確立 され た 接続 が ホスト コンピューター の ソウトウェア によって 中止 され まし た。 2013

ASPworksⅡ ホストプログラム V03L07 をリリースしました。

確立 され た 接続 が ホスト コンピューター の ソウトウェア によって 中止 され まし た

01 をリリースしました。 変更内容• V03L06. 通信エラー「確立された接続がホスト コンピューターのソウトウェアによって中止されました。 」が発生する問題を修正。 V03L06• ライブラリの状態 詳細 取得にコメント・作成日を追加。 Connect-Pro 索引順編成ファイル対応。 Connect-Pro 半角文字変換を修正。 V03L05• ライブラリ設定機能に対応。 V03L04• スプールファイルを取り出すときの改行コードをLFからCRLFに変更。 ASPworksで作成したCSVツールの実行に必要なオブジェクトを追加。 V03L03. Join-Pro,Link-Pro のSQLファイル追加で文字化けする問題を修正。 Join-Pro,Link-Pro のSQLファイル追加で全件追加されない問題を修正。 V03L03. Link-Pro 2. 0 への対応• V03L03• Finder-ProでのCOBOLE・PRECOBOLの翻訳に対応。 プログラム内でのX'A1A1'の扱いを修正。 REFSPLツールのスププール表示の不具合を修正。 Analyzer-Proでの簡易メニュー記述解析の不具合を修正。 そのた不具合の修正。 V03L02. REFSPLツールでのテキスト表示に文字コードを変更する機能を追加。 Connect-Pro CSVツール機能の複数ファイルを結合した出力に対応。 V03. L02• Analyzer-Proの資産解析で翻訳不可能なCOBOLソースの解析で発生する問題に対応。 Connect-Proの複数ファイルを結合した出力に対応。 REFSPLツールで文字コード変換時のエラーに関する問題に対応。 そのた不具合の修正。 V03L01. プロダクトキーの登録で有効期限切れの表示が更新さえない問題を修正。 Join-Proのファイル操作ツールで通信エラーが発生する問題を修正。 REFSPLツールのスプールファイルの表示でエラーが発生する問題を修正。 REFSPLツールのページ移動がスプールの内容によっては正しく行われない問題を修正。

次の

2013

確立 され た 接続 が ホスト コンピューター の ソウトウェア によって 中止 され まし た

という辺り大丈夫…ですよね? プロトコルによってはsend に間隔が開くのでそのまま流れるコトもあるかも知れませんが…。 あとは…パケットキャプチャソフトなどで双方のやりとりを確認してみるとか…でしょうか。 wiresharkやtcpdumpで…。 select で確認できるのは…自分の方の送信バッファに空きがあるか… ということではないかと。 バッファから相手に送る際に接続が切れたりすると、応答がなくなりますからエラーになるかと思われます。 その際のエラーコードが10053かは不明ですが…。 or これから届くぞ! 」と教えてくれるのでしょうか.あるいは逆に,プログラムがNICに「届いてる? 」と聞いているのでしょうか.仮に,ここに書いたような方法で届いたことが分かったとしても,どれくらい受け取ればいいかは分かりません それも併せて教えてもらっているのでしょうか.データを送るときには,どれだけ送ればいいか分かりますよね.受信するときはどうしてるのかを知りたいと思っています . A ベストアンサー Linux しか知らないので Linux で説明をします。 NIC が通信パケットを受け取ると割り込みが発生し、CPU は割り込みを受け付けて、対応するデバイスドライバを起動します。 この時、ドライバはソケットバッファと呼ばれる構造体にパケットの中身をコピーして、Linux カーネルの本体に渡し、そこで TCP 等の上位プロトコル処理が行われます。 一方、ユーザプログラムの方は、 select なり read で待っている訳ですが、OS はもちろんプロセスが何を待っているかを知っているので、対応する待ちの条件が満たされると、この場合は select や read が、抜けてくる(return する)訳です。 という事で、ユーザのプログラムは select なり read なりで受信データを「待つ」ことが必要です。 もちろん select や read が呼ばれた時点で既に受信しているのならば、それらは直ぐに帰ってきます。 read や recv はデータが届いた事を知る、というよりは、届いているかチェックして、まだ届いていなければ届くまで待つ(read が抜けてこない)という処理になります。 また NIC とユーザプログラムが直接やり取りをするのではなく、間にバッファがあって、対応するソケットのデータがある(受信済み)/ないか(未受信)、という問い合わせを行っているだけです。 ソケットの場合、データの送受信は非同期であり、送受信のタイミングのずれは(ソケット)バッファである程度吸収されます。 もちろん、送受信バッファが満杯になった場合は流量制御が働いて、結果的に送信側の write や send が待ちに入ることになります。 Linux Unix のソケットの受信では、read 等で指定されたバッファが常に満杯で返されるとは限らない設計になっています。 つまり、その時に受信しているデータを返すだけなので、read で返されたバイト数を必ず見ないと間違った動きになるので注意してください。 Linux しか知らないので Linux で説明をします。 NIC が通信パケットを受け取ると割り込みが発生し、CPU は割り込みを受け付けて、対応するデバイスドライバを起動します。 この時、ドライバはソケットバッファと呼ばれる構造体にパケットの中身をコピーして、Linux カーネルの本体に渡し、そこで TCP 等の上位プロトコル処理が行われます。 一方、ユーザプログラムの方は、 select なり read で待っている訳ですが、OS はもちろんプロセスが何を待っているかを知っているので、対応する待ちの条件が満... Q winsock通信でデータをクライアント側からサーバー側に送り、一定の条件でサーバー側からクライアント側にデータを戻すソフトを作成中なのですが、サーバー側が通信エラーの為か止まってしまいます。 Close '接続を閉じる Do While Not Winsock1 Index. Listen If Winsock1 Index. LocalPort 0 Then Winsock1 Index. で問題は通信部分だと推測されるのですが、そのエラーを起こした通信を破棄してもいいので、サーバー側の点数加算を止めない方法はありませんでしょうか。 winsock通信でデータをクライアント側からサーバー側に送り、一定の条件でサーバー側からクライアント側にデータを戻すソフトを作成中なのですが、サーバー側が通信エラーの為か止まってしまいます。 Close '接... A ベストアンサー 現象が発生するのはまれでしょうか? 試してみましたがクライアントから連続してconnectすると発生しやすいようです。 Close '接続を閉じる Do While Not Winsock1 Index. Listen End If Else Winsock1 Index. Close '接続を閉じる Do While Not Winsock1 Index. Add Index End If End Sub 現象が発生するのはまれでしょうか? 試してみましたがクライアントから連続してconnectすると発生しやすいようです。 Q VS2005、C で通信処理をしています。 やりたいことは「接続後、データを渡してその返答データをもらう」です。 Text. Encoding. UTF8. GetStream ; stream. Write dataA, 0, dataA. Read dataB, 0, dataB. Length client. Close ; ネットのサンプルを参考にさせてもらい、上のようなソースを作ることができたのですが、2つの疑問があります。 1 接続時に指定したIPアドレスが存在しない場合、エラーが返ってくるのが遅いです。 そういうものなのでしょうか。 たとえば、即時返答などはできないのでしょうか。 2 接続してデータを送っても、向こうからデータが返ってこなければずっと待機したままです。 たとえばミリセカンドで切ることはできないのでしょうか。 もしくは指定のミリセカンド経過後強制的にエラー処理に飛ばす等はできないのでしょうか。 通信処理をやるのが初めてで定石がよくわからず、あれこれ試している状態です。 処理についてご存じの方、ご指南いただけたらと思います。 参考になるサイトや検索キーワードだけでも教えていただけたら嬉しいです。 よろしくお願いします。 VS2005、C で通信処理をしています。 やりたいことは「接続後、データを渡してその返答データをもらう」です。 Text. Encoding. UTF8. GetStream ; stream. Write dataA, 0, dataA. Read dataB, 0, dataB. Length client. Close ; ネットのサンプ... A ベストアンサー C は知らないのでアドバイスのみ。 この辺は使用しているクラスにそういう機能があるかどうか。 なければ、サーバのタイムアウトを待つしかない。 たとえば 2 であれば TcpClient. SendTimeout プロパティを設定しとけば Send メソッドが正常に完了する前にタイムアウトが発生した場合、TcpClient は SocketException をスローするらしいですよ。 詳細は参考URLのmsdn参照。 microsoft. net. sockets. tcpclient. sendtimeout VS. aspx Q Visualstudio 2013 を使用して C で開発を行っています。 SerialPort Classを使用してデータの送受信をするプログラムを作成しているのですが、 非同期でデータを受信する際にどうしてもうまくデータを取得出来ません。 5Byteのデータは正常に取得できるのですが、 その直後にくる40Byteのデータは、真ん中あたりの10数Byteや最後の10数Byteしか取れません。 serialPort. DataReceived に登録したイベント関数の中身です。 serialPort. serialPort. Read buffer, 0, buffer. データが欠損してしまう理由、 上記の対処法以外の一般的な対処法など有りましたら教えて下さい。 その他参考になるページ等ありましたら教えていただけると大変助かります。 Visualstudio 2013 を使用して C で開発を行っています。 SerialPort Classを使用してデータの送受信をするプログラムを作成しているのですが、 非同期でデータを受信する際にどうしてもうまくデータを取得出来ません。 5Byteのデータは正常に取得できるのですが、 その直後にくる40Byteのデータは、真ん中あたりの10数Byteや最後の10数Byteしか取れません。 serialPort. DataReceived に登録したイベント関数の中身です。 -------------------------------------------------------------------------------... A ベストアンサー DataReceivedイベントが発生したときでも、 シリアルポートへの受信はまだ継続している可能性があるので 不用意にバッファクリアしてはいけない。 非同期の受信処理は、何かと難しいのです。 serialPort. serialPort. Read buffer, 0, buffer. Threading. Thread. 非同期の受信処理は、何かと難しいのです。 serialPort. serialPort. Read buffer, 0, buffer. Q インターネット上での対戦ゲームの作成を行なっているところです。 サーバーを挟んでクライアント間で双方向の通信を行なっています。 もし、データ抜けなどが発生した場合はコネクションロストの状態になると。 実際のプログラミングではソケットを使用しています。 コネクションロストが起きると、ソケットエラーかソケットクローズで検知できます。 実際に例えばクライアントAを強制終了させるとサーバーはただちに ソケットクローズを検知します。 ここで、問題はデータを送っても届かないのに、 ソケットエラーもソケットクローズも起きない状態が発生することです。 これはインターネットの経路上になにか問題が発生したと考えていますが このような状態はタイムアウトなどで監視する以外に検知する方法はないのでしょうか? クライアントはウィンドウズでVB6.0のwinsockを、 サーバーはLinuxを使用しています。 なにかアドバイスをいただければありがたいです。 インターネット上での対戦ゲームの作成を行なっているところです。 サーバーを挟んでクライアント間で双方向の通信を行なっています。 もし、データ抜けなどが発生した場合はコネクションロストの状態になると。 実際のプログラミングではソケットを使用しています。 コネクションロストが起きると、ソケットエラーかソケットクローズで... 例えば、経路途中のどこかのLANケーブルが抜けて通信が失敗した場合、すぐにエラーを検出して異常になるよりも、LANケーブルを差し込んだら、そのまま継続してくれるほうが嬉しいわけですからね。 もし、デフォルトのタイムアウトがいやなら、定期的に信号をやりとりする仕組みを組み込めばいいと思います。 ただし、そのやりとり自体もタイムアウトになる可能性があるのと、連番を振って管理するなどしてエラー時の再送をやる場合、考慮無くやると、アホな結果を生む可能性もあるので、注意が必要です。 このあたりの話題はソケット関係の情報を検索すると出てくると思います。 あまり厳密にやると複雑化する気もするので、シンプルにタイムアウトでの対処がいいかなと思います。 A ベストアンサー No. 1です。 回答続編です。 とはいえ、こちらも難航中ですが。 (c言語のselect関数相当) …確か、Socketの方にはSelectを持っていた気がします。 調べてみてください。 しかし、一般的にポートは6万個しかありませんので。 大規模なアクセスをも想定する場合は、1メソッドでポイと 捨ててみてもいいような気もします。 でないとポートが利用人数分消費されます。 ) きっと[Data. Length][Separetor][Data] というような、 RS-232Cのようなベタな「俺プロトコル」を適当につくり、 TimeOutベースで審査&そのたびにスレッドを捨てるという やりかたでもいいんじゃないかなとも思えます。 当方の情報源は。 1.VS2008のMSDN(ネットのは古い場合がある) 2.C 500の技とかいう書籍 3.海外のWebサイト ですね。 日本は情報があまり見当たりません。 Code Projectというサイトあたりを中心に物色しています。 私は、ClickOnceでTCP-Clientを配布して使えないかなという 実験中で。 今日のところは、HTTPサーバとおしゃべりできた程度 です… No. 1です。 回答続編です。 とはいえ、こちらも難航中ですが。 (c言語のselect関数相当) …確か、Socketの方にはSelectを持っていた気がします。 調べてみてください。 しかし、一般的にポートは6万個しかありませんので。 大規模なアクセスをも想定する場合は、1メソッドで... Q Visual C 2008を学習中なんですが、とりあえず何か作ってみようと思って、パラパラマンガに挑戦してみました。 Form1にpictureBox1を作り、waitを入れてイメージを書き換えるという単純なものです。 Form1. その際のフォーカスは、main 内の Form1. pictureBox1. FromFile "motion1. 何が原因と考えられるでしょうか。 もし情報不足であればご指摘いただくか、あるいはこの目的においてやらなければいけないこと、を大雑把に教えていただくだけでも幸いです。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー main 内に記述されているとのことですので、たぶん、 Form1. pictureBox1. FromFile "motion1. png" ; Application. atmarkit. html cs0302 ここであるように、オブジェクト指向にはクラスとインスタンスという概念があります。 今のコードでは、Form1クラスを操作しようとしているのでそのようなエラーが出ます。 具体的な解決方法としては、PictureBoxに初期画像を設定する処理をForm1のコンストラクタでやるのがいいと思います。 その際、redfox63さんがおっしゃられるように this. pictureBox1 と記述することが必要です。 (thisは自分自身のインスタンスを指します) 後は、Windowsフォームで一定間隔での処理をするための「Timerコンポーネント」について調べてみたらいいと思います。 atmarkit. microsoft. windows. forms. timer. atmarkit. pictureBox1. FromFile "motion1. png" ; Application. atmarkit. html cs0302 ここであるように、オブジェクト指向にはクラスとインスタンスという概念があります。 今のコードでは、Form1クラスを操作しようとしているのでそのようなエラーが出ます。 A ベストアンサー pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。 IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。 ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。 pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。 IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。 ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む... Q 下記のようなデリゲートを利用したマルチスレッドのプログラムを組みました。 しかし、マルチスレッド内で例外がおきても、正常にプログラムが終了してしまいます。 (try-catchでも例外を捕捉できません) マルチスレッドプログラムにおいて、例外を捕捉するにはどうすれば、いいのでしょうか? using System; using System. Threading. Thread. Console. しかし、マルチスレッド内で例外がおきても、正常にプログラムが終了してしまいます。 (try-catchでも例外を捕捉できません) マルチスレッドプログラムにおいて、例外を捕捉するにはどうすれば、いいのでしょうか? using System; using System. で、非同期delegateでのマルチスレッドですが、どうも特殊みたいで、BeginInvoke中での例外を別スレッドでは受けられないようで、該当スレッド中で例外を受ける必要があるようです。 livedoor. html Threadクラス使えばこのような方法で問題無いみたいですが、当然引数、戻り値は使えませんから、例えばこんな手を使います。 atmarkit. livedoor. html.

次の

2055: Lost connection … , system error: 10053 が出たときの対処法

確立 され た 接続 が ホスト コンピューター の ソウトウェア によって 中止 され まし た

01 をリリースしました。 変更内容• V03L06. 通信エラー「確立された接続がホスト コンピューターのソウトウェアによって中止されました。 」が発生する問題を修正。 V03L06• ライブラリの状態 詳細 取得にコメント・作成日を追加。 Connect-Pro 索引順編成ファイル対応。 Connect-Pro 半角文字変換を修正。 V03L05• ライブラリ設定機能に対応。 V03L04• スプールファイルを取り出すときの改行コードをLFからCRLFに変更。 ASPworksで作成したCSVツールの実行に必要なオブジェクトを追加。 V03L03. Join-Pro,Link-Pro のSQLファイル追加で文字化けする問題を修正。 Join-Pro,Link-Pro のSQLファイル追加で全件追加されない問題を修正。 V03L03. Link-Pro 2. 0 への対応• V03L03• Finder-ProでのCOBOLE・PRECOBOLの翻訳に対応。 プログラム内でのX'A1A1'の扱いを修正。 REFSPLツールのスププール表示の不具合を修正。 Analyzer-Proでの簡易メニュー記述解析の不具合を修正。 そのた不具合の修正。 V03L02. REFSPLツールでのテキスト表示に文字コードを変更する機能を追加。 Connect-Pro CSVツール機能の複数ファイルを結合した出力に対応。 V03. L02• Analyzer-Proの資産解析で翻訳不可能なCOBOLソースの解析で発生する問題に対応。 Connect-Proの複数ファイルを結合した出力に対応。 REFSPLツールで文字コード変換時のエラーに関する問題に対応。 そのた不具合の修正。 V03L01. プロダクトキーの登録で有効期限切れの表示が更新さえない問題を修正。 Join-Proのファイル操作ツールで通信エラーが発生する問題を修正。 REFSPLツールのスプールファイルの表示でエラーが発生する問題を修正。 REFSPLツールのページ移動がスプールの内容によっては正しく行われない問題を修正。

次の