありがとうございます。 以前、お好きだとお聞きしたスイートピーのお花をお送りしました。 気に入っていただけましたら、幸甚に存じます ・お祝いのしるしまでに別送の品をお届けしますので、ご笑納いただければ幸甚に存じます。 ・日頃、お世話になっているお礼としてギフト券を同封いたしました。 受け取ってくださると幸甚に存じます。 「幸甚に存じます」の類語・言い換え 「幸甚に存じます」はとても堅い表現なので、使う相手やシチェーションによって使い分けが必要です。 幸福、幸せ ・運が良いこと・都合が良いこと ・そうしていただければ幸せだと人に頼む気持ちを表す になります。 「幸い」は、「こうしてくれると嬉しい・ありがたいこと」を表す言葉です。 「幸いです」は 「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」を意味します。 「幸いです」の使用場面としては、「何かをお願い・依頼する場合」・「贈り物をする場合、利益や便宜を提供する場合」になり、ビジネスメールで相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「〜してくれるとありがたい」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも「〜していただけると幸いです」といった方が、柔らかい印象になります。 また「幸いに存じます」という言い方もできます。 「幸いに存じます」は「幸いです」と同じ意味ですが、「存じます」は「思う」の謙譲語のため「幸いです」よりも丁寧な表現になります。 他に「幸いと存じます」という言い方もありますが、「幸いに存じます」の方が一般的によく使われます。 「幸い」と「幸甚」では、「幸甚」の方がワングレード上の表現になります。 例文 ・ご都合の良いときに、ご確認いただけると幸いです。 ・心ばかりの品ではございますが、ご笑納いただければ幸いです。 ・お中元のご挨拶代わりに、お菓子の詰め合わせを送らせていただきました。 お口に合えば幸いです。 ですので、「ありがたい」は、相手からの好意に感謝する際に使います。 「ありがたい」は形容詞のため、「ありがたい+お言葉」「ありがたい+お気持ち」「ありがたい+お気遣い」といったように「ありがたい」の後に名詞を付けます。 さらにこの後に「感謝いたします」といった言葉を加えると気持ちをより強く伝えることができます。 ただ、「ありがたい」は少々相手を敬う気持ちが足りないので、相手によっては不快な・失礼な印象を与えてしまう可能性があります。 「ありがたい」を使うときは必ず「感謝しています」などと感謝を表す表現を一言添えましょう。 また「ありがたく存じます」という言い方もあります。 「ありがたく存じます」は「嬉しいです」「助かります」といった意味で、感謝や喜びを表す言葉です。 そのため、相手に何かしてもらったときの感謝を伝える際の丁寧な表現として使います。 「ありがたい」は、「幸甚」と「幸い」よりもやや丁寧さに欠ける表現です。 例文 ・ありがたいお言葉をいただき、誠に感謝申し上げます。 ・私の案を採用いただき、ありがたい感謝の気持ちで一杯です。 ・お土産ありがたく頂戴いたします。 「光栄」は感謝や嬉しく思う気持ちを伝えるときに多く使われます。 「光栄」の「栄」には、「輝く」「繁栄する」「活気がある」といった意味があります。 つまり「光栄です」は、自身の嬉しいことやありがたいことに対して使います。 また自身の行動や業績を褒められたときにも使う表現です。 「光栄です」は目上や目下、立場に関係なく名誉に思う気持ちを伝えるときに使うことができますが、目上の相手に使うことがほとんどで、目下の相手に使うことは少ないです。 例えば「お会いできて光栄です」という言い方がよく使われますが、これは相手と場合によっては間違った表現になります。 例として「総理にお会いすることができ光栄です」は「総理にお会いできたことは名誉に思う」という意味になるので適切な表現ですが、「君に会えて光栄です」だと少々大袈裟な表現になってしまいます。 このように「お会いできて光栄です」は会ったことを誇りに思うような人物に使い、単に会って嬉しい人物には使用しません。 他にも「光栄でございます」「光栄に存じます」と言うことができます。 「光栄です」は「幸甚です」に比べると、やや丁寧さに欠ける表現です。 例文 ・このような伝統のある舞台に出演できて大変光栄です。 ・このような素晴らしい賞を頂くことができとても光栄です。 ・お褒めに預かり、光栄に存じます。 助かります 「助かります」は 「相手の助力に対してありがたい・嬉しい」という意味になります。 「助かります」は、「何かをしてくれると助かる」という意味で依頼する時と、「何かしてくれて助かった」という意味でお礼する時に使う言葉で、「幸いです」よりもカジュアルな表現になります。 「助かります」を目上の相手に対して使うのは不適切になります。 理由としては「助ける」は「他人を補佐して,事がうまく運ぶようにすること」です。 つまり「相手が自分を助ける」という場合、自分が主で相手が補佐をいうことを表していることになるからです。 「助かります」は同等や目下の相手に対して使うのが適切になります。 例文 ・手伝っていただけると助かります。 ・明日までにお返事をいただけると助かります。 ・急な日程調整を快く引き受けてくださり、助かりました。 幸甚です 「幸甚です」は丁寧な表現で一般的にもよく使われます。 「幸甚です」と言うこともできますが、「幸甚であります」「幸甚でございます」と言うこともできます。 幸甚の至りです 「至り」の意味は 「ある物事が最高の状態に達していること」「極み」です。 「〜の至り」とした場合は「それが最高の状態であること」意味するので、 「幸甚の至り」は「幸せの極み」「幸せが最高の状態であること」を表します。 ビジネスシーンでは感謝の気持ちを表すときに使用することが多いです。 また、「幸甚の至りに存じます」という言い方もできます。 「幸甚です」や「幸甚に存じます」よりも、幸せであることを強調しています。 「幸甚に存じます」の英語 「幸甚に存じます」の英語表現を考えていきます。 していただけると幸甚に存じます」は、 ・It would be grateful if you would... ・I would appreciate it if you could... ・It would be much appreciated if you would... と表現します。 仮定法を使っています。 「もし... できたなら」「もし... していただけるなら」のように「if」の後に「would」「could」を使い現実可能を低く言うことで謙虚の表現になります。 かなり細かいですが、「would」より「could」の方がほんの少しだけ丁寧になります。

次の