京都 産業 大学 コロナ 感染 者。 コロナ感染の京産大生、富山で「村八分」「父親失職」「家に投石」情報はデマだったのか?

京都産業大の学生7人が新型コロナ感染→なぜこの時期に欧州旅行?

京都 産業 大学 コロナ 感染 者

GettyImagesより 京都府にある京都産業大学(以下、京産大)が6月17日に発表した「新型コロナウイルス感染症に対する活動指針」に、ネット上で疑問の声が上がっている。 京産大の「新型コロナウイルス感染症に対する活動指針」によれば、「レベル1」と位置付ける「国内で感染が認められない(感染防止要請あり)」場合、「学生のキャンパスへの入構を可能とする」。 これはつまり、国内感染者が0人にならなくては、学生はキャンパスに入構することができないということなのだろうか。 現在も東京を中心に、新型コロナウィルスの新規感染者は出ており、まだ終息には至らない。 「withコロナ」を掲げ、新型コロナウィルスと共存し注意を払いながら日常生活を送る状況だ。 国内感染者がゼロになる日がいつ来るかはわからない。 同府にある京都府立大学も指針を発表しているが、こちらは「国内で感染が認められる」場合であっても、「感染拡大に最大限の配慮をして、対面授業、演習・実習を制限しつつ授業を行う」との方針だ。 京産大の「ゼロになるまでオンライン授業」という指針は些か厳しすぎるのではないか、という声がネット上では多く出ている。 ただ今春、京産大生を中心としたクラスターが発生した際、大学に誹謗中傷の電話やメールが寄せられ、中には「京産大生の入店お断り」の張り紙を出す飲食店が出るなど、同大学は凄惨なバッシングや迫害を受けた。 その経験を踏まえ、厳しい指針を出さざるを得なかった側面もあるのではないか。 そこで筆者が京産大へ問い合わせたところ、「国内感染者が完全にゼロになるまで入構を禁止する、というのは誤解」であるとわかった。 以下、問い合わせへの回答だ。 <本学が示した活動指針につきましては、目安となる基準を示したものであり、絶対的な基準ではありません。 活動指針レベルの判定については、学生の安全を最優先に考えたうえで、より詳細な感染状況や政府等からの各種要請、他大学の状況等を考慮のうえ、緊急対策本部において総合的に判断します。 例えば、国内での感染が認められる場合であっても、その感染が限定的で、感染拡大の影響がないと見なせる状況であれば、本学の活動指針レベル「1」と判断します> 同大は「本学の意図とは異なる解釈をされてはいけない」として、25日、にも「活動指針の判定についてお問い合わせをいただいた」と、上記と同様の説明文を掲載している。 指針の内容はあくまで目安であり、柔軟に判断を行うのであれば、京都府立大学のものと大差ない。 また、この春の学生のコロナ感染により受けたバッシングは、指標の判断に一切影響していないという。 未曾有の事態に直面し、多くの大学が対応に苦慮している。 学生の学ぶ機会が損なわれないよう、柔軟な対応に期待したい。

次の

京都産業大の学生7人が新型コロナ感染→なぜこの時期に欧州旅行?

京都 産業 大学 コロナ 感染 者

京都産業大の学生の集団感染について記者会見する大城学長(右から2人目)ら=3月29日、京都市中京区・市役所 未知のウイルスに対する不安や恐怖は、自分と異なる考えや行動の人、特定の属性への攻撃という形で顕在化した。 まっとうな批判や苦情とは質が異なる「言葉の暴力」。 増幅する誹謗(ひぼう)中傷や偏見が、くしくも人々の自粛行動に拍車を掛けていたとしたら、それは果たして健全な社会と言えるのだろうか。 京都市の感染症対策担当の職員が2人、キャンパスを訪ねてきた。 3月28日午後、京都産業大(北区)。 「卒業生の感染が分かった。 行動歴を調べたところ、感染者集団(クラスター)になる可能性がある」。 対応した大学の職員に2人は告げた。 卒業旅行や学外での懇親会などを通して、感染が広まっている恐れがあるとのことだった。 大学は、関係する学生らに連絡して状況を確認。 当初、感染を把握できていたのは学生2人だったが、その日のうちに新たに1人が判明、他にも感染が疑われる学生が多数いることが分かった。 「全て明瞭に説明する」。 大城光正学長らは決断し、翌29日、市役所(中京区)で門川大作市長も同席した記者会見に臨んだ。 「京産大でクラスターか」。 インターネットニュースやテレビ、新聞が大きく報じると、京産大ではクレームの電話が鳴り続けた。 4月1日までに寄せられた電話やメールは、毎日100~150件。 苦情や問い合わせの中に「大学に火を付ける」「お前ら殺してやる」といった過激な言葉が混じった。 言葉の暴力はインターネットでもあふれ、「迷惑」など攻撃的な書き込みが増殖した。 中には、学生が他地域で発生した感染事例の発生源であるかのように、あおる文言もあった。 京産大が公表したのは「感染拡大や、情報を明かさないことによる混乱を防止するため、社会的責任を果たす」との判断からだった。 だが、その思いと離れたところで情報は一人歩きした。 集団感染に関係のない学生にも影響は及んだ。 「コロナ産業大学。 かかってる(感染している)んちゃう?」。 京産大4年の20代男子学生は、アルバイト先で同僚の学生から言い放たれた。 「ネット上の誹謗中傷そのままの言葉を言われ、ネットが現実とリンクしていると感じた。 正直なところ嫌な思いをした」.

次の

【新型コロナ】京都産業大学の集団感染(クラスター)の感染者が21人に|感染経路は?濃厚接触者は?

京都 産業 大学 コロナ 感染 者

富山市公式ホームページ 京都産業大学(京都市)に通っていた富山市の20代女性が、 新型コロナウイルスに感染したというニュースに関して、インターネット上で真偽不明の情報が錯綜している。 同学生は感染発覚当初からインターネット上で身元が特定されていたこともあって、匿名掲示板やTwitter上を中心に「学生の自宅が石を投げられた」「市長に詰問された」「村八分になっている」など富山市の住民が嫌がらせを行っているかのような記述が殺到している。 実際のところ、どうなのか。 「市長や偉い人に詰問」「窓に石が投げられる」 この女性は同県内で初の感染者だった。 3月21日にヨーロッパ旅行から帰国した大学の知人らが出席していたゼミの卒業祝賀会に参加したことがきっかけで感染したと見られている。 その後、この女子学生を介して複数人が感染したという。 このため、女子学生の行動に対して、当初から不注意との指摘は多くなされていて、Twitter上では以下のような投稿が相次いでいる。 「そういや富山県にコロナ持ち込んだ京産大学の家がマジでやばいことになってた ・コロナ持ち込んで大型ショッピングモール2店休業 ・市長や偉い人に詰問 ・ネットで住所氏名特定される ・父親失職 ・窓に石投げられる ・一家引っ越す(今ここ)」(原文ママ、以下同) 「陰口を言う人はいますが、石を投げたりとかはない」 こうした投稿に対して、以下のようにデマだと指摘する地元住民の声も上がっており、ネット上は紛糾している。 「感染者の人がひどいことされてるという噂が多いけど、デマも多いので過熱させないようにしてください。 感染かなと思っても、隠してしまう人が出てきそう 」 「富山の京産大生の家の村八分がひどいように言われてますが、さすがに訪問する人はいないし、陰口を言う人はいますが、石を投げたりとかはないです」 「富山に1番最初にコロナ持ち込んだ大学生の家族が引っ越したとかツイッターで見たけど、敷地に車はあるから真偽不明。 石が投げ込まれたってのもブルーシートはあるものの投げ込まれたかは不明。 落書きに関しても張り紙はあるが落書きは見てない。 身内の職場の人から聞いた話ですので 」 デマが事実だとすれば、重大な人権侵害だ。 ましてや窓ガラスを投石で割ったのであれば、明確な器物損壊容疑だ。 一方で、すべてデマなのであれば地域のブランドイメージの棄損は著しい。 「村八分」という言葉に良いイメージを抱く人はいないだろう。

次の